じぶん銀行カードローンの解約方法-解約することメリットとデメリットとは?

公開日:

じぶん銀行カードローンの解約方法-解約することメリットとデメリットとは?

「じぶん銀行カードローンの返済が終わったけど、解約した方がいいの?」
カードローンの返済が終わった後、解約するかどうかどうすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

またカードローンの返済が終わった後に、解約せずにそのままになっているという人もいると思います。

こちらの記事では、じぶん銀行カードローンの返済が終わった人に向けて、解約すべきかどうかを解説していきます。

じぶん銀行カードローンを解約するメリット・デメリット

まずはじぶん銀行カードローンを解約するメリットとデメリットを解説していきます。

メリット・デメリットはそれぞれありますので、それを踏まえた上で判断しましょう。

じぶん銀行カードローンを解約するメリット

じぶん銀行カードローンを解約するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 追加融資を受けることができなくなるため、借金の心配がなくなる
  • 信用情報に解約履歴が残る
  • 他のカードローンを契約するとき有利になる

カードローンを解約すると、契約自体が終了するため、じぶん銀行から借り入れをするには、再度審査を受ける必要があります。

そのため再び借金をする時のハードルが高くなり、借金の心配は低くなりますね。

また信用情報にも解約履歴が残るため、しっかりと借金を返済したという履歴も残ります。

そのため他のカードローンを契約するときには、返済が行われた実績から契約が有利になります。

今後じぶん銀行カードローンを利用するつもりがないのであれば、解約はしておいた方がいいでしょう。

じぶん銀行カードローンを解約するデメリット

一方じぶん銀行カードローンを解約するデメリットは、以下のようなものがあります。

  • もう一度カードローンを利用するときは、再度審査を受ける必要がある
  • 解約手続きを取るための手間がかかる
  • 再利用したくとも一定期間申し込みできないケースがある

じぶん銀行カードローンを解約すると、再度利用したいと思った時、再度審査を受ける必要があります。

一度しっかり返済が行われていれば、再審査に合格する可能性は高いです。

しかし再審査の際に勤務先の変更などがあれば、時間がかかるので、すぐに利用できるかどうかはわかりません。

解約せずにそのまま残しておくと、借入枠はそのままなので、必要な時にすぐ借り入れが可能。

再度借り入れをする可能性はある人は、解約をしない方がいいでしょう。

じぶん銀行カードローンは解約するべき?

それではこのようなメリット・デメリットを踏まえた上で、じぶん銀行カードローンは解約すべきなのでしょうか。

ここではじぶん銀行カードローンを解約すべきかどうか、解説していきます。

返済が終わったら解約しておいた方が無難

結論から伝えると、じぶん銀行カードローンは返済が終わったら解約しておいた方が無難です。

解約しない場合のメリットとしては、すぐに借り入れができるということですね。

しかししっかり返済した実績があるのであれば、他社の契約も通りやすくなっていますし、再審査も合格する可能性が高いです。

緊急の事態に備えたいという気持ちがあるかもしれませんが、今まで返済をしてきたのであれば、返済分を貯蓄して備えるという方法もあります。

カードローン返済後に解約しておけば、すぐ借り入れできない状況になるので、その中でお金のやりくりを考えられます。

今後の生活を立て直すためにも、じぶん銀行カードローンの返済が終わったら、解約しておくことをおすすめします。

じぶん銀行カードローンの解約方法

じぶん銀行カードローンを解約するには、コールセンターに電話をすれば解約手続きが行えます。

じぶん銀行カードローンのコールセンターは

  • 電話番号:0120-926-222
  • 営業時間:平日9:00~20:00、土日祝9:00~17:00

電話口で解約したい旨を伝えると、手続きができますので案内に沿って手続きを進めましょう。

解約手続きをしていない場合、契約は続きます。

そのため完済していても、契約が残っているケースは存在しています。

完済後も契約を残しておくメリットは少ないので、完済したらしっかり解約をしておきましょう。

解約したあとの信用情報について

先ほど少し触れさせていただきましたが、カードローン解約後の信用情報についても解説していきます。

信用情報はクレジットカードやカードローンの契約に大きな影響がでますので、しっかり把握しておきましょう。

解約後は信用情報に解約というデータが残る

信用情報とは、その人がこれまでクレジットカード・カードローンなどの割賦契約に対して、きちんと支払いをしてきたかどうかを示すデータです。

割賦契約をすると自動的に信用情報に登録されるため、クレジットカード会社やカードローン会社は、信用情報をもとに審査を行います。

じぶん銀行カードローンを毎月返済し、解約した人はじぶん銀行カードローンの欄に解約という文字が残ります。

信用情報のデータ自体は5年間残りますが、返済履歴と解約情報は信用情報に残るので、じぶん銀行カードローンは返済しているということが伝わります。

解約をしていないと解約の文字がないため、完済していても枠内ではいつでも借金できるということも、すぐわかるということですね。

カードローンを解約すると次の契約に有利になる理由

カードローンを解約するメリットとして、他のカードローンを契約するとき、有利になるということを挙げさせていただきました。

なぜそのようなことになるか、貸す側の視点にたって考えてみましょう。

みなさんがカードローン会社に勤務しているとして、2人の人から借金の申し込みがあったとしましょう。

  • カードローンの返済実績があり、解約もされている現在借金のない人
  • カードローンが返済はされているが、借入枠がまだ50万円ある人

その他の条件が全て同じだとしたら、前者にお金を貸したいと思うのではないでしょうか。

後者はまだ50万円の借入枠を保持しているため、契約後すぐに50万円借金する可能性があります。

カードローン会社としては、返済できなくなることを防ぎたいので、借金が増える可能性がある人は敬遠しがちです。

カードローン完済後解約をしておくと、次の契約に有利になる理由は、このようなことです。

カードローンの解約は住宅ローンなどの契約にも有利に

カードローンは、人によっては悪いイメージをもつことがあります。

しかし住宅ローンを契約したいと思っている人は、カードローンの完済をしていると有利になることがあります。

完済履歴がある人は、借金を返済した信頼が積み重なっています。

そのため後々住宅ローンなどを契約する人などは、完済そして解約の履歴が残っていることはポジティブな要素。

借金をネガティブな要素と考えずに、完済した場合はポジティブな要素と捉えるといいでしょう。

じぶん銀行カードローンの返済が終わったら解約がおすすめ

ここまでじぶん銀行カードローンを完済した時に、解約すべきかどうか解説してきました。

信用情報のことなどさまざまな要素がありますが、基本的には返済が終わったら解約しておくことをおすすめします。

じぶん銀行カードローンはしっかり完済していれば、ポジティブな要素にもなります。

じぶん銀行カードローンを完済後解約して、次のステップにいきましょう。