リボ払いの仕組みを知っておかないと落とし穴にはまる!

公開日:

ショッピングを楽しんでいると、高額だけどもどうしても欲しい…なんてものに出会ってしまうことも多いです。

あまりにも高額な買い物なら、諦めるという選択肢が現実的になるものですが、「もうちょっとで買える…」なんて時はなんとか手に入れる方法を探したくなるものです。

そこで多くの人が選ぶのが、クレジットカードの支払方法の一つ「リボ払い」です。

リボ払いは、簡単に言うと支払額を小学の一定額に設定して、毎月の負担を減らしてくれるという魔法のような支払方法。クレジットカードをいくら使っても、支払い金額を少額に抑えることができる…。

一見、メリットしか見当たりません。

しかし、気をつけないと、リボ払いを行ったことで人生を破綻させてしまうリスクすら潜んでいるのです…。

リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

そもそもリボ払いとは…?リボ払いの仕組み

リボ払いの基本的な特徴から、まずは調べていきましょう。

リボ払いの仕組みを知った上で、リボ払いは善か悪か?自分の意見を決めましょう。

ちなみに、リボ払いの「リボ」とは、回転するを意味する「リボルビング」の略です。

周期的に、継続的に、支払いが進むことを意味する名称です。

設定した支払額に金利で手数料が上乗せされる

リボ払いは、基本的に設定した支払い額に金利で割り出された手数料が上乗せされて、その合計額を支払う支払い方式です。

これにより、たとえ数十万のクレジットカード利用残高が残っていたとしても、支払うのはせいぜい数千円から一万円。

どれだけ高額な買い物を行うことも可能なのです。

リボ払い金利はカードごとに変わる

リボ払いで発生する手数料は、設定されているリボ払い金利よって決定されます。

多少の違いはあるものの、基本的にどのカードもリボ払い金利は「15%」が設定されています。

リボ払いの支払いコースは2種類ある

リボ払いと一言で言っても、その支払コースは2つあります。

それぞれの支払い方式で、返済のしやすさは大きく変わります。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式は、その名の通り「元金」の返済が一定で、その上に手数料が上乗せされる支払い方法になります。

元金の返済額が一定なので、元金の残高で返済額が変わる「元利定額リボルビング方式」よりも早くリボ払いを終えることができます。

カードローンの返済方式で言えば、銀行カードローンの返済方式がこの、「元金定額リボルビング方式」であることが多いです。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は、元金と手数料をあわせた一定額を毎月支払う方式です。

つまり、支払いが進めば進むほど元金の返済額が大きくなり、支払う手数料が少なくなります。

一見お得ですが、元金の返済額が大きい「元金定額リボルビング方式」のほうが、総返済額を少なくすることができます。

元金の支払いが終わらないとリボ払いは終わらない

リボ払いで毎月支払う金額は「手数料込み」の金額です。

どれだけ毎月手数料を払い続けたとしても、元金の支払いが進まないとリボ払いは終わりません。

この時支払う手数料は、一回払いなど手数料が発生しない支払い方法なら払う必要がないことを思うと、単純に損な気がしますね。
どうしてリボ払いがやばいのか?リボ払いがあなたを破滅に追い込むポイント

リボ払い中もクレジットカードを利用可能

リボ払いが怖いのは、リボ払い中でもクレジットカードを使ってショッピングを楽しむことができるということです。

しかし当然、クレジットカードを使用すると、利用した分だけリボ払い残高が増えます。

そして残高が増えるということは、それだけ支払期間も伸びるということです。

リボ払いでの支払いは基本的に「借金」と変わらない

リボ払いで支払いを続けるということは、実はそのまま「借金」と何も変わりません。

借り入れたお金と、設定された金利で利息を支払う「借金の返済」は、基本的にリボ払いと何も変わらないのです。

リボ払いのメリット・デメリット

もう少し詳しくリボ払いについて調べてみましょう。

リボ払いで支払いを行うことに関して、どんなメリットとデメリットがあるのか。

メリットと両面を知らない状態で支払いを続けるのは、かなり危険です。

メリット

リボ払いのメリットはなんといっても、支払額が少ない一定額に抑えられるので、支払いの負担を抑えることができることでしょう。

どれだけ高額な買い物をしたあとでも、支払額をぐっと少なくすることができる。

リボ払いのメリットはこの一点にほとんど集約されると言っても過言ではありません。

デメリット

リボ払いのデメリットはなんといっても「終わらない」ということでしょうか。

ときに何年も、何ヶ月も続くリボ払いは、終わらないゆえに「地獄」と表されるのです。

実際リボ払いを行った人の多くが、支払いが終わらないことを苦に「債務整理」を行っているのです。

リボ払い選択前に考えるべき支払い方法

クレジットカードの支払い方式は、リボ払いだけではありません。

そしてリボ払いの他の支払い方式でも、月々の返済額をへらすことができます。

リボ払いとは異なり、月々の返済額が減るのに、手数料がいっさいかからない返済方式を2種類、ご紹介します。

二回払い

クレジットカード利用額を、翌月と翌々月に分けて支払うのが2回払いです。

この方式なら、手数料がかからないので、単純に返済額を2で割って返済管理するだけでよくなります。

クレジットカードによっては、三回払いまで手数料がかからないケースも多いです。

ボーナス払い

ボーナス払いは、その名の通り支給されたボーナスで、クレジットカードの支払いを行う支払い方式になります。

ボーナスが出る時期まで支払いを先延ばしにすることができるので、かなりおすすめです。

「支払いを先延ばしできる」
「手数料がかからない」という2つのメリットがあるからです。

カードローン借り入れ

リボ払いで支払いを行うより、低金利のカードローンで返済したほうが負担が小さいケースがあります。

リボ払いが大変だと感じるなら、低金利の銀行カードローン利用を検討してみてください。

リボ払いは「地獄」利用前にしっかり検討して

リボ払いはときに「地獄」と言われます。

理由は単純明快。支払いがずっと終わらないからです。

他にも、はまり込んだら抜けられない、というのも地獄と呼ばれる所以でしょうか。

「蟻地獄」を想像してもらえればイメージしやすいでしょうか。

クレジットカード利用には自制心を持って

リボ払いに限らず、クレジットカードの利用にはいつも「自制心」を持っておく必要があります。

自制心を持たないでクレジットカードを使っていると、すぐに限度額いっぱいになって、その支払に苦しむことになるのです。

そしてその支払が、持っている返済能力をこえてしまうと、「リボ払い」など極端な方法で支払ってしまうのです。

自制心を持って、自分の中で明確な理由と支払い計画が立てられるなら、支払い方式に「リボ払い」を選んでもいいと思っています。

リボ払いユーザーにおすすめのリボ払い専用カード

クレジットカードによっては、支払い方式が自動的に「リボ払い」となるカードがあります。

そうしたカードは、リボ払い金利が低いなど、リボ払い専用カードならではのメリットが設定されていることも多いです。

リボ払いの利用を前向きに検討している方はぜひ、このリボ払い専用カードの利用を検討してみてください。

ACマスターカード

年会費 無料
キャッシュバック率 0.25%

アコムが運営するクレジットカード「ACマスターカード」は、おすすめのリボ払い専用カードです。

基本的なクレジットカード設定こそ、あまり魅力的な部分が少ないかもしれませんが、他のクレジットカードより審査基準が柔軟なのが魅力。

アコムの無人契約機から、簡単に即日発行できるのもうれしいですね。

リボ払いの負担を少なくするためにも、余裕があるときには積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

Jizile(ジザイル)カード

年会費 無料
ポイント還元率 1.5%

三菱UFJニコスが発行するJizile(ジザイル)カードも、おすすめのリボ払い専用カードです。

リボ払い専用カードに珍しく旅行保険付帯するだけでなく、どこでJizile(ジザイル)カードを使っても1.5%のポイント高還元を受けられるのもメリットです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

リボ払いの仕組みから、リボ払いの危険性。

さらにリボ払いにおすすめのクレジットカードまで紹介しました。

リボ払いは基本的にかからなくて済むならかかわないに越したことはないのですが、きちんと節度を持って付き合えるなら、リボ払いを使った支払いも悪くありません。