SMBCモビットは総量規制対象外なのか?すでに借入額が多い方はどこから借りる?

公開日:

「総量規制」の法律を知ってますか?

貸金業法改定で生まれた「総量規制」の法律によって、貸金業法の対象である貸金業者は、「年収の3分の1」までしかお金を借り入れることができなくなりました。

総量規制の制限以上の借り入れを行おうと申し込んだ時点で、その審査には落ちてしまうのです。

そして、SMBCモビットも、SMBCフィナンシャルグループの大手消費者金融。

貸金業法の対象となります。つまり、総量規制の対象ということです。

すでに多数の消費者金融から借り入れを行っている方は、SMBCモビットの審査に通るのが難しくなるということ。

…ではこれからどうしたらいいのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

SMBCモビットから総量規制以上の借り入れを行うことは不可能

SMBCモビットは「消費者金融」です。

総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の借り入れを行うことはできません。

年収300万円の方なら、SMBCモビットから借り入れることができるのは「100万円まで」となってしまいます。

SMBMモビットの借入限度額最高は「800万円」です。

しかし、理屈の上ではSMBCモビットから800万円借り入れることができるのは、年収2,400万円の人のみです。

他社消費者金融からの借入額合計が「年収の3分の1」を超えてはいけない

年収の3分の1を超えてはいけないのは、SMBCモビット一件からの借り入れだけではありません。

他の貸金業法対象のキャッシング借入額合計が「年収3分の1」をこえた時点で、総量規制にひっかかってしまいます。

つまり、A社+B社+SMBCモビットの借り入れ額合計が、「年収の3分の1」を超えてはならないという法律なのです。

総量規制には「例外」もある

総量規制には「例外」のルールもあります。

例外になるのは、

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け

などです。

ここで注目してほしいのは「顧客に一方的有利となる借り換え」です。

これは回りくどいですがつまり「おまとめローン」や「借り換えローン」を指すのです。

多重債務者の数はキャッシング利用者のおよそ5割

日本貸金業協会の調査によると、現在すでにキャッシングを利用している人のおよそ5割が「多重債務」に悩んでいるそうです。

一社のカードローンを利用すると、その借り入れがくクセになってしまう人が多いのでしょうか。

多くの人が「総量規制」で悩んでいる

そして多重債務を抱えている人の多くが、「総量規制」に引っかかっているはずです。

日本のなかで「総量規制」で悩んでいる人の数は、思ったよりも多そうです。

銀行カードローンなら総量規制対象外で借入可能

総量規制の抜け道として最初に思いつくのは「銀行カードローン」です。

以前は今より銀行カードローンの審査が甘かったので、多くの多重債務者が銀行カードローンを抜け道に利用していました。

しかしそんな抜け道がいつまでも通用するわけもなく、今は銀行カードローンの審査も厳しくなりました。

現在銀行は自主的に総量規制を取り入れている

現在銀行カードローンの審査でも、銀行側が自主的に総量規制を審査に取り入れることで、、多重債務者が銀行カードローンの審査に通るのが難しくなっています。

SMBCモビットは銀行系カードローン

注意して覚えておきたいことがほかにもあります。

それは、「銀行カードローン」と「銀行系カードローン」の違いです。

銀行カードローンはそのまま銀行が運営するカードローン。

そして銀行系カードローンは、銀行傘下で運営する消費者金融のカードローンです。

銀行カードローンと銀行系カードローンは、それぞれ規制が入る法律が「貸金業法」なのか「銀行法」なのかなどの違いがあります。

他の大手消費者金融も総量規制の対象

SMBCだけでなく、アコム、プロミス、レイクALSA、あらゆる大手消費者金融も総量規制の対象となります。

つまり、現在あなたが「年収の3分の1」以上の借り入れを行っている時点で、あらゆる消費者金融の審査に落ちてしまうということです。

他社借入がある方は、現在どれくらいの借り入れがあるのか、一度洗い出してみてください。

その他社借入額が、審査通過できるかどうかの一つの指標となります。

他社借り入れで審査に落ちてる方は他社借入額を減らして審査にチャレンジ

消費者金融の審査に通らないと悩んでいる方は、他社借入が多すぎて「総量規制」に引っかかってる可能性があります。

ぜひ、他社借入金額、他社借入件数を減らした状態で、再び消費者金融のキャッシング審査に申し込んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はSMBCモビットは「総量規制の対象なのか?」という観点で情報を調べました。

SMBCモビットはSMBCコンシューマファイナンスの消費者金融なので、総量規制の対象となってしまいます。

SMBCモビットの審査をクリアするには、他社借入件数、他社借入金額を減らした状態で、審査を受ける必要があるようです。