クレジットのリボ払いもおまとめローンで一本化可能

公開日:

クレジットカードと電卓
おまとめローンで一本化できるのは、何も消費者金融や銀行カードローンでの借り入れだけではありません。

他にもあなたを返済で苦しめる「リボ払い」の支払額も、おまとめローンで一本化、借り換えが可能です。

リボ払いは、利用している人なら知っての通り、支払額が少なくなる代わりに、利息が膨らんでいくというサービス。

しかも支払っている側には「クレジットカードを使っている自覚」が薄くなっていくため、クレジットカード利用額も増えていきます。

リボ払いを使えば、たとえその月の支払額が10万円だったとしても、実際に支払うのは数千円程度。しかしこれは支払額が減ったわけではなく、ただリボ払いの効果によって押さえつけているだけです。

リボ払いの支払いで困っているあなたは早い段階でおまとめローンへの借り換えをおすすめします。

リボ払いは「地獄」

リボ払い利用額の支払いを続ける日々は、時たま「地獄」と揶揄されます。

その理由は何より、リボ払いの支払いは中々終わらないからです。リボ払い利用者が本格的に危機感を覚えるのは、支払額が膨れ上がり、支払いが本格的になってきてからです。

気がついたら腰までどっぷり浸かりこんでおり、脱出の目処も立たない…。

これが、リボ払い地獄というものです。

分割払いよりリボ払いが危ない

リボ払いと似たサービスに「分割払い」があります。

分割払いは、リボ払いと違い、支払額を○回に分けて支払うことを約束するサービス。

リボ払いと違うのは、利用する際に「ゴール設定」を行うことです。リボ払いはぼんやりと支払いを続けるため、一度入ったら抜け出すことが難しくなるのです。

利息はかかってしまうものの、回数をこなせばいつか支払いが終わる分割払いと、いつまで経っても支払いが続くリボ払い。その違いは歴然のはずです。

「危機感」が薄いので多重債務に陥る

しかもリボ払いで支払いを続けていると、まるで支払額をへらす魔法を使っているかのような気分になる人も多いです。

本当はただリボ払いで押さえつけているだけでも、数千円だけ支払っている状態は気が大きくなってしまうのです。

そのため、必要以上にクレジットカードで買い物してしまい、支払額が減るどころかどんどん膨らんでしまう。

利用枠いっぱいになったら、別のクレジットカードに手を出してしまう。そしてそのクレジットカードでも、リボ払いを選んでしまう。

そのままでは「多重債務地獄」にもまっしぐらです。

地獄から脱するにはおまとめローンか債務整理しかない

リボ払い地獄は、一刻も早く抜け出す必要があります。その地獄には、長く浸かりこんでいればいるほど、身体が蝕まれていくのです

そして、リボ払い地獄から抜け出すには、「おまとめローン」ですべてのリボ払いをまとめるか、債務整理でスッキリするしかありません。

リボ払い地獄にまだ本格的にはまり込んでいない人。まだ総支払額が数万円、10万円程度、もう少しあってもいいですが、まだなんとかなりそうな方には「おまとめローン」がおすすめです。

おまとめローンを上手に使って支払いを進めて、信用情報にもダメージを残さないようにできるでしょう。

対して支払額が100万円以上など、「これ支払うの無理だろ…」という方は「債務整理」に踏切りましょう。生活がままならないなら、その後10年ほど記録が残ってしまう覚悟で「自己破産」も検討するべきです。

リボ払いおまとめは「おまとめローン利用条件」を満たさないことも

注意しておきたいのは、どのおまとめローンでも「リボ払いおまとめ」が可能ではないことです。

ショッピングリボをおまとめしようとしている方に良く知っておいてもらいたいのが、おまとめローンは「ショッピング」のお金を肩代わりに対応していないからです。

消費者金融のおまとめローンならリボ払いおまとめが可能

種類が少ないですが、中にはショッピングリボであってもおまとめ、借り換えに対応したおまとめローンも存在します。

中でも使いやすいのが、アイフルのおまとめローンです。

アイフルのおまとめローン

アイフル

金利 12.0~15.0%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
融資 最短一時間

アイフルのおまとめローンには2種類あります。

アイフルのキャッシングを過去利用した経験んある方が利用できる「おまとめMAX」と、アイフルのキャッシングを初めて利用する方向けの「かりかえMAX」があり、どちらもショッピングリボのおまとめに対応しています。

銀行のおまとめローンと比べ審査も甘いので、リボ払いで生活がままならないあなたでも利用できる確立は高いです。

銀行カードローンでおまとめは難しいかも

銀行カードローンも、正直に利用目的を伝えないことでリボ払い一本化も可能ですが、銀行カードローンでリボの一本化は難しいかもしれません。

その理由は、銀行カードローンの審査基準が厳しいからです。リボの一本化が必要なほど切羽詰まっている方は、全員が全員そうではないかもしれませんが、「審査に不利なステータス」の持ち主のはず。

そんな方が、金利が低い、限度額も高い、条件の良いおまとめローンの審査に通るのは難しいです。

素直に、消費者金融のおまとめローンでクレジットカードのリボ払いをおまとめしてください。

リボ払いをおまとめローンでまとめる時の注意

「早くリボ払いをおまとめローンで一本化したい」

と焦っている方は多いと思います。しかし、おまとめローンには落とし穴も潜んでいます。

「おまとめローンで返済を楽に」というゴール目前だからこそ、気を抜かないようにしたいですよね。

先んじて、おまとめローン利用時の注意点、しっかり抑えておきましょう。

返済期間に注意

おまとめローン利用時にもっとも注意するべきなのが「返済期間」です。

リボ払いを借り換えた時点で、支払いの負担は小さくなったはずですが、そのおまとめローン返済をどれくらいの期間行うのか。

この金利で利息をどれくらい払い続けるのか、利用前にしっかり調べておきましょう。

当然ですが、返済期間が長引けば長引くほど、返済の負担は大きくなってきます。短ければ短いほど良い…というわけではありませんが、なるべく無理なく確実に返済できる現実的な期間を設定してください。

おまとめローン利用後他社キャッシングを利用しないようにする

おまとめローン利用者がやってしまいがちなのが、おまとめ後他社キャッシングを利用してしまうこと。

または、またリボ払い地獄に逆戻りしてしまうことです。おまとめローンを利用した同期を思い返せば、またお金を借りようだとか、リボ払いを利用しようなんて思わないはず。

次お金を借りたり、リボ払いに逆戻りしたら、今度こそ債務整理しか手立てがない状況になってしまいかねません。

まとめ

クレジットカードに詳しい人からは「地獄」と揶揄されるリボ払い。

おまとめローンによっては、このリボ払いの支払いをおまとめ可能となります。

リボ払い地獄から抜け出すためにも、おまとめローンを上手に活用してください。