じぶん銀行カードローンの在籍確認を避けることは可能か?

公開日:

「じぶん銀行カードローンに申し込む予定だけど在籍確認が不安」
この記事はそんな人に向けて書いています。

カードローンを申し込む時に、通らなければならない道が在籍確認。

自分が働いている会社に確認の電話がかかってくるのですが、会社の人にカードローンの利用をバレたくない人にとっては、不安も大きいでしょう。

こちらの記事ではじぶん銀行カードローンの在籍確認について徹底解説。

在籍確認について不安な点を、全て解決していきます。

在籍確認とはなにか

まずは在籍確認とは、どのようなものか解説していきます。

在籍確認がなぜ行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

申し込みした会社で本当に働いているか確認する

在籍確認とは、申込時に記載された会社で申込者が働いているか確認することです。

カードローンは年収や勤務している会社をもとに審査を行うので、本当にその人が勤務しているかどうか確認する必要があります。

会社のホームページに顔写真を載せている会社もありますが、最も確実なのは会社に電話をして
「〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」
と確認すること。

この時
「少々お待ちください。電話代わります。」
「ただいま外出中なのですが、こちらから折り返しましょうか?」
といった返答があれば、申込者は本当にその会社で働いている確認がとれます。

SMBCモビットのように在籍確認なしで審査ができる会社もありますが、カードローンの審査では在籍確認が行われるケースがほとんど。

もちろんじぶん銀行カードローンでも、在籍確認は行われます。

在籍確認されないと審査に落ちる可能性大

在籍確認ができなかった場合、審査に落ちる可能性が大です。

在籍確認の際は自分に電話を回してもらうことがベストですが、外出中でも在籍確認は可能。

しかし
「〇〇というものはおりません。」
「〇〇というものは、先日退職しました。」
といった対応になると、在籍確認ができず審査落ちしてしまいます。

たまたま電話に出た人が申込者のことを知らなかったというケースもありますので、その場合は申込者に電話がかかってきて確認が入ります。

そこで在籍している時間や電話番号に間違えがないかといった点を確認し、再度在籍確認が行われます。

在籍確認はカードローン会社としても重要なことなので、しっかりと対応しましょう。

じぶん銀行カードローンの在籍確認の流れを解説

それではじぶん銀行カードローンの場合、具体的にどのように在籍確認が行われるのでしょうか。

ここでは実際の体験談をもとに、じぶん銀行カードローン在籍確認の流れを解説していきます。

申込書に書いた職場に電話がかかってくる

カードローンの仮審査に通過すると、次は在籍確認の段階になります。

在籍確認の段階になると、申込書に書いた職場に電話がかかってきます。

電話がかかってくる日や時間は事前に知らされませんが、目安としては申し込みから2~3日後が多いようですね。

電話口では
「じぶん銀行の〇〇ですが、××様はいらっしゃいますでしょうか?」
「〇〇と申しますが、××様はいらっしゃいますでしょうか?」
という2つのパターンがあるようです。

銀行名を名乗るパターンと、個人名で電話がかかってくるパターンですね。

実際の体験談を見ると、どちらのパターンでかかってくるのかはわからないようです。

在籍確認がとれればそのまま本審査へ

じぶん銀行カードローンからの電話がかかってきて、その電話に出ると在籍確認がはじまります。

とはいっても本人確認なので、住所や生年月日を答えるだけなので、数分で対応は終了します。

在籍確認を体験してみるとわかりますが、予想以上にあっけなく終わりますよ。

在籍確認がとれれば、申込者は本当にその会社で勤務していることがわかるので、そのまま本審査に移ります。

本審査ではいくらまで融資できるか、金利はいくらにするかといった内容が話し合われます。

本審査にも通過すればカードローンが利用できるようになるので、お金を借りて、その後返済していくという流れになりますね。

在籍確認を避ける事は可能?

在籍確認はカードローン審査における重要項目であることを、ここまで説明してきました。

しかし職場に電話がかかってくることは、職場の人にカードローンの利用がばれてしまう可能性があります。

じぶん銀行カードローンの在籍確認を避ける事は可能なのでしょうか。

在籍確認はカードローンにおいての必須事項

在籍確認を避けたいという気持ちはわかりますが、在籍確認はカードローンにおいての必須事項です。

在籍確認をしなければならない理由は、カードローン会社側の立場に立ってみればわかりやすいでしょう。

みなさんがカードローン会社の審査担当だとして、在籍確認なしで審査をクリアさせられますか?
答えはノーでしょう。

在籍確認をしないと申込者が本当にその会社で働いているかわからないので、年収や勤務先に嘘をかかれている可能性があります。

年収や勤務先が嘘の状態で審査に通してしまうと、申込者の返済能力以上に融資した場合、返せなくなるケースが出てしまいますよね。

カードローン会社は金利で利益を得ているので、返済不能に陥るケースを最も恐れています。

そうならないためにも、在籍確認で申込者が本当に勤務しているか確認し、申込者の情報を正確に得る必要があります。

そのため、在籍確認はじぶん銀行カードローンに限らず、ほとんどのカードローンで行われるということです。

職場の人に聞かれたらどのように答えるのか

在籍確認で不安になるポイントとして、電話に出た職場の人に
「今の電話何?」
と聞かれるケースがあると思います。

在籍確認の電話は、よく電話している取引先やお客さんではありませんので、疑問をもつということですね。

特にじぶん銀行の担当者という名前で在籍確認があった場合
「銀行関係で何かトラブルがあった?」
と勘違いしてしまうケースも、なくはありません。

在籍確認対策の例

カードローンの存在を職場の人に知られたくないのであれば
「au WALLET クレジットカードを作った」
「auのインターネット回線の引き落とし先を、じぶん銀行にすることにした」
といった回答をするといいでしょう。

特にクレジットカードであれば、誰でも持ちますし在籍確認が行われることもあるので、職場にばれる心配はまずないでしょう。

カードローンを内緒で借りる人も多いと思いますので、万が一聞かれた時の対策もしっかりしておきましょう。

在籍確認の相談をすることは可能

カードローンをはじめて利用する人にとって、在籍確認はとても大きなハードルになります。

会社の人に聞かれた時の対策も紹介しましたが、それでも不安だという人もいるでしょう。

そんな人は、申込後じぶん銀行カードローンに、在籍確認の相談をすることをおすすめします。

在籍確認に不安を抱いていることはカードローン会社側も把握していますので、在籍確認に不安がある場合は相談にのってくれます。

場合によっては在籍確認の時間を相談できるかも

相談によっては電話する時間を指定する、名乗る名前を指定するといった対応もできるようですね。

カードローンが会社の人にばれたくない場合、自分が直接在籍確認の電話に出ることが、ばれるリスクがもっとも少ないです。

そのため電話する時間を指定して、自分が電話に出れば、在籍確認への不安も減りますよね。

このようにカードローン会社側でも、在籍確認の対応ができるので、不安な人は一度相談してみるといいでしょう。

在籍確認をクリアしてじぶん銀行カードローンを利用しよう

ここまでじぶん銀行カードローンの在籍確認について、解説をしてきました。

在籍確認が不安な人もいると思いますが、在籍確認はとても重要なことなので、避けることができません。

ただし職場にばれるリスクはかなり減らすことが可能。

みなさんも在籍確認をクリアして、じぶん銀行カードローンを利用しましょう。