SMBCモビットのカードローンの特徴を他社と比較

公開日: 最終更新日:

これからSMBCモビットのカードローンを利用しようとしているあなたは、SMBCモビットカードの特徴について十分に理解していますか?

SMBCモビットは三井住友銀行グループに属している消費者金融ですから、非常に安心できる借り入れ先の1つだと言えます。

もっと理解を深めるためにも、今回はSMBCモビットカードの特徴について深堀りして解説します。

今回調べたモビットの特色、他社カードローンの特色と比較して、モビットのどこが優れているのかをよく理解しておきましょう。

SMBCモビットカードの基本情報

SMBCモビット

金利(実質年率) 3.0~18.0%
利用限度額 最大800万円
収入証明書類 源泉徴収票など1点が必要
無利息期間 ×
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
担保・連帯保証人 不要
用途 原則自由(事業性資金を除く)
申込条件 満20歳から69歳までの安定した収入がある方

満20歳から69歳で安定した収入がある方は利用できる

「申込条件」にもある通り、「年齢」と「収入」の条件2つを満たせば誰でもカードローンを利用することができるのがSMBCモビットです。

20歳未満の未成年の方、70歳以上の高齢者の方、自身の安定した収入があるとは言えない専業主婦や無職の方は、カードローンを利用することはできないと考えておきましょう。

「安定した収入」は月に数十万円以上などの金額を示すわけではなく、例えば月に5万円程度の方も希望限度額を控えめにすれば、審査に通ることはできます。

重要なのは、毎月一定の継続した収入があることを証明することです。

SMBCモビットの審査

他社よりも精度の高い「10秒簡易審査」

カードローンを扱っている会社のホームページの中には、最短30分の本審査以外にも、「簡易審査」を提供しているところもあります。

他社の簡易審査は、「年収」や「他社借入件数」など3,4個の項目を入力するだけの簡単なものです。

一方、SMBCモビットの10秒簡易審査は上記の他にも細かく項目が分けられており、より精度の高い事前審査の結果が10秒でわかります。

他社の簡易審査は適当に入力しても問題ないですが、SMBCモビットの事前審査は項目が多い分、本審査の前に参考になる結果を見てから申し込むことができます。

どうして10秒簡易審査は他社の仮審査より制度が高いか

どうしてモビットの「10秒簡易審査」の制度が、他社の仮審査とくらべて高いかというと、10秒簡易審査では「信用情報の審査」まで行われるからにほかなりません。

仮審査は入力した簡単な情報の審査のみ行うため、かなり精度の低い「目安」としての役割しか果たしません。

モビットの10秒簡易審査なら、入力こそ時間がかかるものの、精度の高い審査が行われるというわけです。

最短30分のスピード審査

SMBCモビットカードの審査は最短30分で結果がわかるため、即日融資を受けることも可能です。

SMBCモビットに限らず大手消費者金融ならどこも最短30分で審査結果がわかるため、急いでいるだけならSMBCモビットである必要はありません。

ただ、SMBCモビットには後述する「WEB完結申込」があるため、一概に同じとは言えません。

また、SMBCモビットは審査申込後に連絡することで、審査を優先して開始してくれる「専用ダイヤルサービス」があります。

SMBCモビットからの借り入れ

審査についてわかったとことで、モビットからの借り入れについて考えていきましょう。

無利息サービスがない

大手消費者金融の中では唯一、SMBCモビットでは無利息サービスの扱いがありません。

無利息サービスは、短期間でも長期間でも、キャッシング利用に関して返済額に影響が出るポイントのため、このデメリットは少し痛いですね。

金利は高め

モビットのカードローン金利は、「3.0~18.0%」です。

この上限金利は、大手消費者金融の中では高め。銀行カードローンと比べると、その差はさらに歴然です。「低金利であること」を最優先でカードローンを選ぶ方には、モビットのカードローンはおすすめできません。

来店不要・電話連絡なし・郵便物なし「WEB完結申込」

モビット自慢のサービスこそ「WEB完結申し込み」です。

WEB完結申し込みならば、「申し込み→契約→借り入れ」までの流れがすべてWEB上で完結。余計な郵送物が家に届けられることもありません。

このサービスを利用して借り入れることで、家族にキャッシング利用がバレてしまう事を防ぐことも可能です。

即日振込融資、即日カード発行も可能※SMBCモビットローン申込機もしくは 三井住友銀行のローン契約機なら即日でカード発行

モビットは、カードを使った即日借り入れも可能ですが、振込融資を即日受けることも可能です。

中には、あらゆる事情で振込融資を希望する方も多いはず。そんな方もモビットならばそのニーズに、あらゆるサービスで応えてくれるのです。

総量規制の対象

モビットは消費者金融のため、「総量規制の対象」となってしまいます。つまり、モビットから借り入れることができるのは、その人の「年収の3分の1まで」となってしまいます。

もとよりまとまったお金を借り入れるのに不向きなカードローンですが、もっと多くのお金を借りたいと思っている方には、別の「銀行カードローン」などをおすすめしています。

おまとめローンには不向き

特にモビットは、おまとめローンとしての利用に不向きです。

おまとめローンでキャッシングの一本化を考えている方は、「消費者金融のおまとめローン専用商品」か、「銀行カードローン」を使った借り入れをおすすめします。

まとめ

SMBCモビットの特徴と強み、理解していただけたでしょうか。

モビットは、他のカードローンとくらべて目立ったポイントこそ少ないものの、「WEB完結申し込み」など、痒いところに手が届くサービスが揃っています。

また、三井住友銀行グループのSMBCモビットということで、キャッシングに対する信頼感が大きいのも特徴でしょう。