オリックス銀行カードローンの保証会社とは?

公開日:

書類を見て悩む男性

今回は、オリックス銀行カードローンの“保証会社での審査“ について、いくつかの情報をお届けしたいと思います

銀行カードローンに申し込んだ場合は、消費者金融とは異なり、保証会社の審査をクリアしないと利用できない事になっています。

そこで、この記事では「オリックス銀行カードローンの保証会社はどこなのか?」

また、「銀行が保証会社を使う理由は何なのか…?」等、銀行カードローン申込時に覚えておきたい、いくつかの点について、詳しくご紹介していきたいと思います。

銀行カードローンの保証会社の役割

まず、オリックス銀行カードローンの保証会社についてお伝えする前に、「そもそも保証会社にはどんな役割があるのか?」という点から触れていきたいと思います。

カードローンの審査を行う

保証会社の役割の一つ目は「カードローンの利用審査」です。

銀行カードローンの利用条件には「安定した収入がある事」という事の他に、「保証会社の保証を受けられる事」という条件が必ず付いています。

利用者が銀行カードローンに申し込んだ際、申し込み者の個人情報や申し込み内容は保証会社に連携され、「保証会社が融資の可否を判断する…」という流れになっています。

オリックス銀行カードローンの審査は甘いのか?審査にかかる時間は?

主な審査項目

では、保証会社はどんな基準でカードローンの審査を行うのでしょうか?

ここで、カードローンの主な審査項目についてお伝えしておきたいと思います。

ちなみに、保証会社は各々独自の審査基準を持っており、それらは公開されていませんが、以下の審査項目についてはどの保証会社にも共通する項目です。

年収

一つ目の審査項目は「年収」です。

ただ、カードローン審査で重要視されるのは「年収の高さ」よりも「収入の安定性」となります。

例えば、芸能人のように一時的に年収が高かったとしても「来年どうなるかわからない…」という場合は、審査には不利になる事が多いようです。

尚、年収については銀行カードローンでは特に厳しくチェックされますので、場合によっては50万円までの融資でも収入証明書の提出を求められる事もあります。

(消費者金融については、基本的に50万円までの融資なら収入証明書の提出は不要)

勤務先情報

二つ目は勤務先の情報や勤続年数です。

勤務先が大手企業などで安定している事が理想なのですが、それよりも「勤続年数の長さ」が重要視されます。

特に現在の勤務先が1年未満の場合は、「転職を繰り返す不安定な人」という印象を持たれ、審査にはネガティブな影響を与える事がありますので、少なくとも3年以上勤務している事が理想となります。

尚、新卒社員などについては、勤続年数が短くてもやむを得ませんので、この限りではありません。

信用情報機関の情報

三つ目の審査項目は、全銀情などの「信用情報機関の情報」です。

信用情報機関には、主にこれまでのローンの利用履歴やクレジットカードの利用状況、そして過去に債務整理の履歴があった場合の情報が記載されていますが、その情報にネガティブな履歴があった場合は、審査通過は難しくなります。

特に、以下のようなケースに該当する場合は、審査落ちする可能性は高くなります。

  • 他社カードローンのを利用していて、すでに年収の3割近くの借り入れがある。
  • 他社カードローンやクレジットカードの返済を滞納している。

または度々遅延している。

  • 過去に任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理をした履歴がある。
  • 同時に何社ものカードローンやクレジットカードを申し込んでいる。

返済不能の場合は、銀行に代位弁済する

保証会社の役割の二つ目は「銀行への代位弁済」です。

代位弁済とは、その名の通り「利用者が返済できなくなった時に、利用者に代わって銀行に返済する事」という意味になります。

ちなみに、銀行は保証会社を利用する際、「保証料」というかたちで、保証会社に手数料を支払っています。

そうする事で、銀行は「貸し倒れ」というリスクを回避する事が出来ますし、保証会社も銀行から得られる保証料で利益を出す事が可能になります。

オリックス銀行カードローンの保証会社は二つ

ここまでで、保証会社の役割など、基本的な部分はご理解頂けたかと思いますので、ここからはオリックス銀行カードローンの保証会社や、その保証会社が使われている理由について、詳しく見ていく事にしましょう。

オリックス銀行カードローンの商品概要書を確認すると、同行のカードローンの保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と、「新生フィナンシャル株式会社」の2社となっています。

では、早速そんな2社の保証会社の会社概要や事業内容などをチェックし、なぜこれらの保証会社が使われているのか考察してみたいと思います。

オリックス・クレジット株式会社

まず、一社目は「オリックス・クレジット株式会社」についてです。

以下がオリックス・クレジット株式会社の会社概要となりますが、この内容を見る限りオリックス銀行がカードローンを本格的に取り扱うようになったのは2012年頃、一方オリックス・クレジットの創業は1979年…という事ですから、ローンに関する顧客審査や管理面では、オリックス銀行よりもオリックス・クレジットのほうが様々なノウハウを持っていた事がわかります。

実は、銀行が保証会社を使う理由は、この「顧客ノウハウ」が大きなポイントになるのですが、このあたりの事については、この後のパートで詳しく触れたいと思います。

会社名 オリックス・クレジット株式会社(英文社名:ORIX Credit Corporation)
本社所在地 〒190-8528 東京都立川市曙町二丁目22番20号 立川センタービル
設立 1979年6月
事業内容 個人向け金融サービス業
主な事業内容 オリックスVIPローンカード・オリックスVIPローンカード BUSINESS・教育ローン・ゴルフ会員権購入ローン・ブライダルローン・メモリアルローン・トラベルローン

新生フィナンシャル株式会社

次に新生フィナンシャル株式会社についてです。

この会社は、以下の通りレイクALSAを運営している会社ですので、先ほどのオリックス・クレジットと同じく、消費者金融の審査ノウハウや顧客管理のノウハウを有している会社と言えます。

会社名 新生フィナンシャル株式会社 Shinsei Financial Co., Ltd.
本社所在地 〒101-8603 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
設立 1994年10月
事業内容 パーソナルローン、信用保証、その他
主な事業内容 レイクALSA・銀行カードローンの保証事業・海外事業

結局どっちの保証会社を使うのか?

では、オリックス銀行カードローンに申し込んだ場合、以上の2社の保証会社のうち、どちらの保証会社を使う事になるのでしょうか?

その答えとしては「どちらか審査が通ったほうの保証会社を使う」という事になります。

ちなみに、オリックス銀行カードローンに申し込んだ場合は、まず最初にオリックス・クレジット株式会社の審査が行われ、その審査に通らなかった場合は新生フィナンシャル株式会社が審査をする…という流れになっています。

ちなみに、各々の保証会社の審査基準は公開されていませんが、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の審査基準は全く同じという訳ではありません。

保証会社は、利用者が借金の返済が出来なくなった場合に、利用者の代わりに銀行に代位弁済をする必要がある訳ですが、利用者が返済不能に陥る可能性について「厳しめに見るか」「緩めに見るか」というのは、各々の保証会社の判断に任されています。

銀行カードローンが保証会社を使う理由

必要書類を持つスーツ姿の人

ちなみに、冒頭でも触れた通り消費者金融カードローンでは保証会社は利用しないのに、なぜオリックス銀行のカードローンを利用した場合は保証会社を使わなければいけないのでしょうか?その理由についても触れておきたいと思います。

目的①個人向け無担保ローンのノウハウを共有してもらう

オリックス銀行が保証会社を使う一つ目の目的は、銀行が消費者金融を保証会社に持つ事で「個人向け無担保ローンのノウハウや情報を利用する事が出来る」という点が挙げられます。

オリックス銀行は、保証会社を使わずにカードローン事業を営む事は可能です。

しかし、カードローンのサービスを始めるうえで、一から自社でノウハウを構築するよりは、消費者金融を保証会社として利用し、消費者金融各社が持っているノウハウを流用したほうが効率的である…と判断した為に、現在の保証会社を使う仕組みが成立しています。

ちなみに、先ほども触れましたが、オリックス銀行がカードローンを取り扱うようになったのは2012年3月からで、一方保証会社のオリックス・クレジットが創業したのが「1979年」、そして新生フィナンシャル株式会社の創業は「1994年」ですから、これら保証会社のほうが個人向けローンの事業歴も長く、多数のノウハウを蓄積していた事がよくわかります。

目的②返済不能の場合の銀行側のリスク回避

二つ目の理由は、銀行のリスク回避です。

この点は前段でもお伝えしましたので、詳しくは割愛しますが、銀行としては万一利用者が延滞した場合には、保証会社から返済してもらえますので、銀行の経営には影響を及ぼさないという事になります。

保証会社の審査に通る為のコツ

最後に、これらオリックス銀行カードローンの保証会社の審査に通る為のコツについても、ご紹介しておきたいと思います。

審査連絡はすぐに対応できるようにしておく事!

一つ目は、カードローンに申し込んだ際には、メール(※)や電話にすぐに対応できるようにしておく…という点です。

オリックス銀行カードローンに申し込んだ場合、メール連絡の後、本人宛に申し込み内容の確認の電話がかかってきます。

この時に、メールが受信できない状態だったり、電話に出れない状況が続く場合は、審査は完了しないという事になります。

※オリックス銀行からは「****@bank.orix.jp」のドメインからメールが来るので、必要に応じドメイン解除が必要です。

保証会社が運営するカードローンを利用していた場合は要注意

二つ目は、オリックス銀行の二つの保証会社が取り扱うローンを、過去に利用していなかったか確認しておく…という点です。

例えば、新生フィナンシャル株式会社はレイクのカードローン事業も営んでいますので、過去にレイクで延滞をした事があったり、債務整理を行った履歴がある場合は、信用情報機関の履歴は消えていても、新生フィナンシャル株式会社のデータベースには残っている可能性もあります。

申し込み入力内容は正確に!

三つ目は、WEB入力の際の情報入力は「正確に」「正直に」行うという点です。

本人の氏名や住所、連絡先などはもちろんですが、勤務先の電話番号(フリーダイヤル不可)、資本金 、業種、従業員数などは事前に調べておかないと覚えていない事も多い為、前もって情報を整理しておかれる事をおすすめします。

また、申し込み内容には「他社借り入れの状況」を入力する必要がありますが、この時には他社借り入れを過少申告する事なく、正直に入力するようにして下さい。

もし、ここで嘘をついて、いい加減な情報を入力したとしても、後々の信用情報機関への情報照会で全てバレる事になります。

在籍確認は同僚に協力を申し出よう

最後のポイントは「在籍確認がスムーズに終了するようにしておく」という点です。

オリックス銀行カードローンに申し込んだ場合は、必ず「在籍確認」というかたちで、勤務先に電話が入る事になっています。

尚、この在籍確認は申込者のプライバシーにも配慮され、個人名で電話がかかってきます。

しかし、職場によっては従業員の情報を守る為に、普段聞き慣れない個人名からの電話については、「所在を明らかにしない…」という事が徹底されている会社もあるようです。

その為、オリックス銀行カードローンに申し込んだ後には、職場で電話を受ける人にあらかじめ在籍確認の事を伝えておく事をおすすめします。

ただ「在籍確認を事前に伝えておく…」といっても、オリックス銀行カードローンに申し込んだ事は言う必要はありません。

「車のローンに申し込んだから、銀行から個人名で電話があるかも…」
「住宅ローンの借り換えを銀行に申し込んだので、審査の電話があるかも…」

という感じで伝えておけば、同僚も協力してくれると思います。

また、勤務先によっては(※飲食店など)、電話をかけてもらっては迷惑になる時間帯もありますので、そのような事が予想される場合は、事前にオリックス銀行カードローン申込時に、オペレータに電話で伝えておくのも有効かもしれません。

ただし、「時間指定で電話をしてください」という要望は受け付けてもらえませんので、「比較的スムーズに電話確認が取れる時間帯は〇時~〇時の間です」と伝えておかれる事をおすすめします。

オリックス銀行カードローン保証会社まとめ

以上、今回はオリックス銀行カードローンの保証会社について、いくつかの情報をお届けしましたが、参考になったでしょうか?

銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも同じなのですが、カードローンの審査を無事通過させる為には、むやみやたらに申し込まず、事前にこのような情報を把握してから申し込むと、より審査通過の可能性は高くなります。

カードローンの安易な申し込みで、ローン契約に至らなかった場合、その履歴は信用情報機関には6ヶ月間残ってしまう事になりますので、くれぐれもカードローンの申し込みは慎重に行いたいものですね。