リボ払いで一括返済したい!返済方法をレクチャー!

公開日:

 

月々の返済額が少なくて済むことからリボ払いを選択したけれど、なかなか返済が終わらないと感じている人も多いと思います。

その理由となるのはリボ払いの金利手数料の高さであり、返済残高がなかなか減らないことで返済がいつまでも続いてしまうのです。

リボ払いを一括返済で解決したいと考える人もみられますが、一度選んだリボ払いを一括払いにすることは可能なのでしょうか。

そこで今回は、リボ払いで一括返済する方法について詳しく説明します。

リボ払いで一括返済はできるもの?

リボ払いにすることで、毎月の返済額を少なくできますが、リボ払いには気を付けておくべき注意点があります。

それはどこのクレジットカード会社でも、リボ払いの年率が15%程度に設定されていることです。

金利手数料がどんどんたまることで、いつまでたっても返済が終わらない状況に陥ってしまいます。

そのため、リボ払いから一括返済へと変更し、少しでも早く完済してしまいたいと考える人も多くみられます。

一括返済は可能です!

リボ払いからの一括返済ができるかどうかを結論から言うと「可能」です。

支払い方法を一括からリボ払いに変更できるように、リボ払いから一括払いへの変更もできます。

細かい手続き方法において、各カード会社で違いはあるものの、どんなクレジットカードであってもリボ払いから一括返済への変更は可能です。

支払い方法も選べて安心

リボ払いから一括返済に変更する際、カード会社によっては2回払いなどといった返済方法が選べる場合もあります。

一括返済するには残高が足りないという人でも、2回に分ければ返済できる可能性もあり、少しでも早く完済できるようになるでしょう。

このように、カード会社によっては自分に合った返済方法が選べますので確認しておくのを私はおすすめします。

一括返済をすれば返済金額は減る?

リボ払いにすると、初めから一括払いにした時と比べて返済金額が高くなります。

ただ、リボ払いから一括返済をすると返済金額も減ると考えている人もみられます。

しかしながら、リボ払いから一括返済にした時点の返済金額には変わりはありません。

というのも、リボ払いの金利手数料は毎月の残務債務元金に対して日割りで発生しています。

そのため、一括返済する日までの金利を支払う必要があります。

言いかえると、一括返済金というのは残りの元金に、前回の返済日から一括返済日までの日割り計算された金利をプラスした総額なのです。

しかし、今後リボ払いを続けていれば発生していたであろう金利は発生しなくなります。

つまり、元本分の返済総額に変わりはありませんが、それに付随する金利手数料分の返済が少なくなるのです。

一括返済してでもリボ払いすべきなのはどうして?

金利手数料が高いことでも知られるリボ払いにもメリットがあります。

ここでは、私が思いつくメリットをいくつか紹介していきましょう。

リボ払いをするメリット

リボ払いをするメリットの一つに手元にお金がなくても商品が購入できることがあります。

また、家計の支払いが楽になることや、好きな時に繰り上げ返済できることも挙げられます。

手元にお金がなくても商品の購入が可能

リボ払いを選択すると、手元にお金がなくても思い切った買い物ができるのが魅力ではないでしょうか。

というのもリボ払いは毎月の支払額が最小限に抑えられますので、毎月たくさん支払うことなく高い買い物が可能になります。

毎月同じ返済金額で家計が楽に!

リボ払いというのは5万円を使っても10万円使っても毎月の支払金額の固定ができます。

そのため、毎月の支払金額を確保しておくと家計を圧迫することも無いでしょう。

使いすぎた月も節約した月も、返済額は同じですので、上手に家計をやりくりできると考えています。

好きな時に繰り上げ返済ができる

リボ払いにしていても好きな時に繰り上げ返済ができます。

ですので、ボーナスや臨時収入などお金に余裕が出た時に繰り上げ返済をして残高を減らすことも可能です。

カードによってはコンビニのレジでリボ払いの繰り上げ返済ができる場合もあり、繰り上げ返済がしやすいとも言えます。

注意して!リボ払いの金利ってこんなに!

メリットのあるリボ払いですが、やはり金利の高さには注意する必要があります。

というのも元利均等方式によるリボ払いの場合には、毎月の支払いは固定であり、利用額が大きければそれだけ返済が長引いてしまいやすいと言えるのです。

例えば、リボ払いで20万円の商品を購入し、その返済を月々5,000円のリボ払いにいた場合、金利を考えないと40カ月で返済が終わる計算です。

しかしながら、リボ払いでは金利手数料が15%もかかりますので、実際には月々5,000円の支払いを104カ月も続けなければいけません。

さらに、その返済総額は278,954円となり、8万円近い金額を手数料として支払うことになります。

これは返済が長期化することで金利も増え続けます。

リボ払いの場合には数年かかっても返済が終わらないケースもめずらしくないと言えるでしょう。

そのため一括返済にし、少しでも早く返済してしまうのをおすすめします。

一括返済をするための準備

リボ払いから一括返済をするためには、しっかりと準備をしておく必要があります。

まず、「返済日を決定」します。

いつ返済するのかを明確にしておくことで、いつまでにお金を用意する必要があるのかがわかります。

もし、引き落としで一括返済する場合にはカードの引き落とし日が返済日になりますので確認しておきましょう。

また、「返済額の確認」もしておくべきです。

返済日までにいくらの金利手数料がかかるかを調べておくことで、最終支払い金額がわかります。

さらに、もし複数の方法がある場合には「返済の方法を選ぶ」ことも大切です。

カード会社によってはATMからの支払いや、コンビニ払い、銀行振り込みなどといった方法から選べることもあります。

リボ払いから一括返済に変更する方法

リボ払いから一括返済に変更したいけど、どうすればいいのかわからないという人も多いと思います。

しかし、リボ払いから一括返済に変更する方法は非常に簡単です。

まず、リボ払いから一括払いにする手続きには2種類があります。

一つ目は、カードの公式サイトや会員ページから行うWeb上で行う方法です。

もうひとつは電話による手続きがあります。

どちらも方法であっても、手続きにかかる費用は無料ですので気軽に問い合わせてみるのがいいでしょう。

ただ、公式サイトなどからのWeb上で一括返済への変更手続きをする場合には、カード会社によって手順が異なります。

そのため、それぞれのサイトに掲載されている案内に従って手続きを進めましょう。

一括返済の支払いの仕方は?

一括返済の支払い方法は、カード会社によって異なります。

いくつかの支払い方法が選べるカード会社もありますので、ここでは代表的な3つの方法を紹介します。

一括返済の支払い方法はコレ!

一括返済の一般的な支払方法はATMでの支払い、または、銀行振り込みです。

その他にも、口座引き落としができるカード会社もあります。

それではそれぞれの支払い方法の特徴を詳しく説明していきましょう。

ATMでの支払い

ATMで一括返済を行う際には、提携金融機関のATMで千円単位や一万円単位での返済が可能です。

ATMでの返済にはクレジットカードと暗証番号が必要ですが、手数料は要りません。

ただ、ATMでの支払いにはカード会社の公式サイトか電話から事前に申し込んでおく必要があります。

銀行振り込み

銀行振り込みで一括返済を行う場合には、カード会社に事前に連絡し指定口座に振り込みをします。

銀行振り込みの場合には振込手数料がかかりますので、他の方法に比べると割高になると思います。

口座引き落とし

リボ払いの支払いを口座引き落としでしている人は多いでしょう。

そのため、最も簡単な支払い方法はリボの支払い口座として登録している口座から引き落としで一括返済をする方法であると言えます。

カード会社に申し込みをし、返済用の口座をお金に入れておくことで一括返済が完了します。

しかしながら、カード会社によって一括返済の申込期限に違いがありますので確認しておくのがいいでしょう。

もしその月の申込期限を過ぎてしまっていた場合には、一括返済ができるのが翌月になります。

一括返済に変更できなかったら?

もし、一括返済へ切り替えができなかった場合であっても、支払いを早く終える方法があります。

リボ払いの支払い設定額を増やす

リボ払いの支払い設定額を増やすと早い段階での支払いを終えることが可能です。

例えば、毎月1万円でも多く返済すると、その分だけ発生する金利手数料が少なくなります。

リボ払いの重い負担は積み重なった未払いの残高から発生する金利手数料です。

その金利手数料を少しでも減らすことで完済までの期間が短くなります。

リボ払いの支払い設定額を増やす方法

リボ払いの支払い設定額を増やすためには、カード会社に電話をかけて手続きを行います。

また、会員ページや公式サイトからも手続きが可能です。

お金がなくても一括返済をする方法

リボ払いから一括払いに変更した方が金利にかかる費用を節約することはわかっていても、手元にお金がない場合には一括では支払えません。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

借り換えローンという選択

手元にお金がないけれど、少しでも早く完済して金利手数料をおさえたいという場合には、借り換えローンを選択するのがいいでしょう。

借り換えローンというのは、リボ払いよりも金利の低いカードローンへと借り換えることです。

金利が低いことで手数料が節約でき、最終的に支払う金額が抑えられます。

というのも、リボ払いの金利手数料が15%ほどであるのに対して銀行カードローンの金地は14%程度です。

また、銀行カードローンは借入金額が高額になると金利が低くなりますので、リボ払いの残高がたくさん残っている場合には、さらに金利を抑えられると言えるでしょう。

カードローンに借り換えることで、新しい借入先での支払いは続きますが、高い金利手数料のリボ払いを続ける必要がなくなるのです。

一括返済をするときの注意点

一括返済を希望する場合には、気をつけないといけないことがあります。

それは、口座引き落としの場合の申込期限です。

もし申込期限内に一括返済を申し込んでいない場合には、一括返済ができるのが翌月になってしまいます。

リボ払いでは返済日まで金利手数料がかかりますので、一括返済が翌月になってしまうとその分だけ多く金利手数料を支払わなければいけません。

返済にかかる手数料に注意

1カ月分の金利手数料を余計に支払わないためにも、申込期限をあらかじめ確認しておきましょう。

また、銀行振り込みやATMでの支払いで一括払いを選択した場合にも注意が必要です。

というのも、一括返済を申し込ん時点で次回分の引き落とし金額が既に決まってしまっている場合は、残り分から引き落とし予定金額を除いた金額のみが一括返済の対象となることがあります。

そうなってしまうと一括で返済するまでに金利手数料がかかってしまいます。

ですので、もし今月は一括返済が可能だとわかった場合には、すみやかにカード会社に連絡をし、一括返済の手続きを行いましょう。

一括返済以外の方法はある?

一括返済をしたくてもお金がないために難しい場合や、借り換えローンが組めないという人もいるでしょう。

そんな時は一括返済以外の方法でリボ払いの金利手数料を節約する方法を試してみるのがおすすめです。

一括返済以外でリボ払いの金利手数料を抑える方法

リボ返済の金利手数料を節約する方法は、一括返済の他に毎月の設定金額を上げる方法があります。

また、繰り上げ返済をしてしまう方法や、ボーナスでの支払いを検討するのもいいでしょう。

毎月の設定金額を上げる

リボ払いに限ったことではありませんが、借入残高に対して月々の返済金額が小さければ小さいほど、月々の支払いにおける金利の割合が大きくなります。

そのため、月々の支払金額を少しでも多くすることが金利手数料の節約につながると言えます。

繰り上げ返済

繰り上げ返済は、まとまったお金ができた時にすぐに返済する方法です。

カード会社によって仕組みや手数料に違いはありますが、リボ払いの残高の繰り上げ返済はどのカード会社でもできます。

ボーナスでの支払いを検討

リボ払いの金利手数料を考えると、ボーナス一括払いが圧倒的にお得です。

というのも、ボーナス一括払いの場合には金利手数料がかかりません。

カードで購入してからボーナスまでの数カ月の間は無利息期間となりますので、その分の余裕を返済に回すこともできるでしょう。

また、ボーナス一括払いは、ボーナスをもらっていない人でも利用できます。

しかし、一部の店舗ではボーナス払いに対応していない場合もありますので、あらかじめ確認しておくのをおすすめします。

リボ払いが終わった後の対策は?

リボ払いが無事に終わった後にもしておくべきことがあります。

まず、カードのリボ払いの設定を解除しておきましょう。

リボ払いの設定を解除しないことには次からのカードの利用も自動的にリボ払いになってしまいます。

次回のカードの利用でリボ払いの金利手数料を支払わないためにも、前もってリボ払いを解除しておくことが大切です。

リボ払いを解約しておく

また、手持ちのカードがリボ払い専用のカードである場合には、解約をしておくのもいいでしょう。

間違えて使用してしまわないためにも、リボ払いのカードを使えない状態にしておくのをおすすめします。

リボ払いを解除したい!対策方法を徹底解説!

さらに、クレジットカードというのはさまざまな特典が用意されているものがあります。

ポイント還元率が高く、年会費無料のクレジットカードであれば、使えば使うだけ得をすると感じるでしょう。

その他にも、貯まるポイントの種類や、旅行保険などの特典も変わるので、できるだけ多くのクレジットカードを比較し、自分に合ったものを見つけましょう。

リボ払いに悩んでいるなら一括返済を!

リボ払いというのは毎月の返済額を一定にでき、少額で返済を続けられるのが魅力です。

そのため、手元にお金がなくても思い切った買い物ができる方法として知られています。

しかしながら、リボ払いには平均して15%という安くはない手数料がかかります。

ですので、リボ払いの金利手数料をよく知らずに選択してしまうと、金利手数料が膨らんでしまい、支払いがなかなか終わらないと感じてしまうのです。

もし、リボ払いが終わらないという悩みを抱えているのであれば、一括返済を選択するのが一番の解決策であると言えます。

一括返済でリボ払いの負担がなくなる

一括返済であれば一括返済をした日以降の金利手数料を支払う必要がなくなり、返済日以降にかかるはずであった金利手数料が節約することも可能です。

一括返済の方法はたくさんありますので、自分に合った方法で一日でも早くリボ払いの一括返済を行うのをおすすめします。

リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?