ろうきんのおまとめローンは低金利で借りやすい!審査は厳しい?

公開日:

ろうきん
おまとめローンの借り先を考えた時すぐ思いつくのはやはり、「消費者金融」や「銀行」でしょうか。

見知った銀行や消費者金融は、普段から馴染みがあるという点で「借入のハードルが低い」というメリットがあります。

しかしよく調べれば、マイナーな業者のおまとめローンを利用することで、メジャーな借り入れ先のおまとめローン以上に多くのメリットを得られる可能性があります。

今回はそんな、あまり知られてない、おトクな借り入れ先「労金(ろうきん)」のおまとめローンについてご紹介します。

ろうきんって銀行とは違うの?

まずは、労働金庫、通称ろうきんと銀行との違いから学びましょう。

普通に生活している分には、あまり触れる機会がないろうきん。テレビCMもしてないですし、聞いたこと無いなんて方も少なくないのではないでしょうか。

労働金庫は、一般的な銀行と似て非なる存在。金融機関という点は同じですが、手数料などで利益を出さない「非営利金融機関」なのです。

お互いを援助するために作られた非営利金融機関

ろうきんは、労働組合や生活協同組合会員ががお互いを助け合うために作られた非営利金融機関。

「労働組合」なんて言われると少しハードルの高さを感じるかもしれませんが、その実誰でもばろうきんのサービスを利用可能です。

職業や年齢などで特に制限はなく、誰でも口座を開設して、ローンも利用できます。

しかし良い条件のローン、大口融資を受ける場合などには、会員になっていないと利用できない場合が多いです。

労働金庫は「1地域に1つ」

労働金庫利用の制限といえば、住んでいる地域の労働金庫しか利用できないという点でしょう。

労働金庫は全国に全部で13あります。

  • 北海道労働金庫
  • 東北労働金庫
  • 新潟労働金庫
  • 中央労働金庫
  • 長野労働金庫
  • 静岡労働金庫
  • 北陸労働金庫
  • 東海労働金庫
  • 近畿労働金庫
  • 中国労働金庫
  • 四国労働金庫
  • 九州労働金庫
  • 沖縄労働金庫

出資は1000円から!誰でも簡単に会員になることができる

会員になるためには、労働金庫に出資を行わなければなりませんが、出資は最低1000円~となっており、出資へのハードルは低いです。

審査で優遇を狙う意味でも、労働金庫へ出資してみても良いかもしれません。労働金庫は、会員への対応がとても甘い「身内びいき」の強い金融機関なのです。

他行やコンビニATM利用手数料は実質無料

ろうきん自身のATMは、他の都市銀行などと比べるととても少ないです。

ということは、他行やコンビニATMを利用するしかないのですが、ろうきんサービス利用に「他社ATM」を使っても、手数料が後からキャッシュバックという場合が多いです。

ろうきんのおまとめローンって良いの?

さて、ここからはろうきんのおまとめローンについて調べていきましょう。

キャッシングを一本化するためのおまとめローン、他銀行や消費者金融のおまとめローンと比べてどうなのか?

他の銀行や消費者金融のおまとめローンをランキングでまとめた「口コミで人気のおまとめローンランキングTOP10」という記事があります。そちらも参考にしてください。

ろうきんのおまとめローンは低金利

まず、おまとめローンを比較する上でもっとも重要なのが「金利」です。

金利が高いと、利息の下げ幅が小さいので、おまとめローンの「返済を簡単にする」目的を果たすことができません。

その点ろうきんのおまとめローンは、設定されている金利が低く安心です。

他社返済資金の借り入れにも利用できるろうきんのフリーローン金利を、他社のローン金利と比較してみましょう。

労働金庫名 金利
北海道労働金庫
「フリーローン」
5.7%
東北労働金庫
「おまとめローン」
6.425%
8.375%
中央労働金庫
「フリーローン」
変動金利:年5.825%
固定金利:年7.0%
長野県労働金庫
「多目的ローン」
 団体会員
固定金利:4.1%
北陸労働金庫
「おまとめ名人」
6.5%
保証料1.2%

消費者金融はもちろんのこと、銀行のおまとめローンと比べても低い金利は、おまとめローンに最適です。

それぞれのフリーローンで設定されている限度額も高く、中には最大2000万円のおまとめローンがあるくらいです。

消費者金融のおまとめローンと比べると、その金利差は顕著です。

北陸労働金庫
「おまとめ名人」
プロミス「おまとめローン」
6.5% 6.0~17.8%

総量規制対象外

ろうきんのおまとめローンは、総量規制の制限を受けることはありません。

ろうきんは貸金業法の制限を受けないこと、そしてそもそも、おまとめローンは「借り入れる人が一方的に有利なキャッシング」となるので、総量規制の対象となりません。

あらゆる借入先返済金として利用可能

消費者金融のおまとめローンは、「他貸金業者への返済資金のみ」など、おまとめローンの借入目的に制限を受けることがあります。

しかしろうきんのおまとめローンは、あらゆる目的で借入可能です。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの借り入れが混在し

てようと、クレジットカードのキャッシングで借りたお金だろうと、リボ払いの支払い金額だろうと、すべてろうきんのおまとめローンで対応可能です。

ろうきんのおまとめローン利用に向いている人、向いていない人

ろうきんのおまとめローンでのキャッシング一本化に向いている人、逆にろうきんのおまとめローンを利用するべきではない人、それぞれの特徴を紹介します。

自分の現在の状況が、おまとめローン利用に最適かどうか考える参考にしてください。

ろうきんのおまとめローン利用に向いている人

まずはろうきんのおまとめローン利用に向いている人の特徴から。

詳しくは後述しますが、ろうきんのおまとめローン審査は厳しいです。この時点で、ろうきんの厳しい審査をクリアできるかどうかで、向き不向きが出てきてしまいますね。

そしてすでに労働金庫の会員である方は、ろうきんのおまとめローン利用にピッタリです。会員かつ実績があれば、ろうきんのおまとめローン審査でも優遇を受けるでしょう。

とにかく低金利のおまとめローンでキャッシングの一本化を希望している方も、ろうきんのおまとめローンがピッタリですよね。

ろうきんのおまとめローンに向いてない人

次は、逆にろうきんのおまとめローンを利用すべきではない人の特徴も考えてみましょう。

上で述べたことの反対とはなってしまいますが、単純に、「厳しいろうきんのおまとめローン審査をクリアできない人」は申し込むべきではありません。

そして、おまとめローンでのキャッシング一本化を急いでいる方、つまり「即日融資」を希望している方は利用するべきではありません。

ろうきんのおまとめローンは、審査と融資に多くの時間がかかってしまうからです。消費者金融のおまとめローンなんかだと、最短1時間融資も可能ですよね。

ろうきんのおまとめローン、デメリットも…

ろうきんのおまとめローンは、話を聞く限り良いことばかりだと思うかもしれません。

低金利だし、限度額も高いし…。とりあえず1000円くらい出資して、会員になってから申し込んでみようかな…なんて思った方も多いかもしれません。

しかしちょっと待ってください。ろうきんのおまとめローンのメリットの裏返し、デメリットの存在もしっかり把握しとかないと、後々で返済が苦しくなることも考えられるのです。

利用可能条件が厳しい

そもそもとして、ろうきんのおまとめローンは利用するための条件が厳しいです。

労働組合など、特定の団体会員でないと利用できない場合も多く、この時点で誰でも利用できる他のおまとめローンと比べて不便ですよね。

おまとめローンの審査において、安定した年収(150万円以上)という、厳しくはないものの明確な年収の条件が課せられているのも珍しいです。

融資に時間がかかってしまう

上でも何度触れましたが、ろうきんのおまとめローンは、審査と融資に多くの時間がかかります。

私個人としても、多重債務で苦しんでいるなら一刻も早くキャッシングの一本化を行ったほうが良いと思っているので、この時点でおまとめローンとしては少し減点ですね。

ろうきんのおまとめローン審査は厳しいのか

それでは、ろうきんのおまとめローン利用時に気になる、「ろうきんのおまとめローン審査基準」について詳しくみていきましょう。

ろうきん以外のおまとめローン審査基準について知りたい方は、「審査のゆるいおまとめローンはどれ?審査に通りやすくなる秘訣も紹介!」を読んでみてください。

即日審査どころか、審査には2週間ほどかかる

ろうきんのおまとめローン審査は、審査結果が出るまでに時間がかかります。

具体的にどれくらい時間がかかるかというと、およそ2週間程度はかかると言われているほど。

これでは即日融資はおろか、即日審査も嫁のまた夢。借り入れまでには審査結果が出てからさらに時間がかかります。ろうきんのおまとめローンを利用するなら、申込みから借り入れまで、およそ1ヶ月はみておいた方が良いでしょう。

非団体会員は審査に落ちるかも

ろうきんは基本的に、かなり身内びいきを行います。

組合の仲間なら問題なく審査に通すのに、非会員はそっけなく審査に落とすことも。

労働組合会員ではない人、生活協同組合の会員以外は、サービスが優遇されないというデメリットを把握してから、今後の行動を考えてください。

求められる「安定した年収」の条件は消費者金融や銀行より厳しい

ろうきんのおまとめローン審査に求められる条件は、他のおまとめローンと比べてかなりシビアです。

ろうきんのおまとめローン審査に時間がかかることからも、ろうきんのおまとめローン審査をかなり慎重に行うことが見て取れるはず。

慎重に審査されればされるほど、審査の過程であらが出てきて、審査に落ちやすくなってしまいます。

ろうきんはすべての信用情報機関に加盟している

ろうきんのおまとめローン審査が厳しいことを裏付ける要因として、加盟している信用情報機関の種類があります。

通常、金融機関が加盟する信用情報機関は1つ、もしくは多くて2つである場合が多いです。しかしろうきんはなんと、主だった信用情報機関すべてに加盟しています。

つまり、すべての信用情報を詳しく、審査時に参照できるのです。

信用情報機関同士は記録を共有するシステムがありますが、ろうきんはそのシステムを利用するまでもなく、信用情報を調べることができるのです。

借り入れ額と年収のバランスが審査のカギ

ろうきんの審査で重要なのが、「借入額」と「年収」のバランスが取れているかどうかです。

この額は、この年収では返済が追いつかないだろ…と判断されると、ろうきんのおまとめローン審査は簡単に落とされてしまうでしょう。

おすすめのろうきんおまとめローン

最後に、ろうきんのおまとめローンの中で、私がおすすめだと思うものを一覧にしておきます。

ろうきんのおまとめローンは、借入条件が本当に魅力的なものばかりです。

おまとめローン名 金利 限度額
近畿労働金庫
「スマートチョイス」
3.9%〜5.5% 最大500万円
中国労働金庫「フリーローン」 8.775% 最大300万円
四国労働金庫
「一本太助」
他社加重平均金利の半分 最大500万円
九州労働金庫
「フリーローン」
団体会員:5.2%〜6.480% 最大1000万円

まとめ

ろうきんのおまとめローンは、知らない人も多いですが、実はかなり優秀な設定が組まれています。

その分審査基準が厳しく、審査と融資にも時間がかかってしまうなどのデメリットがあるものの、それでも利用を検討する価値は十分にあります。

自分の地域のろうきんのおまとめローン、一度調べてみてはいかがでしょうか。