三菱UFJ銀行カードローンの金利はいくら?利用のメリット・デメリットまとめ

公開日:

カードローンを使ってみたいと思っていても、どれを選べばよいのかわからない人は、多いのではないでしょうか。

借入れをするなら銀行系カードローンの三菱UFJ銀行カードローンがおすすめです。

メガバンクである三菱UFJ銀行が運営しているので、安心のカードローンです。

しかし、安心できるとはいえ、カードローンを利用しようと迷っているのなら、その金利や限度額、メリットやデメリットについて知っておくことは大切です。

三菱UFJ銀行カードローンの金利

金利は利用限度額で変化

三菱UFJカードローンは、三菱UFJ銀行が運営する銀行系カードローンです。

金利は年率1.8%から14.6%です。

なお、金利幅は利用限度額によってあらかじめ決定されています。

それぞれの限度額での金利は以下のようになっています。

金利と利用限度額
10万円以上から100万円以下 年率14.6%から13.6%
100万円超から200万円以下 年率13.6%から10.6%
200万円超から300万円以下 年率10.6%から7.6%
300万円超から400万円以下 年率7.6%から6.1%
400万円超から500万円以下 年率6.1%から1.8%

利率は変動金利となっており、社会情勢に応じて変更される場合があります。

三菱UFJ銀行カードローンの金利は低い?

カードローンは利息制限法によって、上限金利が15.0%から20.0%に制限されています。

多くのカードローンの貸し付けは上限金利で行われます。

そのため、カードローンを比較する際には最低金利よりも上限金利を確認することが大切です。

三菱UFJ銀行カードローンの上限金利は14.6%です。

この金利は他社のカードローンと比較して高いのでしょうか。

他社カードローンの上限金利

以下では消費者金融系カードローンと銀行系カードローンに分けて、カードローン名と金利を記載しています。

銀行系カードローン
住信SBIネット銀行ミスターカードローン 0.99%~14.79%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
りそな銀行プレミアムカードローン 3.5%~12.475%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
じぶん銀行カードローン 2.1%~7.4%
紀陽銀行カードローンプラス 3.8%~14.9%
常陽銀行キャッシュピット 2.5%~14.8%
消費者金融系カードローン
プロミスフリーキャッシング 4.5%~17.8%
アコムカードローン 3.0%~18.0%
アイフルキャッシングローン 3.0%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
SMBCモビットカードローン 3.0%~18.0%
新生フィナンシャルレイクALSA 4.5%~18.0%
ダイレクトワン 4.9%~20.0%
J.score(ジェイスコア) 0.9%~12.0%
ノーローン 4.9%~18.0%
セントラル 4.8%~18.0%

14.6%の上限金利は業界トップクラス

三菱UFJ銀行カードローンは利用限度額が最低額の10万円でも上限金利は14.6%です。

特に消費者金融系のカードローンは上限金利が18.0%付近に設定されていることが多いので、14.6%はかなりお得な設定であるといえます。

また、他社銀行系カードローンと比較しても、その上限金利の低さはトップクラスです。

三菱UFJ銀行カードローンの限度額

三菱UFJ銀行カードローンの限度額は10万円から500万円です。

限度額50万円以上の契約を申し込むには、収入を証明する書類が必要です。

なお、カードローンでは申込時の希望利用限度額で契約が結ばれるとは限りません。

利用限度額は次のような要素で決定されます。

収入や勤続年数などの属性から判断

カードローンの審査では、年齢や職業といった申込者の「属性」によって返済可能性を勘案します。

「属性」を数値化したもので返済能力を測ることを「スコアリング」と呼びます。

その中でも収入や勤続年数は重視される要素です。

安定した収入が見込める公務員や大企業の正社員は、返済能力が高く評価されます。

三菱UFJカードローンもまた、申込者の属性を判断して利用限度額を決定しています。

この他にも、他社での借入れ件数、借入れ総額、申込者の信用情報なども審査結果と利用限度額に影響を与えます。

最初から500万円で契約するのは難しい

多くの人は最初から最大利用限度額である500万円の契約は結べません。

しかし、限度額の増額を申し出ることで、利用限度額は少しずつ最大値へと近づいていきます。

それとともに、金利が低くなり、カードはより使いやすくなります。

増額申請で限度額アップ「/4」
増額の申込みを受けると、三菱UFJ銀行は新たに申込者の審査を行い、利用限度額に足る返済能力があるかを確かめます。

カードローンの新規申込み時の審査内容にくわえて、カードローンの利用実績や現在の収入が新たに調べられます。

三菱UFJ銀行カードローンを利用するメリット

大手銀行が運営している安心感の他にも、三菱UFJ銀行カードローンはさまざまな利用するメリットがあります。

三菱UFJ銀行カードローンの審査について徹底検証!

金利が安い銀行系カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、金利が1.8%から14.6%と控えめに設定されています。

消費者金融系カードローンと比べると圧倒的に低く、銀行系カードローンの中でもトップクラスの低い利率です。

利息の支払いを少しでもおさえたいと考えている人に向いているカードローンです。

銀行系なのに口座がなくても申し込める

三菱UFJ銀行の口座がなくとも、カードローン契約を結べます。

これまで三菱UFJ銀行と取引がなかった人でも、気にすることなくカードローンを利用できます。

審査は土日祝日でも大丈夫

銀行業務と同じように、土日祝日に審査を行っていない銀行系カードローンは少なくありません。

三菱UFJ銀行カードローンでは、9:00から17:00までであれば、土日祝日もカードローン審査を行っています。

なお、平日は9:00から21:00まで審査をしています。

全国で使える手数料無料のATM

三菱UFJ銀行カードローンは、全国にある三菱UFJ銀行のATMと提携コンビニエンスストアのATMが利用できます。

これらのATMは、借入れと返済に手数料はかかりません。

ただし、返済の際に振込み入金を選択した場合には手数料が発生するので注意が必要です。

Eメールサービスで返済日をお知らせ

返済日はうっかりと忘れてしまうことがあります。

返済が延滞してしまうと、信用情報に傷が付いてしまうかもしれません。

三菱UFJカードローンでは、返済日の3営業日前にEメールで通知する、Eメールサービスが利用できます。

利用するデメリット

銀行口座がなければ不便

三菱UFJ銀行カードローンは、金利が低く利用限度額も十分にあるカードローンです。

そのため、利用によるデメリットはほとんどないといえます。

あえて述べるとすれば、三菱UFJ銀行の普通預金口座がなければ使えないサービスがいくつかあることです。

三菱UFJダイレクトが使えないと不便

三菱UFJ銀行では「三菱UFJダイレクト」というインターネットバンキングサービスを提供しています。

このサービスに加入していれば、パソコンやスマートフォンから振込みや入金といった銀行取引ができるので便利です。

ですが、「三菱UFJダイレクト」は三菱UFJ銀行の口座がなければ使えません。

口座振替で返済できない

三菱UFJ銀行の口座がなければ、口座振替による返済ができません。

口座振替は手数料無料で、指定日に口座から約定返済額が引き落とされます。

口座振替にすることで、返済日を忘れてしまうようなリスクが避けられます。

振込み融資で借入れができない

三菱UFJ銀行カードローンは、借入れ金を銀行口座に振り込むサービスも行っています。

しかし、振込口座は三菱UFJ銀行のものに限られています。

金利が低い三菱UFJ銀行カードローンを利用しよう!

三菱UFJ銀行が運営する三菱UFJ銀行カードローンは、他社と比べて手頃な金利でサービスを提供しています。

最低利用限度額でも14.6%の金利しかなく、消費者金融系のカードローンとは大きな差があります。

利用限度額は最低10万円から最高500万円です。

利用限度額は少なければ、増額を申し込むことで500万円まで増やせます。

加入することで多くのメリットがあるカードローンですが、口座を持っていなければ多少使い勝手が悪くなってしまいます。

特に、インターネットバンキングを利用したいと考えている人は、カードローン加入と同時に、三菱UFJ銀行の普通預金口座を開設することをおすすめします。

口座振替や借入金の振込みサービスが使えるので便利です。

三菱UFJ銀行カードローンは、金利の低さのほかにも多くの魅力があるカードローンです。

カードローンの選択に迷っているならば、検討してみるべきではないでしょうか。