申し込みブラックの状態でおまとめローン審査をクリアすることはできるのか?

公開日:

お金がないことに悩む女性

おまとめローンでキャッシングを一本にまとめるには、事前におまとめローンの審査をクリアする必要があります。

おまとめローン審査を受けて、この人は「一本化に必要なお金を借り入れても、きちんと返すだけの返済能力がある」と認められた人だけが、おまとめローンでお金を借り入れることができます。

さて、キャッシングの審査で不利な状態こそ、「申し込みブラック」と呼ばれる状態です。

そんな申し込みブラックとなってしまっている人は、果たしておまとめローンの審査をクリアすることができるのか?

申し込みブラックの基本的なおさらいから、申し込みブラックな状態で受けるおまとめローン審査の難易度についても、調べていきましょう。

申し込みブラックとはどんな状態か

さて、「申し込みブラック」と簡単に言われるものの、申し込みブラックとはいったいどんな状態を指すのか。

申し込みブラックについて、もう一度おさらいしてみましょう。

信用情報に傷がついている状態

申し込みブラックは、信用情報に傷がついている状態です。

信用情報には、個人のキャッシング申し込み記録から、キャッシング利用記録など、金融商品を利用した様々な記録が残ります。

この記録された情報の中で、審査に不利となる「返済能力」「債務整理記録」など、マイナスな記録が残ってしまっている状態が「申し込みブラック」です。

ブラックな情報は5年~10年消えない

この信用情報に残ったブラックな記録は、その記録の種類にもよりますが、5年から10年、信用情報に残ってしまいます。

当然、この記録が消えるまでずっと「申し込みブラック」の状態が継続します。

自己破産の記録なんて、10年は信用情報に残ってしまうのです。

申し込みブラックではどれくらい審査に不利か

申し込みブラックの状態では、基本的に審査に通りません。

ブラックな状態では、消費者金融は「返済トラブルを起こす=返済能力が低い」と判断します。

当然、返済能力が低い人に、消費者金融など金融機関はお金を貸しません。

年収、勤務先、その他の属性に関する情報よりも、このわかりやすく返済能力を表している「信用情報」のほうが審査で重要視されるほどです。

基本的に大手消費者金融や銀行の審査では、申し込みブラックの時点で審査に落ちてしまうと思ったほうが良いでしょう。

申し込みブラックでおまとめローンの審査に通るか

書類を見て悩む男性

さて、ここからが本題です。

申し込みブラックの状態で、果たしておまとめローンの審査に通るのか?

信用情報にトラブルが残っている状態で、おまとめローンの審査をクリアすることができるのか?

申し込みブラックとおまとめローン審査の関係、調べていきましょう。

軽度なブラックなら他の情報で補える

申し込みブラックと言っても、ブラックな記録があるだけで、「申し込みブラック」となるわけであありません。

過去の軽度な返済トラブルならば、他の「返済能力が高い」と表明できる情報で、そのブラックな記録を打ち消すことができます。

しかしブラックな記録は、審査において大きなマイナスであることは伝えた通り。

そんなブラックな情報を帳消しにするほどの記録…となるとかなり強めのプラスが必要となります。

審査基準の甘いおまとめローンならクリアできる

おまとめローンの審査基準にも、金融機関によって違いがあります。

おまとめローンの審査は基本的に厳しいと言われますが、大手消費者金融、銀行のおまとめローンより、中小消費者金融のおまとめローン審査のほうが甘いです。

たとえブラックでも、キャッシングを一本化できる場合があります。

審査に通りやすいおまとめローンはあるのか?おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

借入件数、借入金額を減らす

おまとめローンは「多重債務者向け」のキャッシング。

他社借入がある程度ある前提のキャッシングとなるのです。

しかし、そんな他社借入も多すぎてはいけません。ただでさえ、他社借入が多いと「返済能力が低い」と判断されてしまうのに、他社借入が多すぎるのはあまりにも致命的です。

申し込みブラックでも闇金でおまとめは危険

申し込みブラックな状態では、審査に通らないことで悩んでしまうはず。

お金がない…、キャッシングでお金を借りたい…、しかし審査に通らない…。

そんな悪循環にはまり込んでしまう人も多いです。そんな時、闇金の誘惑があなたを襲うかもしれません。

しかし闇金の誘惑に負けてはいけません。闇金は一度関わってしまうと、徹底的にお金をむしり取られます。

申し込みブラックな状態でも、闇金からお金をかりるのは絶対にNGです。

ソフト闇金も同じ

最近は、対応がソフトになって借りやすい「ソフト闇金」も出てきています。

ソフト闇金とて同じ。違法な金利で、ルールを無視した貸付を行うような業者からは、絶対にお金を借りてはいけません。

申し込みブラックで返済が苦しいなら「債務整理」も検討してください

申し込みブラックで、おまとめローンの審査に通らないと悩んでいるくらいなら、いっそ「債務整理」を行うのをおすすめします。

そもそもおまとめローンを利用するのは、「他社借入の返済」が滞って苦しんでいるからのはず。

おまとめローンのように「キャッシングの一本化」を目的とするのではなく、返済完結をゴールに設定して行動するのをおすすめします。

債務整理なら返済額を直接減らせる

おまとめローンは、他社借入を一本にまとめることで、支払う利息を減らすのが目的のキャッシング。

しかしこれが債務整理なら、返済額を直接減らすことができるのです。

おまとめローンより手っ取り早く、大きな効果を狙えますが、ますます信用情報はブラックになっていきます。

無理やりおまとめローンを汲んでも泥沼化するおそれも

私が債務整理をおすすめする理由は他にもあります。

私は、無理やりおまとめローンを組んだとしても、再び他社キャッシングを利用して、債務地獄に深くはまり込んでしまうリスクがあると思っているからです。

あなたが考えるべきは、「どうすれば返済が楽になるか」ではなく「どうすれば返済が完結するか」なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

申し込みブラックな状態での、おまとめローン審査について、わかっていただけたでしょうか。

申し込みブラックでも、条件さえクリアすればおまとめローンを組むことは可能です。

しかし、もっと手っ取り早く効果を実感できる、債務整理を行うことも検討してみてください。