おまとめローンで500万借りるための審査はどれくらい厳しいのか?

公開日:


他社借入が多い人でも、おまとめローンでキャッシングの一本化を行うことで、金利を引き下げて返済の負担を減らすことができます。

しかし当然、おまとめローンでの借入額が大きくなればなるほど、おまとめローン審査は厳しくなります。

おまとめローンで500万もの大金を借りて、多額のキャッシングを一本化するとなると、その難易度の高さはある程度想像つくはず。

しかし500万のおまとめローン、審査に通るのは不可能ではありません。

おまとめローンで500万円借りるための審査、どうすればその審査に通るのか。どんな人がその審査に通り、どんな人が審査に落ちるのか。

おまとめローンで高額融資を受ける時の審査について、調べていくことにしましょう。

おまとめローンは総量規制対象外!高額借り入れ可能!

「500万借り入れ」

言うまでもなく、500万は高額の借り入れです。これほど借り入れるには、相応の年収、支払能力がないと審査に落ちてしまいます。

しかし朗報もあります。おまとめローンは、「借り入れる人に一方的に有利な借り入れ」となるので、総量規制対象外です。

年収の額に関係なく借り入れが可能です。

とはいえ、おまとめローンで500万借り入れは簡単なことではない

「年収に関係なく借入可能」

とはいえ、多岐に渡った高額な借り入れを、おまとめローンで一本化するのは簡単なことではありません。

お金を貸し付ける側としても、高額貸し付けるのは、キャッシング利用者が返済不能となるリスクとなります。

「年収に関係なく高額借り入れることはできるが、高額借り入れると審査が厳しくなる」

という認識を持っておきましょう。

おまとめローンの限度額

消費者金融や銀行のおまとめローン、最高でどれくらい借りられるのか、おまとめローンの限度額を調べておきましょう。

おまとめローン名 限度額
東京スター銀行スターバンクワンローン 1000万円
アイフルおまとめMAX 800万円
アコム借り換えローン 300万円
横浜銀行フリーローン 1000万円

おまとめローン審査に落ちて500万借りられない人

おまとめローン審査について基本的な情報がわかったところで、おまとめローン審査に落ちてしまいがちな人の特徴を調べておきましょう。

おまとめローン審査基準について、さらに詳しい内情を知りたい方は、「審査のゆるいおまとめローンはどれ?審査に通りやすくなる秘訣も紹介!」を読んでみてください。

信用情報がブラック

おまとめローンだけでなく、あらゆる審査で大切なのが「信用情報」です。

信用情報機関にある個人の信用情報を調べれば、個人が持つ返済能力、金銭感覚が筒抜けです。

どんな状態が、信用情報ブラックと言われる状態なのか。条件を具体的にみていきましょう。

過去返済遅延をおこしている

過去のキャッシング利用で、度重なる返済遅延や、長期の返済遅れ、こういった返済トラブルは信用情報に残ります。

当然、「返済トラブル」があると、キャッシングを貸し付ける側も「また返済遅延を起こすかもしれない」と警戒します。

返済遅延の記録が信用情報にあると、おまとめローン審査に落ちやすくなってしまうということですね。

債務整理記録がある

債務整理記録があると、返済遅延異常に審査で不利となってしまいます。

債務整理とは、任意整理や個人再生、自己破産など、返済額を直接減らすための手続き。

債務整理を過去行った記録がある時点で、大手消費者金融や銀行の審査には、まず通らないと思った方が良いでしょう。

債務整理の記録は、5年から10年ほど、信用情報に残ってしまいます。

複数のおまとめローンに申し込んでいる

信用情報には、「キャッシング申込み記録」も残ります。

短期間に複数のキャッシングへ同時申し込みを行っていると、「よほどお金に困っている」と判断されます。つまり「返済能力が低い」と判断されるのです。

いくらなんでも他社借入が多すぎる人

おまとめローンは、複数の他社借入を一本にまとめるための借り入れです。

つまり、利用する全員が「多重債務者」。他社の返済に悩んでいる人です。

とはいえやはり、一本化できる借り入れには限界があります。「5社、6社のキャッシングを利用している」など、度が過ぎた借り入れは、審査に落ちてしまう理由となります。

「一本化のために500万円必要!」と言っている時点で、かなり他社借入が多い状態。返済が追いつかないなら、債務整理の検討をしてください。

年収が低い

おまとめローンで500万円ほどの大金を借り入れるには、当然それに見合った返済能力が求められます。

返済能力を表すポイントは多いですが、やはり大きなファクターを占めるのは「年収」です。

年収だけで審査に通ったり落ちたりすることはあまりないですが、年収が高ければ高いほど審査に有利な属性ができます。

年齢が若すぎる

おまとめローンに申し込んだ人の年齢も、重要な審査基準です。

審査に有利な年齢層は、諸説ありますが「26歳~50歳」が目安です。働き盛りで年収が高くなりやすい年代が有利ということですね。

かなり条件は広いですが、この年齢層より若すぎたり、逆に歳を取りすぎていると、審査に落ちやすくなります。

おまとめローンへ申し込む前に、現在の自分の状況をもう一度考え直してみましょう。

勤続年数が短い

年収だけでなく、今の会社で勤めて何年かという「勤続年数」も重要です。

いくら良い会社で、それなりの年収をもらっていたとしても、勤続年数が短いと「すぐ辞めかねない」と思われるので審査で不利です。

それなりの規模の会社で、正社員として、少なくとも1年以上働いていること。

これがおまとめローンで500万借りやすくなる条件です。

おまとめローン審査に通り500万借りやすくするためのコツ

おまとめローンで500万借りるための審査は厳しい…ということは十分伝わったかと思います。

しかし大切なのは、審査が厳しいということではなく、どうすればおまとめローン審査に通り、500万円借り入れることができるかということ。

ここからは、おまとめローンで500万円借り入れて一本化する前の審査を攻略するための秘訣を学んでいきましょう。

年収が上がったタイミングで申し込む

おまとめローン審査では、年収が重要なファクターです。

年収が以前より高くなったことで、明らかに前より返済能力が上がったぞという表明も含めて、年収が上がったことをきっかけにおまとめローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

自分にあった一社のおまとめローンを狙って申し込む

上でも述べたように、複数のおまとめローン申込みを行うと、その申込み記録で審査に不利となってしまいます。

おまとめローンで500万借り入れる前に、しっかりと種類の多いおまとめローンを比較して、自分にあったおまとめローンはどれか、見定めてください。

そして比較のすえ見つけたそのおまとめローン1社に、狙いをすました申込みを行いましょう。

自分にあったおまとめローンはどれなのか?それを考えるための記事がこちら→口コミで人気のおまとめローンランキングTOP10

「おまとめローン専用商品」に申し込む

借入目的自由の銀行カードローンなどを、おまとめローンとして利用することも可能です。

しかし、通常のカードローンをおまとめローンとして利用すること。それも500万円借り入れるとなると、かなり条件が厳しくなります。

おまとめローンで大金を借り入れるならなおさら、消費者金融や銀行の「おまとめローン専用商品」を利用してお金を借り入れてください。

おまとめローン専用商品ならば、利用者の返済能力が低かったとしても、ある程度までは融通を利かせた審査を行ってくれます。

アイフル「おまとめMAX」

500万円借りやすい、おすすめのおまとめローンが、アイフルの「おまとめMAX」です。

おまとめMAXは限度額800万円。金利こそ銀行のキャッシングより高いですが、消費者金融のおまとめローンはとにかく借りやすいのが強みです。

おまとめMAXは、アイフルのキャッシングを過去利用した経験があることが利用条件となりますが、条件をクリアしていれば、ぜひ利用するべきおまとめローンです。
アイフルのおまとめローンってどうなの?審査基準、サービス内容を徹底解説

500万のおまとめも不可能じゃない!準備と対策で審査クリア!

「500万借り入れておまとめ」と聞くと、審査がかなり厳しくなってしまうイメージがあるでしょう。

そして実際、500万円借り入れるためのおまとめローン審査は厳しいです。

しかし、審査をクリアして500万円のキャッシング一本化は不可能ではありません。

しっかりと事前のおまとめローン比較、そしておまとめローン審査対策を立てておけば、おまとめローン審査をクリアして500万借り入れは不可能ではありません。