イオン銀行カードローンの在籍確認とは?在籍確認を避けることは可能か?

公開日: 最終更新日:

電話を嫌そうにみる男性
イオン銀行カードローンは、イオングループが運営するネット銀行である「イオン銀行」が取り扱っているカードローン。

銀行カードローンの中でも、

  • 金利が年3.8%〜13.8%と、他のカードローンに比べても低い
  • パートやアルバイト、専業主婦(夫)でも申し込みができる
  • 最大800万円まで借り入れ可能

というのがイオン銀行カードローンの魅力です。

なお、学生が申し込むことはできません。

カードローンを申し込む時に発生するのが審査ですが、審査の中で発生する「在籍確認」。
在籍確認とは簡単にまとめると、「提出した勤務先に本当に在籍しているか」を確認するためのもので、職場に電話が入ります。

在籍確認と聞くと、「職場に電話が入ると、カードローンを申し込んだことがバレるから困る!」「在籍確認の電話を避ける方法はあるの?」と思う人もいるでしょう。

そこで、この記事ではイオン銀行カードローンの在籍確認について解説していきます。
この記事を読めば、上のような疑問も解決できるでしょう。

目次

在籍確認とは。なぜカードローンの審査に在籍確認をする必要があるの?

冒頭でも解説しましたが、在籍確認とはカードローンの申込者が本当にその職場で働いているかを確認するための手続きです。

しかし、なぜこのような手続きを取る必要があるのでしょうか。

在籍確認をする必要がある理由は「返済能力があるかどうかを確認するため」

そもそも、イオン銀行カードローンをはじめとしたカードローンの申し込みには、条件として「安定した収入があること」があげられます。

借りたお金は、もちろん返さなければなりません。そのため、カードローン申込者がお金を返すための返済能力があるかどうかを確認する必要があるのです。

そこで、申込者が職場として記入した勤務先に、申込者が本当に在籍して勤務しているかを確認を取ります。

そうすることで、安定した収入があることの確認を取っているのです。

在籍確認をして安定した収入を得ていることが確認できれば、申込者に返済能力があると判断され、融資を受けるための審査を通過することができます。

ただし在籍確認が取れたからといって、必ず融資を受けることができるわけではないのでご注意ください。

イオン銀行カードローンの在籍確認を避ける方法はある?

前の章では、なぜ在籍確認をする必要があるのかを解説しました。

カードローン申込者に返済能力があるかどうかを確認するために、在籍確認で確かめています。

そこで気になるのが、全てのイオン銀行カードローン申込者に在籍確認の電話が入るのかどうか。

「カードローンを申し込んだことをが職場にバレると困る」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこでこの章では、在籍確認は絶対に入るのか、それを避ける方法はあるのか、またどういった人が在籍確認が入りやすいか、入りにくいかを解説していきます。

在籍確認は絶対に入るの?

まず、イオン銀行カードローンを申し込んだ全ての人に在籍確認は入るのでしょうか。

イオン銀行に問い合わせをしたところ、「申込者には、在籍確認の電話をする場合がある」という回答をもらいました。
つまり、必ず在籍確認が入るというわけではないというわけではないが、基本的には入ることがあるという認識でよいでしょう。

実は「カードローンの審査をする時には在籍確認をする必要がある」と法律で定められているわけではありません。

法的義務があれば必ず入りますが、特にそのような義務はないのです。

あくまで企業側が自主的に行っているだけなので、全ての人に入るわけではありません。

実際に在籍確認が入らなかったケースも存在するようです。
では、どのような場合に在籍確認が入らないのでしょうか。

在籍確認が入らないことがある条件

イオン銀行カードローン申請時の在籍確認が入らないことがあるのは、次のような条件を満たしているとき。

  • イオン銀行の口座に加入していること
  • 大手企業に勤務している
  • 公務員など、安定しているとされる職業である
  • 他社のカードローンやキャッシングなどで借り入れしている金額が少ない
  • カードローン申請時の借り入れ希望額が少額である

このような条件を満たしていると、イオン銀行カードローン申請時の在籍確認は入らない可能性があるようです。
しかし、この条件を満たしているから必ず入らないということではないのでご注意ください。

在籍確認が入る可能性が高いケース

逆に、次のような条件を満たしているとイオン銀行カードローン申請時の在籍確認が入る可能性が高いようです。

  • 現在の職場での勤続年数が短い
  • 引っ越しをしたばかり
  • 他社のカードローンやキャッシングなどで借り入れしている金額が多い
  • カードローン申請時の借り入れ希望額が高額である

もちろん、この条件を満たしていると必ず在籍確認の電話が入るというわけではありません。
しかし、上でも解説したように「基本的に在籍確認は入る」ということを忘れないようにしましょう。

在籍確認を回避する方法

では、上のように在籍確認が入る可能性が高い条件に当てはまってしまった場合、在籍確認を回避する方法はあるのでしょうか。

答えとしては、ありません。強いて言うのであれば、カードローン申請時の借り入れ希望額をなるべく少なめにするという方法のみでしょう。

SMBCモビットやプロミスなどでは、職場の保険証と給与明細を提出することでも在籍確認の代替措置になるようです。
しかしイオン銀行カードローンの場合は、そのような代替措置はありません。
在籍確認の方法は電話のみです。

在籍確認ではイオン銀行を名乗らず個人名でかかってくる

このように、在籍確認を回避する具体的な方法はほぼないと言えます。

しかし、後述しますがイオン銀行カードローンの在籍確認の電話がかかってきた場合、最初からイオン銀行とは名乗らずに個人名で電話がかかってきます。

在籍確認の電話に応答した人が会社名などを訪ねた場合にはイオン銀行と答えますが、「カードローン」という言葉は会話の中で出ないため、カードローンを申し込んだことはバレにくいでしょう。

派遣社員やパート・アルバイト、主婦でも在籍確認は発生する?

キャッシング審査に電話で申し込む女性

前の章では、イオン銀行カードローンの在籍確認を避けるための方法の有無について解説しました。

例外もありますが、基本的には在籍確認の電話は職場にかかってきます。

いま正社員として勤務している人であれば、前の章で解説したような形になります。

では、派遣社員やパート・アルバイト、主婦の場合はどうなるのでしょうか。

派遣社員の場合

イオン銀行カードローンは、申し込み時には大元の派遣会社を勤務先として記入します。

しかし派遣会社には多くの派遣社員が存在し、また中には登録だけしてあって実際には働いていないということも多いです。

大きい派遣会社であれば様々な地域に派遣をしているので、大元の派遣会社では全ての派遣社員を把握していないことがあります。

その場合、在籍確認をしても派遣会社側が「そんな社員はいません」といった回答をしたり、「個人情報なのでお答えすることができません」という回答をしたりすることがあるようです。

後述しますが、そのようなことがあると在籍確認が取れず、審査に落ちてしまうことがあります。

そのため派遣社員として勤務をしている場合は、イオン銀行に連絡をして現在勤務している派遣先の電話番号を伝えて、そちらに電話してもらうようにしましょう。

パート・アルバイトの場合

イオン銀行カードローンは、パートやアルバイトでも申し込みは可能です。

しかしたとえパート・アルバイトであっても、勤務先への在籍確認が入ることがあります。

ですが、パートやアルバイトの場合、外部の人からの電話が入るということはそうないため、不審に思われることもあるでしょう。

後述しますが、在籍確認の電話はすぐに終わります。

業務に大きな支障をきたすことは少ないはずなので、うまくごまかせるでしょう。

専業主婦(夫)の場合

イオン銀行カードローンは、無職である専業主婦(夫)であっても申し込みは可能です。

しかし、「カードローンに申請したのが家族にバレたら困る!」とお悩みの人もいるでしょう。

専業主婦(夫)の場合、在籍確認の電話は入りません。

本人が働いていないため勤務先というもの存在せず、在籍確認では収入の確認ができないためです。

また、家族の勤務先に電話が入ることもありません。

主婦(夫)がカードローンの申請をした場合は配偶者に安定かつ継続した収入があることが条件。

ですが主婦(夫)が生活できているという事実だけで、配偶者に安定した収入があると判断されるのです。

イオン銀行カードローンの在籍確認でこのような場合、審査に落ちる!?

前の章では、勤務形態別にイオン銀行カードローンの在籍確認が入るかどうかについて解説しました。基本的には、専業主婦(夫)以外は在籍確認が入ると思っておいてよいでしょう。

しかし次のような場合、カードローンの審査に落ちてしまうことがあります。

  • 実際に勤務していない
  • 勤務先の電話に誰も出ない
  • 在籍しているかどうか教えてもらえなかった

一つづつ見ていきましょう。

実際に勤務していない

過去に働いていた勤務先を書いたり、現在休職をしていたりすると、そこで勤務していないと判断されてしまいます。

すると、安定した継続的な収入を得ていないとされ、カードローンの審査に落ちてしまうことがあるのです。

実際に働いていても、入社したばかりの人の場合だと他の社員に覚えてもらえてない場合、「そんな社員はおりません」と言われてしまうこともあります。

その場合は勤務先の代表電話番号ではなく、所属している課の番号や内線の番号を記入しましょう。

また上でも解説しましたが、派遣会社に勤めていて勤務先を大元の派遣会社にした場合、勤務していることが把握されていないと「そんな人はいない」と言われてしまうことがあります。

その場合も在籍していると見なされないので、派遣社員の人は派遣先に電話してもらうようにしましょう。

一番やってはいけないのは、虚偽の勤務先を書いてしまうこと。絶対にやめましょう。

在籍確認の電話に誰も出ない

所属している勤務先に事務員さんや受付の人がいない会社や、全員が営業マンでほとんど外に出払っている会社は、電話をかけてもつながらないということがあります。

中には、特定の電話番号からの電話しか出ないといった会社もあるようです。

在籍確認は、誰かが応答して初めて確認が取れる審査です。

本当に会社に在籍していたとしても、誰も応答しないと在籍しているかどうかも分からず、在籍確認が取れないため審査に落ちてしまうことがあります。

他の社員が電話に出ても在籍確認は終わる

在籍確認の電話は、必ず他の社員が出なければならないということはありません。

申込者本人が電話に出ても問題はないのです。

電話しても誰も出れないような会社の場合は、自分で電話に出るようにすればよいでしょう。

もし会社が長期休暇に入っているような時期になってしまった場合は、イオン銀行側にその旨を伝えていれば問題ないようです。

イオン銀行カードローンの在籍確認をするのはイオン銀行の保証会社

前の章では、イオン銀行カードローンの在籍確認で審査に落ちてしまうケースについて解説しました。

実際に勤務していなかったり、在籍確認の電話に誰も出ないと審査に落ちてしまうことがあります。

イオン銀行カードローンの在籍確認は、イオン銀行から電話がかかってくると思う人もいるでしょう。

しかし実際には在籍確認はイオン銀行からかかってくるのではなく、イオン銀行の保証会社からかかってきます。

保証会社とは

保証会社とは、銀行から委託されて保証業務をしている会社のことです。

銀行カードローンでお金を借りるための保証人として保証会社は存在します。

もしカードローンの利用者が借りたお金を返済できなくなった場合、銀行に対して返済をするのは保証会社。

そのため、銀行カードローンでお金を借りるためには、保証会社が返済能力があるかどうかを審査して、それを通過しなければなりません。

イオン銀行の保証会社は「イオンクレジットサービス(株)」と「オリックス・クレジット(株)」

では、イオン銀行の保証会社はなんという会社なのでしょうか。

イオン銀行が委託している保証会社は、「イオンクレジットサービス(株)」と「オリックス・クレジット(株)」の2社です。

しかしイオン銀行カードローンの審査はこの2社が行うのではなく、年収や信用情報などの状態によってどちらの保証会社が審査を行うのかが決まります。

申込者が保証会社を選ぶことはできませんが、片方の審査に落ちてしまったらもう片方の保証会社が審査を行うのです。

イオン銀行カードローンの在籍確認の流れ

前の章では、イオン銀行カードローンの在籍確認は保証会社から電話がかかってくることを解説しました。

では、実際にはどのような流れで在籍確認が行われるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

イオン銀行カードローンの在籍確認は仮審査通過後にされる

イオン銀行カードローンの場合、在籍確認は仮審査を通過したあとに発生します。

仮審査は利用者の属性と希望額を見て、条件に合うかどうかを判断する審査です。

そして仮審査を通過できたら、保証会社がカードローン申込者の信用情報を確認します。

そこで問題ないと判断されたら在籍確認へと進むのです。

そのため、在籍確認は審査の流れの中でもかなり後のほうになります。

ただし、在籍確認を通過できたから必ず審査をパスできるというわけではありませんのでご注意を。

イオン銀行カードローンの在籍確認やりとり例

では、イオン銀行カードローンの在籍確認では実際にどのようなやりとりがあるのでしょうか。
以下のような流れになります。

在籍確認担当者:山田(仮名)と申します。鈴木様(申込者)はいますか?
申込者:鈴木は現在席を外しております。
在籍確認担当者:お戻りはいつごろの予定ですか?
申込者:夕方ごろの予定です。
在籍確認担当者:ありがとうございます。また改めます。

このように、電話はとても単純な内容です。
本人が不在でも在籍していることがわかる回答を得られれば、在籍確認は完了します。

上でも解説しましたが、会社名を聞かれたらイオン銀行と回答しますが、どのような要件かは答えることはありません。
そのためカードローンを申し込んだということはバレにくいでしょう。

もし会社の人に詮索された場合、「クレジットカードを申し込んだ」と言えば特に不審に思われることはありません。

イオン銀行カードローンは申し込みしてもバレにくい!

この記事では、イオン銀行カードローンの在籍確認について解説しました。

基本的には職場に在籍確認は入り、回避するための方法はありません。しかし、在籍確認の電話の中でカードローンという言葉は出てこないため、カードローンを申し込んだことは職場にもバレにくいです。

学生でなければ、基本的に誰でも申し込むことができて、金利も他のカードローンに比べても低いイオン銀行カードローン。ぜひ申し込んでみてはいかがでしょう。