リボ払いでかかる手数料の計算方法をわかりやすく解説!

公開日:

金利の計算

手持ちのお金がなくても、ショッピングなどで支払いが可能なクレジットカード。

まるで魔法みたいですよね。

そんなクレジットカードでさらに魔法のような支払い方式が「リボ払い」です。

リボ払いを選ぶだけで、どれだけクレジットカード利用残高が残っていても、少ない一定額を支払うだけでよくなるのです。

そんな便利な支払い方式の「リボ払い」ですが、毎月の支払いに「手数料」が上乗せされるのに注意が必要です。

先にリボ払いの手数料計算方法を学んでおき、どれくらいの手数料が上乗せされるのか把握しておきましょう。

さらに、すでにリボ払いを行っている方のために、「少しでもリボ払いの負担を小さくする方法」もご教授します。

リボ払いの金利設定について

はじめに、リボ払いで設定されているリボ払い金利について、知っておきましょう。

リボ払いで設定されている金利は、「年率」です。

年率というのは、クレジットカード利用額の元金と手数料との比率を指すので、返済が進めば進むほど金利は下がっていきます。

こういった理由もあり、リボ払いのペースは少しでも早めることがおすすめされているのです。

それぞれのクレジットカードリボ払い金利

クレジットカードによって、リボ払い金利が多少変わります。

実例をみてみましょう。

楽天カード 15.00%
三井住友カード 15.00%
イオンカード 12.00%

イオンカード以外は15%となっているように、ほとんどのクレジットカードでリボ払い金利が15.0%となっています。

リボ払い金利で割り出す手数料はつまり「利息」

リボ払い金利で手数料が割り出されるわけですが、これは言い換えただけで、つまるところ借金返済時に支払う「利息」と何も変わりません。

リボ払いで支払いを続けていくのは、借金返済を続けていくのと何も変わらないということですね。

リボ払い金利を計算して手数料を割り出す

では実際に、リボ払い金利で計算して手数料を割り出してみましょう。

10万円をリボ払いで支払う場合

10万円のクレジットカード利用代金をリボ払いで支払う時は、10万円×15.0%÷365日×30日で割り出すことができます。

この計算式によると、10万円をリボ払いで支払う時かかる手数料は、「1,232円」だということがわかります。

本来10万円いっぺんに支払うところ、1232円で支払いペースをコントロールできるという事実、あなたはどう捉えますか?

リボ払いの手数料の捉え方

私個人の意見を言わせてもらえば、リボ払いの手数料を支払うのははっきり言って無駄です。

理由は、言うまでもなくリボ払いを選ばなければ支払わなくて良いお金だからです。

無駄に何万も支払うことになる、というのがまずリボ払いとかかわらない方が良い理由です。

人生における無駄はできるだけ省くべきなのです。

人生における無駄の中で「お金の無駄」は比較的省くのが簡単な種類になります。

リボ払いを利用するなら少しでも早く手をきる

リボ払いを利用する方のために助言します。

まず、もしリボ払いを今後使おうと思っているなら、「少しでも早くリボ払いと手を切る」ことを考えるべきです。

リボ払いで支払い続けるお金はあくまで「支払い最低額」です。最低額以上支払わないと、いつまでたってもリボ払いは終わりません。

シミュレーションを組み立てて計画以上の支払いを

リボ払いを利用する時は、前もって支払い計画を立てておくことがまず大切です。

そして、できれば計画を立てた金額以上のお金を支払うことが大切。

前のめりに支払いを進めないと、リボ払いと手を切るのは難しいのです…。

リボ払い期間中にクレジットカードを使わないこと

そしてリボ払いを行う際の心構えで大切なのが、「リボ払い期間中にクレジットカードを利用しないこと」が大切です。

リボ払い期間中にクレジットカードを使って支払いを行うと、たとえリボ払い残高が多少減っていたとしても、再びリボ払い残高が回復することに。

これではリボ払いがいつまで経っても終わりません。

リボ払いがやばいと言われる所以はここにあります。→なぜリボ払いがやばいのか?リボ払いがあなたを破滅に追い込むポイント

リボ払いを終わらせる攻略法

ここからは、すでにリボ払いを行っている方に向けて、リボ払いを少しでも早く終わらせるための攻略法を紹介します。

リボ払い地獄に差し込んでしまったその足、少しでも早く引き抜けるようにしましょう。

まず極論リボ払いを使わない

これを言っても仕方ないことですが、リボ払いはできるだけ使わないほうが良いです。

リボ払いを使うケースは、リボ払い金利が低く、長期的に支払ってもいいと思えるほどの買い物をする時。

これに限ります。

しかしそんなタイミングは限られてしまうので、そもそもリボ払いを使うケースはかなり限られてくるのです。

カードローンに借り換える

リボ払いで支払うより、別のカードローンに借り換える法あずっと良い結果になるケースが多いです。

多くのカードローンは「借り換え」を積極的に受け入れてくれるので、リボ払いで悩んでいる方はぜひ、「銀行カードローンへの借り換え」を積極的に検討してください。

債務整理手続きを行う

リボ払いがきついなら、債務整理の手続きをとることで、支払いの負担を減らすことができます。

任意整理、個人再生で、支払額が半分からさんぶんの1程度まで減らせるでしょう。

最大の効果がある自己破産なら、今後リボ払いを行う必要もなくなるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

リボ払いで支払う支払額の計算方法から、リボ払いを早く終わらせるためのコツまで紹介しました。

リボ払いの負担が大きく苦しいなら、現実的に負担を減らすための方法を考えてみてください。