即日融資は銀行で!7つのおすすめ銀行カードローンと選ぶ理由

公開日: 最終更新日:

窓口、申し込み、受付、担当者、女性
即日融資を受けられる銀行カードローンは現在ではそう珍しくないことはご存知ですか?

銀行というといつも混んでいて手続きも時間が掛かるという個人的な偏見があるのですが、皆さんはどうでしょうか。

「即日融資できる銀行カードローンはありますか?」という質問は、裏を返せば銀行の手続きは時間が掛かるという印象が皆さんにあるからだと私は思っています。

そこで今回は即日融資を受けられるおすすめの銀行カードローンをご紹介したのち、銀行カードローンについてご説明いたします。

即日融資対応!7つのおすすめ銀行カードローン

今回ご紹介するのは、消費者金融のカードローンよりも低金利のカードローンです。

もちろんどれも即日融資に対応しているので、ご自身に合った銀行カードローンを選びましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:10万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、テレビ窓口なら最短40分でカード発行

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも一番早く即日融資ができるカードローンです。

運転免許証をお持ちであれば当行の自動契約機「テレビ窓口」から申し込みができるのですが、なんと最短40分でカード発行をすることができます。

テレビ窓口は三菱東京UFJ銀行支店内のATMコーナーに設置されているので、実質的には最短40分で借り入れ可能ということになります。

バンクイックで即日融資を受ける方法

お急ぎの場合は、まず「インターネット」または「電話」で審査の申し込みを行いましょう。

審査結果が分かり次第、お近くの三菱東京UFJ銀行の支店へ来店して、テレビ窓口を利用します。

テレビ窓口を利用する際は「免許証」が必須なので、忘れないように気をつけましょう。

審査がすでに終わっているので、あとは契約をすればその場でローンカードを発行してATMで借り入れができます。

みずほ銀行カードローン

  • 金利:年3.0~14.0%
  • 借入限度額:10万~1,000万円
  • 審査スピード:最短即日利用

みずほ銀行カードローンは、メガバンク3社の中でもっとも低金利の銀行カードローンです。

また審査の結果次第で2つのプランに振り分けられるのですが、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」のうち前者に当てはまれば、金利は「年3.0~7.0%」になって借入限度額も「200万円から」スタートになるというわけです。

仮にエグゼクティブプランに選ばれなかったとしても、コンフォートプランも「年3.5~14.0%」なので低金利であることに変わりはありません。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受ける方法

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるためには、事前に口座開設をしてキャッシュカードを持っている必要があります。

なぜならば、このカードローンは審査が完了した後にすぐキャッシュカードで借り入れが可能になるからです。

キャッシュカード一体型といい、新しくローンカードを発行することなくキャッシュカードを利用してカードローンの取引をすることができます。

楽天銀行カードローン

  • 金利:年1.9~14.5%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短即日利用

楽天銀行カードローンは実際の店舗があるわけではないネットバンクで、このあとのイオン銀行・オリックス銀行も同様です。

ネットバンクの場合は即日でカードローンを発行することができないため、即日での借入方法は振込融資となります。

楽天銀行の口座を持っていると手続きが早く済む上に、「楽天」で利用できるポイントが貯まります。

楽天銀行カードローンで即日融資を受ける方法

即日融資を受けるためには、審査完了後に振込融資の申し込みを電話でする必要があります。

ローンカードが郵送されるため、当日中に手に入る可能性は非常に低いです。

そのため、午前中など早い時間に審査の申し込みを終えておき、早めに振込の申し込みをしましょう。

イオン銀行カードローン

  • 金利:年3.8~13.8%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短即日利用

イオン銀行もネットバンクで、即日での借り入れは振込キャッシングとなります。

メガバンクよりも低金利のカードローンということもあって、人気のある銀行カードローンです。

イオン銀行カードローンで即日融資を受ける方法

ローンカードは郵送になるので、審査完了後に振込融資の申し込みをする必要があります。

「イオン」の利用者が多いことや、金利の低い銀行カードローンであることから、審査に時間がかかることが想定できます。

そのため、早めに審査の申し込みを済ませておきましょう。

オリックス銀行カードローン

  • 金利:年1.7~17.8%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短即日利用

オリックス銀行カードローンはここ最近で有名になってきたカードローンで、CMや広告では篠崎涼子さんが出演されているので印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

この銀行もネットバンクなのですが、即日融資を受けるのは少し難しいかもしれません。

ただしこのカードローンは他の銀行と比べて高めの金利になっているので、申し込み前には確認しましょう。

オリックス銀行カードローンで即日融資を受ける方法

他のネットバンクとは異なり、オリックス銀行カードローンはローンカードが手元にある状態でなければ、振込融資を受けることもできません。

そのため審査が完了しても、郵送されるローンカードが自宅に届くまでは、振込でお金を借りることができないと覚えておきましょう。

新生銀行カードローン レイク

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分

少し前までは消費者金融だったレイクですが、現在は新生銀行にそのまま取り込まれて銀行カードローンとして扱われています。

中身は消費者金融のままなので、銀行カードローンにしては金利が高く感じるかもしれません。

しかし審査スピードは早いことや、30日間と180日間の無利息サービスがあるのはレイクだけのメリットと言えます。

レイクで即日融資を受ける方法

レイクは審査スピードが早いほか、自動契約機もあるので、その他の銀行カードローンよりは即日融資を簡単に受けられます。

振込融資の場合は、インターネットからの申し込みと振込の申し込みを14時30分までに完了させましょう。

カードローンの場合は、レイクの自動契約機が平日なら24時、土日なら22時まで営業しているので、当日審査を受け付けている時間までに来店してカードを発行してください。

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0~14.5%%
  • 借入限度額:10万~800万円
  • 審査スピード:最短30分

三井住友銀行が提供しているカードローンは、メガバンクらしく低金利・高限度額のスペックを備えています。

注目すべきはその審査スピードで、消費者金融と同様に、最短30分で審査結果がわかります。

三井住友銀行には「ローン契約機」が設置されているため、その場でローンカードを発行することもできます。

三井住友銀行カードローンで即日融資を受ける方法

三井住友銀行には「ローン契約機」という自動契約機があるほか、キャッシュカードを利用して即日融資を受ける方法もあります。

ローン契約機の営業時間は平日土日も夜21時までなので、その時間までには来店して申し込みをしてください。

三井住友銀行の口座をお持ちの方は、審査完了後にキャッシュカードですぐにカードローンとしてATMから借り入れが可能です。

即日融資ができる銀行カードローンとその他金融機関の違い

銀行カードローンは即日融資を受けることができますが、それは消費者金融、街金や闇金にも同じ事が言えます。

しかしすべての貸金業者が安全かと言うとそういうわけではなく、大手の銀行カードローンや消費者金融と比べると、やはり街金や闇金等の知名度の低い貸金業者が信用度が下がります。

仮に、お金に困っているあなたが街を歩き回っているとします。

そこで「即日融資ok!誰でも借りれます!」というような宣伝をしている貸金業者があったら、やはり魅力的に見えてしまう事でしょう。

その貸金業者に相談すれば即日融資を受けることができるかもしれませんが、それが悪徳業者だったらあなたは異様に高い金利の借金を背負わされるだけでなく、個人情報なども売られることになります。

そうならないためにも、まずは信用できる大手の銀行カードローンや消費者金融を検討するべきです。

即日振込は15時までに手続きを終わらせる

銀行カードローンの即日振込を行う場合、審査の申し込みから振込の申し込みまで、一連の手続きは15時までに完了させておきましょう。

その時間を過ぎてしまうと、振込が翌営業日の対応になってしまうからです。

どうしても当日中にお金を借りる必要があるなら、午前中から申し込む必要があります。

基本的にお昼の時間帯は申し込みが非常に混み合うので、最短時間では終わらないことの方が多いです。

仮に「最短30分」だったとしても、申し込みが混み合えば1時間や2時間かかることもあります。

「最短即日」なら、その日のうちに終わらないことも考えて申し込む必要があるでしょう。

急いでいても多重申込はNG!その理由とは

急いでお金を借りたい人にとっては、「即日で銀行ならどこでもいい!」と思っていらっしゃる方もいます。

そういった方々が申し込みをするときは、「どれか1つでも審査に通ればいいや」と考えて一度に複数のキャッシングへ申し込んでしまいがちです。

しかしそれが審査に落ちる原因となっていることには気づいているでしょうか。

実のところ審査の申し込みやキャッシングの利用履歴等は、「信用情報機関」という場所で記録・保管されています。

申込者から借り入れの申し込みを受けたキャッシング会社は、まず申込者の審査を行いますが、必ず信用情報機関を通して申込者の個人情報を確認します。

もしこの時点で複数の他社にも同時に申し込んでいること(=「多重申込」)がわかると、「この申込者は複数のキャッシングを利用しなければならないほどお金に困っているのか。それだと毎月返済できないのではないか」とキャッシング会社側は考えます。

つまり多重申込をしてきた申込者は、キャッシング会社にとっては「リスクが高い」というわけなんです。

結果として審査に悪影響をあたえてしまうので、申し込みの際は1,2社に絞って申し込むようにしましょう。

まとめ

即日融資OKの銀行について、以下の通りまとめました。

  • 今回おすすめしたのは、バンクイック、みずほ銀行カードローン、楽天銀行カードローン、イオン銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、新生銀行カードローン レイク、三井住友銀行カードローンの7つ
  • 即日でお金を借りるときは、大手の銀行カードローンか消費者金融からの借り入れを検討しましょう
  • 急いでいるからといって、一度に複数のキャッシングへ申し込む「多重申込」をしないように気をつけましょう