リボ払い利用者は要注意!知っておくべき危険性まとめ

公開日:

手持ちのお金が少ない時、ショッピングや飲食でクレジットカードを利用する人も多いでしょう。

一括払いや分割払いなど、自分の懐事情に合わせてお金を立て替えてもらえるのは便利ですよね。

そんなクレジットカードで「リボ払い」という支払い方法を選択している人は居ませんか?最近ではデフォルトの支払い方法をリボ払いに設定しているカード会社も少なくありません。

実はこのリボ払い、使いかたを誤ると支払い方法の中で最も危険と言われているのをご存知でしょうか。

今回は計画的なクレジットカードの利用を実践する為に、リボ払いが持つ危険性をご紹介します。

知っておくべきリボ払いの仕組み

リボ払いの正式名称は「リボルビング(「回転」の意)払い」であり、分割払いや一括払いと同じくクレジットカードにおける支払い方法の一つです。

具体的には毎月決められた返済額を「定額」で支払う事になります。

例えば、毎月の支払い額を1万円に設定した場合には、基本的にいくらクレジットカードを利用しても毎月の支払いは1万円で固定となるのです。

ただし、カード会社によっては利用残高30万円未満までは月々最低5000円、利用残高30万円以上は月々最低1万円といった具合に「利用残高」に応じて最低支払額を設定している場合もあります。

最低支払い額の変更ラインを知らずに利用を重ねてしまうと、予期せぬ懐の圧迫や滞納の原因になり兼ねないので十分な注意が必要と言えるでしょう。

分割払いとの違いって?

クレジットカードの支払い方法と聞いてまっさきに「分割払い」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

リボ払いも分割払いも、支払い額を数回に分けて一時的な金銭面の負担を軽減する為の支払い方法ですが、その実様々な違いが存在します。

まずはリボ払いと分割払いの違いを把握しておきましょう。

分割払いの特徴

分割払いという方法では「利用金額を分割した額と手数料を抱き合わせ」で支払う事になります。

例えば、10万円の買い物を4回払いで購入したとしましょう。

この場合毎月の支払い額は「25000円+手数料」という事になります。

しかし、同じ分割払いでも20万円の買い物をした場合でも、毎月の支払い額は「5万円+手数料」となるのです。

分割払いでは「利用金額に応じて毎月の返済額が変動する」という事がポイントとなります。

分割払いで買い物した分だけ、月々の支払い額も増えていきます。

また、分割払いでは予めカード会社側で支払い回数が決められている事にも留意しておきましょう。

ある程度細かく支払い回数の段階が設けられていますが、場合によっては任意の支払い回数を利用出来ない可能性もあります。

リボ払いと分割払いの違い

リボ払いと分割払いの大きな違いは「月々の返済額」にあります。

分割払いが利用量に応じて返済額は増えていくのに対して、リボ払いではどれだけ利用しても月々の支払額は手数料込みで定額なのです。

リボ払いは利用額にもよりますがクレジットカードにおける支払い方法の中で、基本的には毎月の負担が最も小さいものであると言えます。

リボ払いにメリットはあるの?

クレジットカードを利用する上で危険性が高いリボ払いですが、しっかりと使いこなせればメリットが無いという訳ではありません。

定額支払いによる毎月の負担軽減、計画の立てやすさ

リボ払いでは毎月決まった額を支払えば良いので、大きな買い物をした翌月でも家計への負担が少なくて済みます。

支払い設定額の上限を超えた利用分も翌月以降に支払いを先延ばしに出来るので、手元にお金が無いけど取り急ぎ必要な買い物がある際には重宝するでしょう。

また、毎月定額の支払いがあると分かっていれば必要経費として毎月の家計を計算しやすくなります。

繰上げ返済も可能

毎月定額の支払いを続けていくリボ払いですが、臨時収入などがあった月には繰上げで増額返済や一括返済を行う事も可能です。

事前にインターネットや電話で繰り上げ返済の申し込みを行い、指定口座からの引き落としやATMでの追加支払いという形で入金出来ます。

対応している支払い方法はカード会社によって異なるので確認しておく事が大切です。

リボ払いで考えなければならないデメリット

「毎月の負担が少なく済むなら、リボ払いって便利なんじゃないの?」と感じる人も多いでしょう。

しかしその「便利」という感覚こそが、リボ払いに潜む危険に直結するポイントでもあるのです。

リボ払いにおけるデメリットをしっかりと確認しておきましょう。

利用すればする程かさむ手数料

確かにリボ払いは毎月の返済額が少なく、利便性の高い支払い方法に見えるかもしれません。

しかし、リボ払いでは月々の定額支払いに隠れて「利用残高が増えるに連れて手数料の割合が増える」という点が見落とされがちです。

クレジットカードで買い物をする時には「元本」と呼ばれる商品そのものの金額と、カード会社が定めた金利手数料を支払う必要があります。

元本に対して手数料の割合が多いという事は、払っても払っても中々借金の本体である元本が減らないという意味になるのです。

利用残高が高額になっていくと、月々に支払う元本よりも手数料の方が高額になるケースも珍しくありません。

元本がなくならないと手数料はずっと加算され続けていくのです。

リボ払いの金利について

クレジットカードの支払い方法には基本的に「一括払い」「ボーナス一括払い」「リボ払い」「分割払い」の4つがありますが、一括払いとボーナス一括払いでは通常金利手数料がかかりません。

分割払いでは分割回数によって金利が変動するのが一般的であり、支払い回数が少ない程に金利は低くなるのです。

この4つの支払い方法の中で、最も金利が高いとされているのがリボ払いとなります。

リボ払いでは支払い回数による金利の変動も存在しない為、概ね年15%前後という高い金利を支払い期間中常に抱える事になるのです。

リボ払いの金利が高い理由とは?

クレジットカード会社も慈善事業でお金を立て替えている訳ではありません。

当然どこかで利益を出さなければ会社が倒産してしまう訳ですが、カード会社の収益は大きく分けて「加盟店からの手数料」と「利用者からの金利手数料」となります。

カード会社にとってリボ払いとは利用者からの手数料収入を最大限に引き上げるもので、どんどん利用を促したい支払い方法なのです。

そして、そのリボ払いの金利が高く設定されているのには、以下のような理由が挙げられます。

「無担保」というリスクを背負っている為

通常お金を借りたり立て替えたりしてもらう際には「担保」と呼ばれるものを用意します。

担保は金額が大きければ家や車と言った資産になる事もありますが、ショッピングローンなどの場合には保証人を立てて返済の不履行に備えるのが一般的です。

リボ払いでは保証人などを用いない「無担保」という形式が採られている為、カード会社は貸し倒れのリスクを背負っている事になります。

万が一の時に備えて、平時から高い金利で利益を確保しておこうという考え方なのです。

返済できない利用者による損害を考慮

リボ払いは利用者の支払いが長期化する傾向があり、途中で返済不履行に陥ってしまう人も少なくないと言われています。

カード会社としては返済出来なくなった人から強制的に取り立てる手段が無い訳ではありませんが、それにも手間隙や費用がかかってしまうのです。

リボ払いの高い金利はこうした返済不履行の利用者が出てしまう可能性を見越して、予め手数料を高く設定して他の利用者からの収入で保険をかけていると言えます。

リボ払いが危険だと言われるのはどうして?

リボ払いが危険だと言われる理由は、何もその高い金利だけではありません。

金利が高いと分かっていれば、繰上げ返済や一括返済を利用して早めにお金を返せば解決するでしょう。

ところがリボ払いの落とし穴とは、その「危機感」を感じ取りにくいというポイントなのです。

リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

リボ払いは金銭感覚が鈍る

リボ払いではどれだけ買い物しても毎月の支払いは一定額である為、借金しているという意識が薄くなってしまいがちです。

リボ払いを利用して月々の支払いが5000円だったとして、元本と金利手数料を正確に把握出来る人はどれくらい居るでしょうか。

支払い明細を見ればすぐに分かる事ではありますが、毎月送られてくる小額の支払い明細を逐一確認する程の意識を保ち続けるのは難しいでしょう。

仮に確認したとして、そこに記されているのはあくまで「支払い月分」の明細です。

そこから支払い完了までの金利手数料を計算してシミュレーションする人は、そう居ないのではないでしょうか。

リボ払いは「今現在抱えている負債額」という借金において最も重要とも言えるポイントが見えにくくなっているのです。

気付かぬうちに借金地獄なんて事も

分割払いでの買い物であれば借金の額が把握しやすく、自制して出費を抑える事も比較的容易でしょう。

しかし毎月の定額返済のよって麻痺してしまった金銭感覚を取り戻す事は中々難しく、リボ払いの利便性に一度味を占めてしまうと浪費癖が付いてしまう人が多いです。

借入れを重ねても毎月の支払い額が変わらない為、手数料が膨大になるまで利用を続けてしまう事も珍しくありません。

借入れ額と手数料が高額になっている事に気付いても、その頃には自分の支払い能力以上の生活レベルに慣れてしまっているでしょう。

生活水準を落とす事は想像以上に苦労を要する作業であり、結果的に借金が減らず首が回らない事態に至ってしまう危険もあるのです。

リボ払いで借金が増える理由

リボ払いで借金が増えてしまう理由は高い金利だけではありません。

これにはリボ払いの支払い方法である「定額返済」が大きく関与しています。

支払い長期化のカラクリ

分割払いで買い物した場合には、指定した支払い回数を終えればそれで完済となります。

しかし、リボ払いの場合には毎月の返済額以上の利用を続けてしまえば、借金は増え続けてしまう事になります。

毎月の返済額が1万円だとして、返済しながら月々3万円の買い物をリボ払いで行ったとしましょう。

すると毎月1万円の返済に対して未返済分が3万円上乗せされてしまうので、結果的に差額分の2万円が月々の新たな借金として加算されます。

そして、この利用分にはリボ払い特有の高金利が課せられるのです。

もちろん一度だけリボ払いを利用する分にはこうした現象は起こりませんが、利便性の高さから月々の必要経費をリボ払いで引き落としている人も少なくありません。

また、カードの支払い方法がデフォルトでリボ払いになっている事に気付かずに利用しているなんてケースもあります。

毎月支払う金額は少ないものの、リボ払いで長期的な支払いを続けると結果的に他の支払い方法よりも格段に高い手数料を払う事になるのです。

特に危険な状態とは?

リボ払いは借金が増加している自覚症状が薄く、自分で気付いて現状を把握する事が難しいと言えるでしょう。

以下に挙げるのはリボ払いの利用において、特に危険視すべき状態です。

もしもリボ払いの利用中であれば自身の現状と照らし合わせてみてください。

利用を重ねている

リボ払いは月々の返済額以上の利用を繰り返してしまう事で、無意識のうちに借金を増やしてしまう危険のある支払い方法です。

普段のショッピングはもちろん生活に必要な経費の引き落としや携帯電話の利用料支払いなど、継続的にリボ払いの利用を行っている場合には危険信号が点っていると思いましょう。

毎月の支払いが最低返済額

毎月のリボ払い返済額をカード会社指定の最低額に設定している場合にも要注意です。

リボ払いは返済が長期化するに連れて、支払う金利手数料が増えていきます。

毎月の支払額が少なければ少ない程、完済への道のりは遠くなるのです。

利用すると危険な人

リボ払いにはその性質上、特に利用が勧められない人の性格がいくつか存在します。

自身に当てはまっていないか照らし合わせてみましょう。

お金の管理が出来ない・しない人

実際の負債額が把握しにくいリボ払いにおいて、お金の管理が苦手な人は要注意と言えます。

元本と金利手数料の割合を把握せず、減らない借金の支払いを続けてしまいがちなタイプの性格です。

自制力がない人・無闇にお金を借りてしまう人

目の前の返済額が少ないからと言って後先を考えずリボ払いの利用を行ってしまう危険があるのが、自制心がない人や無闇にお金を借りてしまう人です。

返済額はちょっとだし大丈夫だろうという油断から、将来的に借金地獄へ陥ってしまう可能性があります。

急いで返す意思のない人

リボ払いは返済が長期化する程に利用者が損をする仕組みになっています。

とりあえず今をしのぐ為にリボ払いを利用して、支払いをどんどん先延ばしにしてしまう人は結果的に高額な金利を支払う羽目になるでしょう。

危険なリボ払いから抜け出す方法

既にリボ払いを長期利用して泥沼にハマってしまった、そんな時にも解決策が存在しないという訳でもありません。

以下に代表的なリボ払いからの脱出方法を記載します。

一括で返済する

カード会社の中にはリボ払いの支払いを一括返済に切り替えてくれる所も多いです。

支払いが長期化して金利手数料がかさんでしまう前に、臨時収入などがあればカード会社へ連絡して一括返済へ変更してもらいましょう。

一括が苦しいなら繰上げ返済でも

そもそもリボ払いを利用するという事は手持ちのお金が少ないか、近日中にまとまったお金が入る予定が無いという人も多いでしょう。

そんな時には全額一括で返済する事が難しくても、繰上げで出来る限りの増額返済を行っておく事がオススメです。

長期化すると厄介なリボ払いですが、支払い方法にはそれなりに融通が利くという事も覚えておきましょう。

借り換えローンの利用

繰上げや一括返済での対応が難しい場合には、外部機関の借り換えローンを利用する事も検討しましょう。

リボ払いで多額の金利を抱えたカードの債務を、そのカードよりも金利の低い金融業者のカードローンへ移行するという訳です。

支払い回数が同じでも金利が低ければ最終的な支払い総額を抑えられますし、月々の負担を減らす事にも繋がるでしょう。

リボ払い以外に利用すべき支払い方法

クレジットカードの支払い方法はリボ払いだけではありません。

リスクの高いリボ払いよりも、自分が利用すべき支払い方法はないか今一度省みてみましょう。

一活払い

一括払いは利用額を一時的にカード会社で立て替えてもらい、翌月の支払日に同額を返済する方法です。

多額の現金を持って歩きたくない、すぐに給料日が来るけどとりあえず手持ちがないなどの場合に有効でしょう。

なお、一括払いでは金利手数料が発生しないので純粋に「立て替えてもらう」という感覚で利用出来ます。

分割払い

カード会社指定の支払い回数から任意のものを選んで返済していくのが分割払いです。

カード会社にもよりますが一般的には3回、6回、10回、12回、24回払い辺りは殆どの場合対応しています。

金利手数料が発生する支払い方法ですが、分割回数が少なければ金利も低く抑えられるので自身の懐事情と相談して利用しましょう。

ボーナス一括払い

会社員の夏ボーナス・冬ボーナスの時期に合わせて支払い日を設定して一括で返済する方法がボーナス一括払いです。

金利手数料がかからない支払い方法で、利用時期によっては最長で半年間も金利無料で支払いを延期させる事が出来るのがメリットになります。

ただし、支払いまでの期間が長くなるのでリスク回避の為にボーナス一括払いに対応していないお店も珍しくありません。

とは言え、大手の家電量販店などでは大抵導入されているので、大きな買い物の際には選択肢に入れて良い支払い方法でしょう。

危険なリボ払いは避けるのが無難!

確かにリボ払いには月々の負担が少ないというメリットも存在します。

やむを得ない場合にリボ払いで支払い、以後利用を繰り返さずに短期間で支払いを終える事が出来るのであれば危険性も少ないでしょう。

しかし、人生の中では何が起こるか分かりません。

再び急な出費が必要になった際に「この前も利用したし、大丈夫だろう」という油断から、リボ払いの利用に手を出す事は非常にリスクが高いです。

リボ払いの危険性は人間の油断や慢心から引き起こされるものという認識を持ちましょう。

クレジットカードは正しく利用すればわたし達の生活を快適にしてくれるツールです。

上手く付き合っていく為にも、リスクが高い支払い方法であるリボ払いは避ける方が無難であると言えます。

しっかりとしたリスク管理で、自身の懐を痛めないようにしてくださいね。