オリックス銀行カードローンの電話連絡と在籍確認について

公開日:

オリックス銀行カードローンでは、申込みを行っている人が本人だと確認するため、電話による確認が行われています。

本人確認の電話連絡を受け、申込みを行った際に提示した情報をしっかり伝えなければ、オリックス銀行カードローンを発行できません。

電話による確認作業は面倒なように感じますが、オリックス銀行カードローンとしては非常に重要な項目ですので、注意して対応してください。

また、オリックス銀行カードローンでは在籍確認も行われています。

直接連絡を受けるわけではありませんが、仕事をしている間に電話の連絡が会社に入るかもしれません。

このような在籍確認や本人確認の連絡について、この記事で説明します。

オリックス銀行カードローンの審査は甘いのか?審査にかかる時間は?

オリックス銀行カードローンで電話連絡が入るタイミングは

オリックス銀行カードローンが電話連絡を入れるタイミングは、申込み後の仮審査が終わってから行われます。

仮審査の連絡と一緒に、本人確認という形で電話を入れて、電話に出た本人に必要事項の確認を行っています。

電話による確認方法としては、電話でオリックス銀行の担当者が申込みの内容を説明し、本当にその内容があっているのか本人が伝える方法です。

従って申込みの内容が正しければ、ほとんどの場合は訂正したり、間違っているという内容を伝える必要はないでしょう。

一方で本人以外の人が申込みを行った場合、連絡を受けた人は申込みをしていないと伝えられます。

ここで本人以外の人に申込みを行われていると判断し、オリックス銀行はカードローンの発行手続きを止められるのです。

本人以外の人にカードローンを発行されて、不正利用されるという問題を防ぐため、オリックス銀行としても電話連絡の確認はしっかり行っています。

本人確認の電話連絡は絶対に入る

本人確認の電話連絡ですが、全ての人が電話による確認作業を受けます。

電話に出なくても本人確認を行う方法は他社で検討されていますが、オリックス銀行では電話に出ない限り本人確認と認めていません。

全ての人が電話に出なければならず、電話に出ない場合は何度でも電話を入れてきます。

電話を行う時間帯は、オリックス銀行が電話に出やすいと思われる時間帯、もしくは申込時の備考欄等で時間指定が行われているタイミングです。

時間を指定しなかった場合は、オリックス銀行が色々な時間に電話を入れてくるので、電話に出られないという場合も結構あるのです。

電話確認が取れないと審査がはじまらない

しかし、電話に出られなくても、電話に出られそうなタイミングで何度か電話を入れてくれるので、無理のないタイミングで電話に出られるでしょう。

最初の電話に無理をしてでなければならないというわけではなく、電話に出られるタイミングでオリックス銀行の本人確認についてしっかりと行いましょう。

なお、電話連絡を無視していた場合、オリックス銀行カードローンの審査に落とされてしまいます。

理由はオリックス銀行が本人確認を行えなかったためです。

本人確認はカードローン発行には絶対に必要な手続きですので、電話に出ないで放置しているとオリックス銀行の審査を進められず、審査に落とされてしまいます。

本人確認の電話連絡で確認している内容

本人確認確認の電話では、色々な情報が確認されています。

本人確認されている項目ですが、以下の情報が確認されます。

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 仕事先
  • 借金
  • その他申込み時に気になる情報

基本的には本人の申込内容に沿って確認作業が行われます。

ここからは確認している内容について詳細に説明します。

氏名

本人が申込みをしているか確認するため、まずは氏名の確認を行っています。

電話に出ている人に名前を聞いて、本人であるか確認しています。

本人以外の人が電話に出ていれば、別の名前が提示される可能性が高く、オリックス銀行が申込みに何らかの不正があると判断できるのです。

住所

次に住所の確認が行われます。

住所の確認も本人が本当に申込みをしているのか判断するために必要な項目です。

住所は都道府県名から伝えなければならず、マンション番号も含めて正しい情報を提示します。

1つでも間違っている項目があると、オリックス銀行の担当者が申込内容を読み上げます。

この内容と住所地が異なっているようであれば、申込時に間違っていたと判断できるのです。

うっかり間違っていた場合はその場で訂正したほうがいいでしょう。

年齢

年齢の確認を行うために、生年月日について聞かれます。

生年月日の確認により、年齢がオリックス銀行カードローン発行基準を満たしているのか確認しています。

もしオリックス銀行カードローンを発行できない年齢であれば、この時点でオリックス銀行の担当者が説明しています。

また、年齢が申込時の内容と異なっている場合は、本人確認書類と話している年齢がなぜ違うのか、オリックス銀行の担当者が確認を取っています。

年齢の入力間違いなどがあれば、このタイミングで訂正したほうがいいでしょう。

仕事先

働いている仕事先について聞かれます。

これはオリックス銀行の担当者がこの後在籍確認の連絡を入れるために必要なので、本人に仕事先の確認を取っているのです。

仕事先の確認は、仕事先の名前だけを聞いています。

仕事先の住所や電話番号などは聞いてこないので安心してください。

申込みを行った人が正しい情報を伝えていれば、問題なく仕事先の確認は終わるでしょう。

借金

借りている金額を聞かれる場合もあります。

借金はオリックス銀行が信用情報等を確認するだけである程度把握できますが、できる限り本人から借金の情報を聞いています。

本当にこれだけの借金があるのか、念のために聞かれる場合があるので気を付けてください。

ここで虚偽の説明をしたり、借金の額を後から偽っていると判断されると、審査に落とされてしまいます。

その他気になる情報

申込時の内容で、気になる情報があれば本人確認の際に聞かれます。

在籍確認の電話連絡時間を記入していた場合などは、本人確認の際に電話の連絡時間をこのタイミングでいいのかと聞かれるケースもあります。

その場合は記入している内容でお願いするように担当者に伝えておきましょう。

また、担当者に気になる情報があればここで質問をしてください。

オリックス銀行の担当者はカードローンに関連している情報を何でも知っています。

もしオリックス銀行カードローンを発行するのであれば、ここで不安に感じている内容をしっかりと聞き出しておきましょう。

本人確認以外にも在籍確認が行われる

オリックス銀行は、本人確認の連絡が終わっても審査が完了するわけではありません。

次に行っている作業として在籍確認の電話を行っています。

在籍確認もオリックス銀行カードローンを発行するために必要な手続きで、仕事をしているかどうかの判断を電話によって聞き出します。

仕事先を偽っている人がカードローンを発行して利用しないように、在籍確認という形で仕事をしている状況を調べているのです。

在籍確認の電話確認は会社にかかってくる

在籍確認の連絡は、会社に対して行います。

在籍確認の連絡を受けた会社は、オリックス銀行側から支持されている内容を伝えたり、本人に取次いで対応するように求めています。

電話で聞き出した内容で、最終的にオリックス銀行カードローンを発行して利用できるのか判断しています。

もし本人が在籍していない場合は、会社の担当者が仕事をしていないと伝えるために、在籍確認の連絡で虚偽の記載も簡単にわかってしまうのです。

当然ですが、在籍確認の連絡で仕事を偽っていた場合は審査に落とされてしまいます。

また、信頼を失ったと判断されるため、オリックス銀行カードローンを今後発行できない場合もあります。

在籍確認は自分が出る必要はない

在籍確認の連絡は、オリックス銀行カードローンを申し込んだ人が出なくても問題ありません。

オリックス銀行側が知りたいのは、本人が仕事をしている情報だけで、本人の声が聴きたいというわけではありません。

そもそも申込みをしている本人にも、先に本人確認の連絡は入れていますので、もう1度本人の連絡を受ける必要はないのです。

従って在籍確認については、カードローンを申し込んだ本人だけではなく、会社の担当者が連絡に出て本人が在籍していると伝えても大丈夫です。

オリックス銀行側は、本人が出なかった場合は本人に取り次がなくてもいいですという内容を伝えます。

会社で仕事をしていること、そして会社の担当者がその情報を把握しているというだけで、オリックス銀行は在籍確認ができたと判断しているためです。

従ってオリックス銀行は、在籍確認に本人が出なくても、そのまま電話を切って在籍確認を終えています。

ただ、所属している会社によっては、在籍確認の連絡を取り次ぐ場合があります。

オリックス銀行側が取り次がなくてもいいように伝えているものの、本人に対して連絡があると判断して、会社側が本人に取次を要求してきます。

この場合は会社側の指示に従って、オリックス銀行の在籍確認を行ってください。

オリックス銀行は、在籍確認の連絡をしたという内容を伝えるほか、在籍確認自体は完了しているので電話を切ると伝えてくれます。

そんなに長く話をするわけでもありませんので、在籍確認で長い時間拘束され、会社側に不審な思いを持たれる心配はありません。

ただ、在籍確認でもオリックス銀行と電話連絡を取り合う可能性がある点は気を付けておきましょう。

在籍確認が行われないと審査は通過できない

在籍確認が行われない場合、オリックス銀行は在籍確認ができるまで会社側に電話連絡を入れます。

電話に出てこない状況が続いているようなら、本人に対して再度連絡を取るなどして、在籍確認ができる時間帯を聞き出す場合もあります。

在籍確認が何度行ってもできなかった場合、オリックス銀行は会社に在籍していない、もしくは提示している会社が存在しないと判断し、虚偽の記載を行ったとして審査に落としています。

在籍確認ができなかった場合は、どれくらい収入を得ても審査に落とされてしまうのです。

そこで在籍確認の連絡をスムーズに進めるために、オリックス銀行側に会社と連絡が取れる時間や曜日を指定するといいでしょう。

オリックス銀行は、何度も会社に対して在籍確認の連絡をいれるものの、会社が休みだと誰も出てくれないので在籍確認が行われません。

長期休暇などが影響して在籍確認が遅れてしまったり、在籍確認ができないと判断して審査に落とされる可能性も十分にあります。

確実に在籍確認を完了させるためには、オリックス銀行にこの曜日や時間なら在籍確認ができると本人確認の際に伝えておくといいでしょう。

連絡を聞いたオリックス銀行側は、指定した時間や曜日に連絡を入れて、在籍確認をしっかりと行っています。

なお、在籍確認ができない場合は、審査に落とされる前に本人へ在籍確認のできる時間帯などをもう1度確認しています。

もしスムーズに審査が行われていないと、どのような場合でももう1回電話がかかってくると思ってください。

アリバイ会社を使うのはやめよう

在籍確認では会社に所属している情報などが簡単にわかってしまいます。

最近は会社に所属しているように見せかけたり、仕事先を隠せるようにアリバイ会社を使い、仕事先を偽るという方法も使われています。

アリバイ会社を使ってオリックス銀行カードローンの審査を受けると、簡単にアリバイ会社を使っているとバレてしまいます。

在籍確認は、本当に仕事をしている会社に対して行わなければなりません。

仕事先を隠したいと思っている人、知られたくないという思いを持っている人も、本当に仕事をしている場所に対して在籍確認の連絡ができるように心がけましょう。

また、オリックス銀行カードローンでアリバイ会社を使っていた事実がわかると、審査に落とされるだけではなくオリックス銀行の審査を今後受けられない可能性もあります。

アリバイ会社での偽装工作はカードローン発行時には使わないでください。

オリックス銀行カードローンは電話連絡と在籍確認が大事

オリックス銀行カードローンの審査をクリアするには、本人への電話連絡と在籍確認が重要です。

この2つの項目をクリアできて、ようやくオリックス銀行からカードローンが発行され、実際にお金を借りられるように準備を進めてくれるのです。

2つの電話連絡のうち、1つでもしっかりできなかった場合は審査に落とされてしまう点に気を付けておきましょう。

できる限り審査をクリアするためにも、電話に出やすい時間帯を伝え、オリックス銀行の電話にすぐ出られるように心がけるのです。

また、在籍確認のタイミングが悪いと審査がスムーズに終わらない場合もあります。

審査がスムーズに終わるよう、できれば会社の状況などもオリックス銀行に伝えておくといいでしょう。