モビットで即日融資を受ける2つの方法!土日も即日対応可能

公開日:

モビットのキャッシング審査では、電話連絡不要で在籍確認ができることをあなたはご存知ですか?

代表的なサービスと言えば「WEB完結申込」ですが、モビットは自動契約機でも即日融資を受けることができます。

2つの申込方法から、モビットで即日借り入れができる借り方について詳しくご紹介します。

モビットで即日融資を受ける2つの方法

モビットで即日融資を受けるためには、「①WEB完結申込」と「②カード申込」のどちらかで申し込みをすることができます。

申込方法と必要なものがそれぞれ異なるので、個別に申し込みの流れをご紹介します。

①WEB完結申込は14時50分までに申し込みで即日融資

WEB完結申込をするためには、下記のものが必要になります。

  • 「三井住友銀行」または「三菱東京UFJ銀行」どちらかの口座
  • 「免許証」または「パスポート」の本人確認書類どちらか1点
  • 「源泉徴収票」や「確定申告書」などの収入証明書類いずれか1点
  • 「健康保険証」または「給与明細書」の勤め先確認書類いずれか1点

カード申込では、本人確認書類と収入証明書類の2点だけ必要になります。

振込・自動引落しのための口座が必要になることと、電話での在籍確認の代わりに書類を追加で提出しなければいけません。

収入証明書類で「給与明細書」を提出しない場合は、勤め先確認のために必ず提出する必要があります。

余裕があれば午前中に申し込みをしましょう

WEB完結申込は、銀行振込が可能な平日のみ申込が可能で、即日融資の締切時間は14時50分までとなっています。

この時間までに、審査の申し込みだけでなく振込の申し込みも済ませる必要があるため、余裕をもって申し込んでおきたいですね。

もし締切時間を過ぎてしまった場合、即日振込で融資を受けることはできないため、カード申込に切り替える必要があります。

②カード申込は19時までにネットや自動契約機で申し込み

カード申込では、8時~21時まで営業している「自動契約機」から取引専用のローンカード「モビットカード」を発行することができます。

モビットの自動契約機「ローン申込機」の設置場所は、モビットのホームページから「店舗・ATM検索」で調べることが可能です。

カード申込はその場でカードを発行することができますが、その分来店する手間が増えます。

モビットの即日審査は当日の19時までに申し込みをすれば、その日のうちに審査結果を室ことができれば

土日に即日融資をしてもらうためには?

土日にWEB完結申込をすることはできないため、申込方法はカード申込のみになります。

ローン申込機は、平日だけでなく土日も同じ方法で申し込むことができるため、来店すれば即日融資を受けることができます。

土日祝日は銀行の振込がないため、各自でATMか借り入れを行う必要があります。

20歳から69歳まで利用することができるキャッシング

モビットのキャッシングは、満20歳以上69歳以下で安定した収入ががあれば、正社員だけでなくパートやアルバイト、自営業の方もお金を借りることはできます。

モビットは銀行系キャッシングと勘違いされやすく、サラリーマン以外の方にとってはなかなか申し込みづらい面もあったかもしれません。

しかし実際には、サラリーマンに限らずさまざまな職業の方が利用しています。

契約社員や派遣社員を含めパートやアルバイトの方も利用することができるのは、人気が高いことを表しています。

モビットの10秒簡易審査は本審査の前に

「最短30分」かけて行われる本審査とは別に、モビットには「10秒簡易審査」というコンテンツがホームページ上にあります。

簡易審査のように似たようなコンテンツはモビット以外にもあるのですが、モビットに限ってはそれがより正確なものとなっています。

なぜかというと、他社の簡易審査では「雇用形態」や「年収」など比較的簡単な数項目しか入力しないものです。しかし10秒簡易審査では、より詳細な内容をヒアリングします。

モビットの10秒簡易審査で先に確認しておくことで、本審査に申し込む前におおよその審査結果を知ることができます。

申し込み完了後に本人確認の電話

インターネットあるいは自動契約機から申し込みをすると、その後にモビットのオペレーターから本人確認のための連絡があります。

本人確認の電話は審査申し込み後に必ず掛かってくるので、すぐに電話には出られるようにしておきましょう。

自動契約機と提携ATMについて

モビットの自動契約機は電話ボックスのようになっていて、首都圏を中心に全国各地へ展開してあります。

また、モビットの自動契約機はあっても、モビットのATMはありません。提携ATMが全国に13万台以上あるので、お近くの銀行やコンビニでいつでも借り入れや返済をすることができます。

数ある提携ATMの中でも「三井住友銀行」のみ、ATM手数料無料で利用することができます。他にもこれだけの提携先があります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • クレディセゾン
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • etc/li>