みずほ銀行カードローン利用に欠かせない!返済方法を徹底解説!

公開日:

昨今では突発的にまとまった出費があった時、カードローンを活用して切り抜けるという人も少なくありません。

CMをはじめとする広告によって、銀行の金融商品や消費者金融の存在がより身近に感じられるようになって来たと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンは大手銀行が運営しているという安心感から利用者も多く、銀行系カードローンの中でも人気の金融商品です。

これから契約を検討しているのであれば、返済方法をしっかりと把握しておく事で計画的な利用が可能になるでしょう。

今回はみずほ銀行カードローンの返済方法について詳しくご紹介します。

【みずほ銀行カードローンの返済方法1】引き落とし

みずほ銀行カードローンでは3つの返済方法が用意されており、いずれも返済手数料は無料となっています。

3つの方法の中でメインとなるのは「口座からの自動引き落とし」です。

自動引き落としについて

みずほ銀行カードローンの契約では、基本的に毎月の返済方法はみずほ銀行普通預金口座からの自動引き落としのみです。

返済用の口座が必要になるので、契約時にみずほ銀行の普通口座を持っていない場合は新規開設する事になります。

引き落としのタイミングは「返済日当日の夜間」となっています。

前日までにお金の準備が間に合わなくても、当日の夕方頃までに口座にお金を用意出来れば遅延扱いにはなりません。

なお公式ではトラブル回避の為、前日までにお金を準備しておく事が推奨されています。

口座引き落としによるメリット・デメリット

口座からの自動引き落としでは預金残高さえあれば返済毎にお金を用意する必要がないので、手間を省いて楽に返済を行う事が出来ます。

返済を忘れてしまう可能性が低いというのもメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては借り入れ残高を確認する機会が減ってしまいがちになり、現状の借金がいくらであるか把握しにくいという事が挙げられます。

また、口座引き落としは臨時返済に対応していないという点にも注意しましょう。

【みずほ銀行カードローンの返済方法2】みずほダイレクト

みずほ銀行ではインターネットや電話窓口で手続きを行える「みずほダイレクト」というシステムを導入しており、これをカードローンの返済方法として利用する事も可能です。

みずほダイレクトの注意点

口座引き落としは契約上必須の返済である「約定返済」とよばれるものですが、みずほダイレクトで返済を行う場合は「任意返済」となります。

約定返済は任意返済の有無に関わらず実行されるものなので、みずほダイレクトで返済を行ってもその月の口座引き落としによる返済が無くなる訳ではない事に注意しましょう。

みずほダイレクトのメリット・デメリット

みずほダイレクトによる返済手続きは24時間可能でありパソコンやスマートフォン、固定電話から時間を選ばずに申し込みが可能です。

ただし、月~金曜の15時以降と土日祝日の申し込みは翌営業日扱いとなる事を覚えておきましょう。

みずほダイレクトを利用するには所定の利用登録が必要であり、ネット上の手続きに慣れてない人には少し扱いにくい点があるかも知れません。

【みずほ銀行カードローンの返済方法3】ATM

みずほ銀行カードローンは全国各地に設置されている様々な種類のATMに対応しており、返済方法の1つとして活用する事が出来ます。

ATM返済も「任意返済」として扱われる

みずほダイレクト同様、ATMでの入金も任意返済となります。

従ってATMで返済を行っても、毎月10日には利用残高に応じた金額の自動引き落としがかかる事を忘れないようにしましょう。

ATM返済によるメリット・デメリット

みずほ銀行カードローンに対応しているATMはみずほ銀行の各支店はもちろん、全国各地のコンビニやイオンなどのスーパー、更には郵便局にも設置されています。

出先で用事を済ませるついでに追加返済を行えるので利便性が高いと言えるでしょう。

デメリットとして、ATMを利用する時間によっては手数料がかかってしまうという点が挙げられます。

これは返済手数料ではなく、ATMの利用手数料なので曜日や時間によって変動します。

特に返済用途でのATM利用は取り扱い時間が短めなので、各ATMが何時まで対応しているのかを前もって確認しておく事が大切です。

返済日はいつなの?

みずほ銀行カードローンの約定返済である口座引き落としによる返済日は、毎月10日で固定となっています。

10日が土日祝日など銀行の休業日にあたる場合には、翌営業日に引き落としがかけられます。

みずほダイレクトやATMでの任意返済は、利用者の希望で随時返済を行うので決められた返済日は存在しません。

ATMカードローンの場合は返済日が異なる

通常のカードローンは希望者が申し込みを行い、審査を経て利用開始となります。

それとは別に、普段からみずほ銀行を利用している人を対象としてATMでカードローンの案内が表示される事があります。

その場でキャッシュカードに借り入れ機能を付与出来るこうしたカードローンを、通常のカードローンと区別して「ATMカードローン」と呼ぶのです。

ATMカードローンの場合は返済日が毎月17日に固定されているので、通常のカードローン返済日と混同しないようにしましょう。

返済日の変更はできるのか

通常カードローンの約定返済日は10日、ATMカードローンでは17日が約定返済日となります。

原則的に利用者側の希望でこの返済日を変更する事は不可能です。

ただし、例外的に以下の場合には申し込みによって返済日の変更が許可される事があります。

カードローンの返済日を変更出来るケース

みずほ銀行は2002年当時にグループ傘下だった富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行の3行が合併する形で設立されました。

みずほ銀行の前身となったこの3行でもカードローンは存在しており、返済日が現在のみずほ銀行カードローンと異なっている場合があります。

2002年以前に利用していた上記3行のカードローン返済日を、みずほ銀行カードローンの約定返済日である毎月10日に変更する事は可能です。

該当している人で給料日や他の引き落とし日との兼ね合いで返済日の変更の必要があれば、みずほ銀行へ直接問い合わせてみると良いでしょう。

約定返済額はいくら?

カードローンでお金を借り入れた後、月々の返済額はいくらでも良いという訳ではありません。

みずほ銀行カードローンでは以下の2通りのように、前月10日時点での利用残高に応じて月々の最低約定返済額を定めています。

2012年改定後の契約

みずほ銀行では2012年7月31日を境にして約定返済額の算出方法を変更しています。

2012年7月31日以降の契約または変更、なおかつ利用限度額が200万円以上の場合の約定返済額は以下の通りです。

利用残高1万円未満 毎月の返済額は前月10日時点の利用残高
利用残高1~100万円以下 毎月の返済額は1万円
利用残高100万1円~200万円以下 毎月の返済額は2万円
利用残高200万1円~300万円以下 毎月の返済額は3万円
利用残高300万1円~400万円以下 毎月の返済額は4万円
利用残高400万1円~500万円 毎月の返済額は5万円
上記以外の場合

2012年7月30日以前の契約、もしくは2012年7月31日以降の契約ではあるが利用限度額が200万円未満の場合は約定返済額が以下の様になります。

利用残高1万円未満 毎月の返済額は前月10日時点の利用残高
利用残高1~50万円以下 毎月の返済額は1万円
利用残高50万1円~100万円以下 毎月の返済額は2万円
利用残高100万1円~150万円以下 毎月の返済額は3万円
利用残高150万1円~200万円以下 毎月の返済額は4万円
利用残高200万1円~250万円以下 毎月の返済額は5万円

一括返済をする方法

みずほ銀行カードローンでは毎月の約定返済やみずほダイレクト・ATMによる任意返済の他にも、所定の手続きを踏む事で利用残高の一括返済を行う事が可能となっています。

申し込みが完了すると翌返済日に利用残高の全額が引き落とされます。

一括返済の申し込みは店舗窓口のみ

利用残高の一括返済を申し込み場合には、原則的にみずほ銀行の店頭窓口で直接手続きを行う必要があります。

これは、一括返済を行う場合には支払い時点までの利息を合わせて入金しなければならない為です。

店頭窓口であれば従業員の人にその場で利息の計算をしてもらえますが、みずほダイレクトやATMでの入金は任意返済なので利息の支払いが出来ません。

その為、一括返済の申し込みはインターネットやATMからでは行えなくなっているのです。

インターネット支店を利用している場合

みずほ銀行ではインターネット支店に普通預金口座を開設する事も可能となっています。

返済用口座をインターネット支店に設定している場合、一括返済の申し込みはインターネット支店の電話窓口で行いましょう。

一括返済のメリット

みずほ銀行カードローンの約定返済は残高スライド式の定額払いとなっています。

利用残高に応じて月々一定額を支払う為、返済計画を立てやすいなどの利点が挙げられます。

ただし利用残高が少なくなるに連れて約定返済額も少なくなるので、完済までに時間がかかってしまいがちです。

返済が長引くと利息がかさんでしまい、余分にお金を支払ってしまう可能性もあります。

一括返済を行うと、将来的にかかるハズだった利息を抑える事が可能なのです。

一括返済は使い所によっては、みずほ銀行カードローンを計画的に利用する上で有効な手段にもなります。

返済ができなかったときの対処法

どれだけお金の管理に気をつけていても、ケアレスミスで口座にお金が残っていなかったなんて事も考えられます。

そんな時に慌てない為にも、万が一入金が間に合わなかった際の対処法を把握しておきましょう。

遅れてもなるべく早く口座に入金する

みずほ銀行カードローンの約定返済は、毎月10日に引き落としが1回かかったらそれで終わりではありません。

10日に残高不足で引き落としがかけられなかった場合には、銀行営業日に毎晩再引き落としの処理がかけられるのです。

10日にお金の用意が間に合わなかったからと言って放置せず、出来る限り早く口座に入金する事で事態をなるべく穏便に済ませる事が出来ます。

返済遅延のリスク

返済日に支払いが間に合わないと、その日から利息とは別に遅延損害金が元本に付与されます。

2~3日程度の軽微な遅延であれば遅延損害金を払うだけで済む場合もありますが、遅延が長期化・慢性化すると所謂ブラックリストに載ってしまう可能性もあるのです。

ブラックリストに載ると今後様々なローンやクレジット商品の審査に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、返済が完全に滞ると強制解約や利用残高の一括請求といった事態に発展し兼ねません。

引き落とし日と支払い金の管理はしっかりと行った上で、やむを得ず返済が遅れてしまった場合には早急に入金しましょう。

お金が口座に用意出来ているにも関わらず返済日に引き落としがかからないようなら、無用なトラブルを避ける為にもみずほ銀行に直接問い合わせる事が重要です。

返済をするときに注意すべきこと

みずほ銀行カードローンの返済方法はあくまで約定返済である「口座引き落とし」が原則です。

みずほダイレクトやATMによる任意返済は追加返済という形になるので、毎月10日の口座引き落としが無くなる訳ではない事に十分注意しましょう。

他社カードローンの任意返済

実は、みずほ銀行カードローン以外のカードローン商品では任意返済を行った場合、その月の約定返済がなくなるケースが珍しくありません。

みずほ銀行と他社のカードローンを併用している場合などでは、返済金の計算を行う上で混同してしまう可能性もあるでしょう。

みずほ銀行カードローンでは、毎月の自動口座引き落としは必須の出費である事を忘れてはいけません。

引き落としによる返済が基本!

みずほ銀行カードローンは比較的利息の低い部類であり、返済面での融通も利かせてくれる金融商品です。

上手く使いこなせれば快適な生活を後押ししてくれるでしょう。

みずほ銀行カードローンを使いこなす上で重要なのは、やはり返済プランをしっかりと立てる事です。

約定返済である口座からの自動引き落としは必須であり、みずほダイレクトやATMによる任意返済はあくまで懐に余裕がある場合の追加入金という認識を持っておきましょう。

万が一返済日までに入金が間に合わない事が想定される場合には、支払いが遅れてしまう前にみずほ銀行へ相談してみるのも1つの手段です。

場合によっては融通を利かせてくれるケースもあります。

みずほ銀行カードローンのポイントを押さえて、しっかりと有効活用出来るようにしましょう。

どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介