なぜリボ払いがやばいのか?リボ払いがあなたを破滅に追い込むポイント

公開日: 最終更新日:


ネットだけでなく、あらゆるところで言われているのが「リボ払いはやばい」という言説。

なぜクレジットカードの支払い方法の一つであるリボ払いが、色んな所でこれほど嫌われているのか。

具体的にリボ払いのどんなところがやばいのか。

今回は、リボ払いのヤバさについてまだピンときていないあなたのために、リボ払いのやばいところについて、わたしが説明していきたいと思います。

そもそもリボ払いとは

そもそもリボ払いとは、「リボルビング払い」の略です。

リボルビングとは「回転する」の意。一定の金額をずっと回転するように支払い続けるリボルビング払いの特徴を説明した呼び方です。

リボ払いは、これほど広く流通しており、利用者も多いのになぜこれほど危険視されているのでしょうか?

一見お得なところが落とし穴

リボ払いは、「毎月一定額」支払い続けるもの。

どれだけクレジットカードを使ったって、仮に限度額いっぱいクレジットカードを使い切ったとしても、リボ払いで支払えば支払額は数千円です。

これに「お得!」と感じた人は危険。

この一見お得な要素が、リボ払い地獄の入り口なのです。

カードによってはポイントプログラムなどでリボ払いを誘うことも

リボ払いのたちが悪い特徴の一つに「クレジットカードによってはリボ払いでポイントが貯まる」など、特典を用意していることです。

この特典により、本当にリボ払いがお得になってしまうのです。

特典に誘われてリボ払いを選んでしまう人も多いですが、特典に惑わされないようにしてください。

リボ払いのやばいところ

もっと具体的に、リボ払いのやばいところを挙げていきましょう。

いくら使っても「支払額は一定」

リボ払いの最大の特徴、「支払額が一定」なのもヤバいところです。

リボ払いで支払うお金の15%ほどの金利で手数料がとられて、手数料をひいたお金が元金の支払いにあてられます。

これはキャッシングの返済を毎月定額で行うのと同じです。

この金利で支払う手数料ですが、呼び方が違うだけでこれは、キャッシングを利用した時支払う「利息」と何も変わりません。

リボ払いで支払いを行うのは、カードローンで借り入れたお金の返済を行うのとよく似ています。

リボ払いの支払いは続き、手数料はとられ続けて、一定のやすい金額をクレジットカード会社に支払い続ける…。

これではリボ払いから足を洗うのが難しいです。ヤバいですね。

カードを使うほど残高は上がる

当然ですが、クレジットカードは利用限度額まで何度でも使えます。

そしてリボ払いの残高が終わるまで、永遠にリボ払いの支払いは終わりません。

そしてリボ払い期間中にクレジットカードを使うと、残高は回復して、リボ払い期間が伸びます。

永遠に終わらないリボ払い…ヤバいですね。

「地獄」と表されるリボ払いのやばさ

リボ払いは、クレジットカードを持っている人から「地獄」と表されます。

一度入ったら抜け出せない、残高がずっと減らない…などがその要因でしょうか。

一度使ってしまうと足を洗うのが難しいのは、こちらも地獄と言われる「借金地獄」と似ているかもしれませんね。

アコムのクレジットカード「ACマスターカード」への借り換えがおすすめ!

ACマスターカード

金利 3.0~18.0%
限度額 10~800万円
発行時間 最短1時間

クレジットカードを発行している会社は多いですが、クレジットカードの中には「消費者金融」が発行しているカードなんていうのも存在します。

ACマスターカードは、大手消費者金融「アコム」が発行するクレジットカードですが、リボ払いで悩む人におすすめのクレジットカードです。

リボ払い金利こそ、他のクレジットカードと変わりませんが、返済に関するサービスが優秀です。

特に、アコムのキャッシング利用がはじめてな方向けに提供される「30日間無利息」が大きいです。

無利息期間中に返済を進めて、リボ払い期間を少しでも短くできる努力をしてください。

リボ払いを使って支払った例

リボ払いを使って支払うと、実際どれくらいのお金を支払うことになるのか、実例をみていきましょう。
リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

30万円をリボ払いした例

具体的に、30万円のクレジットカード残高をリボ払いで支払った例を調べていきましょう。

30万円をリボ払いで支払うとなると、支払回数は66回となり、支払期間はなんと5年と6ヶ月にもなります。

一度に支払う金額は「13,000円」にもなり、このうち利息は3,738円。

残高が減るごとに支払う利息も減っていきますが、15%で支払い続ける手数料は単純に損です。

リボ払いを続けていると、最終的に支払う利息の総額は94,216円にもなります。

30万円分クレジットカードを使ったとしても、その後手数料として10万円近いお金を無駄に支払うことになってしまうのです…。これはやばい…。

リボ払いでの支払いを終わらせるには?

リボ払いはやばいです。

ずっと手数料込みで一定のお金を支払い続けていると、クレジットカードを使ったお金以外のお金を支払うことになり、かなり損です。

しかもクレジットカードを使い続ける限り、その支払を終えられない可能性すらあり、その地獄から足を洗うのは難しいです。

しかし、難しいですが、リボ払い地獄から抜け出すのは不可能ではありません。

リボ払いから脱するためにできる、現実的な方法を一緒に考えていきましょう。

大前提として、クレジットカードの利用をやめる

まず大前提として、クレジットカードでの支払いをやめる必要があります。

クレジットカードの支払いをやめないかぎり、リボ払いも終えることができないからです。

リボ払い地獄から抜け出すためには、まず、「リボ払い」一本に今後は考えを改める必要があります。

返済シミュレーションを立てる

リボ払いで月々いくらの一定額を支払い続けるのかは、クレジットカードの会員ページなどから設定できる場合が多いです。

月々の支払い可能額の中で少しでも多くの額を設定して、その額を支払っているとどれくらいの期間支払いが続くのか、現実的な返済シミュレーションを立てておきましょう。

別のローンへと借り換えを検討する

リボ払いで手数料を支払い続けるくらいなら、別のローンへの借り換えを行う方が良いでしょう。

リボ払いの金利より、低い金利でお金を借りられるキャッシングは多いです。

具体的にどのキャッシングへ借り換えるべきか?

記事のすぐ下で説明しています。

債務整理で支払いの負担を減らす

リボ払いでの支払いが苦しいなら、いっそ債務整理を行ってリボ払い地獄から抜け出すという方法もあります。

例えば任意整理を申請して、クレジットカード会社に申請が認められれば、今後はリボ払い金利で手数料を支払う必要はなくなります。

または、最終手段として自己破産でリボ払いを強制的にやめるという方法も残っています。

債務整理の手続き、その効果は大きいです。

リボ払いで苦しむくらいならカードローン借り換えの検討を!

リボ払いで毎月無駄に支払いを続けるくらいなら、別のキャッシングに借り換えるほうがお得な場合も多いです。

カードローンもリボ払いと同じく、一定の金額支払い続ける返済方式ですが、返済しやすいサービスが多いこと、銀行カードローンなら金利が低いなど、優れたポイントも多いです。

リボ払い対策に効果的!借り換えの方法を徹底解説!

銀行カードローンへの借り換えがおすすめ

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0~14.5%
限度額 10~800万円

高限度額で、リボ払い金利より低い金利での借り入れが可能になる三井住友銀行カードローンもおすすめです。

三井住友銀行の口座があれば、インターネットバンキングサービス、自動融資など便利なサービスの幅が広がります。

三井住友銀行をメインバンクとして利用している方におすすめしたい銀行カードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8~14.6%
限度額 10~500万円

リボ払いの借り換え先としてまずおすすめしたいのが「三菱UFJ銀行カードローン」です。

都市銀行カードローンという安心感に、「1.8~14.6%」という低金利設定、銀行内のローン契約機を使ったカード発行が可能など、サービス面に優れたカードローンです。

不安定なクレジットカードのリボ払いを続けるくらいなら、安定した都市銀行カードローンでの借り入れに切り替えてください。

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 10~800万円

みずほ銀行カードローンも、リボ払いの借り換え先としておすすめです。

金利が低く、最高限度額も高いので、あらゆるリボ払い借り換えにおすすめです。

すでにみずほ銀行の口座を持っている方なら、申込みから借り入れまでの流れがスムーズです。

住信SBIネット銀行カードローン

プレミアムコース

金利 0.99~7.99%
限度額 1200万円

住信SBIネット銀行の圧倒的な低金利設定は、リボ払いからの借り換えに最適です。

より低い低金利設定で借り入れることができるのは、少し審査の厳しい「プレミアムコース」のみとなってしまいますが、これだけ金利が低ければ、審査にチャレンジしてみる価値は十分あります。

リボ払いで地獄にハマってしまったケース

リボ払いのヤバさを確かめるためにも、リボ払い地獄にハマってしまった実際のケースを調べてみましょう。

26歳買い物依存症の女性

私がリボ払い地獄にハマってしまったのは今から1年前。フリマアプリに出会ってからというもの、暇さえあればフリマアプリを見て、自分が欲しいものを探す日々でした。今思えば、本当に欲しいものなんてその中の何割かだったと思います。しかし当時の私は「とりあえず買う」を繰り返して、フリマアプリだけで10万円以上の買い物を続ける生活に…。私の給与で、毎月そんな買い物を続けられるわけなく、仕方なく支払いをリボ払いに切り替えました。今でも、リボ払い自体は終わっていません。気を抜くとフリマアプリで買い物をしてしまうので、リボ払い期間が長引くだけです…。リボ払いは一見支払いが楽になった錯覚に陥るので、続けるにはかなり強い精神力が求められますね…。

20歳ひとり暮らしの大学生が生活苦でリボ払いを頼った男性

20歳になった時クレジットカードを作ったのがいけなかったです。ショッピングにスマホのソシャゲ、なんでもクレジットカードで支払っていました。特にやってたソシャゲへの支払い額が膨らんでいきました。モバゲーのドラゴンコレクションというゲームでしたが、月に8~9万円課金する生活が続き、私は追い込まれるようにリボ払いに逃げました。さらに私はひとり暮らしだったのですが、ソシャゲのせいで家賃も半年滞納する始末。私はこれからもこんな生活なのでしょうか。

どうしてクレジットカード会社はリボ払いを勧めるのか?

クレジットカード会社から届くメールを見ると、頻繁に「リボ払いに切り替えろ」という連絡が届きます。

どうしてクレジットカード会社はこんなに「リボ払い」を勧めてくるのか?

そんな疑問を抱く方も多いでしょう。

まあ、これほど勧めてくることから気づく方も多いかと思いますが、答えは簡単です。

理由は、リボ払いが儲かるからに他なりません。

リボ払いは効率的に利息をとれる

リボ払いは、カードローンとよく似ています。

定期的にまとまった利息を支払ってもらうことができるので、クレジットカード会社としては効率のいい支払い方式なのです。

リボ払いを一度利用してもらうと、多くの利用者が必要以上にリボ払いを続けてくれるのもメリットの一つ。

リボ払いのやばさをまとめた漫画も要チェック

リボ払いのやばさを説明してきましたが、リボ払いを利用してない人には、今ひとつそのやばさをイメージしにくいかもしれません。

そんな方のために、リボ払いのやばさを細かく描いている漫画があります。

noteで公開中の漫画を読んで、この夫婦がいかにリボ払いで苦しんだか、実際に覗いてみてください。

お金の管理にずさんだと、こんなことになってしまうんですね…。

本当にあったお金の怖い話

まとめ

いかがだったでしょうか。

リボ払いがいかにやばいか、しっかり理解できたでしょうか。

人から地獄と表されることも多いリボ払い。

はっきり言ってメリットはありません。支払方法を切り替えた時もらえるポイントくらいでしょうか。

特に未来ある若者は、くれぐれもリボ払いを選ばないようにしてくれださい…。