リボ払い対策に効果的!借り換えの方法を徹底解説!

公開日:

毎月の返済額を一定に保つことができて、月々の返済の負担を軽くしてくれるリボ払い。

便利だからと言ってクレジットカードのキャッシングなどで利用している人も多いのではないでしょうか?
しかし、月々の返済額に変動がないからこそ気がつかないうちに借入残高が大きくなって、いつまで経っても完済できないなんてことも。

膨らみ過ぎたリボ払いに首が回らなくなったときには借り換えをするのも一つの手です。

リボ払いのメリットとデメリットを押さえた上で、どんな場合に借り換えを行うべきか、どのように借り換えを行えばいいかを見ていきましょう。
リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

そもそもリボ払いとは?

よくリボ払いと言いますが、正式名称はリボルビング払いと言います。

リボルビングには回転という意味があります。

リボ払いはクレジットカードやキャッシングでの支払い方法の一つで、毎月一定額を返済していく方法です。

月々の返済によりクレジットの限度枠が回復し、その分だけまた利用できるというように、借り入れと返済をぐるぐる回転しながら繰り返すことから、リボルビング払いと名付けられました。

基本的には借入残高の増減に関わらず、完済するまで月々の返済額は一定ですが、リボ払いの方法によっては返済額が変わる場合もあります。

変わらず安心の定額方式

定額方式を採用したリボ払いを利用した場合には、月々の返済額が決して変わらないのが特徴です。

そのため、大きな買い物をして借入残高が増えても、家計を急に圧迫するという心配はありません。

その反面、返済が進んで借入残高が少なくなっても、返済額が小さくなることもないのです。

返済期間を短くできる残高スライド方式

残高スライド方式のリボ払いでは、借入残高に応じたランク分けがされており、月々の返済額もランクに応じて設定されています。

大きな買い物で借入残高が増え、ランクが上がると、翌月からの返済額が増加します。

しかし、定額方式と比べると支払いの長期化を防ぐことができます。

また、返済が進むと借入残高のランクが下がるため、月々の返済による負担が軽くなります。

リボ払いと分割払いの違い

クレジットカードでのリボ払いと混同されがちなのが分割払いです。

どちらも一括で返済しないことは共通しているものの、返済の考え方は大きく違います。

無理のない返済計画を立てるためにも、二つの違いをしっかりと押さえておきましょう。

リボ払い

先述したように、リボ払いでの返済は原則定額です。

そのため、返済にどれくらいの期間を要するかは、借入残高に左右されます。

月々の返済だけ見ると負担は少ないと言えますが、返済が長期化してしまうため、長い目で見ると手数料などが分割払いよりもかさむ場合が考えられます。

分割払い

分割払いはクレジット利用時に何回払いかを先に決めてしまいます。

月々の返済額はクレジット利用額を分割回数で割ったものに手数料を足したものとなります。

何回で完済すると決めてしまっているので、追加で分割払いの買い物をした場合には、さらに月々の返済額が積み重なることになります。

大きな買い物をした場合には、月々の返済が借入額に応じた大きな負担となるものの、あらかじめ支払回数が決まってしまっているため長期化しづらく、リボ払いよりは完済しやすいことが多いです。

リボ払いで返済をするメリット

メリットがなければ当然誰もリボ払いを利用しません。

では、リボ払いのメリットとは一体どのようなものでしょうか?

返済額が膨らまない

リボ払いを利用する最大のメリットは、やはり一定額に返済を抑えることができるという点に尽きるでしょう。

例えば急に冷蔵庫が故障して買い替えた場合、一括払いや分割払いならば翌月までに返済用のまとまったお金を用意しなければなりません。

しかし、リボ払いならば返済期間が延長されるものの、今まで支払っていた返済額以上にお金を用意する必要はないため、急な物入りでも安心して対応ができます。

高額なものを購入しても返済額が膨らまないため、買い物のために生活を切り詰める必要がなくなります。

家計の管理が楽

購入金額で返済額が左右されないため、家計の管理がしやすくなります。

月々の出費がリボ払いにより固定されるため、急な出費に頭を悩ませる機会が減ることになるでしょう。

繰り上げ返済が可能

毎月の支払額が決まっているリボ払いですが、お金に余裕のあるときには繰り上げ返済をすることも可能です。

繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別にリボ払いの一部または全額を返済することを言います。

繰り上げ返済をすることで月々の返済時に支払っていた手数料を減らすことが可能です。

繰り上げ返済の方法としては2種類あります。

期間短縮型

月々の返済額を変更せずに、繰り上げ返済した分返済期間を短くする方法です。

また、返済回数が少なくなるため、その分手数料も節約することが可能です。

返済額軽減型

返済期間を変更せずに、月々の返済額自体を少なくする方法です。

返済額が少なくなると、手数料も返済額に合わせて少なくなります。

しかし、期間短縮型の方が返済額軽減型よりも手数料を大きく減らすことが可能です。

リボ払いで返済を続けるデメリット

何事もデメリットを知らずに利用するのは危険です。

リボ払いにどのようなデメリットがあるのかを押さえておきましょう。

金利手数料が高額

リボ払いの金利手数料は他の支払方法に比べて高めに設定してあることが多いです。

実際にどれくらい違うのか比較してみましょう。

リボ払いの実質年率

下の表は主要なクレジットカード会社でリボ払いを利用したときの実質年率です。

楽天カード 15%
三井住友カード 15%
イオンカード 15%

3社とも実質年率15%となっています。

実際にほとんどのクレジットカード会社は横並びで実質年率15%を採用しています。

分割払いの実質年率

先ほどと同じ3社で比較してみましょう。

楽天カード 12.25~15.00%
三井住友カード 12.00~14.75%
イオンカード 10.05~12.04%

分割払いの場合の実質年率は、支払回数で異なるもののリボ払い以下に設定されています。

三井住友カードとイオンカードでは、支払い回数を最大に設定したとしても、リボ払いより少ない金利手数料で返済を行うことが可能になります。

したがってリボ払いで支払いをするほど、たくさんの金利手数料を支払わなければいけないことになります。

返済期間の長期化

リボ払いは定額制であるため、決まった完済締め切りというものはありません。

クレジットカードを毎月のように利用すれば、その分だけ完済までの道のりが遠くなります。

こうしてどんどん返済が長期化していくと、カード会社に支払う金利手数料ばかりかさむようになってしまいます。

無意識での利用

返済額が定額であることはメリットと言えますが、同時にデメリットの面も持っています。

それは、無意識での利用額増大を促しているという点です。

リボ払い以外の支払方法ならば、翌月の支払額の大きさによって自分がいくら使ったかを自覚することになります。

しかし、リボ払いならば前月と変わらない支払額であるため、お金を使った自覚が薄くなりがちです。

したがって、無意識に利用額が大きくなり、気がついたらかなりの金額を借り入れているという事態に陥りやすいのです。

リボ払いで返済をしている場合の注意点

リボ払いで返済している場合、月々の返済額を低めに設定して返済を続けていると、なかなか元金が減らずに、いつまで経っても完済できないということも珍しくはありません。

同じ元金でも返済額を低めに設定している場合、どうしても完済までの期間が長くなります。

その分だけ金利手数料がかさみ、返しても返しても元金が一向に減っていかないなんてことにもなりかねません。

特に注意が必要なのが、毎月のようにクレジットカードを利用している場合です。

月々の返済額を上回る金額をクレジットカードで毎月利用していては、減るどころか元金は増える一方です。

さらに返済が長期化することで、金利手数料も同様に引き上げられていきます。

リボ払いで返済を続けていく場合には、元金を減らすことを意識し続ける必要があるでしょう。

返済をリボ払いでするときのコツは?

リボ払いで完済を目指すには、いくつかのコツを心得ておかなければ難しいです。

いつまでもダラダラとリボ払いでの返済を続けていては、完済への道のりは遠いものとなるでしょう。

返済額の引き上げ

月々の返済額が少ないと、完済までに期間を要してしまい、その間にまた借入金額が増えるという負のスパイラルに陥りがちです。

生活に少しでも余裕が残っているのならば、返済額を引き上げて早く完済できるように努めましょう。

結果、金利手数料も下げることができるため、長い目で見ると返済額を引き上げた方がお得です。

金利の低いカードローンで借り換え

リボ払いは利息制限法の上限となる実質年率を設定していることがほとんどのため、金利の低いカードローンで借り換えをした方が、トータルで見ると安く済ませることができます。

他のローンのように厳しい審査があるわけでもないので、比較的簡単にカードローンに申し込むことが可能です。

繰り上げ返済

まとまったお金が入った場合や、貯金がある場合には繰り上げ返済も検討してみましょう。

まとまったお金を返済にあててしまうのは少し惜しく感じることもあるでしょうが、リボ払いの元金はいずれ返済しなければいけないお金です。

少しでも早く繰り上げ返済をしてしまった方が、金利手数料をより多く節約することが可能なため、使う予定がないのなら繰り上げ返済にあてるのも一つの手です。

借り換えをしたほうがいいケース

以下の場合はいつまで経っても完済が難しい可能性があります。

借り換えを視野に入れた返済プランを練りましょう。

複数のカード会社でリボ払いを利用

複数のカード会社でリボ払いを利用していると返済の手間がかかり、管理も大変になります。

最低額で返済をしていても、何社分も返済していては月々の返済額は大きなものとなることでしょう。

これらを借り換えで一つにまとめることで、月々の返済の負担を減らすことが期待できます。

リボ払いの合計金額が100万円以上

リボ払いの金利手数料は高いため、高額な借り入れには向いていません。

100万円をリボ払いで1年間借りっぱなしにしていた場合、実質年率が15%ならば金利だけで1年間に15万円支払うことになります。

また、カードローンは借入金額が大きいほど利息が低く設定されているため、リボ払いの合計金額が100万円以上になる場合は、カードローンで借り換えた方が金利手数料を節約できます。

手数料率が18%

金利手数料が高すぎる場合、返済額が手数料にばかりあてられて、一向に元金がへらないこともしばしばあります。

手数料率18%は元金が10万円~100万円のときの利息制限法での上限にあたります。

わざわざ上限いっぱいの利息で返済を続ける必要はありません。

もっと低い金利で借り換えができないかを検討しましょう。

リボ払いの借り換えをするためには?

リボ払いの利用残高があまりにも多い場合は、浪費が激しいのではないかと不安視され、金融機関からの信用度は低くなりがちです。

そのため、何の事情も説明せずにお金を借りようとすると、「リボ払いだけでは足りずに、うちでもお金を借りて買い物をするのか」と思われて、審査をパスすることができないかもしれません。

このような誤解を回避するためにも、リボ払いの借り換えのために申し込んだ旨をあらかじめ金融機関の担当者に伝えておきましょう。

そうすることで、返済に意欲的なあなたの姿勢を示すことができます。

また、借り換えに対応した消費者金融や銀行系のカードローンも存在しています。

そのような金融機関ならば事情をくんでもらいやすいため、よりスムーズな借り換えを行うことが期待できます。

借り換えで忘れてはならないこと

借り換えはあくまでも、なかなか返済が進まないリボ払いを完済するための、一つの方法であるということを頭に入れておきましょう。

決して、リボ払いの上限をリセットするためのものではありません。

借り換えをしたことによって月々の返済の負担が軽くることもあるでしょう。

だからと言って、そこで「またリボ払いを利用して買い物しても大丈夫かな」と欲を出してリボ払いを繰り返しては、一向に完済できる日は訪れません。

また、完済した後も油断して無闇にリボ払いを繰り返すような真似はやめましょう。

借り換えの目的は少しでも完済しやすくして、一日でも早く完済してしまうことです。

そのためには、例え少額でも自分は借金をしているんだという意識を忘れずに、日々のお金をやり繰りすることが大切です。

リボ払いの返済に困ったら借り換えを!

リボ払いは確かに便利な支払方法の一つです。

元金が少額なうちは急な出費にも対応できて、家計も管理しやすくなるメリットの多い方法と言えるでしょう。

しかし、カードローンなどと比べると金利手数料が高いため、元金が高額になると完済が難しくなるのも事実です。

そんなときには、支払額の引き上げや繰り上げ返済をすることで、完済までの道のりを短くすることができます。

これらの方法で十分に対応できるのならば、それで問題ないでしょう。

しかし、それでも完済が難しいという場合には、カードローンなどで借り換えるのも一つの手です。

なかなか元金が減らない状況で、いつまでも何の対策も講じずにリボ払いでの返済を続けていては、完済できる日はやってきません。

今の返済方法が自分に本当にあっているのかを見直して、無理のない返済プランを練りましょう。