おまとめローンで年収以上の借り入れを一本化できるのか

公開日:


「借り入れが多すぎて返済が苦しい」
「各借り入れに支払う利息が多い」

と悩んでいる方も多いのでは。

実際、貸金協会の調査でも、カードローン利用者のほとんどが多重債務に苦しんでいます。

そんな多重債務の返済に悩む方の強い味方が「おまとめローン」です。

多数の借り入れがあっても、おまとめローンの借り入れで一本化することで、返済の心的負担軽減と直接的な支払額を抑えることに繋がるのです。

しかし借入額が大きい方は、「年収以上の借り入れを一本化できるのか」と悩んでしまう方もいるはず。

おまとめローンの限度額を年収以上の金額で設定は可能なのか?今回は調べていきましょう。

おまとめローンで年収以上の借り入れ一本化は可能?

そもそも、おまとめローンで年収以上という高額なキャッシング一本化は可能なのか?

年収がいくらかにもよりますが、結論から言うと「300万円」「500万円」など高額なキャッシングの一本化も”可能”です。

しかしあくまで、それは「おまとめローンの審査に通れば」という注釈がついてしまいますが…。

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンで年収以上の借り入れが可能だという要因の一つに、おまとめローンが「総量規制の対象外」であることが挙げられます。

総量規制の対象であるキャッシングは、「年収の3分の1以上借り入れができない」という制限がかかってしまいます。

それに対し、総量規制の対象から外れると、年収の制限を受けません。

そうです。年収以上の借り入れが開放されるのです。

限度額の高いおまとめローンなら可能

おまとめローンで年収以上の借り入れを行うには、それに対応できるほどの高い限度額設定が可能な設定がまず必要です。

例えば「限度額100万円」のおまとめローンでは、年収300万円の方が「年収以上の一本化がしたい」と思っても到底ムリな話…ということです。

限度額の高い銀行カードローンをおまとめローンで使うなど、年収以上のおまとめローン借り入れには一工夫と、事前のおまとめローン比較が必要です。

おまとめローンの審査は厳しいのか

おまとめローンで年収以上の借り入れを行うために一番気にするべきなのは、「おまとめローン審査」の基準をクリアすることです。

おまとめローンの審査は厳しいのか?

具体的に、どのおまとめローンがどれくらい厳しいのか?

おまとめローンの審査について少し調べておきましょう。

消費者金融のおまとめローン審査は甘い

おまとめローンにはいくつか種類があり、中でも消費者金融のおまとめローン審査は比較的甘いです。

銀行のおまとめローンと比べて、収入が少ないなど属性の弱い人でも審査に通るケースが多いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは限度額が低い場合が多いです。

「年収以上」という条件を希望する方には、少し物足りない設定かもしれませんね…。

銀行のカードローンをおまとめローンとして使うのは難しい

銀行カードローンの借り入れ目的は「原則自由」です。

借り入れたお金を、どのように使うのかは、銀行カードローンを利用した人の自由です。

この特性を活かせば、銀行カードローンをおまとめローンとして利用することも十分可能。

銀行カードローンは、総量規制対象外、低金利、高限度額と、おまとめローンとして理想的な設定です。

しかし条件の良いキャッシングというのは得てして審査が厳しくなってしまうもの…。

ただでさえ厳しくなっている銀行カードローンで、年収以上のおまとめローン借り入れはかなり難しい審査基準をクリアしなくてはなりません。

おまとめローンとして利用可能な銀行カードローン

最近銀行カードローンの取締が厳しくなっており、すべての銀行カードローンがおまとめローンとして利用可能というわけでもありません。

おまとめローンとして利用可能だと表明している銀行カードローン、またはおまとめローンとして利用された実績の多い銀行カードローンを紹介します。

銀行カードローン名 限度額
三菱UFJ銀行カードローン 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
りそな銀行カードローン 800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1200万円
楽天銀行カードローン 800万円
ジャパンネット銀行カードローン 1000万円

銀行のおまとめローン審査はどう?

銀行も、消費者金融と同じくおまとめローンを運営しています。

銀行のおまとめローンは、消費者金融のおまとめローンと比べてやはり審査難易度は上がります。

しかし、おまとめローンと銘打っている分、銀行カードローンの審査と比べるとまだ審査基準は甘いでしょうか。

住宅ローンをおまとめローンとして利用するという手段も

住宅ローンで借り入れたお金をおまとめローンとして利用する裏技もあります。

住宅ローンは、消費者金融や銀行のおまとめローンと比べるとかなり高限度額。

年収以上のおまとめローン借り入れなんて楽勝です。

しかも、条件を満たせば「住宅ローン増額」も可能。

しかし、住宅ローンをおまとめローンとして利用するのは、多額の借り入れを負うことになるなどリスクもあります。

住宅ローンとおまとめローンとして利用するのは、キャッシング一本化の最後の手段といえるでしょう。

住宅ローンをおまとめローンとして使う最後の手段!

ろうきんのおまとめローンも狙い目

労働金庫、通称ろうきんのキャッシングで一本化を行うのもおすすめです。

ろうきんは日本各地にあり、それぞれのキャッシングはおまとめローンとしての利用に対応しています。

しかもろうきんのおまとめローンは低金利。

利用するのに条件はありますが、ろうきんのおまとめローン利用はおすすめです。

ろうきんのおまとめローンは借りやすい!審査は厳しい?

年収が低いほどおまとめローン借入額も小さくなる

「年収以上の一本化をしたい」

と強く願っているあなたですが、あなたの年収が低ければ低いほど、おまとめローンで「年収以上の一本化」は難易度が上がります。

お金を貸すがわに立って考えて見てほしいです。

「自分は年収が低いが、年収以上の高額借り入れを行いたい」と言ったとして、その願いを通そうと思うでしょうか。

ある程度収入があり、高い返済能力があってはじめて、「年収以上のおまとめローン借り入れ」の可能性が出てくるのです。

おまとめローンを年収以上借りれるかどうかは審査しだい

結局、おまとめローンで「年収以上」借り入れることができるかどうかは、あなたが申し込んだおまとめローンの審査に通るか否かで決まるのです。

もしあなたがおまとめローンの審査についてしっかり理解した上で、おまとめローン審査に通る条件をクリアして、自分の条件にあったおまとめローン審査に申し込めば「年収以上」の一本化も無い話ではありません。

おまとめローン審査で見られる内容

おまとめローンの審査で見られる内容について学んでおきましょう。

おまとめローンの審査について詳しい内容はこちらの記事でも説明しました。→審査のゆるいおまとめローンはどれ?審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

属性

まずおまとめローン審査で見られるのが、おまとめローン申込み時に入力した情報です。

この情報をもとに属性の審査が行われます。

年収、勤務先、職業、年齢…。

生活に基づいて、総合的に返済能力が審査されます。

信用情報

キャッシングの審査、そしてクレジットカードの審査でも見られるのが、この「信用情報」です。

信用情報には、現在のキャッシング申込み記録、キャッシング利用記録、過去のキャッシング返済記録など、様々な情報が記録されています。

消費者金融や銀行はおまとめローン審査において、信用情報をみて、個人の金融リテラシーを調べます。

おまとめローン審査で重要な要素

おまとめローン審査において、より重要視される分野を調べておきましょう。

自分がキャッシング審査に有利か、不利か。

どの要素が弱いか、だいたい自覚があるはずです。

具体的に、どの要素が重要視されるのでしょうか?

年収

上でも説明した通り、年収が低い人が「年収以上のおまとめローン借り入れ」なんてできるわけないのです。

勤務先

勤務先の企業規模も、返済能力を測る上で重視される要素です。

あまりにもみすぼらしい企業で働いている人は、おまとめローンで年収以上の借り入れなんて無謀です。

職業

職業は、「水商売」「人気商売」などについている人手もない限り、審査に落ちることはないでしょう。

「水商売」が審査に不利なのは、収入が不安定だからです。

勤続年数

勤続年数が長いと、収入が安定していると判断されるので、おまとめローン審査に有利になります。

おまとめローンの借入額は高額になりがち。

それが「年収以上の借り入れ」となるとかなり高額な借り入れとなります。

これを返済するとなると、安定した途切れない収入が求められるのです。

年収以上借り入れるためのおまとめローン審査対策

おまとめローンで年収以上の借り入れを行うのは、簡単なことではありません。

前もってそれなりにおまとめローン審査対策を行っておかないと、年収以上の高額借り入れ、その借り入れでキャッシングの一本化はムリだと思ってください。

借入件数を減らす工夫を

少し矛盾するようですが、現在抱えている借入件数が多いと、おまとめローン審査に落ちます。

年収以上のおまとめローン借り入れは不可能になります。

他社借入をまとめるためのおまとめローンですが、あまりにも多すぎる他社借入はおまとめローン借り入れにあたって邪魔です。

小規模なおまとめローン利用で借入件数を減らしてから申し込む

年収以上の借り入れ、または一本化後金利を減らすことができるなど、「どうしてもこのおまとめローン審査は通りたい」というおまとめローンがあるはず。

その目当てのおまとめローン審査を受ける前に、より審査の甘いおまとめローンで借入件数を減らした上で、目当てのおまとめローン審査へ申し込んでください。

借入件数があまりにも多いと、借入件数をまとめるためのおまとめローンを利用できないのです…。

おまとめローンとして利用に積極的なキャッシングへ申し込む

おまとめローン利用ができないキャッシングに申し込むのだけはやめてください。

おまとめローン専用商品か、おまとめローンとしての利用実績があるキャッシングへと申し込みを行いましょう。

嘘はつかない

おまとめローン申込時に、そもそも「嘘をつかない」というのも実はれっきとした審査対策です。

おまとめローン審査に通るために「年収の水増し」「勤続年数の水増し」「他社借入のサバ読み」などはすぐにバレます。

そして当然、バレた時点で審査に落ちます。

嘘をついて審査に通ろうなんて考えずに、正直な情報で申込みを行ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

おまとめローンで年収以上の借り入れを行って、高額のキャッシング一本化を行う際に知っておいてもらいたいことを紹介しました。

おまとめローンで年収以上の借り入れを行うのは、ハッキリ言って簡単なことではありません。

事前にしっかり抑えておくところは抑える工夫が必要なのです。