消費者金融カードローンとクレジットカードはどう違う?先に作るならどっち?

公開日:

カードローンの紹介

消費者金融のカードローンとクレジットカードはどのような点で異なるのでしょうか。

どちらも同じようにキャッシングサービスを利用するのなら、変わりはないように思われるかもしれません。

変わりがないなら、2つはどちらを先に作るほうがいいのでしょうか。

このような判断をするには、消費者金融カードローンやクレジットカードの特徴を理解しておく必要があります。

以下では2つのサービスの違いを説明し、優先して作るべきカードはどちらかを解説します。

目次

消費者金融カードローンの特徴と審査基準

カードローンとは

カードローンは、自由に使えるお金の貸付を目的としているサービスです。

消費者金融などが発行するカードによって融資をします。

貸付条件

利用限度額は500万円から1000万円と高額で、多くは即日融資に対応しています。

また、はじめて利用する人に対して、無利息期間を設けていることが多いです。

審査基準

契約するにあたって、それぞれの金融機関による審査が行われます。

審査の緩いカードローンは存在するのか?審査基準の違いとは?

20歳以上の安定収入

審査には年齢制限があり、最低年齢は20歳で安定した収入が求められます。

配偶者の収入が安定している場合にも契約ができます。

総量規制

カードローンの借入は年収の3分の1までに制限されています。

総量規制の範囲内かを確かめるため「自社の貸付が50万円を超える」もしくは「総借入が100万円を超えている」とき、利用者に収入証明書の提出を求めます。

総量規制対象外のキャッシングで審査が甘いのはどこ?

信用情報に傷がない

審査の通過には、信用情報に傷がないことが大切です。

金融事故の経歴は5年間信用情報機関に保持された後に抹消されます。

しかし、抹消後に必ず審査を通過できるとはいえません。

カード不要のカードローン

スマートフォンアプリの利用でカードレス化したカードローンも登場しています。

アイフルの申し込み条件と特徴

アイフルは「愛がいちばん。」のキャッチコピーで知られています。

2018年6月現在、大地真央さんがイメージキャラクターとしてCMに出演しています。

申し込み条件

アイフルでは申し込み者は20歳から69歳までの安定収入がある方としています。

安定収入があるなら職業には制限を設けていません。

年収は貸付額に影響

アイフルでは年収よりも収入の安定性が重視されます。

収入が皆無でない限り審査に影響は与えません。

しかし、年収によって貸付可能額は変化します。

アイフル審査落ちの原因!アイフルの審査基準について徹底解説

在籍確認

契約申し込み者に対して電話で在籍確認を行っています。

アイフルの特徴

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 初めての利用で30日間

アイフルの無利息期間は契約日から30日です。

適用されるのは、はじめてアイフルを利用する方に限られます。

申し込み方法

  • 店舗窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • 公式サイト
  • スマートフォンアプリ

アイフルではスマートフォンアプリを使い、インターネットだけで契約を結べます。

プロミスの申し込み条件と特徴

溝端淳平さんと岡本玲さんをイメージキャラクターにするプロミスのCMは、多数の有名人を登場させることで話題になっています。

2018年6月の新バージョンでは溝端淳平さんの相手役に高柳愛実さんが登場しました。

申し込み条件

プロミスの申し込み条件は、20歳から69歳の、本人に安定した収入がある人となっています。

年収は条件に含まれていません。

主婦や学生であっても、安定した収入があれば申し込めます。

在籍確認

コールセンターから電話で在籍確認を行います。

プライバシーに配慮されているので、会社に知られる心配はありません。
プロミスの在籍確認を具体例とあわせて解説!【審査・電話】

プロミスの特徴

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
無利息期間 初めての利用で30日間

プロミスではメールアドレスとWeb明細を利用登録すると、初回利用から30日間無利息期間になります。

申し込み方法

  • 公式サイト
  • スマートフォンアプリ
  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 郵送
「アプリローン」で簡単契約

プロミスはWeb申し込みだけで契約締結まで完結できます。

また、スマートフォンアプリ「アプリローン」なら最短1時間で契約から融資まで済ませられます。

SMBCモビットの申し込み条件と特徴

竹中直人さんと夏菜さんがイメージキャラクターを務めるSMBCモビットは、三井住友フィナンシャルグループの消費者金融です。

申し込み条件

SMBCモビットでは、申し込み時に年齢が満20歳から69歳の方なら契約ができます。

ただし、安定した収入の方に限られています。

自社規定によって、安定収入と認められたなら、パートやアルバイト、自営業の方も審査可能です。

年収は申し込み条件には入っていません。

SMBCモビットの審査は甘い?厳しい?審査時間と基準を解説

在籍確認

SMBCモビットでは電話で在籍確認を行います。

ですが、電話せずとも会社や住所などがわかり、支払い能力があるとみられる申し込み希望者には、電話以外の方法で在籍を調べることがあります。

SMBCモビットの特徴

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 なし

申し込み方法

  • 公式サイト
  • 郵送
  • 電話
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行内ローン契約機
Web完結申し込み

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、いずれかに普通預金口座を持っていれば、Webだけで契約を完結できます。

アコムの申し込み条件と特徴

「はじめてのアコム」で有名な消費者金融アコムは、イメージキャラクターに永作博美さんを用いています。

申し込み条件

アコムでは、契約申し込み時に満20歳から満69歳までの方なら契約できます。

ですが、安定した収入と返済能力を有することが条件なので、不安定な収入の方は注意が必要です。

この条件を満たすなら、アルバイトや派遣社員の方も申し込めます。

年収は申し込み条件には入っていませんが、多いほど高い返済能力を持っていると判断されやすいです。

アコムの審査に落ちてしまう理由は?落ちたらどうすればいい?

在籍確認

会社に電話連絡をしてもらいたくない場合や、電話では在籍を調べられないなどの理由があるときには、アコムでは電話以外の方法で在籍確認をとります。

アコムの特徴

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 初めての利用で30日間

無利息期間の開始日は、契約日から30日間です。

利用は、はじめてアコムを利用した人に限られています。

申し込み方法

  • 公式サイト
  • スマートフォンアプリ
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX契約
  • 郵送
「アコムナビ」で簡単に契約

アコムは公式サイトから契約を完結できます。

その際、スマートフォンアプリ「アコムナビ」を使えば、本人確認書類などもアプリから送信できるので、とても簡単です。

ノーローンの申し込み条件と特徴

「暮らしのそばに。」をキャッチコピーにしているノーローンは、新生銀行グループに属する消費者金融です。

申し込み条件

ノーローンは安定した収入があって、返済が見込める成人であるなら、年齢を問わずに貸付を行っています。

アルバイトや派遣社員などの勤務形態で申し込みを制限することもありません。

なお、年収に関わらず審査は行われます。

在籍確認

自宅および職場に在籍確認の電話を入れています。

利用者のプライバシーに配慮し、担当者の個人名で行われるので安心です。

ノーローンの特徴

ノーローン

金利 4.9~18.0%
限度額 300万円
無利息期間 何度でも一週間
無利息期間

借入時から最初の1週間は無利息期間になっており、ノーローンの契約者なら、誰でも何度でも利用可能です。

借入金を完済すれば、翌月以降の借入には、再度1週間の無利息期間がついてきます。

申し込み方法

契約の申し込み方法は、次のとおりです。

  • 公式サイト
  • 自動契約機
  • 電話

ノーローンの自動契約機を使っての申し込みは、新生銀行カードローンのレイク自動契約コーナーから行えます。

また、公式サイトからWebのみで申し込みを完結させることもできます。

レイクALSAの申し込み条件と特徴

レイクALSAは近未来社会を舞台にしたCMで、森山未来さんを起用しています。

2018年4月に公開された「起動編」は公表でした。

以降、新バージョンが次々公開されています。

申し込み条件

レイクALSAでは満20歳から70歳の人が申し込みできます。

安定した収入がない、短期派遣や登録派遣の人は申し込みが受けられないかもしれません。

年収は関係するか

審査に年収は問われませんが、総量規制などの関係上、年収と利用限度額は比例します。

また、審査の際にはレイクALSAから電話による在籍確認が行われます。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
無利息期間 初めての利用で30日間
初めての利用、5万円以下の借入に180日間
最大180日の無利息期間

レイクALSAでは、上限額200万円と500万円の2つのカードローンのプランがあります。

前者では5万円までの借入に対して最大180日間の無利息期間が、後者では最大30日間の無利息期間が付いてきます。

利用はどちらも、はじめてレイクALSAと契約をした人に限られます。

申し込み方法

  • 公式サイト
  • スマートフォンアプリ
  • 自動契約機
  • 電話
「e-アルサ」から申し込み

レイクALSAではインターネットのみで契約を完結できます。

また、スマートフォンアプリ「e-アルサ」からも行えます。

中小の消費者金融は50社以上ある

安全な中小の消費者金融

安全に借りられる中小の消費者金融が日本には50社以上あります。

大手では審査が通らなかった人も、融資してもらえることがあります。

消費者金融一覧!審査基準、金利、借りやすさに違いはあるのか

ヤミ金じゃないか心配

中小の消費者金融とヤミ金は同じではありません。

正規の消費者金融は金融庁に登録されているだけでなく、貸金業協会に会員登録をしています。

ヤミ金かどうか心配なときは、これらの登録をチェックしてみましょう。

代表的な中小の消費者金融

アロー

アローは愛知県名古屋市に本社を置いている中小の消費者金融です。

カードローンでは「フリープラン」と呼ばれるサービスを行っており、貸付上限額は200万円、利率は15.0%から19.94%です。

エイワ

神奈川県横浜市に本社を置くエイワは、全国に支店を持つ消費者金融です。

一般のカードローンのほか、女性が借りやすい「レディスローン」のプランがあります。

貸付上限額は50万円で、利率は17.9507%から19.9436%です。

キャネット

北海道札幌市が本社のキャネットは、地元密着型の消費者金融です。

個人向けカードローンのほか、「マイカーローン」のサービスを展開しています。

貸付上限額は300万円で、利率は15.0%から20.0%です。

消費者金融カードローンの増額は可能か?

カードローンの増額申し込み

カードローンの増額は多くの消費者金融で可能で、その要件はそれぞれの会社によって異なります。

申し込みは、電話や窓口、インターネットから行うのが一般的です。

条件を設けている

多くの消費者金融では、限度額の増額に条件がついています。

よく見られる条件は「契約して半年以上」で「支払の延滞がない」などです。

カードローン会社からの増額案内

延滞がなく、収入が増加しているなど、信用がおける利用者には、限度額が増額できる旨の案内が消費者金融から届く場合があります。

しかし、案内がきたからといって、常に増額できるわけではありません。

増額には再審査

カードローンの限度額の増額には再審査が求められます。

この審査では主に返済能力に問題がないかを審査しますが、契約を結び直す必要はありません。

減額もありうる

申し込みをしても審査を通過しないこともあります。

また、年収の低下や延滞などで利用者の信用が下がると、限度額を減額されることがあります。

クレジットカードの申し込み条件と特徴

クレジットカードの特徴

クレジットカードは買い物などの後払いができるカードです。

ショッピング限度額は100万円前後が多いです。

信用が高まることで、更に限度額が大きなカードに切り替えられます。

キャッシングは付加サービス

クレジットカードのキャッシングは任意の付加サービスに過ぎません。

なお、学生カードや家族カードでは付帯できないことが少なくありません。

さまざまな付加サービス

クレジットカードは、利用額に応じてマイレージやポイントが溜まっていくものや、傷害保険がついているなど、提携企業によってさまざまなサービスが付帯されています。

利用者は自分にとって有利なサービスが付いているものを選べます。

申し込み条件

クレジットカードのほとんどは、高校生を除く満18歳の安定した職を持つ人ならば、インターネットや郵便から申し込みができます。

カードの種類によっては、学生や主婦であっても申し込みができます。

先に作るならクレジットカード

クレジットカードの審査では、カードローンの契約や借入があると、審査に通らない場合があります。

カードローン契約をする予定があるなら、先にクレジットカードを作ってから、申し込みをするようにしましょう。

「家族カード」の選択肢もある

クレジットカードは利用者の家族に「家族カード」を発行できるものが多いです。

審査基準は元カードと比べると緩くなっています。

なお、学生カードや家族カードは、キャッシングサービスを付帯できないものが少なくありません。

キャッシングしやすいのはどっち?

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードの審査に通っている場合は、ほぼキャッシングの審査にも通ります。

限度額が大きくない

クレジットカードのキャッシングでは、限度額が10万円から40万円程が多いです。

小額のお金を利用するには便利ですが、大きなお金の用意には向きません。

海外でのキャッシングに便利

クレジットカードのキャッシングなら、海外であっても提携ATMから現地通貨を引き出せます。

消費者金融カードローンのキャッシング

50万円までなら収入証明が求められることも少なく、まとまったお金が必要なときは、カードローンが便利です。

また、ほとんどのクレジットカードによるキャッシングの金利は18%に設定されているので、カードローンの方が低い金利になる場合が多いです。

即日融資可能

カードローンは即日融資を受けられます。

急にまとまったお金が必要なときにはカードローンが便利といえるでしょう。

契約はインターネットだけで完結できるので、手間や時間もかかりません。

クレジットカードの増額は可能?

上限額の増額はできる

クレジットカードも利用者が申請することで、上限額の増額ができます。

また、利用状況の良い優良顧客には、クレジットカード会社から、利用枠の増額ができる旨の案内が届くことがあります。

上限額を増額する際の審査ポイント

キャッシング枠の審査ポイント
  • 年収
  • 現在の借入額
  • 取引履歴
  • 支払状況

キャッシング枠では現在の借入れ状況と、拡大した上限額が総額規制の範囲内であることが重視されます

支払状況が悪い、または年収の3分の1を越す場合には、増額できません。

ショッピング枠の審査ポイント

支払可能見込額
支払状況
過去の延滞や遅延履歴
普段の利用状況
利用者にとって増額が必要か、支払い能力が見込めるのかを判断して審査が行われます。

増額しても使われないとみられる申し込みは拒否されます。

利用枠増額のポイント

上限額の増額には、クレジットカード会社の信用を得ることが大切です。

それには、勤続年数が長く、支払の延滞や遅滞がないだけでは足りません。

同じカードを使い続ける

限度額を増額したいカードがあるならば、そのカードを長く使い続けるとよいでしょう。

複数枚を使い分けるよりも、クレジットカード会社の信用を得やすくなります。

限度額までの利用

限度額までしっかりと使い、確実に返済をしてくれる利用者は、利益率の高い優良顧客です。

このような利用者の上限額の増加は、クレジットカード会社にとってメリットがあります。

消費者金融系クレジットカードとは?

消費者金融もクレジットカードを発行している

アコムではクレジットカードであるアコムACマスターカードを発行しています。

カードローン機能が一緒になっているクレジットカードのため、申し込み年齢は満20歳以上です。

アコムACマスターカードの特徴

アコムACマスターカードは、アコムがMaster Cardと提携して発行しているクレジットカードです。

ただしリボルビング専用カードなので、支払がリボ払いになります。

アコムACマスターカードの利用条件

カード全体の利用条件は次のとおりです。

金利 3.0~18.0%
限度額 300万円
無利息期間 何度でも一週間
即日発行ができる

窓口や自動契約機「むじんくん」でカードの発行を受けることで、即日発行が可能です。

他社よりも審査が通りやすい

アコムACマスターカードは審査が通りやすいです。

安定した収入があれば職業が問われることはなく、パートやアルバイトでも申し込めます。

キャッシング機能の使い方

ATMからキャッシングが利用できます。

アコムが使えるATMは、アコムのマークが目印です。

アコム自社ATMは24時間年中無休、手数料無料で使えます。

提携会社のATMの利用時間は店舗によって変わります。

また、利用料は1万円以下が108円、1万円以上では216円です。

コンビニではメンテナンス時間以外の終日、提携会社のATMを利用できます。

なお、ATMからキャッシングを利用しても明細が自宅に郵送されません。

アコムACマスターカードの申し込み方

  • 公式サイト
  • スマートフォンアプリ「アコムナビ」
  • 店頭窓口
  • 自動契約機むじんくん
  • 電話
  • 郵送

申し込み方法はカードローンと同じです。

アコムACマスターカードを選択するだけで発行されます。

それぞれのメリットを考えて選ぶ

似ているようで違うサービス

消費者金融のカードローンは、お金を融資することが目的のサービスです。

それに対してクレジットカードはショッピングなどの代金を、利用者に変わって立て替えることを目的にしています。

クレジットカードのキャッシングは、あくまで付加サービスに過ぎません。

消費者金融は選択肢が多い

カードローンはクレジットカードと比べて審査が早く通りやすいので、キャッシングサービスだけが必要ならばカードローンを利用するとよいでしょう。

また、大手消費者金融の審査が通らない場合には、中小の消費者金融を検討してみると良いでしょう。

クレジットカードはサービスが多い

一方、クレジットカードを作っておくと、ショッピングなどに便利です。

保険やポイントサービスなど、付加サービスが多様なのも魅力です。

それぞれにメリットがある

即日で融資が受けられ、融資額も大きい点ではカードローンは優れています。

一方で、クレジットカードのキャッシングは、改めてカードローン契約を結ぶことなくお金を借りられるため、小額の借入に最適です。

また、海外でもキャッシングができるので、旅行などに便利です。

優先して作るべきはベストな方

2つのサービスはどちらもメリットがあり、優先すべきメリットは人によって異なります。

自分にとって今何がベストな借入方法かを考えて契約をするようにしましょう。