SMBCモビットの店頭窓口の探し方は?店舗がない場合の便利な使い方

公開日:

SMBCモビットなら即日融資が可能なので、お金に困ったときに役立ちます。審査もスムーズなので、長時間待たされる心配がありません。

便利で使いやすいSMBCモビットですが、いざ融資を受けたいときに、自宅近くに店頭窓口がないと困ってしまいますよね。店頭窓口の探し方がわからず、困っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、SMBCモビットの店頭窓口の探し方と、近くに店舗がない場合の便利な利用方法について解説します。

モビットの店頭窓口の場所とサービス内容は?

モビットの店舗はネットで検索できる

SMBCモビットには店頭窓口がありません。そのため、借り入れを申し込む際は無人の自動契約機の窓口を利用することになります。自動契約機の店舗の場所は、公式サイトで検索できます。

店頭窓口の営業時間

自動契約機の窓口であれば、平日と土日祝日ともに朝8時〜夜9時(店舗により異なる)まで営業しているので、仕事帰りに立ち寄ることもできます。

土日祝日もカードを発行してもらうことができるので、急な出費に困ったときに役立ちます。

窓口でできるサービス内容

自動契約機の窓口では、借り入れの申し込みからカード発行までの手続きをその場で済ませることができます。

本人確認書類などの提出もその場でできるため、郵送やインターネットなどを利用する手間がかかりません。自動契約機で手続きを行う際は、本人確認書類を忘れずに持参しましょう。

自動契約機なら誰にも会わずに契約

自動契約機の便利な特徴やメリットを紹介します。

誰にも会わずに契約できる

SMBCモビットを利用する際に、知り合いにバレるのが嫌だという人は、自動契約機の利用が向いています。

自動契約機なら常に無人なので、誰とも会わずにその場でカードを発行してもらうことができます。自宅にカードが郵送されることもないので、家族にバレる心配もありません。

申し込み方法などの説明もその場で受けられるため、初めての方でも安心して申し込むことができます。

即日融資も可能(時間帯による)

自動契約機なら14時50分以降でも即日融資が可能です。

ただし、夜に申し込みをしたり、本審査に時間がかかる場合は即日融資ができない場合もあるので注意が必要です。どうしても即日融資を受けたい場合は、早めに申し込みを済ませておきましょう。

SMBCモビットで即日融資を受ける2つの方法!土日も即日対応可能

自動契約機の使い方

自動契約機はタッチパネルになっているため、画面の指示に従って氏名や生年月日などを入力していきましょう。

申し込みを済ませると、すぐに仮審査の結果が表示され、審査に通過すればその場でカードを受け取ることができます。カード受取後に本人確認書類を自動契約機でスキャンすると、本審査が始まります。

ここで自動契約機の手続きは終了となります。本審査の結果はメールで回答されるので、結果が出るまで自動契約機の前で待つ必要はありません。本審査に通過すれば、ATMでカードを使うことができるようになります。

カードが発行されても、本審査に通過するまで使用することはできないので注意しましょう。

店頭窓口がない場合はATMが便利!

店頭窓口が近くにない場合は、ATMの利用が便利です。

提携ATMの種類を解説

SMBCモビットは三井住友銀行や三菱UFJ銀行をはじめ、ゆうちょ銀行やセブン銀行、ローソンやファミリーマートなどのコンビニATMとも提携しています。

コンビニのATMなら店舗も多く全国で利用できる

コンビニのATMなら全国各地に店舗があるため、旅行先や出張先でも借り入れや返済を行うことができます。

提携ATMの利用手数料と利用条件

三井住友銀行であれば、24時間手数料が無料になります。提携ATMの中で手数料がかからないのは三井住友銀行のみなので、無駄な出費を抑えたい方は三井住友銀行を利用しましょう。

三井住友銀行以外のATMだと、取引額1万円以下の場合は108円、取引額1万円超の場合は216円の手数料がそれぞれ発生します。

借入時と返済時、どちらも同じ金額となります。

提携ATMの利用可能時間は店舗によって異なるため、事前にチェックしておきましょう。

モビットはATMからも借入できる

SMBCモビットは、ATMを利用すればいつでも好きなときに借り入れすることができます。

借入が可能なATMの種類

三井住友銀行や三菱UFJ銀行をはじめ、地方銀行やコンビニATMでいつでも借入可能です。

その他、JR東日本の主要駅に設置されている「VIEW ALTTE」や、関西の私鉄や地下鉄に設置されている「PatSat」でも借り入れすることができます。

ただし、基本的にATMでの借入金額は万単位となるので、千円単位で借入をしたい場合は、三菱UFJ銀行やセブン銀行などの銀行ATMを利用しましょう。

ATMから借入をする手順

ATMにカードを挿入した後、タッチパネルに表示された「お引き出し」のボタンを選択しましょう。

暗証番号を入力した後、希望借入額を入力すれば、その場で現金を引き出すことができます。

モビットは返済もATMでカンタンに

SMBCモビットはATMから返済することができます。

返済が可能なATMの種類

返済が可能なATMは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行など都市銀行の他、地方銀行やコンビニATMなどとなります。

「VIEW ALTTE」や「PatSat」など駅中ATMも利用できるので、通勤途中に手軽に返済することができます。

ATMから返済をする手順

ATMにSMBCモビットのカードを挿入すると、画面に案内表示が出るので、あとは案内に従って紙幣を投入口に入れれば返済完了となります。

ATMから返済できるタイミング

SMBCモビットの返済日はあらかじめ決められていますが、ATMを利用すればいつでも都合のいいときに返済することができます。

返済日当日は営業時間内に返済をすれば、当日処理されます。ただし、終了時間ギリギリに返済すると、うまく処理されない可能性もあるので、時間に余裕を持って入金しておきましょう。

繰り上げ返済が可能なので、早めに返済しておけば利息を減らすことができます。
ただ、ATMでは1,000円単位でしか取引することができないため、硬貨での返済ができません。

そのため、1,000円未満の端数が発生する場合は、ATMで一括返済ができない場合があります。

残高が1,000円未満の場合は利息や手数料が発生しないため、そのまま放置しておいても大丈夫ですが、どうしても完済したい場合は銀行振込を利用しましょう。

モビットは店舗がなくても利用しやすい

モビットは店舗が近くになくても、提携ATMや自動契約機を好きなときに利用できるので、それほど不便は感じません。

自動契約機なら手間いらず

自動契約機を利用すれば、その場ですぐにカードを発行してもらうことができるため、自宅にカードを郵送される手間がかかりません。

仮審査の結果もその場ですぐに出るため、待たされる心配もありません。

提携ATMならいつでも借入可能

SMBCモビットの提携ATMを利用すれば、いつでも借入・返済が可能になります。コンビニのATMでも借り入れ可能なので、出張先や旅行先などでお金に困ったときでも安心です。

何かと便利なSMBCモビットですが、便利すぎてお金を使いすぎることがないように注意しましょう。