ダイレクトワンのおまとめローンって何?メリットを紹介!

公開日:

少額の借り入れを複数社からしてしまうと高い金利で毎月返済をするために利息負担が大きいです。

それぞれの会社で返済日が異なると返済忘れの心配もあります。

そんな借り入れをしている人もダイレクトワンのおまとめローンを利用することで、今まで大変だった返済を楽にすることが可能です。

ここでは、ダイレクトワンのお求めローンと返済先を一本化にすることで得られるメリットについて解説します。

ダイレクトワンのおまとめローンってどんな機能?

ダイレクトワンのおまとめローンは、地方銀行の中で最強と呼ばれるほどの収益力を誇るスルガ銀行が運営しているローンサービスです。

大手銀行と比較するとどうしても地方銀行は不安を感じる人もいるかもしれませんが、地方銀行の中でもトップクラスの収益力を誇るスルガ銀行なら安心して利用することができるでしょう。

そして、おまとめローンを利用することで複数社の借り入れの返済先を一本化することができます。

おまとめローンで返済忘れを防げる

複数社から借り入れをしているとどうしても返済日が異なるため返済忘れを起こしやすいです。

返済忘れをすることで遅延損害金が発生することもありますし、何度も返済忘れをしたり、長期間返済しなかったりすることで信用情報に傷がつくこともあります。

このように、複数社の借り入れはとてもリスクが高いことなのです。

しかし、ダイレクトワンおまとめローンを利用することで返済先を一本化して返済忘れを防ぐことにもつながります。

ダイレクトワンおまとめローンの利用条件

ダイレクトワンのおまとめローンは25歳以上で、安定した収入と返済能力があると判断されれば利用することができます。

借入限度額は1万円から300万円までで貸付利率は4.9%から20.0%です。

最短で当日の借り入れも可能で最短30分でカードの発行することもできます。

全国にあるコンビニATMと提携しているので、コンビニATMを使って借り入れや返済することも可能です。

保証人不要で幅広い人におすすめ

多重債務で苦しんでいる人はおまとめローンにとても魅力を感じるのですが、一般的におまとめローンは審査が厳しいと言われています。

複数社からの借り入れを一つにまとめるということはそれだけ高額の融資をするということです。

高額の融資になるほど確実に返済ができるかどうかを審査で確認する必要があるので、どうしても少額の融資の時と比べて金融機関は慎重な審査をすることになります。

審査の流れは一般的なカードローンと同じ流れになりますが、過去の利用実績、年収はどれくらいあるのか、勤務先の勤続年数や雇用形態などをより詳しく審査することになり審査時間が長くなるのもおまとめローンの特徴です。

アルバイト・パートは審査に不利

また、高額の融資になりやすいおまとめローンは、基本的には年収が少ないアルバイトやパートでは審査通過はできないと言われています。

このように、一般的にはおまとめローンは利用しにくいサービスの一つなのですが、スルガ銀行が提供しているダイレクトワンのおまとめローンは一般的なおまとめローンよりも利用しやすいです。

ダイレクトワンのおまとめローンは、安定した収入さえあれば学生やパート、アルバイトでも審査を受けることができます。

保証人や担保がなくてもおまとめローンを利用することができ、男女問わず学生から年配者まで幅広い人が利用できるのが特徴です。

ダイレクトワンの審査は甘いのか厳しいのか?どんな人が審査に落ちるのか

おまとめローンが向いている人とは

ダイレクトワンのおまとめローンはパートやアルバイトをしている人に最適なサービスとなります。

一般的なおまとめローンではパートやアルバイトの人が複数社から借り入れをしているだけで審査落ちの原因となってしまうこともありますが、ダイレクトワンのおまとめローンなら幅広い人を対象としているのでしっかりと審査をしてもらった上で利用することができます。

少額借り入れが多岐にわたっていると返済の負担が大きい

また、複数社の借り入れをしている人は少額の借入をしている人が多いです。

少額の借り入れではどこの金融機関も金利が高く設定され、最大金利ばかりで借りていれば年間の金利負担はとても大きいものとなるでしょう。

おまとめローンで一本化することで一社からの借入額が大きくなるので金利も低く設定される可能性があり、金利負担が気になっている人にも向いているでしょう。

さらに、最低返済額で返済をしていても複数社から借りていることで毎月の返済額が負担と感じる人にもおすすめです。

複数社への返済は困難

一社の返済額は3000円でも3社から借りていれば毎月の返済は9000円になります。そこに高い金利で利息が上乗せされるとさらに返済は困難に。

一緒にまとめてしまえばその会社の最低返済額だけで済ませられるので毎月の返済負担も減らすことができるでしょう。

おまとめローンは、アルバイトやパートで複数社から借り入れをしている、金利や返済額の負担を減らしたいと考えている人に向いています。

おまとめローンで得られるメリット

カードローンの金利では、商品の概要説明で金利は3%~18%といった具合に表記されています。

この表記を見てかなり金利に幅があると感じている人も多いのではないでしょうか。

なぜ金利に幅があるのかというと、どのくらい融資をするのかによって金利が決まるからです。

商品の概要説明では金利だけでなく融資限度額の表記もされています。

融資限度額では1万円~500万円といった具合に表記されていますが、上限の500万円の融資であれば金利は最低の3%程度が設定され、融資額が1万円であれば金利は上限の18%程度が設定されることになります。

このように、金利は借入額が大きくなるほど低く設定され、借入額が低いほど上限金利に違い金利が設定されます。

おまとめローンで金利を低く抑えられる

一社から少額の融資ばかりを受けていると、どこの金融機関からも上限金利に近い金利が設定されますが、おまとめローンを利用することで一社からの融資額が増えることで金利が低く設定されます。

このことで金利負担を軽減できますし、返済日が月に一回になることで返済計画も立てやすいというメリットがあります。

おまとめローンは、借入額が大きければ大きいほど、借入先が多い人ほど一本化することでのメリットは大きなものになります。

必ず押さえておきたいデメリット

おまとめローンを利用する時には利用規約をしっかりと確認しましょう。

金融機関によっては自社のサービスを利用する際に「他社のローンは解約する必要がある」というような条件をつけているところもあります。

おまとめローンは一般的なカードローンとは違うと認識しておく必要があり、利用規約をしっかりと確認した上で申し込みをしましょう。

例えば、一般的なおまとめローンでは、ローンを一本化すると追加融資を受けることができなくなります。

今までは少しお金に困ればカードローンを利用してお金を借りることができましたが、それが出来なくなるので、 返済計画をしっかり立てておまとめローンを利用して借金を返済していく必要があるでしょう。

ただ、複数社から借り入れをしていてその借入を一括で返済したことで、他社から返済能力が高いと判断されて金利や限度額などの優遇を受けるケースもあります。

他社から追加融資を受けるとおまとめローン規約違反になることも

他社からの借入がしやすくなったからと追加融資を受けると金融機関によっては利用規約違反になることもあります。

利用規約に違反をすると一括返済を求められることもありますので注意が必要です。

また、利用規約に違反をしなくても、他社から借り入れをしてしまうとまた多重債務になってしまいます。

おまとめローンを利用する際には、借金を完済することを目的とし、申し込みの際には利用規約をよく確認することが大切です。

他社の審査に落ちた場合でも申し込む価値あり!

一般的には審査が厳しいおまとめローンに申し込みをして審査落ちをした人もいるかもしれません。

そんな人でも一度ダイレクトワンのおまとめローンに申し込みする価値はあります。

その理由としてダイレクトワンのおまとめローンは幅広い人を対象としているサービスだからです。

一般的なおまとめローンでは、パートやアルバイトというだけで審査落ちをしてしまう可能性があります。

ダイレクトワンのおまとめローンはアルバイトでも審査に通る

ダイレクトワンのおまとめローンはパートやアルバイトの人も審査対象としているため、以前にパートやアルバイトという理由だけで審査落ちをしてしまった人は審査通過をする可能性が高いです。

ただ、他社で審査落ちをしてすぐにダイレクトワンのおまとめローンに申し込みをしてしまうと審査落ちをする可能性が高いです。

審査落ちの情報は個人信用情報機関に記録されており、その情報によって審査落ちの対象となってしまいます。

この審査落ちの情報は6ヶ月経過すれば消去されます。

そのため、他社のおまとめローンの審査に落ちた場合は、6ヶ月が経過してからダイレクトワンの申し込みをしましょう。

個人信用情報機関の記録は自分でも確認することができるので、確実に消去されているかを自分で信用情報を確認してから申し込みをするのも良い方法です。

おまとめローン契約までの流れ

ダイレクトワンのおまとめローンを利用するには、まず電話で申し込みを済ませます。

申し込みを済ませると審査に入り、審査通過すれば契約手続きを行います。

審査通過後の契約手続きは、郵送で契約をする方法と店頭窓口に行って手続きをする方法があります。

郵送で手続きをする場合にはまず契約書を送ってもらいます。

契約書を受け取ったら必要事項を記入して返送をすれば手続きは完了です。

一方、店頭窓口では窓口で契約書に必要事項を記入して提出すれば契約完了となります。

契約完了で他社キャッシング一本化

この契約が完了したら、今まで借り入れをしていた金融機関に返済をしてもらい借り入れを一本化することができます。

店頭窓口を利用すればその日のうちに契約手続きを済ませることができますし、また、近くに店舗がない人でも郵送を利用することで少し時間はかかりますが契約を済ませることができます。

少しでもお得に返済するためにも一本化は便利

3社から借り入れをしていて、各社ともに50万円の借り入れ、金利は18%、毎月の返済額は各社とも12,760円、返済期間は5年間だとします。

この3社の合計借入額は150,000万円、返済額は38,280円、5年間での返済総額は2,259,312円になります。

これをダイレクトワンのおまとめローンを利用して金利が15%に設定されたとすると、毎月の返済負担は2,350円、5年間の総返済額は139,370円軽減することになります。

これはあくまでも金利が15%に設定された場合です。

借入額がより大きくて金利が低く設定されている場合には、さらに負担が軽減させることができるでしょう。

少しでも借金の負担を減らしたい人にはダイレクトワンのおまとめローンは最適なサービスです。