みずほ銀行カードローンのATMを使う!利用方法まとめ

公開日:

atm

みずほ銀行カードローンはメガバンクが運営する金融商品であり、信頼度の高さから利用者も多いです。

全国に設置されたATMは様々な用途で活用出来る為、忙しい現代人にとって強い味方になってくれます。

今回はみずほ銀行カードローンのATMを使いこなす為に、利用方法や知っておきたい基本知識をご紹介します。

これから契約を検討している人も、既に契約しているけれどあまりATMを活用していない人も参考にしてみて下さい。

みずほ銀行カードローンのATMはどこにある?

みずほ銀行カードローンで利用出来るATMは多機種に及び、全国どこの地域に住んでいても出先でカードローン関係の手続きが可能です。

まずはみずほ銀行カードローン対応のATMの種類を把握しておきましょう。

金融機関系ATM

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行が運営する金融商品なので、当然各支店や出張所に設置されているみずほ銀行のATMを利用する事が可能です。

また、ゆうちょ銀行のATMにも対応しているので郵便局で用事を済ませるついでに立ち寄るといった使い方も出来ます。

セブン銀行、ローソンATM

大手コンビニエンスストアであるセブンイレブンとローソンでは、それぞれ自社ATMや自社ブランドバンクを抱えています。

みずほ銀行カードローンはこれらの大手コンビニに設置されたATMを利用する事も可能です。

日常の買い物と一緒に手続きを済ませられます。

セブン、ローソン以外のコンビニでも利用出来る

みずほ銀行カードローンは「E-net」マークの付いているATMでも利用可能です。

E-netとは店舗外ATMを総合的に運営する企業であり、ファミリーマート・SAVE ON・ポプラ・デイリーヤマザキなどのコンビニはこのE-netに加入しています。

これにより全国殆どのコンビニでみずほ銀行カードローンの手続きが行えるようになるのです。

みずほ銀行カードローンの営業時間

みずほ銀行カードローンの営業時間は、利用用途やATMの種類によって異なります。

営業時間を間違えて覚えていると、返済が遅れてしまうなどのトラブルになり兼ねません。

各ATMの営業時間をしっかりと把握しておきましょう。

みずほ銀行ATMの営業時間

みずほ銀行ATMの取り扱い時間は以下の通りです。

月曜 利用全般は7~24時 返済・振替は8時45分~18時
火~金曜 利用全般は終日 返済・振替は8時45分~18時
土曜 利用全般は0~22時 返済・振替は9~17時
日曜 利用全般は8~21時 返済・振替は9~17時
みずほ銀行ATMの注意点

返済・振替の取り扱い時間は平日と土日で分かりやすくなっています。

ただし引き出しや振込みなどの通常利用全般は月曜、土曜、日曜でやや変則的になっているので注意しましょう。

コンビニ提携ATMの営業時間

全国のコンビニATMでのみずほ銀行カードローン取り扱い時間は以下の通りです。

平日 利用全般は終日 返済のみ8時45分~18時
土曜 利用全般は0~22時 返済のみ9~17時
日曜 利用全般は8~24時 返済のみ9~17時
コンビニ提携ATMのポイント

コンビニATMでは通常利用の返済取り扱い時間はみずほ銀行ATMよりも長い曜日もあります。

しかし返済の取り扱い時間は基本的にみずほ銀行ATMと同じになっているので、「コンビニATMならまだ取り扱っているだろう」と考えてしまわないようにしましょう。

ATMを利用してできること

ATMで行える手続きの内容は機種によって異なるので、自分がよく利用するATMがどんな用途に対応しているかを把握しておく事が重要です。

みずほ銀行ATMで出来る事

運営元であるみずほ銀行ATMの取り扱い業務は以下の通りです。

・借り入れ
・残高照会
・振込
・振替
・返済
・自動貸越
運営元なので実施しているサービスの全てが利用可能であり、みずほ銀行カードローンに対応しているATMの中で唯一「口座振替」に対応しています。

コンビニ提携ATM

全国のみずほ銀行カードローン対応のATMでの取り扱い内容は以下のようになっています。

・借り入れ
・残高照会
・振込
・返済
・自動貸越
基本的に口座振替以外の取り扱いが揃っているので、通常の返済や借り入れを行うのであればコンビニでも事足りると言えるでしょう。

セブン銀行ATMの場合は注意

コンビニATMの中でも、セブン銀行は取り扱い内容が以下のように異なるので把握しておきましょう。

・借り入れ
・返済
・自動貸越
セブン銀行ATMでは最低限の機能に留まっています。

残高照会や振込みには対応していないので注意しましょう。

ATM画面の操作方法

利用出来るATMの設置場所や取り扱い内容が分かっても、実際の操作方法が分からないと不安だという人も居るでしょう。

一例として、キャッシュカード兼用型のカードローンをみずほ銀行ATMで利用する方法を見てみましょう。

「カードローン」のボタンを選択

キャッシュカード兼用型でカードローンを利用する場合は、まずATM操作画面の「カードローン」ボタンを選択しましょう。

借り入れの場合は「引き出し」ボタンを選択して借り入れを行う方法もありますが、その場合は自動繰越機能を利用しての借り入れとなるので慣れないうちはカードローンボタンで通常の借り入れをおすすめします。

希望の取引内容を選択(借り入れ・残高照会・振込・振替・返済)

カードローンボタンから進むと各種取引内容を選択する画面に移行します。

希望の取引内容を選択して手続きを行いましょう。

ATMを利用する際の注意点

全国どこでも利用出来て便利なATMですが、営業時間によって手数料が発生する事には注意しておきましょう。

各ATMでの利用手数料について

みずほ銀行カードローンをATMで利用する際にかかる手数料は利用内容や時間によって異なりますが、細かな設定は各ATMによって異なります。

手数料がかかる場合は時間によって108~216円必要となりますが、詳しくは自身が利用するATMを運営する企業の公式サイトなどで確認しましょう。

なお、みずほ銀行ATMでは火~金曜の8:45~18:00、イオン銀行では月~金曜の8:45~18:00までは手数料無料となっています。

お得にカードローンを利用したい場合は、平日の日中を狙ってみずほ銀行かイオン銀行を利用すると良いでしょう。

自動貸越機能の利用明細票について

普通預金口座と連動して借り入れを行う自動繰越機能では、繰越された金額を利用明細に印字出来るATMはみずほ銀行ATMのみとなります。

E-netやローソン、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMでは取引後のローン残高が印字されるので留意しておきましょう。

みずほ銀行カードローンは営業時間に気を付けよう!

メガバンク系の代表的な金融商品であるみずほ銀行カードローンは、上手く使いこなす事で日常生活をより一層快適にしてくれます。

計画的な借り入れや返済がキーポイントになりますが、全国各地に設置されているATMはこうした手続きをスムーズにしてくれるツールと言えるでしょう。

みずほ銀行は大手の金融機関という事もあり、対応しているATMの種類も豊富になっています。

それだけに利用出来るATMの営業時間は、提携先の種類や曜日によって多少変動するのです。

全てのATMにおける営業時間を細かく把握する必要は無いかも知れません。

しかし自分がよく利用するATMや近所に設置されているATMの営業時間を確認しておく事は、計画的なカードローンの利用において大切なポイントと言えます。

ATMの営業時間をしっかりと把握して便利にカードローンを使いこなしましょう。