会員ページのログイン方法を知りダイレクトワンを上手く活用しよう!

公開日:

現在、お金の悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

その場合、ダイレクトワンでお金を借りるのも良い方法です。

ここでは、ダイレクトワンについて詳しく説明するので、気になる方はしっかりチェックしてください。

ダイレクトワンって何?

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループが提供するカードローンです。

以前は消費者金融として事業を行っていたものの、経営が上手くいかなくなりスルガ銀行の子会社になりました。

ダイレクトワンのスペック

借り入れする場合、 スペックを予め理解した上でどの会社を利用するか決めることが大事です。

ダイレクトワンのスペックは以下の内容になります。

申込年齢

年齢制限はどの会社でも必ずあります。

ダイレクトワンに申し込みができる年齢は、満20歳から満69歳までの方です。

利用限度額

利用限度額は1万円から300万円までとなっています。

アコムやSMBCモビットよりも、上限額が低くなっているのが特徴です。

しかし、高額を借りる予定はないという方であれば、ダイレクトワンで十分でしょう。

融資利率

上限金利は20%ですが、この数字は借入限度額が10万円に届かないケースのみです。

ちなみに、10万円以上借り入れする場合は金利が18%以下になります。

最低返済額

最低返済額は4000円と低めの金額になっています。

ただし、月々の返済額が低くなると、お金をすべて返し終わるまでの期間が長くなるので気をつけることです。

申込方法

電話や窓口、インターネットから申し込むことができます。

窓口で申し込みする場合、スルガ銀行ではなくダイレクトワンの窓口で申し込むことです。

ダイレクトワンの窓口は、東京・神奈川・山梨・静岡・愛知に15店舗あります。

ダイレクトワンを利用するメリットとは?

消費者金融は、各社でそれぞれのメリットがあります。

ダイレクトワンにもメリットはあるため、事前に理解しておきましょう。

24時間受付可能

ネットからであれば、24時間いつでも申し込めることがメリットです。

普段、忙しくて時間がなかなか取れない方もいるかもしれません。

スマホやパソコンがあれば、自分の都合のいいタイミングで申し込むことができます。

ATMがあればどこでも借り入れできる

日本全国のATMで利用できることも、ダイレクトワンを利用するメリットです。

外出する際、お金が足らなくなることも時にはあるでしょう。

ダイレクトワンであれば、街中のATMで必要な分だけお金を借りることができます。

審査結果が早い

最短30分で審査結果が分かり、その日にお金を借りることができます。

金欠の方で、できるだけ早くお金を手に入れたい方もいるかもしれません。

ダイレクトワンでは時間をかけずに借り入れできるので、お金の不安を早めに解消できるでしょう。

ダイレクトワンから確実に即日融資を受けたい!【手順・流れ】

会員ページでできること

ダイレクトワンでは会員ページを設けています。

この会員ページは、ダイレクトワンを利用する際に役に立つので、忘れずにチェックしましょう。

インターネットバンキング

「インターネットバンキング」は、スマホやパソコンなどネットがつながる端末から返済の手続きができるサービスです。

24時間いつでも使うことができ、また利用手数料は一切かかりません。

ただし、メンテナンスにより利用できない場合もあるので予め注意することが大事です。

Quick照会・手続

「Quick照会・手続」は、スルガ銀行に持っている口座の残高状況や契約情報をチェックできるサービスです。

普通預金のキャッシュカードを持っている方であれば、誰でも使うことができます。

このサービスは事前に登録する必要がなく、口座番号や店番号、口座名義がわかれば取引内容の一覧を確認できます。

会員ページにログインする

会員ページにログインするためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

ステップさえ理解していれば簡単に会員ページにアクセスすることが可能です。

ログイン方法

はじめに、ログインするために「ご利用カード台紙」が必要になるので手元に準備しましょう。

ご利用カード台紙は、申し込みを済ませてからおよそ2週間で送られてくるので、無くさないように気をつけてください。

会員ページに初めてログインする場合、ご利用カード台紙に書かれたユーザーネームが必要です。

「インターネットバンキング」のログイン画面にアクセスし、ご利用カード台紙に書かれたユーザーネームと、申し込み時に登録し仮ログインパスワードを打ち込んでいきます。

入力後、ログインボタンを押すとパスワード登録画面に切り替わるので、ログインパスワードと確認パスワードをそれぞれ入力してください。

どちらも入力したら登録ボタンをクリックすると、手続きは完了です。

今後、会員ページにログインする際ユーザーネームやログインパスワード、確認パスワードが必要になるので、忘れないようメモを残しておいてください。