東京スター銀行のおまとめローン審査は厳しい?金利などスペックは優秀なのか?

公開日: 最終更新日:

東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行は、いまや数あるおまとめローンの元祖とも言える存在。

私も、「銀行のおまとめローン」と聞けば最初に東京スター銀行のおまとめローンが頭に浮かびます。

複数社から借りていると、それぞれの借入先に返済する手間も大きくなり、非効率です。おまとめローンで借り入れを一件にまとめることで、返済時支払う利息も減り、返済の管理も簡単になるなど、多くのメリットがあります。

しかし問題は、キャッシングを一本にまとめるための審査に通るか否か。

東京スター銀行のおまとめローン審査は、確かに多少クセがありますが、おまとめローン審査で見られる条件などをしっかり抑えておけば、審査通過も十分可能です。

東京スター銀行おまとめローンのスペック、審査で見られる条件、審査対策までしっかり抑えておきましょう。

東京スター銀行おまとめローン基本情報

東京スター銀行のおまとめローン、基本スペックから調べていきましょう。

金利 12.5%
限度額 1000万円
仮審査 最短3日
審査 一週間程度
融資 一ヶ月目安

消費者金融のおまとめローンと比べて低金利

金利設定が低いほど、おまとめローンお効果は大きくなります。

そもそもおまとめローンで、キャッシングを一本にまとめる目的は「金利を下げる」ことです。

東京スター銀行のおまとめローン金利「12.5%」なら、一本化によって「利息の減額」の大きな効果を狙うことができるはずです。

プロミスのおまとめローン金利が「6.3~17.8%」であることを思えば、その低金利さがわかるはずです。

「おまとめローン専用商品」なので多重債務者への審査が柔軟

東京スター銀行のおまとめローン専用商品ということで、お金を貸し付けるターゲットは全員「多重債務者」です。

複数のキャッシングをすでに利用している人を審査する前提なので、そもそも「返済能力が低い」ことを承知で審査してくれると思われます。

他の銀行カードローンなら審査に落ちるところ、東京スター銀行のおまとめローン審査なら十分クリア可能だということです。

来店不要で一本化可能

東京スター銀行のおまとめローンならば、申し込みと借り入れに、銀行窓口まで行く必要がありません。

ネットから申し込み、借り入れまでの手続きもすべて、ネット上で簡潔します。

来店不要でおまとめローンを利用できるのも、東京スター銀行おまとめローンのメリットの一つです。

融資までは3週間~1ヶ月かかる

消費者金融のおまとめローンなどは、即日融資のものがあるなか、東京スター銀行のおまとめローンは融資まで1ヶ月程度見ておかなくてはなりません。

キャッシングの一本化を急ぐ人にとっては、これはちょっとデメリットですね。

東京スター銀行おまとめローンは審査が厳しいか?

さて、メリットの多い東京スター銀行おまとめローンですが、審査をクリアしないとお話になりません。

そこで利用者から気になるのは「東京スター銀行おまとめローンの審査」が果たして厳しいのか?それとも甘いのか?という点。

おまとめローンの審査基準、注意点について把握しているのとしてないのでは、審査通過率が違ってきます。

「おまとめローン」と銘打ったキャッシングは審査が甘い?

そもそも、朗報ですが、「おまとめローン」と銘打っているキャッシング商品の審査基準は柔軟です。

上でも述べたとおり、多重債務者相手の審査で、そこまで厳しい審査基準は割り当てられないはずです。

審査期間は長い

東京スター銀行のおまとめローン審査には、少し時間がかかります。

仮審査結果は最短3日で出るものの、その後書類の提出を行い、書類が向こうに届いたのち本審査となります。

早い審査と融資を希望する方は、消費者金融のおまとめローン利用をおすすめします。

他銀行カードローンをおまとめローンとして利用するより審査は甘い

東京スター銀行おまとめローンは、おまとめローン専用商品です。

他の、銀行カードローンをおまとめローンとして使う場合と比べて、かなり審査が甘いはず。

キャッシングの一本化を行うほどの借り入れともなると、100万円以上借り入れるケースも多いはず。

銀行カードローンで100万円借り入れるための審査は、それなりに厳しいものとなります。

審査で見られる内容

東京スター銀行おまとめローンの審査で見られる内容はいったいどんな内容なのか?

その内容も調べておきましょう。

といっても基本的な審査内容は、通常のキャッシング審査と変わりません。キャッシング審査で見られる内容について、「あなたがキャッシング審査に通らない7つの理由と審査落ちでも借りられる消費者金融」の中で説明しています。

属性

まずキャッシング審査で見られるのが「属性」です。

属性に含まれるのは、「年収」「勤続年数」「勤務先」「居住地」など、生活に関わるポイントです。

東京スター銀行など金融機関は属性を審査することで、単純な返済能力を審査します。属性はそれぞれの情報が「スコア」に換算され、加点方式で審査されます。

金融機関が決めた一定基準以上のスコアを出すことで、属性の審査クリアとなります。

年収は200万円が絶対ライン

年収はやはり重要な審査基準です。

年収の詳細なクリア基準はわかりませんが、過去の東京スター銀行おまとめローン利用者の口コミを調べる限り「年収200万円」が審査クリアのラインらしいことはわかっています。

これだけ聞くと、審査通過はそれほど難しくないように感じてしまいますね。

勤続年数が長いと「収入が安定している」とみられる

また、収入の他に重要なのが「勤続年数」です。

勤続年数が長いと、「すぐに仕事を辞めない」と判断されるので、審査通過しやすくなります。

逆に一年以下など短い勤続年数は、審査に落ちやすくなる要因となります。勤続年数のほか、職業、勤務先の情報でも、収入の安定性を判断されます。

実家か?持ち家か?賃貸か?

住んでいる家の情報も審査されます。

住んでいる家が、実家化、持ち家か、賃貸かで、返済能力が調べられます。

当然実家で家族と暮らす、または持ち家なら、支払いがほとんどないので「返済能力が高い」と判断されます。

賃貸は家賃を支払う分、返済に回すお金が少なくなってしまいますよね。

信用情報

キャッシングの審査で重要なのが、この「信用情報」です。

属性に問題がなくとも、信用情報にブラックな記録が残っていると、その時点で審査に落ちてしまいます。

信用情報をみれば、その人のお金に対する価値観が透けてみえます。

具体的に信用情報のどんな情報を審査されるのか、調べてみましょう。

キャッシング利用件数が多すぎると不利

おまとめローンは、現在利用しているキャッシングを一本にまとめるためのキャッシングですが、借入件数が多すぎるのも考えものです。

他社借入件数が多いということは、それだけ「考えなしの借り入れ」を行っていました、という表明にもなってしまうからです。

東京スター銀行おまとめローンでまとめられる件数は、せいぜい3,4件でしょう。5件まで借入件数が多いと、審査通過は難しくなってきます。

過去の返済遅延は致命的

信用情報には、過去のキャッシング利用歴も残ります。

過去のキャッシング利用時に、返済期限が間に合わなかった「返済遅延」があると、それだけで「ブラック」な信用情報となり、おまとめローン審査でかなり不利です。

といっても、過去の軽い返済遅延なら問題ありません。信用情報に残るのは、繰り返し起こした返済遅延。また、長期間返済遅延があった場合も「ブラック」な記録として扱われます。

提出書類

おまとめローン契約の一環で、書類を提出しなくてはならないのですが、その書類に不備があった時点で審査に落ちてしまいます。

おまとめローンは借入額が大きくなりがちで、返済能力を厳しく審査されるキャッシング。「収入証明書」の審査が厳しく行われることを覚悟しておきましょう。

提出書類に不備がないようにしましょう

必ず必要となるのが、キャッシング契約に必須の「本人確認書類」。

本人確認書類は、免許証やパスポートなど、顔写真のついた書類が望ましいです。

東京スター銀行は他にも、印鑑登録証明書、在留カードなどが本人確認書類として扱わます。

東京スター銀行のおまとめローンをクリアするための審査対策

東京スター銀行のおまとめローン審査をクリアするためには、事前にしっかり準備が必要です。

審査基準がわかったところで、その審査で高評価を受けるような準備「審査対策」をこらしておけば、キャッシングの一本化が成功しやすくなります。

おまとめローン審査について、また詳しい審査対策も「審査に通りやすいおまとめローンはあるのか?おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣も紹介!」で紹介しています。

申込情報は正確に!

申込情報を正確に入力するのが、まず一番確実で、一番簡単な審査対策です。

申込情報と提出書類に齟齬があった時点で、多少のミスは「確認」という形で電話があるかもしれません。

しかし問題はその間違いが意図的な「嘘」と判断された場合です。嘘をつくと当然審査に落ちて、悪い場合は信用情報にも残ってしまいます。

他社借入件数、他社借入金額を繰り上げ返済で減らす

他社借入件数、他社借入金額が多すぎると審査に落ちやすくなるのはお伝えした通りです。

それならば、東京スター銀行おまとめローン申し込み前に、多少無理してでも繰り上げ返済を行うのも有効です。

審査で大事なのは「自分には返済能力がある」ことの表明です。

他社キャッシングに申し込まない

東京スター銀行おまとめローンと同時に他キャッシングへの申込みを行うと、その申込記録で審査に落ちやすくなります。

理由は簡単です。「短期間に多数のキャッシングに申し込む人の返済能力が低い」からです。

東京スター銀行おまとめローンに申し込む時点で、あなたは返済能力が高いと思われないことを理解しておいてください。

お申込み金額を一本化ギリギリの金額に

東京スター銀行おまとめローンは、申込み時「お申込金額」を伝えることになります。

このお申込み金額は、高額なら高額なほど、審査に不利となります。

東京スター銀行へ申し込む際伝える「お申込み金額」は、キャッシングの一本化に必要な金額ギリギリにしてください。

東京スター銀行おまとめローンは総量規制対象外ですが、「高額キャッシング」には相応の厳しい審査基準が課せられてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

東京スター銀行おまとめローンの基本的な情報、そして東京スター銀行おまとめローンの審査に関する情報、それぞれわかっていただけたでしょうか?

東京スター銀行おまとめローンは、元祖おまとめローンの名に恥じない、優秀なおまとめローンです。

しかし、その審査をクリアしてようやくキャッシングの一本化が可能となります。審査に関して、しっかり準備を怠らず、無事キャッシングの一本化を成功させましょう。