リボ払いが終わらない悪夢から抜け出す!あなたのリボ払いの負担を軽くする裏技

公開日:

リボ払いは、時に「地獄」と揶揄されるほど辛い支払い方式。
どうしてリボ払いがやばいのか?リボ払いがあなたを破滅に追い込むポイント

どれだけクレジットカードを使っても支払額が少額な一定額で、一見お得そうにみえるのが落とし穴。

実はその支払い内情はほとんどが「手数料」。

つまり利息です。

利息を支払い続けている間も、クレジットカード利用はそう簡単にやめられるものではないですから、どんどんクレジットカード支払い総額は増えていく…。

それにより、さらにリボ払いの支払いが終わる時期が遠のいきます。

人間は、心理学的にも支払いでストレスを感じてしまうものと言われています。

そんな終わらないリボ払いのストレスが続く生活。これはまさしく地獄と言わずしてなんと言うでしょうか。

今回はそんな終わらないリボ払い地獄から抜け出すための、一本の蜘蛛の糸を下ろすための情報を提供していきたいと思います。

そもそもリボ払いとは?

そもそもリボ払いについて、もう一度詳しくおさらいしておきましょう。

リボ払いは、「クレジットカードの支払額を一定に抑える」支払い方式です。

たとえクレジットカード残高が数十万円あったとしても、リボ払いなら設定した金額だけ払えばよいのです。

どれだけクレジットカードを使っても、支払うのは数千円、または一万円程度。

しかし当然、そんな微々たる金額払ったところでクレジットカード残高の支払いが終わるはずもなく…。

ずるずると終わらないリボ払い…、「地獄」と言われるのも頷ける設定です。

要はカードローンの返済と同じ構造

この支払方式ですが、要するに「カードローンの返済」と同じです。

カードローンの返済は、借り入れの元金がなくなるまで続きます。

そしてその元金の返済も毎月一定額を支払うのですが、毎月返済する金額の大部分が「利息」です。

これはまるきりリボ払いの支払方式と同じ。

返済したぶんだけ再びカードローンで借入可能になるところも、支払いが進んだからクレジットカードが利用できるリボ払いと似てますよね。

どうしてリボ払いが終わらなくなるのか

リボ払いは一見すると「お得」にも見えます。

実際、計画性をもってリボ払いを続けることで、大きな買い物ができるのも確か。

しかしリボ払いを選んだ多くの人が、「リボ払いが終わらない」と嘆いています。

それはどうしてか?

リボ払いが終わらない人が続出する理由を調べてみましょう。

払っても払っても終わらないリボ払い

リボ払いを行っているとしても、クレジットカード利用総額を払い終わればリボ払いとは縁を切ることができます。

しかし、数千円、一万円程度支払って、しかもそのなかで利息も含まれているとあれば、クレジットカード利用額が支払い終わるのは遠い未来のことです。

しかもリボ払いを行っている人の多くが、生活の大部分クレジットカードに依存しています。

そうした人は、リボ払い期間中もクレジットカードを使ってしまうことでしょう。

そうなれば、リボ払い期間はまた伸びます。終わらない。

この連続です。それは確かに、「リボ払いは終わらない」ですよね。

リボ払いに頼ってしまうその気の緩みで終わらない

こう言ってはなんですが、リボ払いを選んでしまう時点でその人は底が浅いです。

「リボ払いでもなんとかなるだろ」ってその気の緩みがある時点で、リボ払いを終えるのは難しくなっていくことでしょう。

リボ払いは一度使ってしまうと終わりません、

クレジットカード利用中は、いつも気を引き締めておくのが大切なのです。

リボ払いが終わらない事例【体験談】

リボ払いがいかに終わらない戦いか知るには、実際にリボ払いの支払いで苦しんだ人の声を聞くのが一番確実です。

リボ払いで悩んだ経験がある人のリボ払い体験談を読んでみましょう。

クレジットカードで遊びまくってリボ払い→終わらない

私がリボ払いを行ったのが今より若い頃。大学生のころでした。大学生ですから、収入はせいぜいバイトの給料だけ。しかし行きたい場所もやりたいことも欲しいものもたくさんある。そこで私は、持っていた楽天カードの支払い方法で「リボ払い」を選びました。先月あんなに使ったのに、翌月の支払いを8000円まで減らすことができました。だからその時大喜びしたんですけど…。そんなうまい話もあるはずなく。その後社会人になってからもしばらくリボ払いで支払い続けて、毎月の支払額を増やしたり、クレジットカードを使うのを我慢したりシて、なんとかリボ払いでの支払いが終わりました…。あの時を思い出すとたしかに地獄でしたね…。

買い物依存症の主婦がリボ払い→終わらない

旦那に内緒で、すごく派手に買い物してる時期があって、その時リボ払いで悩んでました。私のパートの収入なんてたかがしれたものだったし、総額が膨らんでるクレジットカード利用代金をまかなえるはずもなく…。おおよそ選択肢もなくリボ払いを選んでしまいました。そこからもクレジットカードで買い物を続けて、いよいよ「ヤバい」と思ったのは結構あとのことだったと思います。そこからはすごく後悔してました。あんな考えなしに買い物してた時期を。しかもその後リボ払いなんて…って。でももう遅いんですよ。そこからはもうクレジットカードを使わずリボ払いの支払いを続けました。クレジットカードで買い物できないストレスと、リボ払いが終わらないストレスで二重苦でしたね。

どうすればリボ払いを終えることができるか

リボ払いが終わらないと悩んでいる方も、なんとか一工夫でリボ払いを完結することも可能です。

リボ払いを続けるのは、いろんな意味で健康にもよくありません。

「リボ払いを終える」ために動けることを考えてみましょう。

毎月の支払額を増やす

毎月支払う金額が大きいほど、リボ払いの支払い完結時期は近くなります。

リボ払いは手数料ばかり支払っていても、クレジットカードの利用代金は支払い終わりません。

それなら、現在払っている金額より多くのお金を支払えば、リボ払い支払い完結が一歩近づきます。

ボーナス払いに切り替える

リボ払いが終わらないなら、無理やり支払い方法をリボ払いでなくしてしまうのもいいでしょう。

クレジットカード支払方式を、ボーナスで一括支払いを行う「ボーナス払い」に切り替えることで、ちまちまとリボ払いを続ける必要がなくなります。

リボ払いを続けようとするあなたの心は弱いです。

苦しみを引き伸ばして、なるべくストレスを小さくしようとしています。

しかし、長期的に小さいストレスで悩むのは良いとは言えません。

それならボーナス払いという大きなストレス一度で、その後は苦しまなくていい人生を選んだほうがいいと思いませんか?

自己破産する

もう最後の手段が「自己破産」です。

自己破産までいかずとも、債務整理を行うことでリボ払い残高を少なくすることができます。

しかし、債務整理でリボ払い残高を減らした程度では、どうせあなたはまたリボ払いをやってしまいます。

あなたの甘えた心を無理やり矯正するには、もう後戻りできない「自己破産」までやってしまったほうがいいです。

自己破産を行うと、手続きした人の住居、車など多くの資産を失ってしまいます。

しかし逆に言えば、そこから新たなスタートを切ることができるということです。

銀行カードローンへ借り換える

リボ払いの支払いを続けるより、金利の低い銀行カードローンに借り換えたほうが良い場合があります。

カードローンなら、気が緩んでクレジットカードを使ってしまう危険性もないですし、「借金している」プレッシャーで返せます。

なんといっても、リボ払い金利と比べて低金利で支払いが続けられます。

私が借り換えにおすすめするのは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。

信頼感抜群の都市銀行カードローンである「バンクイック」は、低金利であることをはじめ多くの手厚いサービスを利用してキャッシング利用ができるからです。→バンクイックの手厚さを徹底解説!

友人・家族からお金を借りて支払う

リボ払いを進めるために、多くのお金を調達してくる必要があります。

そのために、先程紹介した「カードローンでお金を借りる」のは確かに効果的ですが、結局利息の支払いに追われることになって、状況が変わってないとも見れます。

状況を変えるには、利息の支払いに追われない方法でお金を借りる必要があります。

その借り先が、「友人や家族」です。友人や家族にお金を借りると、返済が滞ることで、関係が悪化する危険性がありますが、返済額を少なくすることができます。

友人間や知人間でお金の貸し借りを行うなら、前もって借用書を作るなど、トラブルを避けてからお金の貸し借りを行ってください。

リボ払いに頼りがちな人の特徴

最後に、リボ払いという悪魔の支払い方式を選んで「終わらない」と悩んでしまいがちな人の特徴を調べてみましょう。

自分に当てはまるという心当たりがある方は、本格的にリボ払いで苦しまないように、十二分に注意しておきましょう。

計画性のない買い物をする

計画性をもったお金の使い方をしていれば、リボ払いなんかに頼らないはずです。

「欲しい」

と思った時、その後あまり検討もなしで買ってしまうような人は、終わらないリボ払いで苦しみがちです。

クレジットカードならなおさら、支払いを自分の制御下においておく必要があります。

自分に甘い

リボ払いでもなんとかなるだろう、なんて思った時点で終わりです。

そんな気持ちではじめたリボ払いは、ハッキリ言って終わりません。

自分に厳しく支払いが続けられる人だけが、終わらないリボ払い地獄から抜け出せるのです。

他人に頼りがち

リボ払いに「頼る」なんて言われることもありますが、何かの際に他人を頼ってしまいがちな人は、リボ払いで苦しみがちです。

本当は、何かの支払い、買い物など、自分のためのお金だったなら「自分の力」で行う必要があります。

リボ払いにすがってしまいそうなときは、一度立ち止まって、判断をもう少しあとにしてください。

まとめ

いかでしたか?

「リボ払いが終わらない」と嘆いている方も、今回の説明で少しリボ払い地獄を脱する手がかりを掴むことができたでしょうか。

リボ払いは確かに終わらないストレスが続く日々ですが、しっかりと制御できれば終わります。

何も考えないでリボ払いで支払うのはやめてください。