総量規制とは?総量規制の対象と対象外のキャッシングを解説!

公開日: 最終更新日:

総量規制
キャッシングを申し込む前に調べた方にとって「総量規制」とは何か、気になる方もいるのではないでしょうか?

単純に考えれば、借り過ぎて利用者が返済できなくなるのを防ぐためにあるのですが、「貸金業者にとってはその方が利益が出るのでは?」と考える方もいるでしょう。

そこで今回は総量規制についてまずは詳しくご紹介をして、この法律が導入された背景についてもご説明していきます。

「総量規制」とは?

ご存知の方にはおさらいになりますが、そもそも総量規制というのは改正貸金業法で導入された法律の1つです。

その内容は、キャッシングの申込者が「自身の年収の3分の1をこえて借り入れをしてはならない」という内容になっています。

要するに、多重債務を未然に防ぐための法律ということがお分かりになったかと思います。

ちなみに、この総量規制では「すべてあわせた借り入れ」を指しているので、借り入れが1社からでも4社からであっても借りられる金額は「年収の3分の1まで」となっている点に注意です。

もっとも、年収の3分の1までお金を借りてしまったら、借金の返済が回らなくなって生活に支障が出るほどの段階までいってしまっていると自覚しましょう。

総量規制の対象となるのは?

  • 消費者金融からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング
  • 信販会社からのキャッシング

貸金業法の適用される範囲が決まっているので、当然ながら総量規制が適用される個人向け融資の範囲も決まっています。

分かりやすく言うと「キャッシング全般」が総量規制の対象になると思ってください。

要するにクレジットカードのリボ払いやキャッシング機能、消費者金融のキャッシングやカードローンがこれに当てはまります。

どれか1つを利用していても、これら複数を利用してお金を借りても、個人が借りられる金額は「あわせて年収の3分の1まで」と決められています。

クレジットカードも消費者金融も等しく同じキャッシングなので、別々に考えて「年収の3分の1ならもっと借りられるはずでは?」と思い込んでしまわないようにしましょう。

代わりと言ってはなんですが、1人1人の借りられる金額が決まっているので、これらのキャッシングでは利益を上げるためにどんどん利用者に利用してもらおうとして、比較的審査が通りやすいことも1つの特徴です。

もし総量規制の範囲をこえてしまったら?

信用情報上で記録されているので有り得ない話ではありますが、もしそれ以上借りてしまったらどうなるのか。

総量規制をオーバーすると申込者の責任になるわけではなく、すべて貸主側の業者の責任となります。

ですから業者側も、キャッシングの審査を行う際は総量規制をこえないようきちんと審査をしているわけですね。

年収の3分の1まで借りられる消費者金融

消費者金融から借りられる金額は、自身の年収や返済能力の審査次第にはなりますが、以下のようなメリットがあります。

  • 審査が早い
  • 審査通過率が高い(=審査に通りやすい)

最短で即日融資にも対応しているので、お急ぎの融資を希望されている方にはおすすめです。

プロミス

プロミス

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/最短1時間融資

「プロミス」は三井住友銀行グループですが、消費者金融なので、借り入れは年収の3分の1までとなります。

審査申し込みから借り入れまでのスピードが早く、即日融資を受けやすいメリットがあります。

インターネット会員サービスの『瞬フリ』を利用すれば、24時間365日いつでも、スマホ1つで借り入れや返済の手続きが可能です。

ちなみに瞬フリを利用するためには、指定先口座をお持ちの「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」の口座に指定しなければいけません。

アコム

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査

「アコム」は三菱UFJフィナンシャル・グループですが、キャッシングを扱っている消費者金融でもあり、クレジットカードを扱っている信販会社でもあるため、総量規制の対象です。

「成約率」を公開している消費者金融の中でもっとも数値が高く、審査通過率が1番高い消費者金融でもあります。

アコムの自動契約機『むじんくん』は、全国に約1,200台も設置されており、これも消費者金融で1番多い台数です。

ちなみに、むじんくんではローンカードだけでなく、『ACマスターカード』を即日発行することもできます。

総量規制の対象外もある

  • 銀行カードローン
  • 借り換えローン・おまとめローン
  • クレジットカードのショッピング

すべてのキャッシングが総量規制の対象になるというわけではなく、なかには総量規制の対象外となるキャッシングもあります。

つまるところ貸金業法が適用されていないキャッシング、銀行法が適用されている銀行カードローンが総量規制対象外となります。

簡単に一言でいえば、銀行カードローンなら年収の3分の1をこえて融資を受けることができます。

ただし、融資する金額が高くなりがちな一方で低金利なので、審査も難しくなりがちです。

総量規制の例外?「おまとめローン」について

ただし、総量規制には「例外」もあります。

つまり「顧客に一方的に有利となる商品」という条件を満たしたローンが、それに当てはまります。

具体的に言うと「おまとめローン」という金融商品は、消費者金融が扱っているものであっても総量規制を気にせずに融資を受けることができます。

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることができ、かつ金利を下げることができるキャッシングの1つです。

「自分の力で全額返済をしたいけども、今のままでは金利とその利息が厳しい」という方にとっては、効果的なローンです。

ただし、複数の借り入れをまとめる以上は高額な融資になってしまうので、それだけ審査も難しくなる傾向にあります。

年収の3分の1をこえて借りることもできる銀行カードローン

銀行カードローンは「低金利」という1番のメリットがありますが、他にも一部の銀行カードローンは「専業主婦も利用できる」というメリットがあります。

  • キャッシングの中では低金利
  • 専業主婦も借りられる

金利と借入限度額は固定されての借り入れとなりますが、夫に内緒で借りることができて、かつ在籍確認もないのでおすすめです。

パートやアルバイトをされていて、ご自身の収入がある主婦の方の場合は、審査次第で借入限度額が決まります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%%
借入限度額 10万~500万円
審査スピード 最短30分審査/テレビ窓口なら最短40分でカード発行
専業主婦 〇(上限30万円まで)

三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は、消費者金融と同じくらい早い審査スピードが特徴の1つです。

実際に審査を行う保証会社が同グループのアコムなので、審査通過率も銀行カードローンの中では高いと推測できます。

また、総量規制の対象外となるので、審査次第で「消費者金融と同じくらいの審査スピードで、消費者金融より借りられる」という大きなメリットがあります。

ちなみに、専業主婦の方は「金利年14.6%・限度額30万円」でバンクイックを利用することができます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利 年3.0~14.0%(※)
借入限度額 10万~1,000万円
審査スピード 最短即日審査
専業主婦 〇(上限30万円まで)

※みずほ銀行カードローンは2つのプランがあり、審査次第で適用される金利と借入限度額が変わる。

みずほ銀行カードローンの最大の特徴は、最大1,000万円の借入限度額です。

初めてのご利用で限度額を1,000万円に設定するのは厳しいですが、総量規制の対象外なので、非常に高額の借り入れができる可能性もあります。

専業主婦の方は、「金利年14.0%・限度額30万円」でカードローンを利用することができます。

銀行カードローンはいくらまで借りられる?

「総量規制の対象外となると、だったら銀行カードローンはいくらまで借りることができるの?」という疑問が当然のように出てくると思います。

ただこればかりは正直なところ「審査次第」となります。

目安としておよそ年収の半分程度まで借りられることは利用者の声からわかってはいますが、個人差がある部分なので断言はできません。

もし初めてのキャッシングになる場合は、そこまで高額の融資を受けるのは難しいと考えておきましょう。

ごく最近になって銀行カードローンの多重債務が顕在化

高額キャッシングを希望している方にとって、「低金利・高限度額」の銀行カードローンは願ってもないキャッシングです。

しかし最近になって銀行カードローンでも多重債務の問題が顕在化してきました。

銀行法には総量規制のように明確な「借り入れ可能な上限額」が決まっていないため、借入額が高額になりがちです。

高額の借り入れができたのはいいものの、その分大きな利息が伴います。

少しでも返済が延滞してしまうと、最初に借りた元金からどんどん借金が膨らんでしまって、放置してしまうといつしか自身の年収をこえるくらいの多重債務になっていることが、最近になってわかってきたのです。

いくら総量規制や借入限度額があったとしても、借りたお金を返済しなければどんどん利息は積み重なっていく一方です。

総量規制が出来たのはバブル期の影響?

総量規制が出来たのは、実はつい数年前なんです。

2006年から始まって2010年6月に完全施行された改正貸金業法の1つとして、総量規制は導入されました。

この法律が導入された背景にはやはり、80年代バブル期の隆興とバブル崩壊を経て、90年代から2000年にかけて消費者金融の利用者が増加したことが原因だと推測できます。

その結果、2000年に入ってキャッシング利用者の「多重債務」が顕在化していったと考えられます。

総量規制まとめ

総量規制について、以下の通りまとめました。

  • 総量規制とは「個人が自身の年収の3分の1をこえる借り入れをしてはならない」という改正貸金業法の1つ
  • 総量規制の対象となるのは、「消費者金融」のキャッシングや「クレジットカード」のキャッシングリボ
  • 総量規制の対象外とは、貸金業法が適用されない「銀行カードローン」や、例外となる「おまとめローン」

なにはともあれ、お金を借りる前には必ずきちんとした返済計画をたててから申し込むようにしてくださいね。