信用金庫のフリーローンは銀行と違う?審査は厳しいの?

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人

信用金庫のフリーローンは、銀行と違う商品を提供しています。

銀行のフリーローンよりも金利を低く設定している信用金庫もあれば、限度額を制限して収入のない方でも借りやすいフリーローンもあります。

銀行と信用金庫のフリーローンは、名称は同じですが全く異なる商品と考えてもいいのです。

さらに、銀行と信用金庫のフリーローンは、審査基準も異なります。

審査を受けた場合、銀行よりも信用金庫の方が若干厳しく見られる傾向もあります。

実際に信用金庫のフリーローンはどのような商品なのか、そしてフリーローンの審査は銀行と比べてどうなのか、この記事ではフリーローンについて説明します。

フリーローンの審査に落ちるのはどんな人?フリーローンの審査対策も紹介

信用金庫もフリーローンを提供している

信用金庫でもフリーローンを提供しています。

フリーローンは信用金庫ごとに商品が異なり、同じ商品を提供している信用金庫はありません。

信用金庫のフリーローンは、どのような方法に利用しても構いませんが、借金の返済等に充ててはいけません。

フリーローンで禁止されている使い方をすると、フリーローンの契約を解除されてしまうほか、一括返済の対象になってしまいます。

従ってフリーローンを利用したいと考える方は、借金の返済等に利用するのではなく、必ずお金を使う目的を説明しなければなりません。

利用目的を自由としているフリーローンではありますが、信用金庫の場合はより正確に利用方法を説明したほうがいいでしょう。

また、一部の信用金庫ではフリーローンを複数提供しています。

限度額が異なる商品はもちろんのこと、金利の違いもあります。

少額でフリーローンを使いたいと考えている方にも、限度額を抑える代わりに審査を通過しやすいフリーローンを提供する信用金庫もあります。

銀行ではフリーローンの種類が少ない傾向があるものの、信用金庫の場合は色々なフリーローンを利用できるのです。

信用金庫のフリーローンは銀行と何が違う?

信用金庫と銀行のフリーローンには違いがあります。

銀行が提供しているフリーローンと信用金庫のフリーローンの違いをここから説明します。

実際に異なる部分は以下の通りです。

  • 提供しているフリーローンは信用金庫の方が多い
  • 信用金庫のフリーローンは限度額が高いものもある
  • 信用金庫は専業主婦でも借りられるフリーローンを持つ
  • フリーローンに年齢制限を設けたローンも信用金庫には存在する
  • 信用金庫の金利は銀行と違い限度額の範囲で決められない商品もある
  • 信用金庫のフリーローンは変動金利の商品もある

以上の違いが銀行と信用金庫のフリーローンにはあります。

異なる部分について詳しく紹介します。

提供しているフリーローンは信用金庫の方が多い

まず提供しているフリーローンの種類が異なります。

銀行が提供しているフリーローンは、基本的に1種類しか用意していません。

複数のフリーローンを提供している銀行もありますが、多くの銀行はフリーローンを1種類だけ準備しており、複数のローンは提供していないのです。

しかし、信用金庫の場合は2種類以上のフリーローンを提供しています。

多くの信用金庫が2種類以上のフリーローンを準備し、利用したいと考える方に適切なフリーローンを紹介できるのです。

フリーローンを提供している数が多いのも、信用金庫ならではのメリットであり、銀行にはない選択肢が考えられるでしょう。

信用金庫のフリーローンは限度額が高いものもある

信用金庫が提供しているフリーローンは、銀行に比べて限度額の高い商品も多数準備されています。

銀行が提供しているフリーローンの多くは、限度額が500万円から800万円を上限として、お金を貸している商品が多くあります。

一方で信用金庫が提供しているフリーローンは、限度額が1,000万円まで準備されており、かなり多くのお金を借りられる可能性があります。

より多くの借入を希望している方には便利ですし、限度額がかなり高くなるという期待をもって、信用金庫の審査を受けられるメリットがあります。

信用金庫は専業主婦でも借りられるフリーローンを持つ

フリーローンは、専業主婦の方が審査を受けても落とされる可能性が非常に高い商品です。

カードローンのように、専業主婦でも利用できるフリーローンが少ないことが主な原因で、銀行のフリーローンで審査を受けると落とされる可能性が高くなります。

信用金庫では、一部の商品を専業主婦でも利用できるようにしています。

一定の限度額に制限して、与えられた限度額の範囲で、専業主婦の方もお金を借りられるのです。

この時提供される限度額は、信用金庫によって異なります。

ただ、多くの信用金庫は30万円程度を目安として限度額を作成しているので、大きな限度額を専業主婦が狙うのはかなり難しいでしょう。

銀行のフリーローンでは審査に落とされる可能性が高いものの、信用金庫のフリーローンだと一部の商品に限り、専業主婦でも利用できるチャンスがあります。

専業主婦の方でフリーローンを利用したいと考える方は、信用金庫に相談してください。

フリーローンに年齢制限を設けたローンも信用金庫には存在する

大雑把に作られている銀行のフリーローンとは異なり、信用金庫はフリーローンで数多くの商品を提供しています。

中には年齢を制限して、一部の年齢層にだけ利用できるフリーローンも信用金庫には存在します。

シニア向けフリーローンの存在

その1つがシニア向けフリーローンです。

シニア世代の方がフリーローンでお金を借りられるように、限度額を制限する代わりにローンを提供する信用金庫もあります。

借りられる限度額はそこまで多くないものの、シニア世代の方がなかなか利用できないフリーローンを信用金庫なら利用できる可能性があります。

シニア向けにフリーローンを準備しているかどうかは、フリーローンを提供している信用金庫によって異なりますので、しっかりと相談をしたり調べるようにしましょう。

信用金庫の金利は銀行と違い限度額の範囲で決められない商品もある

銀行のフリーローンは、限度額によってフリーローンの金利が決められます。

限度額が高ければ高いほど、フリーローンの金利は下げられるので、高い限度額を狙ったほうが返済も楽になります。

しかし、信用金庫の場合、提供しているフリーローンの金利が最初から固定されている商品もあります。

どの限度額で審査を通過しても、金利が変わらない商品もあるのです。

金利が固定されている信用金庫のフリーローンは、あまり収入を持っていない方には安心できる商品かもしれません。

フリーローンを利用できる人は、少額の借入でも低金利で借りられる可能性があるからです。

銀行と違い、高い限度額を狙ってフリーローンを低金利にする必要はなく、限度額が低くても信用金庫は低金利で貸してくれる場合があるのです。

信用金庫のフリーローンは変動金利の商品もある

銀行のフリーローンは固定金利で提供されています。

フリーローンの審査を通過した場合は、その時点で決められた金利によって利息が発生し、返済時に追加で支払うこととなります。

一方で信用金庫は、一部のフリーローンに変動金利を採用しています。

1年で2回の金利見直しが行われ、金利の見直しによって適用される金利が変わるサービスです。

変動金利のフリーローンは、固定金利よりも低金利で提供している商品がほとんどです。

しかし、変動する金利の幅は広く、いつの間にか固定金利よりも高い金利に変更される場合があります。

フリーローンの金利が変動なのか固定なのか、しっかりと把握してから審査を受けるようにしましょう。

信用金庫のフリーローン審査は厳しいのか

信用金庫のフリーローンは、銀行に比べて多くの商品を提供し、年代や職業によっても利用できる商品が存在すると説明しました。

ただ、信用金庫のフリーローンは審査が厳しいため、銀行では審査を通過できる方が審査に落とされる可能性があります。

信用金庫は、利用する方の信用度をしっかりと確認したいと考えています。

本当に信用できる人にだけ、フリーローンを利用できるよう、細かい部分まで確認作業をしっかり行っているのです。

フリーローン審査で重要なのは「信用情報」

従って銀行のフリーローンでは審査を通過できる方も、信用金庫で落とされる可能性があります。

特に審査で落とされやすい人が、収入不足という問題です。

収入不足を抱えていると判断された人は、信用金庫では落とされる可能性が非常に高くなります。

一定の収入をしっかり確保して、信用金庫に信用されるような状況を作っておきましょう。

また、信用金庫が担当しているエリアというものも重要なポイントです。

信用金庫には、このエリアの方だけが利用できるという制限を加えて、フリーローンの利用者を制限させている場合があります。

住んでいるエリア、勤務しているエリアで審査結果に影響が出る

担当しているエリア外の人が申し込みを行っても、担当しているエリアに居ない、担当しているエリアでの生活実績がないと判断され、審査に落とされる場合があります。

銀行と異なり、担当しているエリアにかかわらず審査を通過させてくれるわけではありません。

どうしても信用金庫の審査を通過したい場合は、信用金庫が提供している担当エリアというものを確認しておきましょう。

信用金庫が担当していないエリアに住んでいる方は、別の信用金庫が自分のエリアで担当していないか調べてください。

信用金庫のフリーローン審査と銀行に何か違いはあるのか

信用金庫と銀行では、フリーローンの審査が異なります。

フリーローンの審査で銀行と信用金庫が異なる部分は以下の通りです。

  • 信用金庫は担当エリア外の申込みを拒絶する
  • 信用金庫は収入不足の人を容赦なく審査に落とす
  • 銀行とは異なり収入証明書を不要とするフリーローンが少ない

以上の違いが銀行と信用金庫にはあります。

異なっている部分についてはここから詳しく紹介します。

信用金庫は担当エリア外の申込みを拒絶する

先ほども説明しましたが、信用金庫には対応しているエリアがあります。

対応しているエリアに入っていない人は、どれだけ高い収入を持っていても審査に落とされてしまいます。

理由は信用金庫が担当しているエリア外の借入を認めていないからです。

銀行は日本全国どこに住んでいても、希望している人にはフリーローンを提供しています。

信用金庫は決められた範囲だけ借入を認めており、範囲に該当しない人は審査で落とすようにルールを決めているのです。

従って、いいフリーローンを見つけたとしても、住んでいる場所だけで審査を通過できない可能性があると考えてください。

信用金庫は収入不足の人を容赦なく審査に落とす

銀行の場合、多少の収入不足は信用情報や収入証明書の確認で問題がないと判断できれば、フリーローンの審査を通過できる傾向があります。

一方で信用金庫の場合、収入不足と判断された人は容赦なく審査に落とされてしまいます。

信用金庫は収入に対して厳しく判断しているため、収入が足りないと判断される人は審査に落とされてしまいます。

提供しているフリーローンごとに、必要とされる収入は異なります。

どれくらいの収入を確保しておけばいいのか、目安が付きにくいのも信用金庫のフリーローン審査の難しさです。

希望している限度額に対して、返済がしっかりできる自分なりに判断した収入を確保してから、信用金庫のフリーローンへ申込むといいでしょう。

銀行とは異なり収入証明書を不要とするフリーローンが少ない

収入面で厳しい審査を行っている信用金庫は、収入証明書の提出を要求されがちです。

銀行では一定の額までならフリーローンでも収入証明書を提出しなくてもいいのですが、信用金庫は収入証明書を提出するように要求されてしまいます。

小さい限度額を希望しても、収入の証明という形で収入証明書を求められる場合があります。

できる限り収入証明書を準備してから審査を受けたほうがいいでしょう。

フリーローンは信用金庫でも審査を受けられる

信用金庫にもフリーローンは存在し、審査を通過できれば利用できます。

審査を通過するためには、一定の収入と安定した職業、更には収入をしっかり証明できる書類が必要です。

銀行とは審査基準が異なりますし、審査の難易度もやや高い傾向にあるのが信用金庫です。

銀行よりもしっかりと準備を整え、安定した収入が得られていると判断してから審査を受けるようにしましょう。