SMBCモビットの返済方法は?返済をスムーズに終わらせるコツはある?

公開日: 最終更新日:


カードローン利用時に、ついつい考えてしまうのは借入前の審査や実際の借入方法など。

しかし本当に必要なのは、お金を借り入れた後の「返済」についてです。モビットから借り入れたお金は、きちんと利息を合わせて返済しなくてはならないのです。

ここで調べておくべきは、モビットから借り入れたお金の返済方法。

そして、モビットへの返済をより円滑に、スムーズに行うためのコツです。

モビットは、10万円以下の借入の場合最低返済額は4,000円となりますが、これではほとんど「利息」の支払いに終わってしまいます。

モビットへの返済について、もう少し詳しく調べていきましょう。

SMBCモビットの返済方法は?

モビットのカードローン返済方法は全部で3つ。

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • ATM

それぞれの返済方法での目的は同じ「返済」ですが、それぞれの方法で異なるメリットとデメリットがあります。

モビットの返済を円滑に行うためにも、モビットの返済方法についてしっかりと学んでおきましょう。

口座振替

三井住友銀行か、三菱UFJ銀行の口座を持っていれば、口座振替での返済が可能です。

三井住友銀行と三菱UFJ銀行の口座をメインバンクとして利用している方は多いのではないでしょうか。

WEB完結申し込みを利用した返済ならば、ゆうちょ銀行口座での返済も可能です。

口座振替のメリット

口座振替で返済を行うと、利用者は能動的に行動する必要がないこともあり、とても楽です。

設定した返済日に、自動で引き落とされることもあり、返済忘れを防ぐことにも繋がります。

手数料もかからず、残高さえ足りていれば確実に返済できることもあり、かなりおすすめの返済方法です。

口座振替のデメリット

口座振替で返済できるのは、あくまで「残高がしっかり足りている場合」のみです。

返済時に残高が足りてないとなると、その返済は行われません。

また、モビットへ口座振替で利用できる銀行の種類が限られているのもデメリットでしょうか。

銀行振込

SMBCモビットで指定された口座へ振り込む方法でも返済可能です。

銀行振込のメリット

銀行振込で返済するメリットは、振込で利用する銀行の種類に制限を受けないのが大きいでしょう。

口座振替と違い、どの銀行口座でも振込可能です。

銀行振込のデメリット

銀行振込のデメリットは、手数料がかかってしまうところでしょう。

手間と手数料がかかることを考えると、別の方法を選んだほうが良い気もしますが…。

ATM

カードをつかった借り入れ時と同じく、ATMに預け入れる形で返済も可能です。

ATMのメリット

モビットは提携ATMが多いので、返済時のATMの場所に困ることがあまりありません。

銀行ATMから、コンビニATMまで、ありとあらゆるATMからモビットへの返済が可能です。

三井住友銀行ATMを使った返済ならば、ATM利用手数料がかからないのもうれしいですよね。

ATMのデメリット

まずATMを使う手間、ここでかかる時間がデメリットだと言えます。

さらに、三井住友銀行ATM以外のATMを使うと、利用手数料がかかってしまうのも考えどころです。

一度は100円、200円だったとしても、積み重ねれば結構な金額になってしまうのです。

「最低返済額」を返済しても元金は減らない

返済時に注意したいのが「返済額」です。

SMBCモビットに毎月指定されるのは「最低返済額」であり、あくまで「最低それだけは絶対払え」という金額です。

その金額を払っても、大部分利息の支払いのみで終わってしまいます。返済時に大切なのは「元金の返済」です。

あとで説明する「繰り上げ返済」で元金の返済を行ってください。

SMBCモビットの最低返済額

モビットの最低返済額は、モビットから借り入れたいるお金の残高により異なります。

最終残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超
20万円以下
8,000円
20万円超
40万円以下
11,000円
40万円超
50万円以下
13,000円
40万円超
50万円以下
16,000円
60万円超
70万円以下
18,000円
70万円超
80万円以下
21,000円
80万円超
90万円以下
24,000円
90万円超
100万円以下
26,000円

SMBCモビットの返済をスムーズに終えるコツ

モビットの返済をスムーズに行うにはどうすればいいのか。

返済を円滑に行うためのコツも学んでおきましょう。

返済日は給料日の直後に

SMBCモビットの返済日設定は、4パターンから選択が可能。自分の都合に合わせやすい日取りを選んで、返済日の設定を行ってください。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

そしておすすめなのが「給料日の直後に返済日を設定すること」です。

直後と言わず、給料日の当日でもかまいませんが、とにかく給料日の近くに返済日を設定してください。給料が入った流れで、モビットへの返済を行うためです。

余裕がある時に繰り上げ返済を行う

最低返済額以上の金額を返済する「繰り上げ返済」を行ってください。

ちなみにこの繰り上げ返済を行うことにより、繰り上げ返済した分はすべて元金の返済にあてられます。

繰り上げ返済を行えば行うほど、返済完結に近づくということです。

まとめ

SMBCモビットで利用できる返済方法、そして円滑に返済を進めるコツ、わかっていただいたでしょうか。

カードローンの利用で忘れてはならないのが、この返済です。モビットからお金を借りる時は、この返済について同時に考えておく必要があるということです。