即日融資OKでも闇金はNG!おすすめのキャッシング5選

公開日: 最終更新日:

お金、借り入れ、キャッシング
どうしても即日融資を受けたいからといって、「審査なし!在籍確認なし!」という怪しい闇金からお金を借りようとしていませんか?

今は大手のキャッシングでも即日融資を簡単に受けることができる時代です。

申し込みに必要な書類も最低限「免許証」だけあれば申し込めるくらいには、簡単です。

今回は私がおすすめする即日融資キャッシング5つと、それらのキャッシングで即日融資を受ける申込方法と流れについてご紹介いたします。

おすすめの即日融資キャッシングを5つに厳選して紹介!

消費者金融カードローン

アコム
  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分

大手消費者金融の中でも1,2を争う知名度のあるアコムは、即日融資にもしっかり対応しています。

同社の自動契約機「むじんくん」は土日祝日も対応しており、年中無休で9時~22時まで対応してくれます。

即日融資を受けたい場合は21時までに申し込みを完了できるようにしましょう!

プロミス
  • 金利:年4.5~17.8%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、最短1時間融資

プロミスはホームページで公言している通り、審査結果が最短30分でわかるだけでなく最短1時間で即日融資も可能なキャッシングです。

自動契約機がある「自動契約コーナー」が約1,000箇所に設置されており、主要駅の周りには必ずと言っていいほど設置されているので申し込みやすいメリットもあります。

モビット
  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~800万円
  • 審査スピード:最短30分

モビットといえば、電話での在籍確認なしで申し込みが可能な「Web完結申込」が最大のメリットです。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座と健康保険証があれば申し込むことができます。

またモビットは2016年に「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位」の実績がある消費者金融でもあり、信用度という点においては一目置かれる存在です。

銀行カードローン

新生銀行カードローン レイク
  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査

現在では新生銀行カードローンとしてキャッシングをしているレイクですが、昔は消費者金融の1つでした。

システム等はその頃のものをそのまま引き継いだので、銀行カードローンにしては審査スピードが早いというメリットがあります。

またキャッシング業界では唯一「2パターンの無利息サービス」を扱っています。

初めての利用者は目的にあわせて選ぶことができるので、利息が気になる方は検討してみてはいかがでしょうか!

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 金利:年1.8~14.6%
  • 借入限度額:1万~500万円
  • 審査スピード:最短30分審査、テレビ窓口なら最短40分でカード発行!

メガバンクの一角である三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローン「バンクイック」です。

メインバンクとしても利用している方は多いと思いますが、実は同行の各店舗ATMコーナーには「テレビ窓口」が設置されています。

テレビ窓口は他社の自動契約機と同じように、その場で申し込みからカード発行までの手続きをすることができます。

バンクイックなら、その一連の手続きが最短40分で完了するので、即日融資などお急ぎの方にはおすすめしたい銀行カードローンです。

即日融資を受けるための申込方法と流れ

下記の流れでご紹介していきます。

  1. 必要書類
  2. おすすめの申込方法
  3. 借り入れ

アコムの手続きの流れ

必要書類
  • 本人確認書類(必須):運転免許証/個人番号カード/健康保険証など
  • 収入証明書類(条件):源泉徴収票/給与明細書/市民税決定通知書/所得証明書/確定申告書

まず本人確認書類はいずれか1点を必ず持っていく必要があります。

どのキャッシングでも「免許証」は利用できるので、免許をお持ちの方はそれだけでも大丈夫です。

収入証明書は借り入れを希望する金額が一定の金額以上になると、いずれか1点が必要になります。

「借り入れを希望する金額が50万円をこえる場合」または「他社の借り入れとあわせて借入額が100万円をこえる場合」のみ提出する必要がありますが、当てはまらないのであれば提出不要です。

ただし審査次第では提出を求められることもあるので、どれかは手元に置いておくと良いでしょう。

おすすめの申込方法
  • Webで申し込み
  • 電話で申し込み

アコムのホームページにある「お急ぎのお客さま」でも記載されている通り、お急ぎの方はまず「Web」または「電話」で審査申し込みをしましょう。

審査は24時間365日いつでも受け付けていて、最短30分で完了します。

借り入れ
  • 来店する場合→自動契約機
  • 来店しない場合→Fax専用契約書類一式

審査に通ったら次は借り入れです。

来店してその場でカード発行できるのは、来店して契約する「自動契約機」の方です。

自動契約機なら審査申し込みから手続きを始めることも可能ですが、先にWebや電話で審査申し込みを済ませておくことで、契約の手続き時間を短縮して申し込むことができます。

一方、来店しない場合は「Fax専用契約書類一式」をパソコンまたはコンビニで出力して、必要項目を記入して提出します。

振込でも即日融資を希望する場合、14時までに必要書類をあわせて提出しなくてはいけません。

書類の確認後、アコムから指定の金融機関口座へ振込という流れになります。

プロミスの手続きの流れ

必要書類
  • 本人確認書類(必須):運転免許証/パスポート/健康保険証(+住民票
  • 収入証明書類(条件):源泉徴収票/確定申告書/給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

アコムと同じように、本人確認は必須で収入証明は条件で必要となります。

収入証明が必要になる条件も同じく、「借り入れを希望する金額が50万円をこえる場合」または「他社と合わせて借り入れが100万円をこえる場合」に提出する必要があります。

おすすめの申込方法
  • Webで申し込み
  • 自動契約機・ローン契約機で申し込み

パソコン・スマホ・ケータイからいつでもどこでも申込が出来るのがWebです。24時間365日いつでもどこでも申し込むことができます。

まとまった時間が取れる方は、プロミスの自動契約コーナーや三井住友銀行のローン契約機を利用するのもありです。

借り入れる金額が条件をこえていなければ、本人確認書類だけ持参して申し込むことができます。

借り入れ
  • インターネットや電話から口座へ振込
  • プロミスカードでATMから借り入れ

インターネットからプロミスの会員サービスへログインすれば、いつでもどこでもWEB上で振込の申し込みをすることができます。

振込手数料はいつでも0円、申し込みから最短10秒で振込ができるので即日融資も可能です。

ちなみに三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、「瞬フリ」というサービスを利用することができます。

瞬フリなら24時間いつでも申込から最短10秒程度で振込融資をしてもらうことができるので、土日祝日やATMの営業時間外にも借り入れやできて便利です。

一方、自動契約機を利用して契約した場合はその場でカード発行ができます。

自動契約機にはプロミスATMが併設されているので、カード発行してすぐに借り入れが可能となっています。

モビットの手続きの流れ

必要書類
  • 本人確認書類(必須):運転免許証/健康保険証/パスポート
  • 収入証明書類(条件):源泉徴収票/税額通知書/所得証明書/確定申告書/給与明細書

本人確認書類は運転免許証があれば運転免許証を、なければ他で代用しましょう。

収入証明書類が必要な条件ははっきりしているわけではなく、ホームページ上では「いずれかの書類を提出していただく場合がございます」という記載になっています。

借入額に関係なく審査次第で必要になる可能性が高いので、何かしら手元に用意しておきましょう。

おすすめの申込方法
★WEB完結申込に必要なもの

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 勤務先証明書類:健康保険証/給与明細書

モビットの場合、来店不要のWEB完結申込で即日融資を受けることができます。

来店して契約できる「ローン契約機」があるにはあるのですが、モビットカードは送付される書類を返送して確認された後に利用できるようになるので、手続きに郵送があって即日融資ができません。

モビットのWEB完結申込は必要なものが多い分、「郵送物なし・在籍確認なし」で審査申し込みが可能な唯一のキャッシングです。

借り入れ
「Myモビ」から振込の申し込み

WEB完結申込をした後は、そのまま会員サービス「Myモビ」で借り入れが可能です。

特にお急ぎの場合は、審査申し込み後にフリーコールへ電話することですぐに審査を開始してもらうことができます。

電話で審査結果を通知してくれる上に、その場で会員登録をしてスタッフに振込の手続きをしてもらうことができます。

ただし当日振込をするためには14時50分までに申し込みを完了する必要があるので要注意です。

銀行カードローンレイクの手続きの流れ

必要書類
  • 本人確認書類(必須):運転免許証/健康保険証/パスポート/個人番号カードのいずれか1点
  • 収入証明書類(条件):源泉徴収票/住民税決定通知書/納税通知書/所得(課税)証明書/給与明細書のいずれか1点

必要書類はこれまでのキャッシングとほぼ同じですが、レイクの場合は収入証明書類が必要になる金額の条件が異なります。

消費者金融は基本的に「借り入れが50万円をこえる」と必要になりますが、レイクは「借り入れが100万円をこえる」と必要になります。

そのためまとまった金額の融資でも100万円をこえなければ、収入証明書類を準備する必要がないので即日融資へ申し込みやすいというメリットがあります。

ちなみに、審査次第では100万円をこえた融資でも収入証明書類が必要ない場合もあります。

おすすめの申込方法
  • インターネット(即日振込)
  • 自動契約機

レイクで即日融資を受ける方法は、大きく分けて「インターネット」と「自動契約機」の2つがあります。

パソコンやスマートフォン、または電話で申し込みたい場合は振込での即日融資がおすすめで、審査の手続きが済んだ後に本人確認書類をメールやFAXで送ればすぐに口座へ振込をしてくれます。

ただしインターネットの場合は、平日14時までに審査申し込みと提出した書類の確認が完了していなければ翌営業日の振込となります。

一方、自動契約機の場合は14時以降も申し込みことができ、平日と土曜日なら24時まで、日曜日なら22時まで営業しています。

自動契約機を利用する場合は申し込みからカード発行まで約50分かかりますが、インターネットから審査申し込みをしておけば契約からカード発行までを自動契約機ですることができます。

ちなみに初めての申し込みの場合、自動契約機から申し込むなら21時までが審査時間の締切となっているので要注意です。

借り入れ
  • インターネットからの振込融資
  • カードローンからATM借り入れ

申込方法と同様に、借り入れ方法も大きく2つに分けられます。

基本的に、インターネットからの振込かカードローンを利用してのATM借り入れが中心となります。

レイクは、銀行カードローンの中では珍しく自動契約機を設置してあるので即日融資を受けやすい銀行カードローンです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の手続きの流れ

必要書類
  • 本人確認書類(必須):運転免許証/健康保険証/パスポート/個人番号カード等のいずれか1点
  • 収入証明書類(条件):源泉徴収票/住民税決定通知書/納税証明書/確定申告書のいずれか1点

メガバンクの三菱東京UFJ銀行でも、カードローンで必要になるものは消費者金融と変わりません。

ただ、バンクイックの場合は収入証明が必要になる借り入れが200万円以上となっています。

カードローンで200万円以上借りるという事はなかなかないので、実質的に収入証明不要でキャッシングを利用することができます。

ただし、借入希望額が条件に達していなくとも審査次第では収入証明書類の提出を求められる場合があるので、いずれか1点は最新のものをいつでも持ち込めるようにしましょう。

おすすめの申込方法

注意事項として、テレビ窓口でカード発行をする際は「運転免許証」が必要になります。

  • 「Web」で申し込み
  • 「テレビ窓口」で申し込み
  • 「電話」で申し込み

バンクイックで即日融資を受ける際におすすめの申込方法は、大きく分けて「インターネット」「テレビ窓口」「電話」の3つがあります。

そのうちWebでの申し込みは最短30分審査が可能で、審査完了後に即日融資が可能となっています。

メールか電話で審査結果を受け取ったら、お近くのテレビ窓口へ来店して本契約後にカードを発行することができます。

また、テレビ窓口で審査申し込みから手続きを行うことも可能です。

審査が混み合っていなければ、カード発行まで最短40分なのでお急ぎの方へおすすめです。

不安な点があれば、電話で相談しながら申し込むことも出来ます。

いずれにせよ、即日で借りるためにはカードローン契約をしてテレビ窓口からカード発行をする必要があるということは覚えておきましょう。

借り入れ
  • テレビ窓口からカード発行してその場でATM借り入れ
  • 振込での借り入れ

三菱東京UFJ銀行支店にはテレビ窓口が設置されていることが多く、免許証などをお持ちであればその場でカード発行が可能となっています。

テレビ窓口は原則ATMコーナーに設置されているので、カード発行してすぐにATM借り入れが可能なのも良い点です。

一方、振込での融資ももちろん可能です。

インターネットから「会員ページ」にログインして、「振込サービス」を選択すれば振込の申し込みが可能です。

よくある質問

キャッシングというのはほとんどの利用者が慣れていません。そのため、初めての方も多ければ利用していてもあまり詳しくはないという方がほとんどです。

皆さんの悩みが1つでも解決することを願って、私がよくある質問にお答えしていこうと思います。

Q.未成年でも即日融資を受けられますか?

A.未成年は本人名義でお金を借りることができません。なぜならすべてのキャッシングには以下の2つの申込条件があるからです。

★キャッシングの申込条件

  • 満20歳以上69歳以下の方(銀行カードローンによっては年齢の上限が下がる)
  • 安定した収入がある本人

上記の通り、満20歳つまり成人になっていなければキャッシングを利用するのは難しいです。

年齢を誤魔化して申し込むことはできる?

未成年からの派生になりますが、年齢を詐称するのも非常に難しいです。というのも、審査への申し込みには「本人確認書類」を提出する必要があるからです。

具体的には「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれか1点が必要になります。そのため偽造するのは非常に難しいと言えます。申し込みでも生年月日等を記入する項目があるので、ズレがあれば追及されてばれてしまいますよ。

Q.ブラックOKの即日融資キャッシングはある?

A.あったとしてもまともなキャッシングではないので、申し込まないでください。

大手の消費者金融や銀行へ一通り申し込んで借りられないことを「ブラック」とするならば、信用情報にキズが付いている可能性が高いです。信用情報機関に記録されたブラック情報、つまり事故情報は最低でも5年は残ります。

事故情報は年月が経たないと消えません。その間はお金を借りるのも困難になります。なので、まずは信用情報機関へ問い合わせをしてご自身がどのような状況か信用情報を確認してみることをおすすめします。

Q.街金や闇金なら即日で借りられる?

A.大手以外のキャッシングを利用するのは、リスクが高いので自己責任になります。

個人的にはこれもやはりおすすめしません。街金や闇金は「ブラックOK!即日融資OK!」と誇大広告をうっている業者もありますが、安易に信用してはいけません。

法律で決まっているキャッシングの金利の上限は「年20.0%」です。もしこれを超えている街金や闇金があれば、明確な違法・悪徳業者になるので絶対に利用しないようにしましょう。

Q.審査なしで即日融資を受けることはできますか?

A.今のご時世、審査なしで即日融資を受けられるキャッシングはありません。

キャッシングが無担保・無保証人の信用貸しである以上、本人の返済能力を見て融資できるかどうかを決めなければならないため、審査なしでキャッシングができるというのは有り得ません。

借り入れの希望を出すのであれば、審査に申し込む心構えを持っておきましょう。

Q.在籍確認なしで即日借りられますか?

A.在籍確認なしで借りられるのは消費者金融の「モビット」のみです。

原則、審査では在籍確認を行い、申込者が申告した勤務先が本当に合っているかどうかを電話で確認します。

オペレーターが勤務先にバレないよう最低限のやり取りで確認の電話が終わるので、電話に出た方が質問攻めにあうようなことはありません。

Q.無職なのですが即日借りられますか?

A.無職の方が審査に通るのは非常に難しいです。

なぜなら、前述した通りキャッシングには「安定した収入」と「満20歳以上」という2つの利用条件がああるからです。

無職の方ということは、安定した収入を証明することが難しいため、審査に通るのが極端に難しくなってしまうわけです。

毎月数万円でも良いので、一定の収入があって初めて審査に通ることができるようになります。

Q.土日祝日も即日融資を受けられるって本当ですか?

A.本当です。土日祝日も前述した方法で即日融資を受けることができます。

ただしWeb完結申込は「平日14時」までに申し込まなければいけないことが多いです。

そういった場合には、各キャッシングの自動契約機を利用してその場でカード発行をすれば即日融資を受けることができます。

自動契約機は平日だけでなく土日祝日も営業をしているので、営業時間内に行けばその場でカード発行ができます。

Q.即日融資OKで審査が甘いのはどのキャッシングですか?

A.大手消費者金融は審査に通りやすく即日融資に対応しています。

銀行カードローンと大手消費者金融で比較すると、審査に通りやすいのは消費者金融です。

また審査や融資のスピードに関しても消費者金融の方が早いので、お急ぎの方で審査が不安な方は消費者金融での借り入れをおすすめします。

消費者金融には「初回無利息サービス」があるため、短期間の借り入れであれば銀行カードローンとの金利の差も気になりません。

まとめ

即日融資についてまとめると以下の通りです。

  • インターネット申し込みは24時間可能ですが、即日融資は14時までに申し込みを完了させましょう
  • 消費者金融も銀行も即日融資を受けられるカードローンはある
  • 未成年は即日融資はおろかキャッシングを受けるのも難しい

インターネットが普及して申し込みそのものは24時間受付けられるようになりましたが、実際の審査時間や即日融資が受けられる時間帯はそれほど長い時間ではありません。

特に、インターネット経由で即日融資を受けたいなら14時までに申し込みを完了させている必要があります。

14時以降は各キャッシングの自動契約機へ来店してカードローンを発行する流れになることは、頭の片隅に入れておいても損はないと思います。