みずほ銀行ATMでカードローンの案内!利用や問い合わせの方法は?

公開日:

みずほ銀行のATMを利用していると、カードローンの案内が表示される場合があるかもしれません。

このような案内広告は他社の銀行では見られないため、始めて見た時は警戒してしまう可能性もあるでしょう。

しかしこの案内はATMから直接カードローンの申し込みができるという便利なお知らせであり、何も心配することはありません。

今回の記事では、みずほ銀行カードローンをATMから申し込む際の詳しい情報を紹介していきます。

どんな場合にカードローンの案内がある?

みずほ銀行のATMを利用する際に、カードローンの案内が表示されるという経験をした人も少なくはないはずです。

ただしこのカードローンの案内は、みずほ銀行を利用しているすべての人に対して表示されるわけではありません。

カードローンの案内が表示される人は、

  • 信頼度の高いみずほ銀行利用者
  • みずほ銀行のカードローンを利用していない

この二つの条件が揃っている人に限られています。

なおこの案内は宣伝として表示されているだけですので、カードローンの申し込みや契約が強制的に行われることは決してありません。

またカードローンの加入は義務付けられたものでもないため、興味がなく無視してしまったとしても特に問題はないでしょう。

どんな人だとATMに案内が届くの?

みずほ銀行のATMにカードローンの案内が届きやすい人とは?

例えみずほ銀行の口座を持っていたとしても、カードローンの案内が届かない人も大勢います。

また前述した条件に当てはまっていたとしても、必ずカードローンの案内が届くとは限りません。

では一体、どのような人がカードローンの案内が届きやすいのでしょうか。

給与の振込口座として長期間の利用

何年もの間、給料の振込口座として利用している人は案内が届きやすいと言えるでしょう。

なぜならば長い間安定した収入が振り込まれているため、銀行側からの信頼度が非常に高いからです。

このように銀行からの信頼を得るためには、給料の振込口座として活用することが一番の近道と言えます。

公共料金の引き落とし口座として長期間の利用

公共料金の引き落とし口座として長い間利用している人も、同様にカードローンの案内が届きやすくなっています。

主な理由としては、公共料金の支払い能力があるということが挙げられます。

ただし収入の面においてしっかりとした証明がないため、給与の振込口座として利用することより多少信頼度は落ちるようです。

口座を開設する際に個人情報を細かく記載

口座を開設する際に個人情報が細かく記載されていると、カードローンの案内は届きやすくなるでしょう。

ただし個人情報の内容が信用に値するものでなければ、カードローンの案内が届く可能性は低くなってしまいます。

他社のローンでの返済実績がある

他社からのローンで返済実績がある人は、信頼度が高くなるため案内が届きやすくなるでしょう。

ローンの返済に関しては事細かく金融機関の信用情報に登録されます。

それゆえブラックリストなどに悪い情報が登録されてしまうと、みずほ銀行のカードローンも利用できなくなってしまうため十分な注意が必要です。

口座残高に余裕がある

口座残高に余裕がある人は、案内が届きやすくなります。

ただしこれまでの返済実績が悪かったり収入面が少なかったりなど、マイナスな要素がある場合には案内が届かないかもしれません。

銀行は、一時的ではなく長期的な安定を重視していることが大きな理由です。

案内があった場合のカードローン利用方法

カードローンを利用するためにはどのような手続きが必要か?

みずほ銀行のATMにおいて案内画面に「即時利用可能」と表示されている場合には、その場でカードローンの加入手続きを行うことが可能です。

タッチパネル上で「即時利用可能」の項目を選択し、必要な情報を入力することによって審査が開始。

そして審査に通れば契約は完了となり、すぐさま借り入れができるようになります。

またATM上の画面右側にある「カードローンご利用はこちらから」を選択することによっても、カードローンの手続きを開始することが可能です。

キャッシュカードのみでカードローンが利用できる

みずほ銀行のカードローンにATMから加入した場合には、みずほ銀行口座のキャッシュカードに借り入れ機能がプラスされます。

その代わり、専用のローンカードは発行されません。

この点が、一般的にカードローンを作成する時との大きな違いでもあります。

1枚のカードでキャッシュからローンまで一括で利用できるのは、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

案内があっても審査に通るとは限らないって本当?

案内があれば必ずカードローンは利用できるのか?

みずほ銀行のATMにカードローンの案内があったとしても、必ずしも利用できるとは限りません。

なぜならば、信用情報をチェックすることによって審査に落ちてしまう可能性もあるからです。

またATMから申し込む時であっても、信用情報をチェックする際に在籍確認や必要書類の提出などが必要となる場合もあります。

審査に通らない可能性が高い問題とは?

信用情報のチェック時に金銭面での様々な問題が発覚してしまった場合には、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いでしょう。

ではなぜこのような問題を抱えているのにも関わらず、ATMにカードローンの案内が表示されるのでしょうか。

答えは至って簡単、個人情報の更新が追いついてないからです。

ATMにカードローンの案内表示がされれば、いくら問題を抱えていようとローンを利用できると期待してしまうでしょう。

しかし審査に通らないのであれば、ただ単に時間を無駄に使ってしまうだけです。

それゆえ金銭面において問題を抱えている人は、前もってローンを利用できる可能性が低いということを十分に把握しておかなければなりません。

どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介

強制解約

強制解約とは、毎月の返済金を長期間放置してしまった際に強制的に契約を打ち切られてしまうことです。

このような状況に陥ってしまうと返済額の一括返済が求められ、信用情報にも傷を付けてしまいます。

なお提携会社の強制解約は2〜3ヶ月の未払いで生じてしまうため、十分な注意が必要です。

長期延滞

長期延滞とは、その名の通り長期間返済が滞ってしまうことです。

このような状況に陥ってしまうと、延滞金や利息なども余計に発生してしまいます。

また強制解約やブラックリストへの登録など最悪な展開に繋がる危険性もあるため、放置せずに迅速に対応しなければなりません。

なお延滞期間が伸びるほどに信用情報の傷も大きくなってしまうので、早めに返済することが望ましいでしょう。

債務整理

借金が膨らんでしまい自己破産などの債務整理を行った場合には、必然的にブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストから抹消されるまでには返済を終えてから5〜10年ほどかかりますので、その間はまず審査には通らないと考えておいたほうが良いでしょう。

ATMで申し込みしたい場合の注意点

みずほ銀行のカードローンについての案内が表示されるのは、みずほ銀行専用のATMのみです。

郵便局や他社の銀行もしくはコンビニなどに設置されている提携ATMでは、みずほ銀行の口座を利用することは可能ですがカードローンについての案内は表示されることがありません。

そのためみずほ銀行のカードローンをATMから直接申し込みたいと思っている人は、まず初めにみずほ銀行専用ATMの設置されている場所を把握しておくことが必要となるでしょう。

なおみずほ銀行の専用ATMは多くの場所に設置され、近年その数は増え続けている傾向にあります。

特に駅周辺や繁華街など人が多く集まる場所には、みずほ銀行専用のATMが設置されている可能性も意外と高いでしょう。

なお専用ATMが設置されている場所の一覧は、みずほ銀行のホームページから簡単に検索することができます。

カードローン専用型は選べる?

みずほ銀行カードローンは専用ATMで案内があり、そこから直接申し込んだ場合にはキャッシュカードと一体型のカードローンとして利用できます。

またカードローン専用のカードが必要な場合には、一体型ではなくローンカードを選択することも可能です。

ローンカードを発行した際には、契約した後に本人限定の受取郵便として郵送されてきます。

ただしこの場合は即日発行されないため、すぐに借り入れをすることはできません。

最低でも郵送されてくるまでに、一週間程は見ておいた方が良いでしょう。

なおカードローン専用型のカードにした場合には、キャッシュカードからキャッシングを行うこともできなくなってしまいます。

このようにカードローン専用型のカードにはデメリットもいくつかありますので、十分に把握した上で自分にとって最適な選択をすることが望ましいでしょう。

みずほ銀行カードローンの問い合わせ先は?

みずほ銀行のカードローンをATMで申し込む際に

  • 申込み方法でわからない箇所がある
  • カードローンについて質問がある
  • 申し込んだのにも関わらず審査結果が帰ってこない

などの問題が生じてしまった場合には、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに問い合わせてみることが必要となります。

この専用ダイヤルはみずほ銀行カードローンの知識に特化した専門スタッフが迅速に対応してくれるため、問い合わせることによって即座にトラブルを解決することができるでしょう。

ただし時間帯によっては、混み合ってなかなか繋がらないケースも稀にあります。

そのような場合は急用でなければ一度持ち帰り、空いてそうな時間帯を狙って連絡してみることがお勧めです。

また迅速にトラブルを解決するためにも、事前に質問事項をまとめた上で問い合わせてみるのが良いでしょう。

案内が来たら利用を検討してみよう!

このようにみずほ銀行カードローンはATMに案内さえ表示されれば、手軽に申し込むことが可能です。

また限度額がもっと多い他社での借り入れを検討しようとしている人も、申し込むだけ申し込んでみても損はないでしょう。

なぜならばみずほ銀行のカードローンには、

  • 金利が低い
  • キャッシュカードとの一体型
  • 大手メガバンクが提供しているため信頼度が高い

など様々なメリットがあるからです。

ただし金利が低くなおかつ銀行が運営しているカードローンでもあるため、審査基準は決して緩くはありません。

ゆえにATMにカードローンの案内が表示された人は、みずほ銀行から大きく信頼されている証拠。

ATMに案内が表示されることを大きなチャンスと捉え、みずほ銀行カードローンの申込みを検討してみてはいかがでしょうか。