総量規制対象外のキャッシングで審査が甘いのはどこ?

公開日: 最終更新日:

総量規制対象外の解説
まとまったお金を借りるときに気にしなければならないのが「総量規制」です。

総量規制というのは、年収の3分の1をこえて借り入れをしてはならないという法律で、2006年から2010年にかけて行われた改正貸金業法で新たに導入されました。

ただこれはすべてのキャッシングがそうなっているというわけではなく、一部の借り入れは「総量規制対象外」として見なすことができます。

そこで今回は、総量規制対象外のカードローンについてご紹介します。

総量規制対象外のキャッシングやカードローンを解説

皆さんもご存知の通り、現在のキャッシングは「総量規制のあるもの」と「総量規制対象外のもの」の2つに大きく分けられます。

これらの違いを実際の金融機関でわかりやすく表すと、以下のイメージになります。

  • 総量規制対象外:銀行のキャッシング、おまとめローン、クレジットカードのショッピング機能
  • 総量規制の対象:消費者金融(サラ金・街金)、クレジットカードのキャッシング機能

現時点ですでに年収の3分の1以上の借り入れがある場合はどうなる?

日本貸金業協会「貸金業法について」によれば、借り入れがすでに総量規制をこえてしまっている場合は以下の通りです。

年収の3分の1をこえる借入れがある場合でも、貸金業者から新規の借り入れができなくなるだけで、直ちに年収の3分の1までの返済が求められるわけではありません。契約どおりに返済を続けてください。また、年収の3分の1をこえる借り入れがあるからといって、利用者の皆さんが行政処分を受けたり、刑罰を科されることはありません。

書いてある通り、もし総量規制をこえて借り入れをしてしまっても、罰則を受けるのは貸金業者側です。

不安な場合は借入先のキャッシングへ相談して判断をあおいだ後、契約に則って毎月返済を続けましょう。

総量規制対象外の銀行カードローン

「貸金業法」の1つである総量規制は、「銀行法」が適用されている銀行カードローンには適用されません。

そのため、銀行からは年収の3分の1をこえて借り入れが可能となっています。

そこで、代表的な銀行カードローンについてご紹介いたします。

みずほ銀行カードローン

  • 金利:年3.0~14.0%(※)
  • 借入限度額:最大1,000万円
  • おすすめ度:★★★★☆
低金利・高限度額!安定のメガバンク

メインバンクとして利用している方も多いみずほ銀行からも、個人向け融資のカードローンが提供されています。

その一番の特徴はやはり、安定したメガバンク特有の低金利・高限度額カードローンが利用できるという点です。

金利は2つのパターンがあり、エクゼクティブプラン(金利:年3.0~7.0%)とコンフォートプラン(金利:年3.5~14.0%)に分かれています。

どちらのプランが適用されるかは審査の結果次第ですが、一般的な消費者金融の金利が「年4.5~18.0」程度あることを考えると、コンフォートプランでもとても金利が安いです。

またプランに関係なく、借入限度額は最大1,000万円となっています。

これに関しては、一般的な消費者金融も最大500万円前後の限度額となっているので、問題ないと思います。

契約した限度額が100万円以上になれば金利は段階的に安くなりますが、それ以外は上限金利が適用されるように出来ているのがキャッシングです。

少額の借り入れが基本となるわけですから、上限金利は出来るだけ低い方がお得というわけです!

キャッシュカード兼用型とローン専用カードを選べる

先ほども言ったようにメインバンクとして利用している方も多いみずほ銀行では、カードローンをお持ちのキャッシュカードと一体型にさせることも可能です。

それが「キャッシュカード兼用型」のカードローンです。

見た目はキャッシュカードのままでカードローンも利用することができるようになるので、カードを見られてもキャッシングを利用していると気付かれにくいのがメリットの1つです。

また、新たにカードを増やす必要がないので財布の中身もスッキリしたままにできます。

もちろんそれとは別に、ローン専用カードを発行してもらうこともできます。

例えば、「キャッシュカード兼用型にしていつでも借りられるようにしてしまうと自制ができるか不安だから、カードを別にして必要な時だけ持ち歩くようにする」等の使い分けができるようになります。

新生銀行カードローン「レイク」

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:最大500万円
  • おすすめ度:★★★☆☆

以前は消費者金融だったレイクですが、新生銀行に吸収されて現在は銀行系カードローンとして扱われています。

比較的審査の甘い銀行カードローン

レイクは銀行カードローンのの中でも審査通過率(=成約率)が高いことで有名です。

消費者金融と比べると流石に若干低いですが、それでも去年の9月時点では「33.3%」の審査通過率を誇っています。

総量規制対象外のカードローンがこれだけ利用しやすいのはなかなか珍しいです。

大手消費者金融は43~50%前後、大手銀行カードローンは20~30%前後の審査通過率と言われているので、レイクは中間といったところですね。

2種類の無利息サービスがある
  • 30日間無利息サービス:借入限度額問わず
  • 180日間無利息サービス:上限5万円まで

大手消費者金融には、初めての利用者に対して「無利息サービス」を提供しているところが多いです。(例:アイフル、アコム、プロミス、ノーローン)

レイクも消費者金融時代の名残か、銀行カードローンとなった現在でも当サービスが残っています。銀行の中ではとても珍しい部類です。

2つある無利息サービスのうち「30日間無利息」の方は他社と同様のものですが、レイクにはもう1つ「180日間無利息」を選ぶことも出来ます。

契約した借入限度額のうち、5万円までは180日間利息0円で利用できるというサービスです。

180日間無利息で5万円をこえて借りる場合や、指定した30日または180日のサービス期間をこえると、それ以降はキャッシング残高に通常の金利「年4.5~18.0%」が適用されるようになります。

1ヶ月以内の超短期的なキャッシングの場合は「30日間無利息」を、少額で長期的なキャッシングの場合は「180日間無利息」を選んでレイクを上手く利用できます。

銀行カードローンのわりに高金利・低限度額

消費者金融と比べると、金利が安くて限度額が高いことが特徴の銀行カードローンですが、レイクの場合は大した差がありません。

消費者金融時代に適用されていた金利や借入限度額をそのまま引き継いだようになっており、大手消費者金融とほとんど変わりません。

ただ、前述した2つの無利息サービスがあることで差別化できるほか、銀行カードローンなので総量規制対象外になるという点が重要です。

消費者金融では年収の3分の1までしか借りることができませんが、レイクなら年収の半分程度までなら審査次第で借りることができるというわけです。

ただし気をつけたいのは、初めてでいきなりそんな高額のキャッシングをするのは困難だということです。

キャッシングなどの個人向け融資は、年収や勤務年数だけでなく信用実績も加味して限度額を決めるので、それを増やすには目安として6か月以上はしっかりと借入と返済を行っていきたいですね。

総量規制の対象となる消費者金融

一方、「○○銀行」という名称ではなくキャッシングを行っている金融機関は消費者金融です。

総量規制の対象であり、これらのキャッシングを利用する際は、「借入限度額が年収の3分の1までに制限」されます。

もしこれを破った場合は、その消費者金融に行政処分が下されるよう決まっています。

モビット

  • 金利:年3.0~18.0%
  • 借入限度額:最大800万円
  • おすすめ度:★★★★☆

モビットは、現在は三井住友銀行グループの大手消費者金融です。2006年の貸金業法改正以降、多くの消費者金融が銀行グループとなりました。

そのため、「銀行系」という呼び方もされて総量規制対象外かどうかややこしいですが、銀行グループであっても消費者金融である以上は総量規制の対象になります。

そのためモビットも総量規制の対象となります。

モビットのWeb完結申込は電話の在籍確認が不要

キャッシングの審査を受ける際には必ず「在籍確認」を受けなければいけません。

在籍確認では申込者の勤務先に電話をかけて確認をするわけですが、これに抵抗感のある申込者はやはり多いです。

しかしモビットの「Web完結申込」であれば、電話不要で所定の書類を提出すれば電話をせずに在籍確認を済ませることができるのです。

大手のキャッシングの中では、モビットのみが行っているサービスなので人気があります。

ちなみに、この申し込みをする場合は三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている必要があり、提出する書類は本人確認書類と収入証明書類が必要になります。

それほど準備が難しいものではありませんが、申し込む前に手元に用意しておく必要があります。

人気度が非常に高い

モビットは、「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン」で第1位に輝いた実力のあるキャッシングです。

1位になっていることや、CMや広告で見かける機会が多いことからも非常に人気が高いことがわかります。

調査企業19社中、6つの項目で第1位を獲得しています。

  1. 借入条件
  2. 借り入れのしやすさ
  3. 申し込み手続き
  4. 審査
  5. 返済のしやすさ
  6. セキュリティ

借り入れの申し込みから返済までの一連の流れでランキング第1位をとっているということは、非常に利用しやすい便利なキャッシングであることがわかりますね。

セキュリティも万全なので、安心してお金借りることができるのもモビットの良いところです。

審査通過率が公開されていない

現在、アコムやプロミスといった大手消費者金融がホームページで審査通過率を公表しているなか、なぜかモビットはホームページを探しても見つかりません。

大手同士で比べると以下のようになっています。

  • モビット:非公開
  • アコム:50.2%(2016年11月時点)
  • アイフル:46.4%(2016年11月時点)
  • プロミス:43.5%(2016年11月時点)
  • レイク:33.3%(2016年9月時点)
  • ノーローン:22.3%(2016年9月時点)

オリコンランキングで「審査」項目も第1位だったことを考えると40%以上はありそうですが、わからないというのは不安要素の1つですね。

「おまとめローン」は総量規制の例外

多重債務者(複数の金融機関から借り入れをしているキャッシング利用者)に向けた金融商品に、「おまとめローン」というものがあります。

名前の通り複数のキャッシングを1つにまとめるためのもので、金利が安くなって毎月の返済負担が軽くなるという大きなメリットがあります。

銀行カードローン全般といくつかの大手消費者金融が専用ローンを取り扱っているのですが、このローンは銀行・消費者金融問わず総量規制対象外のローンとして扱われます。

これはおまとめローンが、「利用者に一方的に有利なローン」という条件を満たしているからです。

そのためおまとめローン専用であれば、消費者金融でも年収の3分の1をこえてキャッシングが可能となっています。

おまとめローンを選ぶときは「金利」と「最低返済額」に注意

おまとめローンを利用する一番のメリットは「今よりも金利が下がること」です。

しかし、おまとめローンの中には消費者金融と変わらない金利設定にしているところもあるので、申し込み前に必ず1度確認をしてから申し込むようにしてください。

金利が下がらなくても借入先が1つになるだけで返済は楽になりますが、それだと支払う利息は結局のところ大きいままです。

ただ金利を意識していればおまとめローンで返済が順調に行くかと言えば、必ずしもそうではなく、次は毎月の「最低返済額」を意識しなければいけません。

結局のところ、金利を下げることができても毎月の返済額が減り過ぎると余計に利息を払うことになります。

おまとめローンは金利ばかりに目がいってしまいがちですが、早期の全額返済を目指すのであれば毎月の返済額を意識しなければいけません。

例えば月にあわせて40,000円の返済だったものが、おまとめローンで月に25,000円まで下がったとします。

そうなると月に15,000円の余裕ができて生活がだいぶ楽になるとは思いますが、毎月の返済額のうち何割が元金にあてられていて何割が利息に持っていかれているのかを忘れがちです。

実際には利息に6,7割もっていかれることもありうるので、毎月25,000円払っていても実際には10,000円程度しか元金にあてられていないわけです。

毎月の利用明細を確認しながら、最低返済額だけでなく臨時返済なども行って早めの返済を意識しましょう。

街金で総量規制対象外のキャッシングはない

「街金」で検索をかければわかりますが、街金というのは「大手の銀行や消費者金融を含まない中小の貸金業者」という説明がされています。

結論から言うと、こういった業者で「総量規制対象外!数百万円までキャッシングOK!」というように売り出しているところがあったら、まず信用してはいけません。

何度も言っているように総量規制対象外で借りられるのは銀行からのキャッシングだけなので、銀行グループでもない街金が貸し付けることは法律で禁じられているからです。

なかには健全な会社を装って金利は法外な利率を適用する「ソフト闇金」なるものもありますので、こういった悪徳業者には絶対に手を出してはいけません。

大手消費者金融でさえ金利は「○%~18%」となっているので、一番高い金利が「18%」を超えている業者に出くわした場合には危機感を持って対応するようにしてください。

よくある質問

総量規制にまつわる「よくある質問」についてまとめてみました。

どこまでが総量規制の対象になるのかという点が疑問となることがやはり多いようです。

分割払いのものは総量規制の対象になる?

携帯電話など分割払いが前提のものは総量規制の対象になるのか?という質問です。

結論から言うと、携帯電話などの割賦支払はローンではありますが、総量規制対象外となっています。

分割払いが残っているからといって、キャッシングの審査へ影響するようなことはありませんので、気にせず申し込みましょう。

保証会社が消費者金融になっている銀行カードローンは総量規制の対象?

銀行カードローンは、そのほとんどが審査を他社にまかせています。

具体例を挙げると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は同じグループの消費者金融「アコム」です。

ただ審査を行うのが消費者金融とはいえ、カードローンそのものは銀行の商品ですので総量規制対象外となります。

ちなみに銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査に通りやすいので、保証会社が大手消費者金融だとそれだけで審査通過率がアップします。

クレジットカードは総量規制の対象になる?

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの2つの機能がありますが、ショッピング機能は総量規制対象外になります。

一方で、通常のキャッシングと同じローンであるキャッシング機能は総量規制の対象になります。

クレジットカードを利用してお金を借りている場合、新たにカードローンを申し込む前には一度全額返済しておくと審査に通りやすいですよ。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 総量規制対象外なら、年収の3分の1をこえて借り入れが可能
  • 銀行のキャッシング・おまとめローンは総量規制対象外と扱われる
  • 消費者金融・サラ金・街金のキャッシングは総量規制の対象
  • おまとめローンは銀行・消費者金融問わず総量規制対象外となる

いかがでしたでしょうか。

今回は「みずほ銀行カードローン」と「新生銀行カードローン レイク」の2社を総量規制対象外のカードローンとしてご紹介しましたが、他にも銀行カードローンはさまざまな種類があります。

ご自身のメインバンクやネットバンクなどを探してみれば、もっと金利が安いところも見つかります。

一方で大手消費者金融は、知名度の高い有名どころを利用するのが一番安全です。

どの消費者金融も即日でキャッシングができるほか、審査通過率は高めです。

「審査が甘い」というワードに惹かれて聞いたこともない街金やサラ金からお金を借りるのは、大きなリスクがともなうので止めることをおすすめします。