モビットの審査はゆるい?厳しい?審査時間と基準を解説

公開日:

スマートフォンを見ながら悩む男性
モビットは、2016年に「オリコン顧客満足度」で第1位となった実績があるように、ここ最近で人気が急上昇しているキャッシングです。

三井住友銀行グループに属しているため「銀行系で審査が厳しそう」という口コミもありますが、実際には消費者金融なので審査が極端に厳しいという事はありません。

むしろ人気があるだけ審査に通りやすい一面もあります。審査時間と基準をご説明すれば、モビットが申し込みやすいキャッシングであることがわかると思います。

モビットの審査について

モビット

審査時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日
当日審査の受付時間 8時~20時
審査通過率 非公開

審査スピード

モビットは消費者金融の中でも、プロミスやアコムと肩を並べる大手のキャッシングです。審査スピードは「最短30分」と非常に早く、最短即日融資を受けることができる点も優れています。

ただしあくまで最短なので、実際には30分~2時間程度かかると想定して申し込みをした方が良いです。

即日融資の締切時間

なお審査へ申し込みをして当日中に結果を聞きたい場合には、8時~20時までの間に申し込む必要があります。即日融資を受けるためには、この時間までに審査申し込みを完了させておくようにしましょう。

申し込みが21時以降になるようであれば、審査結果は翌日9時以降の通知となります。

審査通過率

プロミスやアコムはホームページ上で「成約率」「新規貸付率」を公表しているため、毎月どれくらいの申込者が新規契約することができているかがわかります。いわゆる審査通過率です。

しかしモビットはホームページに成約率を公表していないため、具体的な審査通過率はわかりません。ただ、現SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと、三井住友銀行グループのモビットを比較してみると、モビットの売上が伸びていることがわかります。

そのため、モビットの審査通過率はプロミスと同じかそれ以上であることが推測できます。

審査時間

いつまでに申し込みをすれば即日審査および借り入れができるか、2パターンあります。

平日14時50分までなら「WEB完結申込」

平日であれば、「WEB完結申込」で即日で振込融資が可能です。

WEB完結申込のメリットは、電話なしで在籍確認を済ませることができる点です。

在籍確認の電話は本人が対応しなくても従業員の誰かが対応すれば問題ありませんが、勤務先が休業日だとそれも難しくなります。

一方、WEB完結申込の場合はいくつか追加で書類を提出すれば良いだけなので、スムーズに申し込みを終わらせることができます。

この方法で申し込むためには、「三井住友銀行」または「三菱東京UFJ銀行」の普通預金口座を持っている必要があります。

振込先および返済時の引落口座が上記の口座になるため、即日融資を受けるためには事前に開設しておきましょう。

平日15時以降・土日は「カード申込」

平日の夕方以降、または土日に申し込むを行う場合には、モビットの自動契約機「ローン申込機」でカードローン契約をする手続きになります。

自動契約機の営業時間は平日・土日ともに「8時~21時」なので、平日の仕事終わりや休日の用事が終わった後にも来店することができます。

ただし当日審査の締切時間が「20時」までとなっているので、あまり遅くなりすぎても即日融資を受けることはできません。

ローン申込機に行くだけ行っても取引機能がないローンカードを発行できるだけで、審査が完了してからでなければローンカードでの借り入れや返済をすることはできません。

モビットの審査基準とは

モビットの審査に通るために重要な審査基準について解説します。

① 年収

モビットは三井住友銀行グループに属していますが、消費者金融なので「総量規制」の対象となります。

総量規制下では、個人の借り入れが年収の3分の1以上になってはならない決まりなので、借入希望額を記入する際には気をつけなければいけません。

仮に自身の年収が150万円だとしたら、借りられるのは50万円未満ということになります。

毎月一定の安定した収入があれば、自営業やパートアルバイトの方も審査に通ることはできるので、総量規制の3分の1もこえないように気をつけましょう。

② 勤続年数

モビットに限らず、消費者金融のキャッシングやカードローンは「担保・保証人なし」で借りられることが大きなメリットです。

担保や保証人がいない以上「信用貸し」になるため、現在の年収や勤続年数、過去のキャッシング・クレジットカードの取引内容あたりが、審査で必ず確認されています。

勤続年数に限って言うならば、最低でも「1年以上」の勤務実績が欲しいところです。

口コミによれば、6ヶ月程度でも融資を受けることができたケースはあるようですが、就職・転職をしたばかりの時に申し込むのは難しいです。

③ 借入件数

モビットでの借り入れが初めてではない場合、現在も利用しているキャッシングがあれば、その借入件数が審査の結果に影響します。

結論から言うと、借入件数が4件以上ある場合はキャッシングの審査に通るのは難しくなります。

これは借入合計額よりも重要な項目になるため、まとめられそうなキャッシングがあれば件数を減らすことを優先することをおすすめします。