三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認方法とは?バレずに借りられる?

公開日:

キャッシング審査に電話で申し込む女性

急にお金が必要になった時に、カードローンを利用したくなる人は大勢います。

カードローンを実施している数多くの会社の中でも、三菱UFJ銀行は特に有名な大手銀行なので、安心感が持てるなどの理由から人気があります。

しかし、カードローンを申し込むと在籍確認が行われて、周囲にそれを利用しようとしていることがバレるのではないかと心配する人もいるでしょう。

ここでは、三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認方法について紹介して行きます。

なぜ行われる?在籍確認の必要性

不安に思う人がいるのに在籍確認を行う理由

三菱UFJ銀行カードローンを申し込みたいと思う人の中には、在籍確認によって融資を申し込んだことがバレるかも知れないのに、なぜ在籍確認が行われるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

その理由には以下のようなものが考えられます。

申込者本人が申告した職場で本当に働いているかを知るため

三菱UFJ銀行カードローンを申し込む際には、自分がどこで働いているかを申告しますが、その申告が本当なのかどうかをその時点で判断することは困難です。

例え何かの書類を提示したとしても、過去にその職場で働いてはいたものの、その時点では退職している可能性もあります。

さらに、ある人の情報を手に入れた他人が、その人になりすましてカードローンを申し込んでいる場合もあり得ます。

そういったことから、申込者本人が、申し込み時に申告した職場で本当に働いているかどうかを知るために有効な手段として、在籍確認が行われるのです。

返済能力があるかどうかを確認するため

三菱UFJ銀行カードローンの申し込み条件の一つに、安定した収入があることが挙げられています。

在籍確認を行うことで収入額がはっきりするわけではありませんが、申告した職場で働いていることは確かだと分かるので、安定した収入があると推測できます。

つまり、在籍確認は申込者に返済能力があるかどうかを確認するための手段にもなるのです。

銀行にとって在籍確認は必要

銀行がカードローンを実施しているのは、当然それによって収入が得られるからです。

この場合の銀行の収入源は返済時に支払われる利息なので、返済が不可能だと思われる人にはお金を貸すことはできません。

つまり、銀行が収入源を確保するために、返済できるかどうかを確かめる有効な手段である在籍確認は必要だと言えます。

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認方法とは?

在籍確認のタイミング

三菱UFJ銀行カードローンで在籍確認が行われるタイミングは、仮申込をした後です。

具体的に言うと、インターネットなどで仮申込をしてから、テレビ窓口などで契約手続きを行うまでの間に行われます。

在籍確認が行われたということは、審査通過まであと一歩なのです。

三菱UFJ銀行カードローンの審査について徹底検証!

在籍確認は職場への電話によって行われる

在籍確認の方法は、職場に個人名か銀行名のどちらかで電話をかけて来るというものです。

この場合にどちらの名前でかかって来るのかについては、使い分けの基準などが公開されていないため、申込者の方で判断することはできません。

もし気になるのであれば、申し込んだ後には申込者の連絡先に確認の電話が入るので、その時に個人名と銀行名のどちらで連絡が来るのかを聞いてみると良いでしょう。

銀行名でかかって来てもバレる心配は少ない

在籍確認の際に個人名ではなく銀行名で電話がかかって来たら、カードローンを申し込んだことがバレやすいのではないかと心配する人もいるでしょう。

しかし、仮に銀行名で在籍確認があり、さらに自分ではなく他の社員が電話を取ったとしても、銀行名からキャッシングを連想される可能性は低いでしょう。

なぜなら、三菱UFJ銀行はカードローン以外にもクレジットカードや口座を作ったり、投資の話をしたりといったように、その用途は多種多様だからです。

したがって、銀行名で電話がかかってきたとしても、バレる心配はあまりないと考えられます。

どうしても困る!電話以外で在籍確認してもらうのは可能?

電話を嫌そうにみる男性

例えかかって来る電話が個人名であっても、また銀行名の場合でもバレる可能性は小さいと言われても、ほんのわずかでもバレる心配があるのは嫌だと思う人がいるかも知れません。

そういった人にとっては、電話以外の在籍確認をしてもらうことが可能であればありがたいでしょう。

しかし、残念ながら基本的に在籍確認は電話のみとなっているので、電話以外の方法をとってもらうことは不可能だと言わざるを得ません。

書類での在籍確認はできない

職場に電話をかけなくても、給与明細や収入証明書などの書類があれば在籍確認ができるのではないかと疑問に思うかも知れません。

しかし、そういった書類では以前その職場で働いていたことは証明できても、申込の時点で在籍していることの確定的な証拠にはならないため、それだけで在籍確認はできません。

本人が在籍確認の電話を取れなかったら審査に落ちる?

在籍確認の電話を本人が取る必要があるのか

在籍確認に関しては、電話を自分自身が取る必要があるのかという点について気になる人もいるでしょう。

例えば自分が外出していたり、用事で手が離せなかったりした時などに、電話が取れなかったために審査に落ちてしまっては困るからです。

しかし、その点については心配する必要はありません。

在籍確認においては、申込者がその職場に勤めているのかが確認できればそれで良いので、必ずしも本人が電話を取る必要はないからです。

自分以外の人が電話を取った時の会話の例

もしも外出していて自分以外の人が電話を取った時には、例えば「三菱UFJ銀行のAと申しますが、B(申込者の名前)様はいらっしゃいますか?」「Bは外出しております」といったような会話がなされます。

そのような会話だけでも、申込者がその職場に勤めていることが分かるので、在籍確認には十分です。

アルバイトや派遣社員の場合でも在籍確認はある?

三菱UFJ銀行カードローンは正社員ではなく、アルバイトや派遣社員でも融資を受けることは可能なのですが、その場合にも在籍確認が行われるかどうかは気になるところです。

結論から言うと、この場合にも在籍確認は行われます。

アルバイトや派遣社員であっても、特定の職場で働いている人であるという点では正社員と違いはありませんし、また申込の時点でそこに勤めているか、返済能力はあるかといった点について確認する必要があるからです。

派遣社員が申し込む場合の注意点

派遣社員がカードローンを申し込むと派遣先に在籍確認の電話がかかって来るのですが、そこで働いている派遣社員の数が多い場合には、社員が派遣社員について把握しきれていない可能性があります。

そのような場合には、自分以外の人が在籍確認の電話を取った時に「そのような社員はいない」と言われてしまうかも知れません。

そうならないように、在籍確認を派遣先ではなく派遣元にしてもらえるよう三菱UFJ銀行にお願いして、さらに派遣元にも三菱UFJ銀行から連絡がある旨を伝えておくと良いでしょう。

専業主婦への在籍確認はどうなる?

専業主婦でも三菱UFJ銀行カードローンは利用できるのか

自分自身はどこの職場にも勤めていない専業主婦の中にも、お金が必要になってカードローンを利用したいと思う人はいるでしょう。

消費者金融のカードローンでは専業主婦に対する融資を行っていないのですが、三菱UFJ銀行カードローンでは配偶者に安定した収入があれば、融資を受けることが可能です。

職場がない専業主婦の場合にも在籍確認はあるのか

専業主婦には職場がないため、もし在籍確認が行われるとすれば配偶者の職場にということになります。

そうなると、配偶者やその同僚にカードローンの利用が知られてしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。

しかし、専業主婦の場合には配偶者への職場への在籍確認も、また配偶者への連絡さえも行われることはないため、安心して利用することができます。

三菱UFJ銀行カードローンへの申し込みがバレないようにする方法

バレるのが心配なら事前に対策を講じると良い

基本的には三菱UFJ銀行カードローンを申し込んだ際の在籍確認の電話により、職場にその申し込みがバレる可能性は低いのですが、それでも心配だと思うのであれば、そのための対策を事前に講じておくというやり方が考えられます。

電話のことを事前に伝えておく

まず挙げられるのは、銀行から電話がかかって来ることをあらかじめ職場の人たちに伝えておくという方法です。

その際に自分以外の人が電話を取った場合のことを想定して、投資の話がある、クレジットカードを作ったなど、カードローン以外の理由を話しておくと良いでしょう。

必ず自分で電話を取れるようにする

銀行から電話がかかって来ることすら他人に知られたくないと思うのであれば、何時頃に電話してほしいかを三菱UFJ銀行の担当者に伝えておくという方法があります。

そうすることによって、必ず自分が電話を取れるようにしておくのです。

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認は必須!でも心配しないで

職場への在籍確認はあまり気にしない方が良い

ここまでに見て来たように、三菱UFJ銀行カードローンを申し込んだ時に、在籍確認が省かれるケースはほぼありません。

そのことは、在籍確認によって周囲にカードローンの申し込みがバレると困る人にとっては好ましくないでしょう。

しかし、例え職場へ電話があったからといっても、実際のところは心配する必要はありません。

三菱UFJ銀行はカードローン以外にも口座の開設やクレジットカードの発行、投資など幅広い事業を行っているメガバンクです。

したがって、その銀行から電話がかかって来た場合に、その要件がカードローンの申し込みだとすぐに連想される可能性はかなり低いと考えられます。

銀行からの電話を気にして焦ったり、下手に誤魔化したりすると周囲から何か変だと思われる恐れがあるので、むしろ堂々としていた方が怪しまれないでしょう。