消費者金融の借入れを効率よく返済する方法!返済できないときのリスクは?

公開日:

お金が乗ったカレンダー

お金が必要になっときに何かと便利なのが消費者金融の借入れ。

お金を借りるときには助かりますが、借りたものは返さなくてはいけません。

返済期限に間に合うように、しっかりと予定を立ててお金を返していきたいものですね。

効率よく返済する方法を知っておけば、返済期限が近づいたときに慌てる必要がありません。

ここでは、借金を効率よく返済する方法と返済できなかったときのリスクについて解説するので借金返済時の参考にしてください。

目次

返済で失敗しないポイントは契約にある

返済で失敗しないためには、自分に合った契約をする必要があります。

自分の返済能力以上の契約してしまうと、支払いが滞ってしまうので契約時によく確認しておきましょう。

契約時は冷静に

返済で失敗しないためには、契約時に冷静な判断ができる必要があります。

お金が必要だからと言って慌てて契約してしまっては、返済することが難しくなるので注意が必要です。

返済日の決め方

返済日を決めることで、返済する計画を立てやすくなるため慎重に考えましょう。

消費者金融によっては、借り入れを行う契約者の予定に柔軟に対応してくれます。

お金に余裕ができそうな日を指定することで無理をしない返済を心がけることができます。

自分に合った返済方法があるか

返済方法には毎月の自動引き落としや一括返済など、様々な返済方法が用意されています。

自分の収入と相談をして、自分に合った返済方法を選びましょう。

無理な借入れ額ではないか

借入れ額はお金を借りるときに特に重要となる部分です。

無理な借入れは返済不可能というリスクを負う可能性があります。

住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードのショッピング枠などは総量規制に含まれないため、借金ということを忘れて判断を誤る場合があるので気を付けましょう。

最低利率よりも最高利率をチェックすべし

借入れ先を選ぶ時には、最高限度額と最低利率に目がいってしまう人が多いのではないでしょうか。

お金を限度額いっぱいまで借りられて、利率が最低なら利用者にとってこれほど嬉しいことはありませんが、確認しておくべき項目がいくつかあります。

消費者金融ごとに異なる金利を知りたい方はこちら→消費者金融一覧!審査基準、金利、借りやすさに違いはあるのか

最高限度額と最低利率という条件で利用できる人は少ない

最高限度額と最低利率という条件で利用できる人は少ないです。

そのため、借入れ行う時には、あまり重要視する項目ではないと言えます。

借入れ時に重要視する項目は、最高限度額や最低利率ではなく最高利率をチェックした方が現実的です。

消費者金融の利率はどんなに高くても20%が上限として法律で定められています。

消費者金融は20%以内で上限を決めているので、最高利率を低めに設定してある消費者金融で借入れをした方が、返済計画を立てやすいので借入れ時に確認しておきましょう。

最高限度額が500万円を超えるカードローンの場合

他社に借入れがなくても、年収が1500万円を超えている必要があるので借入れをする前に確認する必要があります。

年収1500万円を超える人は、全体の約4%しかいない

国税庁が行った民間給与実態統計調査によると年収1500万円を超える人は、全体の約4%しかいないという結果になります。

消費者金融の返済方法は主に4種類

消費者金融での返済方法は主に4種類用意されています。

ただし、消費者金融によって返済方法が異なります。

約定返済の他に、随時返済(繰り上げ返済)ができる業者も多いので、自分に合った返済方法を選びましょう。

ここでは、主な返済方法4種類を解説します。

銀行口座からの自動引き落とし

指定日に口座から自動的に引き落としを行う方法です。

毎月決まった日に引き落としを行うので、返済日を忘れてしまっても安心できます。

ATMや窓口に行く必要がないので、時間と手間を省くことができます。

銀行振り込み

指定口座に振り込みを行う返済方法です。

口座番号さえわかれば振り込みを行えるので、銀行の窓口やATMなどから支払うことができます。

インターネットバンキングに対応している消費者金融もあります。

ATMからの振り込み

消費者金融自社ATMやコンビニ、銀行の提携先ATMから振り込みを行う方法です。

消費者金融自社ATMや提携先ATMは、営業時間がそれぞれ異なっているので利用するときには確認が必要です。

24時間営業しているコンビニでは、利用時間を選ばずに振り込めます。

窓口での返済

消費者金融の窓口で返済する方法です。

消費者金融によって営業日・営業時間が違うため、返済するときには確認しておきましょう。

返済日が選べるかどうかがポイント!

消費者金融によって、返済日が固定されている場合と都合の良い日付を選択できる場合があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので自分に合った返済日を見つけましょう。

返済日固定の場合

返済日が固定の場合は、毎月返済日が決まっているので支払いを忘れる心配がありません。

ただし、自分で支払い日を選べないため、給料日などの返済しやすいタイミングとずれる可能性があります。

急な出費でお金が必要になった時など、返済に必要なお金が足りないという事態もありえます。

ある程度安定した収入から返済を見込める人に向いている方法です。

返済日選択の場合

返済日が選択できる場合は、給料日の翌日または2~3日後の設定が理想的です。

お金に余裕があるときに支払いできる日が向いています。

返済日と給料日を同じ日にしないように気を付けましょう。

返済日と給料日が休日に当たってしまった場合、休日前後のどちらにずれるかをチェックする必要があります。

返済方法は?選択肢が多いほうが有利なワケ

返済方法の選択肢が多い場合、返済を有利に行うことができます。

返済しているのになかなか借金が減らないという人は、ぜひ参考にしてください。

まとめて返済できる

返済は基本的に毎月行っていくものですが、お金に余裕ができた時にまとめて返済したいという人も多いのではないでしょうか。

約定返済の他に、随時返済(繰り上げ返済)や一括返済が自由にできると、余裕ができた時にまとめて返済することができます。

また、借金をまとめて返済することで精神的な負担を減らすことができます。

毎月の支払いに悩まされている人は、まとめて返済することで借金という悩みを解消することができます。

利息を無駄に払わずに済む

借金には利息がどうしても付いてきてしまうものです。

しかし、返済方法が選択できた場合、まとめて返済することで借金の合計支払い額を減らすことができるのです。

金利が高めに設定してある消費者金融では特に有効的な手段で、経済的な負担を軽減することができます。

利息の支払いに悩んでいる方にお勧めです。

消費者金融は一括返済できない?実際は?

消費者金融が一括返済できないという噂がありますが、実際はどうなのでしょうか。

実際にできるかどうか確認していきましょう。

ほとんどの消費者金融で対応

実際には、ほとんどの消費者金融で一括返済に対応しています。

そもそも、回収できない場合を考えたら、一括で返済してもらうほうがいいのです。

歓迎しない貸金業者はいないと言っても過言ではありません。

ただし、一部の消費者金融では一括返済に対応していない場合があるので、借り入れを行う前に必ず確認をしておきましょう。

返済方法や最終金額は事前に電話で相談

一括返済は、まとめて借金の支払いができて便利ですが、自分だけで判断して返済するのはやめておいた方が無難です。

自分で判断して銀行やATMなどで振り込むと、利息計算がずれていたり端数が残ってしまうことがあります。

一括返済は利息分を含めた端数までを返済しないといけません。

全て返済完了するまで借金を完済したことにはならないので、必ず消費者金融に電話で相談を行うようにしましょう。

消費者金融の無利息期間をうまく利用する

返済を上手に行うには、無利息期間を利用するのも一つの手段です。

無利息だと利息を取られることがないので、借入れ額以上の金額を支払う必要がありません。

借金を返済するときの賢い方法だと言えるので、無利息期間内に返済できる場合は利用してみるのも良いでしょう。

つなぎ資金として使うと便利

無利息期間での借入れは、給料やボーナスなどのまとまったお金が入るまでのつなぎ資金として利用すると便利です。

大手消費者金融では、無利息期間を設けている場合が多いので、比較的借りやすいのではないでしょうか。

無利息期間内に返済できるのがポイント

無利息期間内に返済することで、利息を0の状態で借入れ額のみを返済することができます。

しかし、無利息期間を超えてしまうと通常の借入れと同じように利息が発生してしまいます。

借入れ額以上の金額を返済することになるため、注意が必要です。

無利息期間内に一括返済できなくても、元金が少なくなれば利息も減るので、無利息期間内に返済できる分はしておいた方が得をすることができます。

リボ払いのメリット・デメリットとは?

借金の支払いでリボルビング払い(リボ払い)を利用する人が少なくありません。

しかし、リボ払いという言葉は知っていても具体的な支払い方法は知らないという声もあるのが実情です。

ここでは、リボ払いの簡単な説明とメリット・デメリットについて解説します。

リボルビング払い(リボ払い)とは?

リボ払いとはクレジットカードによる支払い方法の一つで、消費者金融からの借入れや買い物などの支払い残高に応じ、毎月の支払い額が決められています。

消費者金融からの借入れからだと、利息分を含めた支払い額が毎月自動的に引き落とされることになります。

スライド方式とは?

スライド方式とは消費者金融などによく用いられている返済方法で、借入れ額の残高によって毎月の返済額が段階的に調整・変更される仕組みのことです。

借入れ残高が多いときには支払い額が多くなりますが、返済が進んで借入れ残高が少なくなると毎月の支払い額が少なくなるという特徴があります。

スライド方式では最低金額以上の返済額であれば自分で金額を設定できます。

メリット

リボ払いは毎月の支払い額を設定できるというメリットがあります。

そのため、毎月の返済計画が立てやすいのです。

低い金額で設定してある場合は、経済的に余裕がなくて支払いが難しい時でも返済することができます。

デメリット

返済額が低いと利息分しか返済できず、元金がいつまで経っても減りません。

低い支払い額のまま設定し続けると返済期間が長引き、その分利息が膨大になりやすいです。

返済ができないときのリスクについて

消費者金融に借入れを行う時に心配なのが、返済できなかった場合のリスクです。

借金が返済できなかった場合、いったいどんなリスクを負うことになるのかを確認しておきましょう。

郵送や電話で督促がくるようになる

返済期日までに返済されないと、消費者金融から郵送や電話で督促が来るようになります。

支払いに応じれば、それ以上の問題に発展することはありません。

放置しておくと、一括請求される場合もある

郵送や電話での督促に応じなかった場合、一括請求される場合があります。

この場合、借金の分割払いができなくなってしまうので一括払いをすることになります。

一括請求されて応じないと裁判になる可能性が高まる

まったく返済せずにいると消費者金融から裁判を起こされる可能性が高まります。

強制執行や給料の仮差押えなどをされるかもしれませんが、返済意思を示すと和解できる可能性があります。

返済が遅延になった時点で信用情報に傷がつく

返済が遅れると信用情報に傷が付き、各金融機関で情報を共有されます。

返済能力が低いと判断され、新たに借入れを行うことができなくなります。

クレジットカードの発行も難しくなります。

弁護士に相談するのもよいが、解決が長引くこともある

やむを得ず返済が遅れた場合は、弁護士への相談も必要になります。

弁護士を通して債務整理の手続きを行うと、消費者金融は取り立てや催促を行うことができなくなります。

債務整理が終わるまで返済を停止できますが、解決が長引くこともあります。

遅れる場合や返済が難しい場合は相談を

消費者金融から借入れを行う場合、まずどれぐらい返済できるか冷静に判断しましょう。

日常生活に支障が出るほどの借金はするべきではありません。

本当に必要な時に必要な分だけで借りることで、返済で苦しむことがなくなります。

新たに借入れを行う時には、完済してから行うように心がけましょう。

完済できていないのに借入れしてしまうと、借金が増えて返済することができなくなってしまいます。

返済の相談を受けている消費者金融は多くあります。

万が一返済が遅れたり返済額に無理があった場合は、まずは消費者金融に相談しましょう。

放っておくと利息分が増えて借金が膨らむ一方なので、一人で悩まずに相談して解決策を見つけることをお勧めします。