アコムの返済方法はどれを選べばいい?返済をお得に進めるには?

公開日: 最終更新日:

通帳見て悩む人

消費者金融の最大手であるアコムは、サービスの豊富さからも人気があります。そのサービスには返済方法が多様であること含まれ、返済しやすい消費者金融としても知られています。

では、アコムの返済にはどんなものがあるのでしょう。返済には利息はつきものですが、少しでも利息をおさえてお得に返済を進める方法もあるのでしょうか。

そこで今回は、アコムで借入をした際の返済方法について、お得な返済方法も交えて詳しく紹介します。

目次

アコムの決済方法の種類を把握しておこう

アコムの返済方法にはいくつかの種類があり、以下から自分に合った方法が選べます。

  • 銀行振り込み
  • 口座引き落とし
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • ATM

まず、銀行振り込みの場合にはアコムの指定口座に振り込みます。

また、自分の口座を登録し自動引き落としをすることも可能です。インターネット返済はスマホやパソコン、携帯電話などからペイジーを利用して振り込みます。店頭窓口では平日9時半から18時の間であれば窓口の担当者と相談をしながら返済が可能です。さらにアコムATMは一部を除いて24時間利用できますので、手軽に利用できます。

その他にもアコムはセブン銀行ATMやローソンATM、E-net等といった全国のコンビニと提携を結んでいます。そのため提携ATMからも返済ができるので時間がない人にもおすすめです。

提携ATMからの返済

コンビニなどの提携ATMからであると夜遅くでも返済できます。

土日祝日も利用できますので、いつでも返済ができるのが魅力ですよね。アコムが利用できるかどうかは、コンビニのATMなどにアコムステッカーが貼られているかどうかでわかります。

コンビニ以外でも三井住友銀行や三菱UFJ銀行といった大手の都市銀行でも返済ができます。さらにイオン銀行やその他の地方銀行でも可能です。また、コンビニATMの手数料はどこでも同じに設定されています。

インターネット振込は手数料がかからない

アコムの返済に手数料をかけたくないという人に私がおすすめするのは、インターネットを利用する方法です。インターネットからでは手数料がかからないだけでなく24時間いつでも返済ができます。

返済期日が迫っている時や、金融機関の営業時間が過ぎてしまった時であっても返済処理が受けられますのでインターネット環境さえあれば時間や場所を気にすることもありません。

また、パソコンやスマホ、携帯電話などからすぐに返済手続きが完了するのも魅力でしょう。さらにインターネット振込を行うと明細書が自宅に郵送されないというメリットもありますので、家族に借入を知られたくない人にもぴったりの方法です。

インターネット返済の利用方法

アコムのインターネット返済では「Pay-easy(ペイジー)」と呼ばれる仕組みを利用しています。ペイジーとはマルチペイメントネットワークにおける収納サービスであり、金融機関と収納機関を24時間結んでいます。

そのため、パソコンやスマホ、携帯電話のインタ―ネットを利用し、振込の申し込みをすると金融機関口座からアコム預金口座への振込返済が即時に行えます。ただ、銀行のネットバンキングの手続きが必要ですので、インターネット振込を考えている場合にはあらかじめ手続きを済ませておくのをおすすめします。

銀行口座引き落としのメリットとは?

銀行口座からの引き落としで返済する方法にもメリットがあります。
まず、返済日に自動的に自分の口座から引き落とされますので、うっかり期日を忘れてしまうということがありません。

そのため払い忘れが少く延滞のリスクも少ないのが魅力です。また、店頭窓口やATMからでは返済日までに自分で入金をしなければいけませんが、自分の口座から引き落とされますのでわざわざ店頭やATMに出向く必要がありません。

そのほかにも、自動で引き落とされることから計画的に返済をすすめられます。

銀行引き落としの手数料は?

銀行引き落としにしても手数料は無料です。提携ATMからの返済の場合には手数料がかかってしまいますので、銀行引き落としにすると手数料が節約できます。

インターネットからであっても手数料は無料ですが、インターネットバンキングを利用していない場合には銀行引き落としを選ぶのもいいでしょう。

アコムATMと提携ATMはどっちがお得?

ATMから返済する方法には、アコムの専用ATMを利用する方法と、提携ATMを利用する方法があります。どちらも手軽に利用できるといった点は変わりませんが、どちらを利用するのがお得かまとめてみました。
まず、アコムの専用ATMでは手数料がかかりません。一方で提携ATMの場合には金額に応じて手数料が変わります。

もし1万円以下の取引額であれば手数料は108円で、1万円以上の場合には216円の手数料がかかります。深夜や祝日であっても手数料は変わりませんが、手数料分の出費がかさむと言えるでしょう。そのため、手数料を考えるとアコムの専用ATMがお得です。

アコムの専用ATMってたくさんあるの?

アコムの提携ATMはセブンイレブンやローソン、ファミリーマート等にあるセブン銀行ATMやローソンATM、E-net等があります。そのため、設置台数が非常に多く、返済しやすいのが魅力でしょう。

しかしながら、アコム専用ATMも全国に1,099箇所設置されています。ですので近くにある専用ATMを確認しておくと、手数料をおさえることができます。

アコムの返済日は返済方法によって違う

アコムにはいくつかの返済方法がありますが、口座引き落としによる場合と店頭窓口、インターネットからの場合では返済日が異なります。

口座引き落としの場合

口座引き落としの返済期日は毎月20日が締日であり、翌日6日が引き落とし日に設定されています。もし6日が金融機関の休業日にあたる場合には翌営業日が引き落とし日です。

店頭窓口の場合

店頭窓口での返済では35日ごとの返済か、毎月指定期日かのどちらかが選べます。

35日ごとの返済期日というのは、前回返済した日の翌日から数えて35日目を返済期日とします。返済をした翌日から35日後が次の期日となりますので、期日が毎月決まった日に来ないのが特徴です。

もし、期日よりも10日早く返済した場合でも、返済した翌日から35日目に次の期日が来ます。繰り上げた日数分があっても次の期日にプラスされませんので注意しましょう。毎月指定期日では契約時に自分で支払期日が決められます。そのため給料日に合わせて支払期日を指定することもできます。

インターネットならいつでも支払いが可能

インターネット返済では24時間いつでも支払いができます。

メンテナンス時間以外であれば24時間支払いが可能ですので、支払期日までに店頭窓口に行く必要もありません。口座振替をすることで家族に借入を知られてしまうこともないため安心です。

利息は返済額に含まれているので注意

アコムの返済では毎回端数が出ないようになっています。

そのため、返済額に利息も含まれているという点を忘れがちです。また、返済額に利息が含まれていることで、返済金額を少なく設定していると利息だけを支払うことにもなります。

そうなると元金がなかなか減りませんので、返済コースを低く抑えすぎてしまうのも問題であると言えるでしょう。

最少返済額を知ろう

毎月最少でいくら返済をする必要があるのかという金額を最少返済額と言います。

最少返済額には利息も含まれていますので利息を別々に支払う必要はありませんが、利息分をそのままにし、先に元金だけを優先して返済することは不可能です。毎月返済しなければいけない最少返済額は「借入残高×一定の割合」で算出され、「一定の割合」は契約時に決められた利用限度額に応じて変わります。

利用限度額が30万円以下の場合には借入残高の4.2%以上が一定の割合であり、利用限度額が30万円を超え100万円以下の場合には借入残高の3.0%以上を一定の割合として計算します。

もし借入限度額が30万円で、実際に借り入れたのが10万円の場合には10万円×4.2%=4,200円となり、1,000円未満の端数は切り上げることから5,000円が最少返済額です。

残高を確認したいときにはどうすればいい?

アコムで借入をしている残高を確認する方法には、ATMから確認する方法とフリーコールを使う方法があり、さらに店頭窓口で聞く方法やアコムプッシュフォンサービスからでも残高が確認できます。

ATMで残高を確認

銀行のキャッシュカードと同じようにATMにカードを入れ、残高確認を選択すると最新の残高が確認できます。この方法の場合にはアコムカードが必要ですが、近くのコンビニやアコムの無人店舗でも残高確認が可能です。手数料もかかりませんのでコンビニに立ち寄った際に気軽に残高が確認できるのが魅力であると言えます。

フリーコールでも残高確認は可能

アコムにはフリーコールが設置されていますので、フリーコールに電話をかけるのが簡単な方法です。

フリーコールではオペレーターに電話がつながりますので、借入や返済に関する相談もできます。フリーコールはフリーダイヤルで利用できますので料金もかかりません。

店頭窓口でも確認できる

近くにアコムの店舗がある場合には、店頭窓口でも残高が確認できます。対面で話をしながら残高確認が可能ですので、非常に安心感のある方法です。

アコムの店舗は平日9時から18時まで営業していますので、営業時間内であればいつでも利用できます。

便利なプッシュホンサービスも

プッシュホンサービスは音声ガイダンスに従って操作していくだけですので、非常に簡単に残高確認ができる方法です。

本人確認のための暗証番号の入力を求められますのでアコムカードを手元に用意して電話をかけるのがいいでしょう。フリーダイヤルですので利用料だけでなく電話代も無料です。”

約定返済とネット返済でお得に返済する

もし返済に余裕があるときには少しでもお得に返済したいですよね。そんな時におすすめの返済方法があります。

カードローンの返済期日というのはあらかじめ決められた日に返済をする「約定返済」が一般的ですが、基本的には口座引き落としを活用するのがお得です。というのも口座引き落としであれば期日を忘れてしまうという問題を防げ、遅延金が発生する心配がありません。

毎月忘れずに確実に返済ができ、利息を減らして支払い金額をおさえることも可能です。期日は自分で決められますので、給料日の後などの支払いやすい日に設定しておくことで、少しでもお得に返済できるでしょう。

ネット返済の併用がおすすめ

口座引き落としを上手に活用しながらも、ネット返済を併用することでまとめて返済が可能です。

もし、余裕があるときには口座引き落としとは別にネットでの支払いもしておくと、借り入れを少しでも減らすことができます。そうすることで少しでも早く完済ができますので、利息を減らせます。さらにネットからの支払いでは手数料もかかりませんので、手数料分も節約しながら繰り上げ返済が可能です。

余裕ができたら一括返済がおすすめ

さらに余裕がある場合に、私がおすすめしたい方法は「一括返済」です。

なかでも残高が少なくなってきたときは一括返済がしやすいとも言えますので、利息を節約するチャンスであるとも言えるでしょう。また、まとまったお金が入った時にも一括で返済しておくのがおすすめです。

月々に返済するよりも大幅な利息がカットできることで、トータルで支払う金額に差が出ます。

一括返済時には無利息残高に注意を

アコムで一括返済を行う場合には無利息残高が残ることがあります。

これは、借入残高が1,000円未満になると残高が無利息になるというものですが、1,000円単位でしか返済できない方法であればどうしても残高として残ってしまいます。

無利息残高は次回アコムから借り入れした時に返済が可能です。利息がかかららず返済滞納ともなりませんが、完済したい場合には気を付けておきたい点であるといえるでしょう。

きれいに完済できる返済方法とは?

アコムで一括返済を行う際、1,000円未満の端数を出さずにきれいに完済する方法もあります。

それはインターネットや店頭で返済をするケース、さらに銀行振り込みの場合です。1,000円未満の端数の無利息残高があると、ほんの数百円であってもアコムから融資を受けている状況には変わりありません。

そのため、クレジットや他のローン審査の際に「他社借り入れがある」とみなされてしまいます。そのため、もしクレジットカードの発行や住宅ローンを考えている場合などには無利息残高を無くしておく必要があります。

インターネットで完済する方法

インターネットから返済すると手数料なしで完済が可能です。ただ、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの銀行の口座が必要ですのであらかじめ準備しておきましょう。

インターネット環境でアコムの会員ページにログインし、「インターネットによるご返済のお手続き開始」を選択します。その後は画面の指示に従って操作していくだけですので非常に簡単です。

窓口で完済する方法

店頭窓口での完済も手数料がかかりません。窓口の営業時間内に訪れる必要がありますが、対面で完済できますのでインターネットでの支払いに不安がある人にはおすすめの方法です。

現金を持って来店し、窓口で一括返済を申し出るだけで完済ができます。お店の混み具合にもよりますが、混んでいない場合には10分程度で終了します。

銀行振り込みでも完済可能

一部のインターネットバンキングを除くと手数料がかかってしまいますが、近くに店舗がない場合やインターネットでの返済をしたくないなどの場合には銀行振り込みで完済できます。

振込先口座はアコムインタ―ネット会員サービスにログインするとわかります。銀行振り込みの場合にも1円単位で支払えますので、完済が可能です。

ATMでは完済できないので注意する

ATMからでは完済ができませんので注意しましょう。というのも、ATMでは1,000円未満の入金ができません。

そのため、どうしても無利息残高が残ってしまうのです。また、提携ATMの利用金額はセブン銀行ATMを除いて10,000円単位に設定されています。もし返済金額が1,000円単位であっても10,000円単位で返済しないといけないのです。

例えば返済金額が5,000円であってもコンビニからでは10,000円を返済する必要があります。ただ、提携ATMのなかでもセブン銀行ATMでは1,000円単位で返済が可能です。それでも1,000円以下の端数は無利息残高として残りますので、結果的に完済は不可能であると言えるでしょう。

多く支払ったらどうなるの?

ATMで返済をするとどうしても細かい金額が支払えません。そのため、紙幣で多く支払う方法をとることもできます。

しかしながら、多く支払ってもATMからはお釣りを受け取れませんので、店頭窓口でお釣りを受け取るしかありません。結果的にお釣りを受け取りに店頭窓口に行くのであれば、ATMで完済する方法は避けるのがいいのではないかと思います。

完済しても解約したことにはならない

アコムの借入を完済しても、解約したことにはなりません。というのも完済と解約は同じもではありませんので注意が必要です。

まず、完済というのは借金が残っていない状態です。借金が残っていませんので、クレジットカードや他のローンの審査で他社からの借入があるとはみなされません。

また、アコムとの契約を解約したわけではありませんので、カードを持っている限り再度借入をすることが可能です。もし、今後アコムを利用する予定がないのであれば解約をするという方法もありますが、解約するためには無利息残高を全額返済する必要がありますので確認しておきましょう。

解約すると5年後にはアコムのカードローンを利用していたという履歴が日本信用情報機構からも消されます。そのため信用状態が良好に近づくことも期待できます。

解約の方法は?デメリットはある?

アコムを解約するためには解約の申請が必要です。解約の申請は店舗で直接行う方法と、電話で解約を告げる方法の2種類があります。

電話であれば最短10分で手続きが終了しますので、簡単に解約ができます。しかしながら、解約をしてしまうと再びアコムを利用したいと思っても、審査から受ける必要があります。急なお金が必要になった時でも審査を待たないといけませんので、よく考えてから解約しましょう。

アコムを解約する方法は?解約のメリット・デメリットについても解説

もしも遅延した場合にはどうなる?

アコムで借入をしている際に気になるのは、もしも支払いが遅延になってしまった際にどうなるのかということではないでしょうか。執拗な取り立てや、会社に連絡が行くのではないかと心配する人もいるでしょう。

しかし、アコムは貸金業法に従って運営していますので、執拗な取り立てがくることはありません。

まず、遅延をそのままにすると督促状が届きます。これはメールで来ることが多く、返済期日の翌日以降にメールが送られてくるのが一般的です。

メールを受け取ってすぐに返済をすれば問題はありませんが、放っておくと携帯に電話がかかってきます。

もし自宅の電話番号を登録している場合には自宅に電話がかかりますが、電話口では担当者の名前を告げられますので、本人だと確認できるまでアコムの名前は出しません。

そのため、もし家族が電話に出た場合にも借入を知られないような配慮がされていると言えるでしょう。ただ、これを無視し続けると自宅に督促状が届きます。

遅延のデメリットは?

遅延になってしまった場合には利息が余計にかかりますので、結果的に支払う金額が増えてしまいます。遅延を放っておくと法的な措置をとられる場合もありますので注意が必要です。さらに遅延は信用情報にも記載されますので、信用情報に傷がつくことも考えられるでしょう。

返済が遅れそうなときにはどうするべき?

もし返済が遅れそうであると感じた場合にはアコム総合カードローンデスクに相談しましょう。

場合によっては未払いの利息と、この先に発生する利息の支払いが免除され、元金のみのを返済す方法でも了承してもらえる可能性も考えられます。お金が返せないからと言って他社からも借入をしてしまうと借金のスパイラルに陥ってしまうこともありますので、まずは相談してみるのをおすすめします。

無理と無駄のない返済で信用を作る!

アコムの返済方法にはいくつかの種類があります。手数料が無料の場合や、近所で手軽に返済できる方法、24時間いつでも可能といった便利な返済方法もありますので、自分にぴったりの方法が見つかります。

また、無理のない返済を選び、遅延を無くして順調に返済することも大切です。余分な利息を請求されてしまうことや、信用情報に傷がつかないためにも、返済期日を守って返済するように心がけましょう。

インターネットやATMも上手に活用しよう

もし金銭的な余裕が出てきたと感じる場合には、インターネットやATMを利用することで期日に関係なく繰り越し返済ができます。

まとめて返済しておくことで、早く完済することも可能になります。少しでも利息をおさえることを考え、さまざまな方法を取り入れながら上手に返済をしましょう。