レイクALSAの審査に通るために!知っておきたい在籍確認事情

公開日:

キャッシング審査に電話で申し込む女性

お金が足りない、急ぎで現金が必要になったといったこともあるでしょう。

そのような時に利用してみようと検討するのがカードローンやキャッシングです。

カードローンやキャッシングできる企業として有名なのがレイクALSAですが、レイクALSAを利用するためには審査を受ける必要があります。

カードローンなどを利用する場合には、在籍確認をされることになりますがこれはどのようにおこなわれるのでしょうか。

今回はレイクALSAの在籍確認について詳しく解説します。

レイクALSAの在籍確認って何?

在籍確認とは?

在籍確認とは、その名前の通り勤め先にきちんと在籍しているのかどうかを確認するためのものになります。

在籍確認の目的としては、虚偽の申告をしていないか、きちんと働いていて返済能力はあるのか、といったことを確かめるものになっています。

一般的には、申し込み時に伝えた勤め先の電話番号に、申し込み者当てに電話がかかってくるというものです。

レイクALSAの在籍確認は?

レイクALSAは、最短で即日融資可能なカードローンなのですが、即日融資可能だからと言って審査を簡単におこなっているわけではありません。

そのため、在籍確認もしっかりとおこなわれています。

お金を貸しても返ってこないのでは、商売になりません。

ですから、申告のあった企業できちんと働いていて返済能力があるということを確かめなければならないのです。

この確認をするためには在籍確認は必須ですから、基本的に在籍確認は避けられないものだと思っておいてください。

在籍確認での電話の内容は?

在籍確認は基本的には電話でかかってきます。

その際に気になるのが、消費者金融を利用することが会社にバレないかどうかでしょう。

会社にバレては困る、どんな内容でかかってくるのか不安という人も多いでしょうから、在籍確認の電話はどんな内容なのか見ていきましょう。

個人名でかかってくる

消費者金融の在籍確認は会社名でかかってくることはありません。

それはレイクALSAも例外ではなく、レイクALSAという会社名は名乗らずに個人名でかかってくることになります。

申込者が在籍しているか確認するだけ

在籍確認は、申込者がその会社にいることを確認するだけのものです。

そのため、「○○さんいますか」というような内容だけで特別に何かを聞かれるというようなことはありませんから安心してください。

在籍確認での返答方法

在籍確認への対応

在籍確認の電話が来た際の対応はどうすればいいのか、同僚や上司はどのような対応をするのか不安という人も多いでしょう。

同僚など申し込み者以外が電話に出た場合によく見られる対応や申込者本人が電話に出た場合の対応について、詳しく見ていきます。

同僚や上司などが出た場合

申込者が会社内にいる場合には「○○に代わります」、申込者が席を外している場合には「○○は現在席を外しております」、申込者が休暇を取っている場合には「○○は本日休んでおります」というような対応が一般的でしょう。

個人名で電話がかかってくるので、基本的には通常かかってくる電話と同じ対応をしてくれるはずです。

申込者本人が出た場合

申込者本人が電話をとった場合には、「私が○○です」というように答えればいいでしょう。

基本的にはこれで終わりですが、フルネームで「○○さんですね」と再度確認されることもありますから間違いがなければ、「はい、そうです」と答えて在籍確認は完了です。

在籍確認でレイクALSAの申し込みがバレる?

会社にバレる心配は?

レイクALSAを利用して借り入れをするということが、会社にバレたら困る、会社に知られることが不安で利用を躊躇っているという人も多くいるでしょうが、在籍確認によってレイクALSAへの申し込みがバレる心配はないのでしょうか。

バレる可能性は低い

先述した通り、レイクALSAに限らず消費者金融の在籍確認は個人名で行われます。

「レイクALSAですが」というように会社名を名乗ることはなく「鈴木ですが、○○さんはいらっしゃいますか」というように聞かれることになるので消費者金融からの電話だとバレる可能性は低いでしょう。

コンビニでも利用可能

在籍確認を無事にクリアしても借りる際に店舗に入るのを見られるのではないか、家族にバレたらどうしようという不安がある人も少なくありません。

しかし、レイクALSAはコンビニのATMからでも借入れすることが可能です。

レイクALSAの店舗に行って借りる必要はなく、コンビニでの買い物ついでにというような借り方ができますから、家族などにもバレずに借りることができるでしょう。

在籍確認をする際の注意点

レイクALSAでキャッシングをするのなら在籍確認は必須です。

きちんと在籍確認がなされるために注意すべき点は2つほどありますので紹介します。

まず、電話番号を間違えないということです。

申し込みの際に会社の電話番号を間違えて記入してしまうと電話がつながらない、もしくは他の会社につながってしまうというような可能性もあるのです。

そのような場合には在籍確認ができずに審査に落ちてしまうといったことも考えられますから、記入間違いがないようにしっかりと確認するようにしましょう。

また、電話番号が変わったという場合には在籍確認がやり直されることがあります。

転職によって電話番号が変わった、というような場合には再度在籍確認がされますから覚えておきましょう。

学生への在籍確認はある?

学生でもキャッシングできる?

レイクALSAの申し込み条件は満20歳以上となっていますから、アルバイトなどをして継続的な収入があるのなら学生であっても利用することは可能です。

学生でレイクALSAを利用する場合の審査はどうなっているのでしょうか。

学生でも通常の審査と変わらない

学生であったとしても審査内容が変わるということはありません。

そのため、在籍確認も同じようにおこなわれることになります。

アルバイトをしているのならそのアルバイト先に在籍確認の電話がかかってくることになるでしょう。

この場合も、通常の在籍確認と同じで会社名を名乗ることはありませんから安心してください。

学生やアルバイトだから在籍確認がない、というようなことはなく、レイクALSAに申し込みをすれば例外なく在籍確認はされますから覚えておいてください。

土日や休日の在籍確認事情

レイクALSAは土日でも申し込み可能なカードローンです。

インターネットからなら曜日や時間関係なく申し込むことができるので、どうしてもすぐにお金が必要という場合にも便利でしょう。

土日や休日であっても審査はされますし即日融資も可能なのですが、審査の際には在籍確認が必要になります。

土日や休日でも在籍確認はされますので、土日でも営業している会社はいいのですが、会社自体が休んでいて誰も出社していないという場合には在籍確認の電話を取ることはできないでしょう。

休み明けでも間に合うという場合ならいいのですが、どうしても土日や休日にお金が必要という場合には、事前にお客様専用のフリーダイヤルに連絡をして問い合わせをしておく必要があります。

審査の状況によっては、在籍確認だけを後からしてもらえるということもありますので、相談してみてください。

ただし、絶対に対応してもらえるというわけではなくケースバイケースですので、もしかしたら対応してもらえるかもぐらいの気持ちでいるのがいいでしょう。

自宅への在籍確認はあるのか

レイクALSAの公式ホームページには、自宅への在籍確認がされるケースがあるという記載があります。

その場合にも個人名でかかってくるので、レイクALSAからの電話だとバレる可能性は低くなっていますが、どのような場合に自宅に在籍確認の電話があるのでしょうか。

自宅が職場になっている

自営業で、自宅が職場になっているという場合には在籍確認として自宅へ電話がかかってくるケースがあります。

自営業であっても、職場と自宅が違うという場合には職場の電話番号へかかってきますが、自宅兼職場という場合には自宅へかかってきます。

フリーランス

自宅が職場になっているフリーランスの場合には、自宅へと在籍確認の電話がかかってくるケースが多くなっています。

在籍確認は職場へかかってくることが一般的ですから、職場と自宅が同じという場合には自宅へ在籍確認がかかってくるでしょう。

増額時に在籍確認はされる?

レイクALSAでは、申請をおこなえば後から融資上限額の増額をすることができます。

増額の場合には、また新たに審査を受けることになり、審査に通らなければ増額は認められません。

その場合に、また在籍確認がやり直されるのかというと、これは違います。

増額申請をしただけなら、新たに在籍確認をされるということはないでしょう。

利用実績や支払い能力などから審査はされますが、すでに在籍の確認は取れているので再度するというようなことはありません。

ただし、例外も存在します。

それは、勤め先が変更になったというような場合です。

転職して年収がアップしたから増額申請をしたい、というような人もいるでしょうが、この場合には在籍確認がなされます。

中には虚偽の申告をするという人もいますので、転職で勤め先が変わったというような事情がある時には、在籍確認がおこなわれますので注意してください。

電話連絡は避けられない?

レイクALSAでキャッシングをする場合には、電話連絡は避けて通れないのでしょうか。

職場に電話されると困る、怪しまれるのではないかと思っている人も多くいますので、電話連絡による在籍確認は避けられないのか見ていきましょう。

基本的には避けられない

レイクALSAでは、基本的には電話連絡による在籍確認が必須となっています。

きちんと申告のあった場所で働いているという確認が取れなければ、申込者が信頼できるのかどうかわかりません。

企業側としてもリスクがある人には貸し付けしたくないものですから、信頼できるかどうか嘘をついていないかということを確かめる必要があるのです。

そのため、信頼性の高い電話連絡による在籍確認は基本的には避けて通れないものになっています。

省略されるケースも

レイクALSAではほとんどの場合、在籍確認が行われます。

しかし、中には例外的に省略されるケースもあるようです。

在籍確認をしなくても信頼性が高いと判断された場合には省略されることもあるようですが、このようなケースはなかなかないケースですので、在籍確認はほとんどのケースでされると思っておいた方がいいでしょう。

勤務先の証明となる書類が在籍確認の代わりになるケースも

どうしても電話での在籍確認が取れない、という場合には申告した勤務先にきちんと勤めているということを証明する書類を提出することで、在籍確認の代わりにするというケースもあります。

勤務先の証明になる書類としては、給与明細などになるでしょう。

古い給与明細では意味がありませんから、一番直近の給与明細などを用意する必要があります。

しかしこれは、電話での確認がどうしても出来ない場合に限りますから、基本的には電話による在籍確認がされると思っておいてください。

レイクALSAの在籍確認は怖くない!

このように、レイクALSAでは電話による在籍確認が基本的には必須とされています。

企業側としてもしっかりと申込者の信頼性を確認する必要がありますから、避けて通れないものだと思っておいてください。

消費者金融系の在籍確認では、会社名を名乗ることはまずありません。

個人名でかかってきますから、会社にカードローンを利用することがバレるというような危険性も低くなっているので、あまり警戒したり不安になったりする必要はないでしょう。

また、場合によっては書類のよる確認で代行してもらえるなど、プライバシーに配慮した確認方法をとってくれますから在籍確認を過剰に恐れることはありません。

スムーズに借り入れをするためには、在籍確認も円滑に通るように対策しておくことが必要です。

あらかじめレイクALSAに相談して自分が電話をとれる時間にかけてもらえるように交渉しておく、クレジットカードの在籍確認があるというように同僚に伝えておくなどすると、安心して在籍確認を乗り越えられますから、どうしても不安ならそのような対策をしてみてください。