消費者金融一覧!審査基準、金利、借りやすさに違いはあるのか

公開日: 最終更新日:

スマートフォンを見ながら悩む男性

今回は、数多く存在する消費者金融を、利用者目線で「審査基準」「金利」「借りやすさ」などの観点から比較します。

消費者金融によって、審査基準も金利の設定も、サービス内容もまったく異なります。

今回私は消費者金融を一覧にして紹介しますから、ご自身が利用する消費者金融を選ぶ際の助けとしてください。

おまとめローンの審査基準について知りたい方は→審査のゆるいおまとめローンはどれ?審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

まずは「消費者金融とは?」をおさらい

消費者金融を一覧にして確認する前に、「そもそも消費者金融とは?」という疑問に立ち返ってみましょう。

消費者金融とは、端的に言うと、貸金業をメインで営む「貸金業者」のこと。

消費者金融のキャッシングを利用するということは、「貸金業者から借金する」ことにほかなりません。

借金すると聞くと、なんだか悪いことをしてるみたいですが、有名な大手消費者金融などからお金をかりるのは、いまや銀行からお金を借りるのとあまり変わりません。

2015年ごろ完全施行された貸金業法によって、上限金利も無理ない数字が設定されましたし、

サービスに優れた大手消費者金融

まずは、お金を借り入れるサービスが豊富に揃っており、借りやすい大手消費者金融からみていきましょう。

大手消費者金融の特徴はまた後ほど説明しますが、とにかく借りやすく返しやすいのが特徴です。

具体的にそれぞれの会社でどんな違いがあるのか。調べてみましょう。

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
融資 最短即日

私が「サービスが手厚い消費者金融」を考えた時、最初に思いつくのがこの「プロミス」です。

プロミスは、スマートフォンアプリを使った借り入れにも、ネット上の手続きのみの借り入れにも、通常のカードを使った借り入れにも、すべて対応しています。

あらゆる借入方法にて「即日融資」が可能。時間をかけず借りたいなら、プロミスのキャッシングでしょう。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短即日

アコムが他の消費者金融と違うのは、アコムが発行する借入カード「ACマスターカード」には、クレジットカード機能を追加できる点です。

つまり、アコムは無人契約機を用いて「クレジットカードの即日発行」にも対応しているのです。

もちろん、他の消費者金融と同じく即日審査、即日融資にも対応。初めての借入なら、30日間の無利息サービスも利用可能です。

アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短即日

アイフルは、他の大手消費者金融とは違い、銀行と提携していません。

つまり、自社の売上のみで、大手消費者金融としての経営を成り立たせているのです。これはすごいことです。

そんな独立消費者金融のスタイルを保ってきたノウハウ、そして他社にはないサービスで、あなたの借入を助けます。電話機型の無人契約機「てまいらず」、独自の設定が組まれたレディースローン「レディースアイフル」、土日の在籍確認にも一番柔軟な対応を行ってくれるのがこの「アイフル」でもあります。

レイクALSA

レイクALSA

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
融資 最短即日

新生銀行が正式に消費者金融としてリリースしたのが、「レイクALSA」です。

レイクALSAは、次世代のキャッシングを売りにしており、もはや「カードローンにカードはいらない」というスタイルをとっています。

スマートフォンから即日融資を希望しているなら、ぜひともレイクALSAから。これだけ科学が進歩した現在、カードローンも次の世代に移ろうとしているのです。

SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短即日
融資 最短即日

SMBCグループのSMBCモビットは、ネット上の手続きのみで借り入れが完結する「WEB完結申込み」に対応しています。

WEB完結申込みを利用すれば、WEB上でのみ借り入れが完結するという気軽さだけでなく、不要な郵送物が送られてこなくなるという大きなメリットがあります。

家族に内緒で借りたい方にも、モビットのキャッシングはおすすめです。

大手消費者金融の特徴

大手消費者金融は、この後説明する中小消費者金融とは違う特徴を持っています。

貸金業法が改定された今なお、大手消費者金融としての経営が成り立っているのはなぜか、まで考えていきましょう。

中小消費者金融より金利は安い

大手消費者金融は中小消費者金融より金利が低いです。

上限金利いっぱいの金利を設定せず、若干ではあるものの、余裕をもたせた金利設定が組まれているのが、まずわかりやすい違いです。

さらに金利が低い銀行カードローンと比べると、金利は高いですが…。

サービスに優れている

大手消費者金融の強みはやはり「サービス」です。

他の消費者金融にはない独自のサービスで、利用者のキャッシング利用を後押しします。

ネットキャッシング、無利息サービス…その他、独自サービスで、大手消費者金融は大手消費者金融たるのです。

借り入れに安心感がある

ただでさえ企業の資本が大きいこと。そして都市銀行と提携した消費者金融も多い点は、利用者にとって安心感があります。

借入先の経営が不安定では、キャッシング利用者側としても気が気ではありません。

不安を感じること無くお金を借り入れたい…というあなたこそ、大手消費者金融のキャッシングを利用してお金を借り入れるべきなのです。

審査基準が甘い中小消費者金融

審査の甘い消費者金融を探しているなら、経営規模の小さな中小消費者金融からお金を借り入れるべきです。

中小消費者金融は、大手消費者金融の審査に通らないあらゆる条件の方でも審査に通る審査基準を設定しています。

年収に問題がある方でも、信用情報に悪い記録が残っていたとしても、中小消費者金融の審査なら通る可能性が高いです。

具体的に、おすすめの中小消費者金融を紹介していきます。

エイワ


中小消費者金融のエイワはおすすめです。

中小消費者金融と言っても、俗にいう街金とは違い、全国に22店舗支店を展開しています。

ブラックでも借入可能だと言われていますが、エイワのスタイルが「対面融資」であることもあり、対面時説教を食らうとも言われています。

人情に溢れたキャッシングを希望している方は、ぜひエイワからの借り入れを検討してみてください。

セントラル

セントラル
セントラルは、中小消費者金融にして東京と四国地方に無人契約機を設置している業者。

サービス面、金利など、大手消費者金融と比べてもまったく見劣りしません。

安心感のある中小消費者金融を希望している方は、ぜひ愛知県に本社を構えるセントラルからの借り入れを検討してください。

フクホー

「フクホー」を知らない方も多いでしょうが、実はフクホーは設立から50年を越す老舗消費者金融。

審査こそ甘いですが、そのキャッシングには抜群の信頼感があります。

うまく書類のやり取りが進めば、最短即日融資も可能という、スピード感あふれるキャッシングも魅力です。

キャッシングエニー


キャッシングエニーは、店舗が少なく東京・上野の2店舗だけということですが、申込みはネットから気軽に行うことができ、全国への振込融資も対応しています。

電話対応が優しいという意見もよく目にします。東京・上野の店舗に行ける方がやはり一番お得なので、店舗近くに住んでいる方はぜひ。

ダイレクトワン

ダイレクトワン
ダイレクトワンは、中小消費者金融という体ではあるものの、スルガ銀行グループ所属の消費者金融です。

東京・静岡・愛知合わせて15もの有人店舗があるほどです。店舗での契約を行えば、即日融資を受けることもできるため、借り入れに時間をかけたくない方にピッタリです。

しかしやはり即日融資の決定打にはかけるので、即日融資を目当てにダイレクトワンへの申込みを行うべきではないかもしれません。

中小消費者金融の特徴

大手消費者金融にはない、中小消費者金融だけの特徴も調べておきたいです。

中小消費者金融から借り入れるということは、どういうことなのでしょうか?

とにかく審査が甘い

繰り返すようですが、中小消費者金融の審査はとにかく甘いです。

ブラックだろうと、年収に多少問題があろうと、審査に通ることが多いです。

中小消費者金融は、大手消費者金融の審査に通らない人にあててお金を貸している面も強いので、それもそのはずといったところでしょうか。

銀行の審査に落ちて、大手消費者金融の審査にも通らないとしても、中小消費者金融の審査なら通る確率が十分あります。

「債務整理中」でも、現在の返済能力次第では審査に通ることがあると言われているほど。

上限金利ギリギリ

大手消費者金融のキャッシングと比べて、中小消費者金融のキャッシングで設定されている金利は高いです。

上限金利は法律で、「10万円以下の借り入れは最高20%」と決められていますが、中小消費者金融の多くがこの「最大金利20%」を設定しています。

多くの方が「金利は低いほうが良い」と考えているでしょうが、中小消費者金融からお金を借りる時点でそれは諦めたほうがよさそうです。

サービスが弱い

やはり中小消費者金融、大手消費者金融にはキャッシングの利便性でかないません。

そもそもカードローンに対応しておらず、振込融資を行うフリーローンのみ扱う会社がほとんど。

キャッシングにまつわるサービスを求める方は、皆が知っている大手消費者金融を使うほうが良いでしょう。

大手消費者金融には便利なサービスがたくさんありますよね。レディースローン、ネットキャッシング、おまとめローン…。

中小消費者金融のキャッシングは、「とにかくお金を貸してほしい!」という方のみ利用をおすすめします。

中小消費者金融一覧

中小消費者金融を一覧で紹介します。

気になった会社があれば、調べてみてください。しかし「街金」も多く、借入可能地域に制限がある場合も多いので注意を必要です。

中小消費者金融名 金利
アロー 15.0~19.94%
中央リテール 10.95~19.94%
キャレント 7.8~18.0%
ライフティ 15.0~20.0%
しんわ 7.0~18.0%
アレックス 15.0~20.0%
アイアム 18.0%
キャッシングスペース 8.0~20.0%
ケンファイナンス 7.0~20.0%
田中商事 15.0~20.0%
ニチデン 7.3~17.52%
ハローハッピー 10.0~18.0%
アルコシステム 15.0~20.0%
ビアイジ 15.0~18.0%
もみじファイナンス 15.0~20.0%
ライオンズリース 15.0~20.0%
ユニーファイナンス 12.0~17.95%
ユニズム 15.0~20.0%
スカイオフィス 15.0~20.0%
株式会社プログレス 15.0~20.0%
アルク 10.0~18.0%
スピリッツキャッシング 15.0~20.0%
いつも 7.0~18.0%
ベルーナノーティス 4.5~18.0%
ご融資どっとこむ 7.3~15.0%
ミリオンインベストメント 18.0%
ローンズ・マルキ 10.0~20.0%
オリーヴファイナンス 15.0~20.0%
フジクレジット 14.6~20.0%
新大阪ファイナンス 15.0~20.0%
マイフィナンシア 14.95~17.95%
グッドファイナンス 10.0%~20.0%
アストキャッシング 14.9285%~17.9215%
プラン 15.0~20.0%
ショーエイ 15.0~20.0%
アスター 15.0~18.0%
フクホー 7.3~20.0%
産興社 5.8~11.8%
しんわフリーキャッシング 7.0%~18.0%
アイシーローン 10.0%~20.0%
セントラル 4.8%~8.0%

消費者金融を選ぶ時の「決め手」

借り入れる消費者金融を選ぶ際に、どの基準で消費者金融を比較すればよいのか。

消費者金融を選ぶ基準を紹介します。

自分でも審査に通るか

どれだけその消費者金融からお金を借りたいと願っても、その消費者金融の審査基準をクリアしなければ、お金を借り入れることはできません。

目当ての消費者金融の審査基準を、自分がクリアできるか。

消費者金融を選ぶ際にはそこも考えておきましょう。審査に落ちた記録は信用情報に残り、落ちれば落ちるほど、信用情報が悪い状態になっていきます。

大手消費者金融審査に落ちた人は中小消費者金融にトライ

大手消費者金融の審査に落ちたなら、再び大手消費者金融の審査にチャレンジするべきではありません。

次はしばらく期間を空けて、もっと審査の甘い中小消費者金融にチャレンジしてみてください。

大手消費者金融の審査に落ちたあなたを助けてくれるのは、もはや審査の甘い中小消費者金融しかないのです。

ブラックなら問答無用で中小消費者金融

現在すでに信用情報に傷がついて「ブラック」な状態なら、そんな状態でも審査に通る中小消費者金融の審査にチャレンジしてください。

正直に言って、ブラックな状態で大手消費者金融の審査に通ることは、まずありません。

ブラックな状態で審査に通りたいなら、中小消費者金融の審査しかないのです。

「金利」が高すぎないか

やはり「金利」はキャッシングの重要な比較要素です。

金利の数字が大きければ大きいほど、返済時支払う利息の額は大きくなります。低い金利で借り入れるということは、月々の返済額、ひいては総返済額に大きな影響を及ぼすのです。

とはいえ、消費者金融間で、金利に大きな差は出ません。そして多少金利が違うとしても、返済額にはそおう大きな差が出ないのも確かです。

消費者金融の金利に惑わされることなく、他の要素でしっかり消費者金融を比較するほうが大切かもしれません。

「無利息サービス」に対応しているか

キャッシング利用において、無利息サービスがあるかないかでは、やはり総返済額に大きな差が出ます。

短期間の借り入れならなおさら、長期間のキャッシング利用でも、一ヶ月利息を支払っていないのは、返済額に差が出てきます。

さらにレイクALSAなら、5万円以下まで180日間無利息のサービスも展開中です。少額キャッシングを考えている方は、ぜひレイクALSAからの借り入れも検討してみてください。

消費者金融を利用する際に注意すること

最後に、消費者金融のキャッシングを利用する方に注意してもらいたいことを紹介します。

消費者金融のキャッシングはとても気軽に利用できる分、その借り入れによってお金の失敗をやらかして、身を滅ぼしかねないのです。

注意点にしっかり留意しておき、賢く消費者金融から借り入れてください。

審査申し込みは1社ずつ

申し込む消費者金融は一社に絞った申込みを心がけてください。

理由は簡単です。複数の消費者金融に同時申し込みを行うことで、その複数の同時申し込み記録によって審査に落ちやすくなるからです。

複数の消費者金融に申し込んだ記録があると、「この人はお金に困っている」という認定を受けてしまうのです。

希望借入額を欲張らない

希望借入額が少額ならば少額なほど、消費者金融の審査に通りやすくなります。

少額の貸付なら、消費者金融もお金を貸し付ける負担が小さいですよね。

どうしてもの事情がない限り、消費者金融に申し込む希望借入額は一番小さい額を選択してください。

すでに他社借入が多いなら「おまとめローン」で一本化

他社借入が多いか、少ないかで、消費者金融の審査結果に大きな影響が出ます。

他社借入が多くて、審査に通るか心配なら、おまとめローンを利用して借り入れを一本化してください。

他社借入が少ない状態なら、消費者金融の審査通過の可能性が大きく上がります。

他社借入の返済が苦しいなら債務整理も検討して

他社借入が多くて、その返済で悩んでいるなら、いっそ元金の返済額を減らす債務整理を検討してください。

債務整理を行うことで、返済額を3分の1程度に抑えることもできるほどです。

債務整理で一番効果の大きな自己破産ならば、抱えている借金が免責になり、返済の責務から介抱されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

大手消費者金融、中小消費者金融を一覧で紹介して、さらに便利な消費者金融活用法も紹介しました。

自分がどの消費者金融を利用するべきか迷ったときは、別の消費者金融との違いをしっかり研究して、自分なりの答えを見つけ出してください。