総量規制対象外のキャッシングで審査が甘いのはどこ?

公開日: 最終更新日:

総量規制対象外の解説
まとまったお金を借りるときに気にしなければならないのが「総量規制」です。

総量規制というのは、年収の3分の1をこえて借り入れをしてはならないという法律で、2006年から2010年にかけて行われた改正貸金業法で新たに導入されました。

ただこれはすべてのキャッシングがそうなっているというわけではなく、一部の借り入れは「総量規制対象外」として見なすことができます。

これを利用して、「総量規制」で追加借り入れできない人が、「総量規制対象外」のキャッシングに流れてしまう流れが一時期盛んでした。しかし、その裏技も、現在は規制が入っているようですが…?そこも含めて、今回解説します。

総量規制以外のキャッシング審査についての詳しい情報は、「あなたがキャッシング審査に通らない5つの理由とこれからの対策」の中でより詳しく説明しています。

総量規制の条件

そもそも総量規制とは、2010年より完全施行された貸金業法です。

総量規制が生まれたのは、キャッシングによって、消費者の生活が破綻してしまうのを防ぐためです。

総量規制ができてからは、特定のキャッシングは「年収の3分の1」以上の借り入れができなくなりました。これにより、自己破産件数は激減。と同時に、多くの消費者金融が倒産に追い込まれました。

とはいえ、「消費者金融からお金を借りられなくなった」とはいえ、キャッシング利用者がお金に困っている状況には変化はありません。利用者はただ、総量規制の対象外のキャッシングに流れていっただけの話なのです。

総量規制対象外のキャッシングとは

ご存知の方も多いでしょうが、現在のキャッシングは「総量規制のあるもの」と「総量規制対象外のもの」の2つに大きく分けられます。

これらの違いを実際の金融機関でわかりやすく表すと、以下のイメージになります。

  • 総量規制対象外:銀行のキャッシング、おまとめローン、クレジットカードのショッピング機能
  • 総量規制の対象:消費者金融(サラ金・街金)、クレジットカードのキャッシング機能

銀行のキャッシングは、「貸金業法」の制限を受けず、「銀行法」の元運営されます。おまとめローンは、「利用者に一方的な借り入れ」となるため、例外的に総量規制の対象外となります。クレジットカードのショッピングは、キャッシングとは別物のため、総量規制の対象外です。

他にも総量規制対象外となる借り入れがある

貸金業者や銀行のローンだけでなく、他の様々な借り入れも、「総量規制の対象」「総量規制対象外」がしっかりと規定されています。

総量規制対象外となるのは、以下の借り入れです。

  • 顧客に一方的に有利になる借り入れ
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け

全体的に見ると、借り入れ側に有利となり、借り入れることによって生活が圧迫されない借り入れが総量規制対象外となります。

後述しますが、おまとめローンは一番上の「顧客に一方的に有利になる借り入れ」となり、総量規制対象外です。返済のために前向きな借り入れということで、年収で制限の受けない借り入れができるというわけですね。

年収の3分の1という基準

年収の3分の1しか借りることができない、という基準ですが、これは国が判断した「無理なくお金を借りられるライン」です。

年収150万円の人が借りられるのは最高でも50万円です。50万円ということは月手取りで表すと12万5千円。
金利18%のキャッシングで、50万円5年返済計画で借りたとしたら月々の返済はおよそ1万2千円ほど。12万5千から1万2千円引くと、11万3千円残ります。確かに生活できそうです。

現時点ですでに年収の3分の1以上の借り入れがある場合はどうなる?

日本貸金業協会「貸金業法について」によれば、借り入れがすでに総量規制を60こえてしまっている場合は以下の通りです。

年収の3分の1をこえる借入れがある場合でも、貸金業者から新規の借り入れができなくなるだけで、直ちに年収の3分の1までの返済が求められるわけではありません。契約どおりに返済を続けてください。また、年収の3分の1をこえる借り入れがあるからといって、利用者の皆さんが行政処分を受けたり、刑罰を科されることはありません。

書いてある通り、もし総量規制をこえて借り入れをしてしまっても、罰則を受けるのは貸金業者側です。

不安な場合は借入先のキャッシングへ相談して判断をあおいだ後、契約に則って毎月返済を続けましょう。

総量規制対象外の銀行カードローン

「貸金業法」の1つである総量規制は、「銀行法」が適用されている銀行カードローンには適用されません。

そのため、銀行からは年収の3分の1をこえて借り入れが可能となっています。

そこで、代表的な銀行カードローンについてご紹介いたします。

 

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク

  • 金利:年4.5~18.0%
  • 借入限度額:最大500万円
  • おすすめ度:★★★☆☆

以前は消費者金融だったレイクですが、新生銀行に吸収されて現在は銀行系カードローンとして扱われています。

比較的審査の甘い銀行カードローン

レイクは銀行カードローンのの中でも審査通過率(=成約率)が高いことで有名です。

消費者金融と比べると流石に若干低いですが、それでも去年の9月時点では「33.3%」の審査通過率を誇っています。

総量規制対象外のカードローンがこれだけ利用しやすいのはなかなか珍しいです。

大手消費者金融は43~50%前後、大手銀行カードローンは20~30%前後の審査通過率と言われているので、レイクは中間といったところですね。

2種類の無利息サービスがある
  • 30日間無利息サービス:借入限度額問わず
  • 180日間無利息サービス:上限5万円まで

大手消費者金融には、初めての利用者に対して「無利息サービス」を提供しているところが多いです。(例:アイフル、アコム、プロミス、ノーローン)

レイクも消費者金融時代の名残か、銀行カードローンとなった現在でも当サービスが残っています。銀行の中ではとても珍しい部類です。

2つある無利息サービスのうち「30日間無利息」の方は他社と同様のものですが、レイクにはもう1つ「180日間無利息」を選ぶことも出来ます。

契約した借入限度額のうち、5万円までは180日間利息0円で利用できるというサービスです。

180日間無利息で5万円をこえて借りる場合や、指定した30日または180日のサービス期間をこえると、それ以降はキャッシング残高に通常の金利「年4.5~18.0%」が適用されるようになります。

1ヶ月以内の超短期的なキャッシングの場合は「30日間無利息」を、少額で長期的なキャッシングの場合は「180日間無利息」を選んでレイクを上手く利用できます。

銀行カードローンのわりに高金利・低限度額

消費者金融と比べると、金利が安くて限度額が高いことが特徴の銀行カードローンですが、レイクの場合は大した差がありません。

消費者金融時代に適用されていた金利や借入限度額をそのまま引き継いだようになっており、大手消費者金融とほとんど変わりません。

ただ、前述した2つの無利息サービスがあることで差別化できるほか、銀行カードローンなので総量規制対象外になるという点が重要です。

消費者金融では年収の3分の1までしか借りることができませんが、レイクなら年収の半分程度までなら審査次第で借りることができるというわけです。

ただし気をつけたいのは、初めてでいきなりそんな高額のキャッシングをするのは困難だということです。

キャッシングなどの個人向け融資は、年収や勤務年数だけでなく信用実績も加味して限度額を決めるので、それを増やすには目安として6か月以上はしっかりと借入と返済を行っていきたいですね。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 金利:年1.9~14.6%
  • 借入限度額:最大1000万円
  • おすすめ度:★★★★☆

横浜銀行カードローンは、神奈川県近郊にお住まいの方か神奈川県近郊にお勤めの方しか利用できない、「地方銀行カードローン」ですがかなり優秀な設定が組まれています。

低金利・高限度額

金利設定は「1.9~14.6%」、限度額は最高1000万円と、かなり優秀な設定です。

カードローンを比較する際に最も重要視される「金利設定」も、これほど低い金利なら多くのカードローン利用者を満足させられるはずです。

借り換え・おまとめローンとしても活躍

横浜銀行カードローンは、低金利かつ高限度額の設定となっていることもあり、他社からかの借り換え、またはキャッシングの一本化も可能です。

注意すべきなのはやはり「利用可能地域」ですが、この地域にお住いの方ならば、ぜひあらゆる目的で横浜銀行カードローンを利用してもらいたいです。

多重債務者に対して銀行カードローン審査が厳しくなっている

銀行カードローンは確かに、決まりのうえでは「総量規制対象外」ですが、最近はそう楽観視していられなくなっています。

「総量規制の抜け道」として利用していた人たちが、次々に自己破産に追いやられている状況に危機感を覚えた金融庁が、銀行カードローンの審査基準を見直すようお達しを出したのです。

これにより、銀行カードローンは特に多重債務者への審査基準を厳しくしました。法律上ではまだ多重債務者でもお金を借りることは可能ですが、これは実質銀行カードローンにも総量規制がかかったも同じです。

消費者金融からも、銀行カードローンからもお金を借りられなくなった人が、今後どこに救いを求めるのか。注意して見ていきたいと思います。

「おまとめローン」は総量規制の例外

多重債務者(複数の金融機関から借り入れをしているキャッシング利用者)に向けた金融商品に、「おまとめローン」というものがあります。

名前の通り複数のキャッシングを1つにまとめるためのもので、金利が安くなって毎月の返済負担が軽くなるという大きなメリットがあります。

銀行カードローン全般といくつかの大手消費者金融が専用ローンを取り扱っているのですが、このローンは銀行・消費者金融問わず総量規制対象外のローンとして扱われます。

これはおまとめローンが、「利用者に一方的に有利なローン」という条件を満たしているからです。

そのためおまとめローン専用であれば、消費者金融でも年収の3分の1をこえてキャッシングが可能となっています。

おまとめローンを選ぶときは「金利」と「最低返済額」に注意

おまとめローンを利用する一番のメリットは「今よりも金利が下がること」です。

しかし、おまとめローンの中には消費者金融と変わらない金利設定にしているところもあるので、申し込み前に必ず1度確認をしてから申し込むようにしてください。

金利が下がらなくても借入先が1つになるだけで返済は楽になりますが、それだと支払う利息は結局のところ大きいままです。

ただ金利を意識していればおまとめローンで返済が順調に行くかと言えば、必ずしもそうではなく、次は毎月の「最低返済額」を意識しなければいけません。

結局のところ、金利を下げることができても毎月の返済額が減り過ぎると余計に利息を払うことになります。

おまとめローンは金利ばかりに目がいってしまいがちですが、早期の全額返済を目指すのであれば毎月の返済額を意識しなければいけません。

例えば月にあわせて40,000円の返済だったものが、おまとめローンで月に25,000円まで下がったとします。

そうなると月に15,000円の余裕ができて生活がだいぶ楽になるとは思いますが、毎月の返済額のうち何割が元金にあてられていて何割が利息に持っていかれているのかを忘れがちです。

実際には利息に6,7割もっていかれることもありうるので、毎月25,000円払っていても実際には10,000円程度しか元金にあてられていないわけです。

毎月の利用明細を確認しながら、最低返済額だけでなく臨時返済なども行って早めの返済を意識しましょう。

まずは「キャッシングの一本化!」なら消費者金融のおまとめローンを利用してください

おまとめローンにも、カードローンと同じく種類があります。

銀行のおまとめローンと、消費者金融のおまとめローン。銀行のおまとめローンは、カードローンと同じく消費者金融のおまとめローンより審査が厳しいです。

ただでさえ、多重債務者に対する審査に慎重になっている銀行キャッシング。確実に「キャッシングの一本化」を狙っている方は、審査の甘い消費者金融のおまとめローンを利用してください。

ちなみに、自動契約機から消費者金融のカードローンに申し込み、他社借り入れ件数、他社借り入れ金額が原因で審査に落ちてしまった場合、自動契約機の画面に「消費者金融のおまとめローン申し込み」をすすめる表示が現れます。おまとめローンに関する詳しい情報は、「おまとめローンでキャッシングを一本化するとどんなメリットが?おまとめローン審査に通るコツは?」を参照してください。

街金で総量規制対象外のキャッシングはない

「街金」で検索をかければわかりますが、街金というのは「大手の銀行や消費者金融を含まない中小の貸金業者」という説明がされています。

結論から言うと、こういった業者で「総量規制対象外!数百万円までキャッシングOK!」というように売り出しているところがあったら、まず信用してはいけません。

何度も言っているように総量規制対象外で借りられるのは銀行からのキャッシングだけなので、銀行グループでもない街金が貸し付けることは法律で禁じられているからです。

なかには健全な会社を装って金利は法外な利率を適用する「ソフト闇金」なるものもありますので、こういった悪徳業者には絶対に手を出してはいけません。

大手消費者金融でさえ金利は「○%~18%」となっているので、一番高い金利が「18%」を超えている業者に出くわした場合には危機感を持って対応するようにしてください。

総量規制のQ&A

総量規制にまつわる「よくある質問」についてまとめてみました。

どこまでが総量規制の対象になるのかという点が疑問となることがやはり多いようです。

分割払いのものは総量規制の対象になる?

携帯電話など分割払いが前提のものは総量規制の対象になるのか?という質問です。

結論から言うと、携帯電話などの割賦支払はローンではありますが、総量規制対象外となっています。

分割払いが残っているからといって、キャッシングの審査へ影響するようなことはありませんので、気にせず申し込みましょう。

クレジットカードは総量規制の対象になる?

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの2つの機能がありますが、ショッピング機能は総量規制対象外になります。

一方で、通常のキャッシングと同じローンであるキャッシング機能は総量規制の対象になります。

クレジットカードを利用してお金を借りている場合、新たにカードローンを申し込む前には一度全額返済しておくと審査に通りやすいですよ。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 総量規制対象外なら、年収の3分の1をこえて借り入れが可能
  • 銀行のキャッシング・おまとめローンは総量規制対象外と扱われる
  • 消費者金融・サラ金・街金のキャッシングは総量規制の対象
  • おまとめローンは銀行・消費者金融問わず総量規制対象外となる

いかがでしたでしょうか。

今回は「みずほ銀行カードローン」と「新生銀行カードローン レイク」の2社を総量規制対象外のカードローンとしてご紹介しましたが、他にも銀行カードローンはさまざまな種類があります。

ご自身のメインバンクやネットバンクなどを探してみれば、もっと金利が安いところも見つかります。

一方で大手消費者金融は、知名度の高い有名どころを利用するのが一番安全です。

どの消費者金融も即日でキャッシングができるほか、審査通過率は高めです。例えば、プロミスの即日融資、審査基準などについての詳しい情報は、「プロミスで即日お金を借りるには?審査時間、審査基準も紹介します」の中で詳しく説明しています。

「審査が甘い」というワードに惹かれて聞いたこともない街金やサラ金からお金を借りるのは、大きなリスクがともなうので止めることをおすすめします。