みずほ銀行カードローンは即日融資を受けられるのか?少しでも早く借り入れる方法は?

公開日:


みずほ銀行カードローンといえば、都市銀行カードローンとして知名度も高く、利用者の多い銀行カードローンです。

みずほ銀行は、みずほダイレクトをはじめWEBサービスに力を入れており、みずほ銀行カードローンもWEB上の手続きで契約を完結できる便利なサービスを展開しています。

しかし昨今、銀行カードローンを使った即日融資は風当たりがきつく、ずばり「即日融資不可能」と打ち出す銀行カードローンも多くなっています。

みずほ銀行カードローンは、即日融資に対応しているのか?

魅力的なみずほ銀行カードローンで、少しでも時間をかけずにお金を借り入れるためにはどうすればいいのか。

今回は、私と一緒に調べていくことにしましょう。

みずほ銀行カードローン基本情報

金利 2.0~14.0%
限度額 最大800万円
申込み方法 ネット・電話・窓口・郵送
審査時間

カードローントップクラスの低金利・高限度額

みずほ銀行カードローンのメリットで一番わかりやすいのが、やはりその設定された金利が低いこと。

そして借入可能最大限度額がとても高いことでしょう。

2.0~14.0%の金利設定は、少額借り入れる方も、大口融資を受ける方も等しくお得な金利設定です。

そして最大で800万円も借り入れ可能とあれば、ほとんどすべての借り入れ目的は果たされるのではないでしょうか。

キャッシュカードを使って借入可能

みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードに「カードローン機能を追加可能」です。

わざわざ、カードローンで借り入れる専用のカードを用意する必要はないということで、財布の中をスッキリさせたい方にもおすすめです。

住宅ローン利用者は金利引き下げ

銀行カードローンとして、珍しい特徴が「住宅ローン利用者は金利が引き下げられる」というものがあります。

カードローン利用者の誰しも、「低い金利で借りたい」と思うもの。

みずほ銀行の住宅ローンは優秀なので、すでに借りている…なんて方も多いのではないでしょうか。

すでにみずほ銀行住宅ローンで借りている方にもおすすめの銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローンで即日融資不可能

さて、早速本題に移りましょう。

みずほ銀行カードローンを利用した即日融資ですが、率直に言って「不可能」です。

以前はみずほ銀行カードローン申込み後、問題なく審査に通ればすぐにキャッシュカードで借入可能だったのですが、現在はそうもいかない状況となっています。

どうしてみずほ銀行カードローンで即日融資を受けられないのか

どうしてみずほ銀行カードローンでの借り入れに時間がかかるようになってしまったのか?

みずほ銀行カードローンの借り入れに時間がかかってしまう要因を調べていきましょう。

銀行カードローン利用者の多くが自己破産を選んだこと

やはり大きな理由の一つが、「銀行カードローン利用者の自己破産件数増加」によるところが大きいでしょう。

銀行カードローン利用者の多くが、消費者金融カードローンと同じ感覚で利用していたことで返済不能な状況に陥り、「自己破産」を行ったのです。

この状況を国が静観するわけもなく、国は銀行へ「カードローン審査基準引き下げ」を求めました。

これにより、以前は消費者金融なみのスピードで審査していた銀行カードローンも、慎重に時間をかけた審査を行っているようです。

反社会的勢力への貸付規制

銀行カードローンは審査に時間を掛けるようになった要因を「反社会的勢力への貸付規制」と言っています。

銀行カードローンは審査において、以前はなかった「警察のデータベース照会」を行うようになりました。

これにより、データベースを照らし合わせる分多くの時間がかかってしまっているのです。

とはいえ、これも表向きの理由で、本当にデータベースを照会しているかどうか怪しいものだと思っていますが…。

自主的に「総量規制」を審査基準に盛り込むところも

銀行カードローンの審査基準は厳しくなりました。

以前は返済能力の低い人にもお金を貸すことで、カードローン利用者が貸し倒れてしまう状況でした。

その事態を防ぐため、現在銀行カードローンは、本来関係ない総量規制を審査基準としているところがあるくらいです。

銀行カードローンも、消費者金融のカードローン審査と同じく「年収の3分の1借り入れ」が一つの基準となっているのです。

みずほ銀行カードローンで少しでも早い融資を受けるには

みずほ銀行カードローンが即日融資で借り入れることができないのは説明したとおりです。

それでは、視点を変えて「みずほ銀行カードローンで少しでも早く借りる方法」を調べていきましょう。

みずほ銀行口座の有無で借り入れ時間が変わる

みずほ銀行カードローンでお金を借りるまでにかかる時間は、みずほ銀行口座を持っているか持ってないかでまったく変わってしまいます。

なぜならみずほ銀行カードローン利用には、みずほ銀行口座が必要だからです。

まだみずほ銀行口座を持ってない場合は、まずみずほ銀行の口座開設からはじめることになります。

みずほ銀行口座の開設には、少なくとも一週間ほど時間がかかってしまうのです。

それからみずほ銀行カードローン契約手続きとなると、さらに長い時間がかかってしまいますよね。

口座を持っていれば銀行窓口から申し込み

すでにみずほ銀行口座を持っている方は、実はネット申し込みより銀行窓口より申し込んだほうが早い場合があります。

窓口よりカードローンを申し込んで、「借り入れを急いでいる」と伝えれば、優先的に審査してくれるでしょう。

ネット申し込みは、申込みの混み具合で、審査優先度がかなり変わってきます。

「希望借入額」は少なく申し込みましょう

みずほ銀行カードローン申込時、最初に「希望借入額」を選ぶことになりますが、この希望借入額は少しでも低いほうが審査に時間がかかりません。

高額融資を受けないと、借り入れ目的が果たせないならまだしも、必要ないなら限界まで低い希望借入額で申し込みをおすすめします。

みずほ銀行カードローン借り入れの流れ

みずほ銀行カードローン申込みから、実際の借り入れまでに行う手続きの流れを調べておきましょう。

みずほ銀行カードローン申し込み

まずはみずほ銀行カードローンへの申込みです。

申込み方法はいろいろありますが、やはり一番気軽なのは「ネット申し込み」でしょう。

ですが口座を持っている方は、上でも説明したとおり「窓口申込」が一番スムーズです。

みずほ銀行カードローンの審査

申込みが完了すれば、申込情報をもとにみずほ銀行カードローンの審査が始まります。

審査では、申込情報をもとに行われる「属性の審査」がまず行われます。

この属性の審査は、通称「一次審査」と言われることも。

この属性の審査をクリアできないと、その後の「信用情報の審査」に移行できません。

信用情報の審査では、信用情報機関の記録から、「過去の返済遅延」などを審査されます。

信用情報に、「返済遅延」などブラックな記録があった時点で、みずほ銀行カードローンの審査では大きくマイナスとなります。

審査結果案内

属性の審査、信用情報の審査、両方認められれば申し込んだ人へと審査結果が伝えられます。

この段階で審査はほとんどクリアとなりますが、一応「在籍確認」も控えており、審査担当者から「在籍確認を行う」旨の案内が言い渡されます。

書類提出

書類をWebから提出します。

書類の提出は、書類の写真データをアップロードしてデータを送るだけで完結する簡単なものです。

カードローン口座開設

みずほ銀行で、カードローン専用口座を開設します。

ここまできてようやく、みずほ銀行カードローン契約が完了となります。

キャッシュカードで借り入れ可能

みずほ銀行カードローンには、借り入れカード不要なのがメリットです。

すでにお持ちのキャッシュカードで、ATMから借り入れが可能となります。

みずほ銀行カードローンは即日融資に向かない!即日融資なら消費者金融のカードローンで

ここまで、みずほ銀行カードローンで即日借り入れることができない…という旨の説明を行いました。

わかっていただけた通り、みずほ銀行カードローンは即日借り入れるのに向いていません。本当に即日お金を借りたいと思ったなら、別のカードローンを利用するべきです。

即日借りるためには、銀行カードローンを利用するべきではありません。

即日融資に強い、「消費者金融カードローン」で借り入れを行いましょう。

具体的に即日借り入れに強い消費者金融のカードローンをいくつか紹介します。

アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

アイフルのカードローンは、即日借り入れに最適です。

「てまいらず」という専用の無人契約機を使って即日カード発行、ネットキャッシングで即日融資を受けることも可能です。

また、申込み後電話すれば優先して審査してくれる専用のフリーダイヤルもあります。

アイフルのキャッシングは、他の消費者金融と比べて借り入れるサービスが優秀なものが多いです。

アイフルで即日融資を受けられるのは何時まで?借り入れの流れを解説!

SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 10~800万円
審査 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資 最短1時間

SMBCグループの消費者金融「SMBCモビット」も即日融資で借りやすい消費者金融です。

モビットには「WEB完結申し込み」というサービスがあり、このサービスを利用することで、WEB上の手続きのみで借り入れの手続きをすべて終わらせることが可能。

モビットカードという「ローンカードとクレジットカードが一体のカード」が欲しい方も、SMBCモビットへの申込みをおすすめします。

SMBCモビットで即日融資を受ける2つの方法!土日も即日対応可能

まとめ

いかがだったでしょうか。

みずほ銀行カードローンが即日融資で借り入れが難しいこと、わかっていただけたでしょうか。

私が問い合わせたところ、みずほ銀行カードローンで借り入れを行うには、申込みから数えて「10日」ほど見なくてはいけないそうです。

借り入れに急いでいる方は、みずほ銀行カードローンより消費者金融のカードローンを利用した借り入れをおすすめします。