どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介

公開日:

知名度の高い都市銀行カードローンとして、確固たる人気を誇る「みずほ銀行カードローン」。

今回はそのみずほ銀行カードローンの審査基準について、詳しく調べていきたいと思います。

カードローンの審査基準というのは、基本的に外部に明かされることがないため、詳細な情報を知ることはできません。

しかし実際にカードローンへ申し込んだ人の体験談を分析すれば、おおよその審査基準は見えてきます。

みずほ銀行カードローンも、過去大勢の人が申し込み、審査に通ったり落ちたりしています。

その情報をみれば、「どんな人が審査に通るのか?」「どんな人が審査に落ちるのか?」

その傾向が見えてきます。また、みずほ銀行カードローンの審査に通りやすくなる審査対策も、だんだんわかってくるはずです。

みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 800万円
審査時間

限度額に応じて金利が決まる

審査で定められた限度額に応じて、借り入れで適応される金利も決まります。

みずほ銀行の住宅ローンで借り入れていると、適応金利がさらに0.5%引き下げられます。

10万円以上 100万円未満 年 14.0%
100万円以上 200万円未満 年 12.0%
200万円以上 300万円未満 年 9.0%
300万円以上 400万円未満 年 7.0%
400万円以上 500万円未満 年 5.0%
600万円以上 800万円未満 年 4.5%
800万円 年 2.0%

みずほ銀行カードローン申し込み情報

  • 年齢が20歳~65歳
  • 本人に、安定かつ継続した収入がある方
  • みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

安定収入があればアルバイトでも利用可能

みずほ銀行カードローンの審査をクリアするには、本人に継続した安定収入が求められます。

その安定収入は、何も正社員としての収入である必要はありません。

ある程度の収入があれば、その収入源はアルバイト収入でもかまわないのです。

とはいえ、アルバイト収入では、正社員収入と比べて「安定してない」とみられるので、みずほ銀行カードローンの審査では弱いと見なされます。

専業主婦でも申込み可能

申し込み条件には、「本人に安定した収入」が必要とありますが、みずほ銀行カードローンは専業主婦でも利用が可能となっています。

申込時「希望限度額」を入力する欄で、収入がなく、配偶者に収入がある方のお申し込みを選ぶことができるため、専業主婦でも申込み可能となっています。

限度額は最高でも30万円となりますが、専業主婦のみなさんはそれほど大金を借り入れる予定がない方も多いです。

「30万円で十分」という方も多いのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンの審査基準

それでは、もっと具体的にみずほ銀行カードローンの審査基準を調べていきましょう。

みずほ銀行カードローン審査で見られる情報は、どんな情報なのか?だいたいの見当はついています。

属性

まず、申込み直後申込情報をもとに「属性の審査」が行われます。

申込情報で入力した「年収」や「勤務先」「居住形態」など、生活にまつわる情報の審査が「属性の審査」です。

属性の審査は、情報がスコアで表されて、そのスコアが加点形式で審査されます。

最終的なスコアがみずほ銀行の定めた審査基準を超えた時、みずほ銀行カードローンの審査をクリアとなります。

信用情報

信用情報の審査は、みずほ銀行カードローンの審査においてとても大きなウエイトをほこっています。

そもそも信用情報とは、個人が持つ「金融情報」です。

過去どんな金融商品を利用したか、何かトラブルがなかったか。

信用情報をみれば、それらの情報がすべて筒抜けとなります。

この信用情報にトラブルが記録されていると、信用情報は「ブラック」という扱いになり、みずほ銀行カードローンの審査でとても不利な扱いを受けてしまいます。

どれくらい収入があればみずほ銀行カードローン審査に通るか

みずほ銀行に認められる安定収入の目安としてよく言われるのが「年収200万円」です。

年収200万円あり、その収入が毎月継続的ならば、みずほ銀行カードローンの審査に通りやすくなると言われています。

200万円の条件と聞くと、私は「それほど難しくないな」という印象です。

あとは、信用情報がクリーンならば、多くの場合みずほ銀行カードローンの審査をクリアできるはず。

とはいえ、みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンより「正社員利用者」の割合が多いと言われています。

信用情報がブラックな時点で審査に落ちる?

信用情報にトラブルがあることで「ブラック」な扱いを受けるのはお伝えした通りです。

信用情報にブラックな情報があっただけで、みずほ銀行カードローンの審査に落ちるのか?

私は実際みずほ銀行に電話で問い合わせたことがあります。

そこでの答えは「なんとも言えない」ということでした。

信用情報がブラックなだけで審査に落ちることはないとしても、他の情報と総合的に判断して審査結果を決めるということでしょう。

しかし、信用情報がブラックな状態をひっくり返すのはかなり難しいです。ブラックな状態で審査をクリアするのは、かなり難しいと思ったほうが良いでしょう。

みずほ銀行カードローン審査の流れ

みずほ銀行カードローンに申し込んだ後、どのような流れで審査が進むのか。

みずほ銀行カードローン審査の流れを調べていきましょう。

申し込み

まずはみずほ銀行カードローンへ申し込みます。

申し込み方法はいくつかありますが、みずほ銀行カードローンの公式ページから申し込むのは、一番気軽でおすすめです。

申し込み情報を元に一時審査

申し込み時入力した情報を元に、みずほ銀行が一時審査を行います。

収入など基本的な情報を審査しますが、この情報が基準に届かなかった時点で審査に落ちてしまいます。

信用情報の審査

属性の審査とほとんど同時に、申し込んだ人の信用情報も審査されます。

在籍確認

属性と信用情報の審査に通れば、在籍確認も行われます。

在籍確認まで進めば、みずほ銀行カードローン審査通過まで後一歩です。

書類の提出

契約のために必要な書類を提出します。

書類の不備のないようにしましょう。

審査通過

無事審査は終わります。

あとはお金を借り入れてください。

在籍確認はどんな形でかかってくるのか

みずほ銀行カードローンの重要な審査「在籍確認」。これは、みずほ銀行カードローンの保証会社であるオリココーポレーションから、申し込んだ人の会社にかけられる確認電話です。

この在籍確認はどんな形でかかってくるのか、把握できているでしょうか。

個人名で会社にかかってくる

在籍確認の電話ですが、「カードローンの確認電話が会社にかかってくるなんて困る」という方も安心です。

なぜなら、在籍確認の電話は、「個人名」でかかってくるからです。

具体的に説明すると、こんな感じです。

「もしもし、私○○と申しますが、××さんはいらっしゃますか?」
「××は席を外しておりますが、どんなご用件でしょうか?」
「いえ、個人的な用事なので、携帯電話にかけなおしてみます。ありがとうございます」

決して、カードローン審査の流れだとか、キャッシングの匂いをいっさい出しません。

これでカードローンの気配を感づくのは、よほど在籍確認に詳しい人だけです。

カードローンによっては、「在籍確認の電話なし」で在籍確認が終わるものもありますが、みずほ銀行は「電話なし」の在籍確認に対応していません。

土日の審査はどうなるのか

みずほ銀行カードローンを土日利用したいと思い、土日に審査を申し込む人がいるはず。

その場合、みずほ銀行の審査対応はどうなるのか?

土日の審査は翌営業日に持ち越し

みずほ銀行カードローンでは土日の審査に対応していません。

土日みずほ銀行カードローンへの申込みを行うと、審査はみずほ銀行翌営業日に行われます。

どんな人が審査に落ちるのか?

みずほ銀行カードローンの審査基準について、多少詳しくなったところで、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまうネガティブな条件を調べていきましょう。

収入が安定してないか収入が低い

やはりみずほ銀行カードローンの審査において、年収、収入の部分は重要です。

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには、安定収入が必須。

そしてある程度の額収入があることも必要となります。

収入条件が認められず、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまう人は少なくありません。

信用情報がブラック

信用情報がブラックな状態では、かなり審査に不利です。

どんな情報で信用がブラックになってしまってるのか、それにより信用情報がクリーンになるまで必要な時間が変わってきます。

他社借入が多すぎる

他社借入が多すぎるのも、信用情報がブラックの範疇ではありますが、他社借入が多すぎると審査で不利です。

他社借入が多いと、他者の返済にかかりきりになるので、「返済能力が低い」と判断され、審査に落ちやすくなってしまいます。

短期間に同時申し込みを行っている

短期間に複数のキャッシング同時申し込みを行うのも、みずほ銀行カードローン審査落ちの原因となりかねます。

「短期間に同時申し込み」を行っていると、「お金に困っている」と判断されるので、みずほ銀行カードローンの審査で不利です。

みずほ銀行カードローンの審査に通りたいなら、みずほ銀行カードローンに絞った申し込みを行ってください。

まとめ

いかがでしょうか。みずほ銀行カードローンの審査基準、審査に通る条件、審査に落ちやすい条件まで、わかっていただけたでしょうか。

みずほ銀行カードローンの審査は、たとえアルバイトでも審査に通った実績もあります。

とはいえ、都市銀行のカードローン審査。信用情報がブラックだと審査に通るのは困難となります。