三菱UFJ銀行カードローンからの電話!連絡が来る理由まとめ

公開日:

電話を嫌そうにみる男性

三菱UFJ銀行カードローンの申し込みをした人、または利用者には三菱UFJ銀行カードローンから状況に合わせていろいろな電話がかかってきます。

カードローンは信用にかかわるものなので会社側も慎重に事を進めなくてはならないからです。

しかし、急な電話を受けると不安になってしまうのも事実です。

ここではそんな人のためにどのようなことから電話が来るのかを説明していきます。

【電話がかかってくる理由1】申し込み内容の確認

まずは申し込みを行うときでの場合です。

申し込み方法にはWEB申し込み、テレビ窓口での申し込み、電話による申し込みがあります。

この中のWEB申し込みを行うと、必ず三菱UFJ銀行カードローンから電話がかかってきます。

申し込み時の電話がかかってくるタイミング

電話がかかってくるタイミングは本人確認をするためのものと書類の内容の審査結果の報告のためのものの二つがあります。

前者は言うまでもなく申し込んだ情報が正しいかどうかの確認なので当然電話は来ます。

審査結果もメールなどの通知と一緒に電話が来ます。

三菱UFJ銀行カードローンは審査の速さはとても早いため、早ければ翌営業日に電話が来ることもあるので、知らない電話が翌日きて審査結果にしては早すぎだと拒否をしないようにしてください。

審査が通った後どうすればいいのかも聞けるので電話には出ましょう。

【電話がかかってくる理由2】在籍確認

申し込みを行ってかかってくる電話は自分に対してだけではありません。

書類に記載した自分の勤務先にも本当に勤めているかを確認するためにその職場にも電話が行きます。

職場の人間に知られてしまうのか

カードローンを考える人の一つの不安はここにあるかもしれません。

職場の人間にカードローンを利用しようとしていることが知られてしまうことへの不安を感じるかもしれませんが、電話ではカードローンの会社名でなく銀行名でかけ、さらに詳しい要件も言わないためばれる心配はないです。

三菱UFJ銀行カードローンはこのように勤務先にカードローンのことを知られないように配慮を行っているのです。

電話の内容

そして出た後ですが、内容は本当に在籍をしているかどうかの確認の一点です。

もし休んでいたとしても、ほかに出た人が今日はいないということを言えばそれだけで在籍確認は確かめられるのです。

慎重な人は相談しよう

それでも心配な人は事前に三菱UFJ銀行カードローンのほうへ相談してみるというのも一つの手です。

普段の電話での呼ばれ方がある人はその旨を伝えたり、時間など希望があったりすればお願いしてみましょう。

【電話がかかってくる理由3】増額の案内

ここからはすでに利用中の人にかかってくる電話の説明になります。

カードローンを利用し続けると三菱UFJ銀行カードローンのほうから増額の案内の電話が行くことがあります。

自分からの融資増額を申し込むわけでないため審査には落ちにくくはなりますが必ず通るということもないので注意してください。

増額の電話の来る理由

増額の提案の電話は三菱UFJ銀行カードローンからの信用が高くなったことにより、電話がかかってくるという仕組みです。

一定期間、何も問題が起こらず優良な取引を続けている、また他社借り入れ件数や残高が著しく増加していないなどで信用は高くなります。

こうして信用が上がれば、増額しても大丈夫だろうという判断になるのです。

増額の提案があっても審査が通るわけではない

しかし先にも述べたように増額案内の電話が来ても審査が通らないこともあります。

様々なことが原因で審査に失敗することがあります。

他社のカードローンの状況

その一番の要因は、他社の借り入れ状況です。

三菱UFJ銀行カードローン内では優良な取引をしていても他社での取引に問題があれば、審査は落ちる可能性が高いです。

新たな問題が出てくる

増額の審査に落ちるだけにとどまらず、隠していた細かい問題が発覚することで限度額が下がることもあるので注意してください。

住所や電話番号などの個人情報の更新はこまめに行うことが大切です。

【電話がかかってくる理由4】返済をしていない

返済がされないことが続くと電話での返済の催促が行われます。

早ければ本来の返済日の翌日に来ることもあります。

三菱UFJ銀行カードローンの返済方法はさまざま!3つの方法を徹底解説!

電話で解決できることもある

電話は恐喝や強要といった物騒な内容でなく、滞納・延滞の理由を聞き、次の約定日までに返済額を用意するようにといった話になります。

返済の約定日を過ぎると遅延損害金年率というものが適用され、通常よりも利率が高くなってしまうので注意です。

返済できそうになくて困った状況だったとしても電話がかかってきたら必ず対応してください。

放置し続けると大変なことに

放っておけば利息はみるみる高くなってしまいます。

早い段階で連絡すれば、返済期日を伸ばしてくれたり、お金が集まるまで利息分だけを払うようにしてくれたりと親切に提案してくれます。

また、3か月以上延滞や滞納が続くと個人信用情報に事故情報が掲載、つまりブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ればすべての審査にほぼ通ることはできなくなるでしょう。

担当者に相談して少しずつ返済をするようにすればこのようなことにはなりません。

今後のために

返済を滞納し続けることは俗にいう自己破産につながります。

返済できなくなっても一人で悩まず冷静に今の状況を確認して、電話で相談して今後の計画を立てていきましょう。

自分から電話で連絡をしたい場合は?

電話がかかってくることとは別に自分から電話すべき事柄について書きます。

申し込みの電話

まずは最初に取り上げた申し込みですが、確認でいちいち電話がかかってくることが煩わしいのでしたら、申し込み手段の一つの電話申し込みをしてください。

電話で行えばスムーズに進みますしわからないことも同時に聞けて安心です。

電話申し込みの電話番号は0120‐959‐555になります。

問い合わせ・相談の電話

相談やお問い合わせがある人も自分から電話してみて下さい。

電話番号は0120-76-5919になります。

ただし海外の場合は違う番号になります。

その場合の電話番号は+81-50-3786-5919になります。

電話受付の時間

これらの受付は平日なら9時から21時ばで、休日なら9時から17時までです。

FAXで書類を送信したい場合は0120-23-5919です。

FAXは24時間365日受け付けています。

三菱UFJ銀行カードローンの電話の内容は4パターン!

以上の4つが電話がかかってくるパターンです。

電話はそれを行うだけの理由があって行われます。

状況に合わせてその電話の意図を予測して適切な説明をしましょう。

4パターンといっても申し込み時と利用時で分かれるので対応はしやすくなると思います。

申し込み時の電話は確認だけ

申し込み時ではどれも確認となります。

確認と一緒にわからないことも聞くようにして今後問題を起こさないようにしましょう。

利用時の電話は注意しよう

利用時では問題を起こしても起こさなくても電話は来るので対応しづらいかもしれませんが大体見当はつくと思います。

返済が遅れるとすぐに電話が来るので判断はしやすいです。

こちらも電話と同時に相談や質問が出ると思うので聞くようにしてください。

カードローンは信用情報と密接な関係なので慎重に行われます。

電話一つが今後のことに大きく影響することがあるのでしっかりと出るようにしましょう。