みずほ銀行カードローンで在籍確認!方法やタイミングは?

公開日:

電話を嫌そうにみる男性

カードローンを申し込むと、勤務先などに確認の電話がかかってくることがあります。

みずほ銀行カードローンの場合も、こういった在籍確認が行われていますので、詳細について知っておくと後々役立つことがあるかもしれません。

今回は、みずほ銀行カードローンの在籍確認の方法や、連絡があるタイミングなどについて解説していきます。

在籍確認の結果は審査にも影響するため、これから申し込みをする方や、今後利用を考えている方はぜひチェックしてみてください。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は何のために行われる?

みずほ銀行のカードローンでも行われている在籍確認には、いろいろな目的があります。

例えば、次のような目的で在籍確認を行う金融機関が多いようです。

  • 本人確認
  • 本当に会社に在籍しているかの確認
  • 安定、継続した収入があるかの確認

在籍確認をすることで、申込書に記載されていた本人や勤務先が本当に存在しているかどうかがまずチェックできます。

申込者が偽名や架空の会社名を記載しているような場合でも、このような在籍確認を行えば大抵は分かりますよね。

また、会社員や公務員の場合、在籍確認の電話は基本的に勤務先にかかってきます。

電話に出た相手に本人への取次などを依頼して、記載されていた勤務先に本人が勤務しているかどうかを確認するのも在籍確認の1つの目的です。

どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介

在籍確認で安定収入を調べる

勤務先に連絡をすると、申込者が安定、継続した収入を得ているか否かもある程度分かります。

取次された部署名や肩書などから、勤続年数などを大体把握できるケースも多く、申込者の経済状況を推測することが可能です。

短期契約で働いているような場合は、在籍確認をした時点ですでに本人がその勤務先にいないこともあるでしょう。

継続して雇用されているかどうかを確認するうえでも、在籍確認は役立つわけです。

在籍確認をするのは別の会社!

みずほ銀行のカードローンの場合、在籍確認はみずほ銀行が直接行うわけではありません。

みずほ銀行では、外部の会社に在籍確認の業務を依頼しています。

みずほ銀行の在籍確認はオリエントコーポレーションが行う

オリエントコーポレーションは保証会社

オリエントコーポレーションは、金融機関の個人向け融資の保証などを行っている会社です。

オリコカードなどのクレジットカードの運営も手掛けており、融資や決済代行などの事業を幅広く行っています。

ちなみに、このオリエントコーポレーションは、金融機関やクレジットカード会社などが利用しているCICやJICC(日本信用情報機構)にも加盟しています。

会社名で電話がかかってくることはない

在籍確認の際には、一般的に担当者の個人名で電話がかかってきます。

業務を代行しているオリエントコーポレーションの名前で電話がくることはないため、同僚などにカードローンを利用している事実を知られてしまうケースは少ないと言えます。

電話連絡は事務的な質問で終わるのが一般的で、勤務状況などを根掘り葉掘り聞かれることはありません。

在籍確認がされるタイミング

キャッシング審査に電話で申し込む女性

在籍確認が予想される場合、いつごろ電話がかかってくるのかが気になりますよね。

在籍確認の前には、すでに信用情報の確認などの他の審査は終わっていることが多いです。

こういった審査は申し込みの後に速やかに行われますので、在籍確認の連絡がくるまで余り時間がかかることはありません。

申し込みをした日時にもよりますが、大抵は2、3日以内に行われると考えておいたほうがいいでしょう。

在籍確認は審査の最終段階

平日の午前中や午後に申し込みをした場合

平日の午前中に申し込みをしたときには、当日の午後や夕方などが在籍確認のタイミングです。

申し込みが午後になった場合は、当日、もしくは翌営業日が在籍確認のタイミングと考えられます。

休日に申し込みをした場合

申し込みを休日に行った場合、在籍確認のタイミングは翌営業日や翌々営業日です。

在籍確認は、基本的に土日祝日には行われません。

また、勤務先の休日も避けるのが一般的ですので、連休の時期には在籍確認のタイミングも少し遅れる可能性があります。

在籍確認の方法は?

在籍確認がある場合でも、いたずらに不安を持つ必要はありません。

こういった確認作業は個人のプライバシーに配慮して行われますので、電話がかかってきても勤務先で話題になるようなことはないでしょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はシンプル

確認は数秒から数分程度で終わる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の所要時間は、数秒から数分程度です。

本人への所在を確認して話が終わるため、業務に支障を与える心配は不要です。

踏み込んだことは聞かれない

本人がその職場に勤務していることが把握できれば、在籍確認はすぐに終わります。

いろいろな質問をされることはなく、踏み込んだ内容は聞かれません。

用件も伏せるのが一般的

在籍確認を行う担当者は、電話を取った社員に用件を聞かれても、カードローンや融資の審査であると伝えることはありません。

在籍確認であると分からないような方法を取るのが一般的ですので、本人から言わない限り、同僚などに知られてしまうことはないでしょう。

書類での在籍確認は可能なのか

金融機関や在籍確認を代行する会社の中には、書類で確認を行っているところも見られます。

ただ、みずほ銀行カードローンの在籍確認を行うオリエントコーポレーションでは、このような対応はしていません。

したがって、みずほ銀行カードローンの場合、申し込みをした際に担当者から「在籍確認があります」と言われたら、電話で連絡がくると考えておいたほうがいいでしょう。

ちなみに、書類で在籍確認が行われるケースでは、次のような書類を提出することが多いです。

  • 社員証
  • 社会保険の健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 在籍証明書

やむを得ない事情で電話での在籍確認ができない場合、こういった書類を通じて、本人が勤務先に在籍していることを確認する金融機関や会社もあります。

例えば、電話で本人が在籍しているかどうかを教えてもらえないようなときには、書類を提出してもらって在籍確認をするケースもでてきます。

在籍確認の方法は、金融機関や業務を代行する会社の方針によっても変わってくるのが本当のところです。

パートやアルバイトでも在籍確認はある?

みずほ銀行カードローンは、パートやアルバイトをしている方でも申し込みができます。

自身の収入がある場合は借り入れの限度額が増えるため、審査でも本人の経済状況は重要なチェックポイントです。

職種や勤務形態に関係なく行われると考えておくべきなのが、在籍確認と言えます。

パートやアルバイトでも在籍確認は必ず行われる

基本的な流れは正社員と同じ

パートやアルバイトの方の在籍確認は、正社員の方とほぼ同じ流れで行われます。

このような方の場合も、とくに勤務形態などを聞かれることはありません。

ただ、勤務日ではない日に電話がかかってきたときには、次の出勤日などを確認されるケースが多いです。

派遣のアルバイトの確認方法はケースバイケース

派遣会社から紹介を受けてアルバイトをしているときには、勤務先に派遣先の名称を書く方もいます。

このような場合は、在籍確認の方法も通常のやり方とは少し変わってくることがあります。

いずれにしても、確実に確認が取れるような方法を考える必要があるでしょう。

自営業者や個人事業主の在籍確認方法

自営業者や個人事業主は、自分の会社や店舗、自宅などが職場です。

こういった方の在籍確認は、どのようなスタイルで行われるのでしょうか。

自営業者や個人事業主は職場に連絡がある

自営業者の場合

会社を経営している自営業者の場合は、自分の会社に在籍確認の電話がかかってきます。

自宅で店を営んでいる方は、在籍確認の連絡がくるのも基本的には自宅や自分の店の固定電話です。

個人事業主の場合

自宅を仕事場にしている個人事業主への連絡は、自宅の電話に行われます。

固定電話があるときには、携帯電話ではなく、固定電話にかかってくるのが一般的と言えます。

自営業者や個人事業主は収入証明書の提出が必要になることがある

自営業者や個人事業主の在籍確認では、審査をするのに必要な情報が十分に得られない場合があります。

収入の有無や経営状況などを電話だけで確認することは実のところ難しいため、収入証明書などの書類の提出を求められるケースが少なくありません。

在籍確認にプラスして、この手の書類で収入の状況を確認するのが通常のスタイルです。

在籍確認がなしになるケースはある?

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、みずほ銀行側が必要ないと判断したときには省略される場合もあります。

在籍確認が省略されることがあるケース

みずほ銀行で他のローンをすでに利用している

みずほ銀行が提供する他のローンを利用している方は、あらためて詳しい審査をする必要がないと判断されるケースもあります。

利用中のローンの審査にすでに通っている状態ですので、状況によっては在籍確認が省略されることがあるかもしれません。

資産状況や過去の取引から十分に信用があると判断されている

銀行と取引の実績を作っている方や潤沢な資産を所有している方などは、形式的な手続きでカードローンを利用できる可能性もでてきます。

在籍確認はあくまでも審査の1つであり、必要がない場合には行われない場合もあります。

申込者が希望して「在籍確認なし」にしてもらうことはできない

在籍確認が必要かどうかを判断するのは、銀行側です。

したがって、申込者から希望を出して在籍確認を省いてもらうことは通常はできません。

連絡の日時などは相談ができることもありますが、呼び出してほしい同僚を指定する、などは不可能と考えておいたほうがいいでしょう。

在籍確認ができれば審査に通る?

みずほ銀行のカードローンは、在籍確認が無事にできたからといってそれで審査に必ず通るというわけではありません。

在籍確認のほかにも、次のようなさまざまな点を考慮しながら総合的に審査が行われます。

  • 信用情報
  • 年収
  • 居住環境

カードローンの審査をする際には、CICやJICCなどの信用情報機関のデータも重視されます。

このようなデータには、過去の延滞情報などが登録されているため、みずほ銀行に限らず金融機関では必ず内容をチェックしてから審査を行います。

また、年収も1つのチェックポイントです。

カードローンは総量規制の対象になっていますので、融資が可能かどうかや限度額などを決定するうえでも重要になるのが年収なのです。

総量規制も審査基準の一つ

他のローンなどを利用している方は、みずほ銀行のカードローンを利用することで、借入額が年収の3分の1を上回ってしまう可能性があります。

こういった場合は、みずほ銀行の審査に落ちるケースもでてくるでしょう。

審査では、持ち家か賃貸かといった居住環境についてもチェックされます。

持ち家は1つの資産になるため、信用も少なからずアップします。

みずほ銀行カードローンは、担保を提供せずに利用ができますが、持ち家のような資産があれば、審査の通過率が変わることもあるかもしれません。

また、持ち家の方は転居をする際に時間がかかる点も、評価されるポイントと言えます。

音信不通の状態になる可能性が低く、貸し倒れなどのリスクが少ないと判断されることもあります。

電話連絡は来ると思っておくべき!

みずほ銀行の場合、在籍確認が行われるときには基本的にどんな場合でも電話による確認です。

カードローンの申し込みをしたときには、あらかじめこのような電話連絡がくることを予測しておくのがベストでしょう。

在籍確認前の通達がある場合も

担当者から在籍確認が行われるおおよその日時などを教えてもらえる場合もありますので、状況によっては連絡に備えて準備ができます。

在籍確認の連絡は、本人が受けてしまってもとくに問題はありません。

本人が電話を取ったときには、オリエントコーポレーションの担当者から在籍確認である旨が伝えられ、そのまま通話が終わります。

このような場合は、他の同僚に余計な詮索をされる心配もないでしょう。

連絡がきそうな日時に積極的に電話を受けるようにすれば、自分で在籍確認の電話に出ることも可能になりますよね。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、申し込みをした人のほぼ全員に対して行われますので、電話があっても「自分は信用がないのでは」といった心配はいりません。

つつがなく審査に通過するためにも、申し込みを行った後は、しっかりと準備をしておくのがいい方法です。