お金に悩む方必見!ノーローンを利用する前に店舗のことを理解しておこう

公開日:

経済的な悩みを抱えている方もいるでしょう。

お金の悩みを解決する方法としては、消費者金融でお金を借りる方法があります。

ですが、消費者金融はいくつもあるので、どこを利用すればいいのか迷うこともあるかもしれません。

その場合、ノーローンを利用するのもひとつの手です。

ここでは、ノーローンについて詳しくお伝えするので、気になる方はしっかりチェックしてください。

ノーローンってどんな会社?

ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融です。

ノーローンの魅力は、7日間無利息サービスを受けられることです。

お金をきちんと返済できれば、解約しない限り、何度でもこのサービスを受けられるようになっています。

また、ノーローンは有人店舗を持たないので、無人店舗の自動契約機を利用する必要があります。

ノーローンのスペック

消費者金融を利用する場合、その会社のスペックをまずは知ることが大事です。

ノーローンのスペックは以下の内容になります。

申込条件

給与所得者やアルバイト、年金受給者など、安定した収入のある方が申し込み可能です。

アコムやプロミスでも年金受給者は申し込みできますが、年金収入以外の収入があることが条件です。

一方、ノーローンは年金収入だけでも申し込み可能なので、年金収入のみの方でお金に困った場合には、ノーローンであれば問題なく利用できます。

金利

金利は年4.9~18.0%です。

借入限度額

1万円から最高300万円まで借入可能です。

返済日

毎月6日または26日のどちらかを選べるようになっています。

返済期間・返済回数

返済期間は最終借入日から最長6年9ヶ月です。

また、返済回数は1回から最高80回までとなっています。

申し込む前に押さえておくこと

ノーローンに申し込みをする場合、書類を準備しなければなりません。

よって、どんな書類が必要なのかを理解した上で提出することが大事です。

必要書類とは?

必要書類は本人確認書類と収入証明書のふたつです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが本人確認書類になります。

運転免許証に記された住所と現住所が違う場合、公共料金の領収書や地方税の納税証明書も一緒に準備してください。

収入証明書

ノーローンでは借入希望額が50万円を超える場合、収入証明書が必要です。

収入証明書になるのは、源泉徴収票や納税証明書、確定申告書などです。

必要書類の提出方法

必要書類の提出方法としては、スマホやパソコン、郵送など様々な方法があります。

最も手軽にできるのが、スマホを使って提出する方法です。

スマホのカメラで必要書類を撮影してデータを送信すれば、時間をかけることなく申し込み可能です。

撮影の際には、書類に書かれている文字が確認できるよう意識して撮ってください。

自動契約機について知る

ノーローンで自動契約機を利用する場合、新生銀行カードローン・レイクの自動契約機を使うことができます。

無人店舗の場所は、ノーローン公式サイトで検索できるため、自動契約機を使いたい場合には上手く活用しましょう。

自動契約機の営業時間は、午前8時45分から午後9時までとなっています。

即日融資を希望する方は、午後8時半までに申し込みをすませる必要があるので、その点に注意して利用することです。

どんなことができるのか?

自動契約機はマシーンがあるのみです。

画面を操作しながらわからないこともあるでしょう。

その場合、自動契約機に電話が備わっているので、ノーローンのオペレーターとコンタクトを取ることが可能です。

また、自動契約機では問い合わせ以外にも、ローンカードをつくることができます。

自動契約機で発行すると、自宅にカードが送られてくるのを待つ必要がありません。

新規融資の受付を停止

2018年4月1日より、新生銀行カードローン・レイクは新規融資の受付をストップしました。

すでに、契約済みの方が返済や借り入れをする分には問題ありません。

しかし、新規で申し込みたい場合には注意が必要です。

今後、新規融資についてどうなるのかは不明ですが、ノーローンとレイクは同じ新生銀行グループなので、この先のことを現在検討しているかもしれません。

もし気になる方は、一度問い合わせてみてください。

オペレーターが親切丁寧に対応してくれるので、不安は取り除けるはずです。

レイクALSAへ申込みを検討してみましょう。→レイクALSAの評判はいい?口コミを徹底的に紹介

わからないことがあれば問い合わせてみよう!

お金に困った場合、ノーローンを利用するとお金の悩みを解決できます。

ノーローンはアコムやプロミスとは異なり、年金収入のみの方でも利用できるのが魅力です。

また、ノーローンでは、新生銀行カードローン・レイクの自動契約機も利用できます。

ただし、2018年4月以降、新規融資の受付を停止しているので、申し込み時には気をつける必要があります。

申し込みに関することやその他わからないことがあれば、ノーローンがわかりやすく対応してくれるので、不安のある方は一度コンタクトをとってみるのも良い方法です。

お金の悩みがあり、どの消費者金融を利用するかで迷っている方は、ノーローンを利用することを考えてみてください。