どうしてリボ払いがやばいのか?リボ払いがあなたを破滅に追い込むポイント

公開日: 最終更新日:


ネットだけでなく、あらゆるところで言われているのが「リボ払いはやばい」という言説。

どうしてクレジットカードの支払い方法の一つであるリボ払いが、色んな所でこれほど嫌われているのか。

具体的にリボ払いのどんなところがやばいのか。

今回は、リボ払いのヤバさについてまだピンときていないあなたのために、リボ払いのやばいところについて、わたしが説明していきたいと思います。

そもそもリボ払いとは

そもそもリボ払いとは、「リボルビング払い」の略です。

リボルビングとは「回転する」の意。一定の金額をずっと回転するように支払い続けるリボルビング払いの特徴を説明した呼び方です。

リボ払いは、これほど広く流通しており、利用者も多いのにどうしてこれほど危険視されているのか?

一見お得なところが落とし穴

リボ払いは、「毎月一定額」支払い続けるもの。

どれだけクレジットカードを使ったって、仮に限度額いっぱいクレジットカードを使い切ったとしても、リボ払いで支払えば支払額は数千円です。

これに「お得!」と感じた人は危険。

この一見お得な要素が、リボ払い地獄の入り口なのです。

カードによってはポイントプログラムなどでリボ払いを誘うことも

リボ払いのたちが悪い特徴の一つに「クレジットカードによってはリボ払いでポイントが貯まる」など、特典を用意していることです。

この特典により、本当にリボ払いがお得になってしまうのです。

特典に誘われてリボ払いを選んでしまう人も多いですが、リボ払いの特典も冷静にみていきましょう。

リボ払いのやばいところ

もっと具体的に、リボ払いのやばいところを挙げていきましょう。

いくら使っても「支払額は一定」

リボ払いの最大の特徴、「支払額が一定」なのもヤバいところです。

リボ払いで支払うお金の15%ほどの金利で手数料がとられて、手数料をひいたお金が元金の支払いにあてられます。

この金利で支払う手数料ですが、呼び方が違うだけでこれは、キャッシングを利用した時支払う「利息」と何も変わりません。

リボ払いの支払いは続き、手数料はとられ続けて、一定のやすい金額をクレジットカード会社に支払い続ける…。

これではリボ払いから足を洗うのが難しいです。

カードを使うほど残高は上がる

当然ですが、クレジットカードは利用限度額まで何度でも使えます。

そしてリボ払いの残高が終わるまで、永遠にリボ払いの支払いは終わりません。

そしてリボ払い期間中にクレジットカードを使うと、残高は回復して、リボ払い期間が伸びます。

永遠に終わらないリボ払い…ヤバいですね。

「地獄」と表されるリボ払いのやばさ

リボ払いは、クレジットカードを持っている人から「地獄」と表されます。

一度入ったら抜け出せない、残高がずっと減らない…などがその要因でしょうか。

一度使ってしまうと足を洗うのが難しいのは、こちらも地獄と言われる「借金地獄」と似ているかもしれませんね。

リボ払いを使って支払った例

リボ払いを使って支払うと、実際どれくらいのお金を支払うことになるのか、実例をみていきましょう。

リボ払いの支払いの手数料を調べていると、カードローン返済ととても良く似ているなあと感じます。

リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

30万円をリボ払いした例

具体的に、30万円のクレジットカード残高をリボ払いで支払った例を調べていきましょう。

30万円をリボ払いで支払うとなると、支払回数は66回となり、支払期間はなんと5年と6ヶ月にもなります。

一度に支払う金額は「13,000円」にもなり、このうち利息は3,738円にもなります。

残高が減るごとに支払う利息も減っていきますが、15%で支払い続ける手数料は単純に損です。

最終的に支払う利息の総額は94,216円にもなります。

30万円分クレジットカードを使ったとしても、その後10万円近いお金を無駄に支払うことになってしまうのです…。これはやばい…。

リボ払いで苦しむくらいならカードローン借り換えの検討を!

リボ払いで毎月無駄に支払いを続けるくらいなら、別のキャッシングに借り換えるほうがお得な場合も多いです。

カードローンもリボ払いと同じく、一定の金額支払い続ける返済方式ですが、返済しやすいサービスが多いこと、銀行カードローンなら金利が低いなど、優れたポイントも多いです。

リボ払い対策に効果的!借り換えの方法を徹底解説!

銀行カードローンへの借り換えがおすすめ

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8~14.6%
限度額 10~500万円

リボ払いの借り換え先としてまずおすすめしたいのが「三菱UFJ銀行カードローン」です。

都市銀行カードローンという安心感に、「1.8~14.6%」という低金利設定、銀行内のローン契約機を使ったカード発行が可能など、サービス面に優れたカードローンです。

不安定なクレジットカードのリボ払いを続けるくらいなら、安定した都市銀行カードローンでの借り入れに切り替えてください。

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 10~800万円

みずほ銀行カードローンも、リボ払いの借り換え先としておすすめです。

金利が低く、最高限度額も高いので、あらゆるリボ払い借り換えにおすすめです。

すでにみずほ銀行の口座を持っている方なら、申込みから借り入れまでの流れがスムーズです。

住信SBIネット銀行カードローン

プレミアムコース

金利 0.99~7.99%
限度額 1200万円

住信SBIネット銀行の圧倒的な低金利設定は、リボ払いからの借り換えに最適です。

より低い低金利設定で借り入れることができるのは、少し審査の厳しい「プレミアムコース」のみとなってしまいますが、これだけ金利が低ければ、審査にチャレンジしてみる価値は十分あります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

リボ払いがいかにやばいか、しっかり理解できたでしょうか。

人から地獄と表されることも多いリボ払い。

はっきり言ってメリットはありません。支払方法を切り替えた時もらえるポイントくらいでしょうか。

特に未来ある若者は、くれぐれもリボ払いを選ばないようにしてくれださい…。