三菱UFJ銀行カードローンの審査について徹底検証!

公開日:

書類を見て悩む男性
銀行カードローンの中でも、高い人気を誇るのが「三菱UFJ銀行カードローン」です。

テレビCMを放送していたこともあり、高い認知度を誇り、都市銀行カードローンゆえの「安心感」も合わせもっています。

金利も比較的低く、とにかく優秀なカードローンです。

通常金利が低い銀行カードローンは審査が厳しく、使い勝手が悪いと言われがちですが、三菱UFJ銀行カードローンは使いやすい工夫がこらされているのも特徴です。

審査を行う保証会社も消費者金融のアコムということもあり、審査基準も柔軟なことが予想されます。

三菱UFJ銀行カードローンに限って言えば、「銀行カードローンだから…」と利用を敬遠する必要がないということです。

三菱UFJ銀行カードローン基本情報

金利 1.8%~14.6%
限度額  500万円
貸付条件 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
原則安定した収入がある方
返済方式 残高スライドリボルビング方式

三菱UFJ銀行カードローンの基本性能です。

一見して借りやすい条件が揃ったカードローンです。

表に書いてある以外にも、提携ATMの利用手数料がかからないなど、借りやすい設定が組まれています。

低金利で借りやすい優秀な銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、本当に優秀な銀行カードローンだと思っています。

銀行カードローンの貸付条件が厳しいため、おまとめローンとしての利用は難しいですが、他の用途での借り入れなら基本的に問題ありません。

低金利、スムーズな借り入れ、柔軟な審査基準など、これといった欠点が見当たらない銀行カードローンだと思います。

現在即日審査と即日融資に対応していない

数少ない三菱UFJ銀行カードローンの欠点としては、「即日融資」と「即日融資」に対応していないことでしょう。

以前は三菱UFJ銀行カードローンも、即日審査と即日融資に対応していました。

しかし、国の銀行カードローン全体へ取締が厳しくなったことで、三菱UFJ銀行カードローンも審査と融資が慎重に判断されることとなってしまいました。

即日融資対応のカードローンを利用したいならば、消費者金融のカードローンを利用するのがベターな判断です。
即日融資対応の消費者金融

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準

では具体的に、三菱UFJ銀行カードローンの審査基準について調べていきましょう。

三菱UFJ銀行カードローンの審査は甘いのか?それとも厳しいのか?

どんな人が審査に通って、どんな人が審査に落ちるのか?

審査するのは保証会社のアコム

三菱UFJ銀行カードローンの審査を主に請け負うのは、設定されている「保証会社であるアコム」です。

保証会社は、カードローン利用者が返済不能になった時返済を代わりに請け負うこともあり、返済能力をしっかりと判断します。

つまり、三菱UFJ銀行カードローンの審査基準を調べるには、「保証会社の審査基準」を調べることで、手がかりを掴むことができるということです。

「審査通過率」でアコムの審査基準を探る

とはいえ、消費者金融の審査基準を調べるのは難しいです。

消費者金融の審査基準を調べるには、消費者金融が株主向けに公開している「審査通過率」を調べることで、おおよその審査基準の目安がわかります。

アコム 44.10%
アイフル 45.80%
プロミス 44.60%

アコムの審査通過率は、およそ44%。

おおよそ二人に一人の人が、アコムの審査に落ちてしまうということです。

アルバイトでも審査に通るのか?

三菱UFJ銀行カードローンでお金を借りたいのは、何も正社員ばかりではないはず。

収入が低いアルバイトでも、カードローンでお金を借りたい人は多いですよね。

そして実際、三菱UFJ銀行カードローン利用者の多くが、「アルバイト」などの非正規雇用者です。

アルバイトだったとしても、審査で「収入が安定している」と判断されれば、利用可能な状態になるはずです。

安定した収入で審査に通る

三菱UFJ銀行カードローンの審査で求められる収入条件は、「どれだけ多くの収入をもらっているか」ではありません。

三菱UFJ銀行カードローンの審査で大切なのは、「毎月安定した収入をもらっているか」どうかです。

途切れ途切れの収入ではいけません。

決まった額収入があれば、たとえアルバイトでも限度額が低くなるものの、審査には通るはずです。

専業主婦でも審査に通る

銀行カードローンの中には専業主婦が審査に落ちてしまうものは多いです。

しかし三菱UFJ銀行カードローンなら、問題なく審査に通り、借入可能です。

もちろん、専業主婦の利用にも審査があります。その審査で配偶者の安定収入が認められれば、「限度額が10万円」にはなりますが、問題なく審査に通ります。

三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴

では、どんな人が三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまうのか?

審査に落ちてしまいがちな人の特徴を調べていきましょう。

申込みに嘘があった

審査に有利になればいいと、年収を水増ししたり、自分の雇用条件を偽ったりするのは審査落ちの条件となります。

多少情報に誤差があったとしても、三菱UFJ銀行から情報の正誤を確認されるだけですが、あまりにも派手に情報に差異が合った時点で審査に落ちてしまいます。

なるべく申し込みで嘘をつくこいとなく、正直で正確な情報で申し込みを心がけてください。

収入が安定してない

やはり「収入」は重要な審査基準です。

収入のある無しは、単純な返済能力のあるなしに大きく影響するからです。

そして上でも述べた通り、収入は安定してないと、三菱UFJ銀行カードローンの審査には通りません。

芸能人など人気商売では、収入にばらつきが生まれるので、三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちやすくなってしまうでしょう。

職業によって審査に不利なことも

職業によっては、審査に落ちやすくなる職業があります。

水商売や自営業、パチンコ店員やタクシー運転手が、カードローン審査に不利な職業でしょう。

反対に、公務員や大企業の正社員が、カードローン審査に強い職業です。

信用情報がブラックである

職業、収入よりも、信用情報が重要です。

信用情報は、専門機関に集められる個人の金融情報です。

この信用情報にトラブルが記録されていた時点で、三菱UFJ銀行カードローンの審査にかなり落ちやすくなってしまいます。

返済遅延記録

キャッシング利用中、返済が遅れてしまったという記録が信用情報にあった時点で、信用情報は「ブラック」な扱いを受けます。

それもそのはず、返済が遅れているということは、「返済能力が低い」と判断される材料になるからです。

クレジットカード利用中のトラブル

クレジットカード利用記録も、信用情報に残ってしまいます。

そしてそのクレジットカード利用記録の中で、「利用代金支払い遅れ」など致命的な問題があった時点で、三菱UFJ銀行カードローンの審査で不利になってしまうことを理解しておきましょう。

債務整理記録

個人再生や任意整理など、債務整理を行った記録があると、それも返済能力が低いと判断される材料になります。

債務整理を行うということは、「返済できない」と言っているようなものです。

三菱UFJ銀行カードローンの審査で不利になるのは、当然とも言えるかもしれません。

他社借入が多すぎる

三菱UFJ銀行から返済能力が低いと判断される材料に、「他社借入」もあります。

他社借入が多いということは、その借り入れの返済に追われているということ。

その返済を行う分、返済能力は目減りしていきます。

そして、他社借入が多いということは、それだけ「お金に困っている」ということです。

お金に困っているということは、単純に返済能力が低いと判断されても仕方がないですよね。

総量規制内の借り入れが一つの基準

他社借入の多い少ないの基準がどこにあるのか、そのボーダーラインも気になりますよね。

明確な基準はわかりませんが、年収の3分の1という「総量規制対象内借り入れ」が一つの基準です。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、審査基準に総量規制を自主的に取り入れているところも多いからです。

複数キャッシングへ同時申し込みがあった

三菱UFJ銀行カードローン以外のキャッシングへ「同時申し込み」が行われていた場合、三菱UFJ銀行カードローンの審査でマイナスポイントとなります。

理由は簡単です。複数のキャッシングへ同時申し込みが行われるということは、それだけ「お金を借りる必要性」に迫られているということ。

つまりすごくお金に困っているということです。

三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちやすくなるとしても、誰も文句は言えないですよね。

在籍確認も三菱UFJ銀行カードローンの重要な審査基準

三菱UFJ銀行カードローンの審査で避けて通れないのが、「在籍確認」です。

在籍確認は、三菱UFJ銀行から申し込んだ人の職場にかけられる「確認電話」を指します。

「本当に申込情報通りの会社で働いているのか」
という内容を確認する電話です。

この電話で在籍確認が取れないとなると、三菱UFJ銀行カードローンの審査は残念ながら落ちてしまうのです。

在籍確認はどのように行われるか

しかし誰でも「職場に電話をかけられるのは嫌だ」と思うはず。

とはいえ安心してください。在籍確認の電話は、職場に「個人名」でかけられます。

在籍確認の電話を受けた人はだれもまさか、「カードローンの在籍確認だ」とは気づかない仕組みがなされています。
在籍確認なし!電話連絡なし!誰にもバレずに借入可能なカードローン

在籍確認の対策も怠り無く!

在籍確認は、ただ本人が出ずとも申し込んだ本人が「職場にいる」ことがわかればそれで終わりです。

しかし電話に出た同僚が怪しんで、申し込んだ当人の情報を明かさなかったら、その時点で三菱UFJ銀行カードローンの審査はクリアできません。

三菱UFJ銀行カードローンの審査を完全にクリアするためにも、在籍確認対策もしっかり行っておくことをおすすめします。

三菱UFJ銀行が審査で知りたいのは「返済能力」

あらゆるキャッシングの審査で言えることですが、三菱UFJ銀行カードローンの審査で調べられるのは「返済能力」です。

生活の中でどれだけ「返済の余力」が残っているか。

そして過去の記録で返済能力を疑う材料があるか。

それらの情報が審査されるのです。

支払い件数、支払い金額が多いと審査に不利

生活の中で、キャッシングの返済やローンの返済、支払い件数と支払い金額が多いと、「返済余力が低い」と判断されて審査に落ちます。

「返済余力をアピールする方法」こそ、そのまま三菱UFJ銀行カードローンの審査に通りやすくする審査対策なのです。

三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちたら考えること

三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちたら、次に考えるべきなのはどんな内容なのか。

それも考えていきましょう。

自分のどこに審査落ちの要因があるか考える

「自分がどうして審査に落ちたのか」を理解しておかないと、あなたの状況は一向に改善しません。

収入など、基本的な生活シーンに原因があるのか。

それとも信用情報に記録された情報で審査に落ちたのか。

自分の中で原因を見定めてください。そしてそれに合わせて、次の行動を考えるべきです。

審査基準の甘いキャッシングの審査を受ける

自分が三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちた要因を理解できたら、次はその同じ原因で審査に落ちないキャッシングの審査を受けてください。

審査の難易度で言えば、

都市銀行カードローン>地方銀行カードローン=ネット銀行カードローン>大手消費者金融>中小消費者金融

といった感じでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

三菱UFJ銀行カードローンの審査について、詳しくわかっていただけたでしょうか。

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準は、銀行カードローンの審査金融としては一般的なものです。

際立って、他のカードローン審査基準と比べても厳しくはないのです。

仮に三菱UFJ銀行カードローン審査に落ちてしまったら、その審査落ちの原因に合わせて、次回の対策を考えてください。