じぶん銀行カードローンは即日融資ができる?できない?徹底検証!

公開日:

時計を見る男性

この記事を読んでいる方は、恐らく急いでお金を借りたい人でしょう。

先に結論を申し上げますと、じぶん銀行カードローンでは即日融資が「受けられません」。

これはじぶん銀行だけのことではなく、即日融資の受けられる銀行カードローンは現在存在しません。

期待してこの記事に来られた方は申しわけありません。

ですが銀行カードローンと「即日融資」の関係について、もうしばらくお付き合いください。

じぶん銀行も含めて、銀行は即日融資をしない

現在、銀行が即日融資をしていないとして、それはなぜなのでしょうか? 即日融資は絶対にできないのでしょうか?
法律で禁じられているわけではないですが、それには明確な理由がありますので、以下ご説明します。

銀行が即日融資をしない理由

申し込んだその日にお金を貸してくれる業者は、お金に困ったときには大変ありがたい存在です。

ですが即日融資をしてくれる金融機関は、2018年現在では消費者金融のカードローンだけとなっています。

限度額の範囲内で繰り返し借入れのできるローン商品がカードローンですが、銀行ももともと、競ってカードローン商品を発行しています。

そして2017年までは、銀行も傘下の消費者金融等のノウハウを活かし、即日融資を積極的におこなっていたのです。

銀行カードローンの保証会社は消費者金融

消費者金融や信販会社等は、銀行カードローンの保証会社として参加しています。

保証会社は、返済が滞った際に、利用者に替わって銀行に弁済をするのが業務ですが、カードローンの審査自体にも関わっています。

実質的には、銀行のカードローン審査の大部分は保証会社がおこなっているのです。

個人融資の貸出しノウハウを豊富に持っていますので、審査がとにかく速いのです。

ですが、銀行の即日融資に転機が訪れました。

銀行カードローンにより、反社会勢力に融資が渡ってしまったことをきっかけとして、即日融資を全面的にとりやめたのです。

もっとも、一律に即日融資禁止に舵を切ったわけではありません。

具体的な規制はいまだに行われていないのです。

即日融資が一律に禁止されていないとなると、探せばどこかに即日融資をしてくれる銀行カードローンがあるようにも思えます。

即日融資は事実上不可能

ですが、即日融資は事実上不可能なのです。

2018年からは、ローン申込者について銀行は、警察庁のデータベースにアクセスして、反社会勢力の関係者でないことを確認したのち融資実行という流れとなりました。

これで反社会勢力への融資を防ごうとしているのです。

実質的に消費者金融等がおこなっているカードローンの審査自体のスピードは今でも速いものの、必ず余計に1日、時間を必要とすることになったのです。

貸過ぎ批判も背景にある

銀行カードローンの即日融資ができなくなった背景には、銀行が貸過ぎ批判を受けたという理由もあります。

消費者金融等は、貸金業法によって、利用者の年収の3分の1までしか貸出しができません。

このルールは、業者をまたいで適用されますので、複数の業者も、合計として利用者の年収の3分の1までしか貸出しできません。

サラ金地獄を生んだ消費者金融

かつては「サラ金地獄」などという言葉も生んだ消費者金融ですが、現在はそのような貸出しは法で禁じられています。

そうした規制は、貸金業法に基づいて営業しているわけではない銀行には及ばず、利益の上がるカードローンで貸出しをし過ぎたのです。

消費者金融としても、銀行カードローンの保証業務で収益が上がるので、お互い願ったりかなったりの関係にあったのです。

利用者の年収以上の貸付も行っていた歴史

銀行の貸過ぎについては、極端なものになると利用者の年収以上の貸付けをしていた例まで発見されました。

これでもなんの法律にも触れないのですから、確かに大きな問題です。

こうした流れを踏まえて現在では銀行も、法律の制限はないにせよ、利用者の年収と借入限度額との関係を厳しく見る審査をせざるを得なくなってきています。

ただし、銀行からの借入額と、消費者金融での借入額を合算して見るような審査はどこでもしていないため、まだ中途半端な状態ではあります。

両方を併せて、年収の3分の1以上の借入れをすることは現在でも可能です。

じぶん銀行も即日融資は不可

じぶん銀行も、2017年までは多くの銀行と同様、即日融資に対応していました。

当時の情報に基づき、私設のサイトに「即日融資OK」という古い情報が載っているのは仕方ないところがあります。

ですが、じぶん銀行の公式サイト内、「お知らせ」の2017年版で古い情報が閲覧できるため、「じぶん銀行 即日融資」でこのサイトがヒットしてしまいます。

ヒットしてもそれは古い情報です。

銀行の即日融資は現在不可能なのです。

じぶん銀行では、最短でいつ融資が受けられる?

それでは、2018年以降において、じぶん銀行で最短融資を受けるための日数は何日でしょうか。

じぶん銀行普通預金口座を持っている場合と、持っていない場合とで、借入れまでの日数が異なります。

普通預金口座がない場合、専用カードが郵送で届かないとキャッシングできません。

専用カードが届くまでは、順調に進んでも、どうしても1週間程度は掛かります。

じぶん銀行の預金口座があれば振込融資がスピーディー

いっぽう普通預金口座があると、審査完了後、振込で融資が受けられます。

じぶん銀行の場合、土日祝日でも振込融資をしてもらえるというメリットがあります。

ただし、当日振込は確約されておらず、依頼をした時間を問わず、翌日になることもあります。

じぶん銀行の口座自体は、運転免許証を持っている人ならすぐ作れます。

ただ、キャッシュカードが届くまでは最大2週間程度要します。

じぶん銀行の普通預金口座がある場合でも、カードローンの審査自体、銀行を取り巻く環境の変化により、即日では完了しなくなっています。

じぶん銀行カードローンの保証会社はアコム

じぶん銀行の場合、消費者金融のアコムが保証会社に入っています。

保証会社は、返済が滞った際に、利用者に替わって銀行に弁済をするのが機能ですが、これ以外に、審査の大部分を銀行に替わっておこなっています。

アコムは、審査については本業で培ったノウハウがあります。

ですから、かつて即日融資をしていたように、じぶん銀行カードローンの審査は、本来とても速いです。

ですが現在では、警察庁データベースへの照会がありますので、審査完了まで早くても2~3日は掛かります。

さらにアコムと違う点があります。

土日祝日の銀行休業日を挟む場合、まったく審査は進みません。

ですから、完了までさらに長くなります。

じぶん銀行カードローンの特徴

じぶん銀行カードローンに興味を持たれたのはなぜでしょうか?
じぶん銀行は、特にauユーザーにとっては最適の銀行です。

auユーザーには、カードローン金利の0.5%優遇もあります。

セブンイレブン等にあるセブン銀行のATMでは、現在スマートフォンでのキャッシングが可能になっています。

このサービスを導入している銀行は非常に少ないのですが、その数少ないひとつがじぶん銀行です。

その銀行のカードローンの特徴を見ていきましょう。

じぶん銀行カードローンの商品特性

じぶん銀行のメリットは、提携ATMの利用が完全に無料ということです。

コンビニのほとんどと、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のATMが使えますから、困らないでしょう。

デメリットは、銀行カードローンにしては金利が高いこと。

最大18.0%ですから、消費者金融と同一です。

auユーザーの金利の0.5%優遇を含めても17.5%です。

カードローンは一般的に、最初に申し込む際は上限金利を覚悟しなくてはなりません。

ですがじぶん銀行カードローンに関しては、年収の高い方なら、金利はもう少し低いものを期待してもいいでしょう。

じぶん銀行カードローンは借り換えにも対応

じぶん銀行カードローンは、カードローンには珍しく「借換え」に使うことも推奨しているからです。

金利がいくらになるか分からない点は不安かもしれませんが、上限金利だけで避けなくてもいいでしょう。

なお、利用実績を積めば、金利を下げてくれる可能性が高いです。

じぶん銀行カードローンは、普通預金口座がなくても利用できますが、休日でも振込融資が受けられるメリットを考えますと、持っておいたほうがいいでしょう。

じぶん銀行カードローンの審査内容は?

上限金利の高いじぶん銀行カードローンですが、どうしても借りたい人にとってはメリットでもあります。

金利が高いローンほど、審査は通りやすくなります。

これは当然のことで、金利の高いローンは、ある程度の貸し倒れを織り込んで商品設計しているからです。

安定した収入があり、過去にクレジット、ローンの延滞などがなければ、審査に通る可能性は高いと思われます。

ただしじぶん銀行の保証会社であるアコムで、かつて長期滞納をしたことのある人は、5年以上経ってこの記録が消えていたとしても、借入れは難しいと思われます。

自分たちに迷惑を掛けたユーザーの記録は、社内では抹消しないものです。

即日融資と言えば消費者金融

銀行カードローンは金利も比較的安く、いざというときのために持っておいて損はないものです。

ですが、銀行カードローンは即日融資ができなくなったため、利便性が低下しているのは否めません。

申し込んで当日借り入れる必要がある方は、消費者金融にしましょう。

Webや電話の申込みですぐに審査を始めてもらえます。

審査終了後は、自動契約機でカードを入手したり、振り込んでもらったりすることで融資を受けられます。

セブン銀行ATMで、スマートフォンアプリを操作して融資を受ける方法も登場しています。

消費者金融から即日借りるにはどこから借りればいい?

まとめ

じぶん銀行カードローンの借入までの日数を中心に見てみました。

利便性が多少落ちましたが、依然として便利な特性を持っています。

即日融資でなくてもいいのなら、ぜひ申し込んでみましょう。