プロミスのATMを使うには?利用方法の手引き

公開日:

突然お金が必要になった時、頼りになるものの一つがカードローンです。

特にプロミスはテレビでコマーシャルをよく目にしますし、大手銀行が行っているサービスなので安心感があります。

プロミスではATMでお金を借り、そして返済を行います。

そこでこの記事では、プロミスのATMの利用方法や、プロミスのATM以外にも借り入れや返済ができるのかどうかといった点について、解説をしていきます。

プロミスのカードが利用できるATM

プロミスを利用する為には、カードを作ります。

しかし、どこでそのカードが使えるのか知っていなければ、プロミスATM以外で借り入れや返済ができず、大変不便な思いをするでしょう。

そこで、プロミスATM以外でカードが利用できるATMをご紹介します。

金融機関

プロミスは各種金融機関で利用が可能です。

しかし、借り入れと返済の両方ができる金融機関と、借り入れのみの金融機関がありますので注意が必要です。

借り入れと返済ができる金融機関

借り入れと返済の両方で利用できる金融機関は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、東京スター銀行などがあります。

その他にも利用できる金融機関がありますので、利用する前に公式ホームページを参照してください。

借り入れのみの金融機関

親和銀行、広島銀行、八十二銀行では借り入れのみの利用で、既に借り入れしている分の返済はできません。

提携ATM

金融機関以外には、提携しているATMでプロミスのカードを使用することができます。

使用できるのは、ゆうちょ銀行、E-net、ローソン、セブン銀行のATMです。

コンビニなら家や職場の近くにあることも多く、外出先でも見つけやすい為、利用しやすいのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行の利用には事前準備が必要

郵便局やコンビニでも利用できて便利なゆうちょ銀行ですが、利用する際には事前の準備が必要になります。

借り入れや返済を行う前に、Web明細を登録しておかなくてはならないのです。

既に登録している人であれば問題ありませんが、まだの人は登録を済ませてから利用してください。

ATMが利用できる時間

即日で借り入れができた男性

プロミスカードは様々なATMで利用できることがわかりました。

しかし利用時間を知っていないと、肝心な時にお金が借りられずに困ることがあるでしょう。

各ATMの利用可能時間は、以下の通りです。

プロミスATM

借り入れと返済は7時~24時まで利用可能です。

平日のみならず、土日や祝日も同様に利用ができます。

しかし契約については9時~22時までになりますので、注意が必要です。

金融機関のATM

借り入れ、返済共に9時~21時まで利用することができます。

しかし店舗によって時間が変動することがありますので、利用する店舗の営業時間を事前に調べておくとよいでしょう。

提携ATM

コンビニに入っているATMなので、土日、祝日でも24時間利用が可能です。

ただし、毎週月曜日の0時~7時は定期メンテナンスが実施されますので、利用することができなくなります。

注意してください。

ATMの利用にかかる手数料

借り入れでも返済でも、手数料は無料か、かかったとしてもできるだけ安く済ませたいものです。

それぞれのATMの手数料をご紹介しますので、参考にしてください。

プロミス・三井住友銀行ATM

プロミスATMは、借り入れ・返済共に手数料は無料です。

プロミスATMの数はあまり多くはありませんが、ご紹介したように利用時間も長い上に手数料も無料なので、もし近くにATMがあるのであれば積極的に利用するとよいでしょう。

またプロミスは三井住友グループなので、三井住友銀行のATMも無料で利用することができます。

プロミスATMよりも多くの場所に設置されていますので、便利に使えるのではないでしょうか。

その他提携ATM

その他の金融機関のATMやコンビニのATMは、借り入れ・返済どちらの場合でも手数料がかかってしまいます。

返済額が1万円以下であれば108円、1万円以上であれば216円かかりますので、覚えておきましょう。

コンビニでの返済を手数料無料にする方法

実は、ローソンやミニストップに設置されているLoppi、ファミリーマートに設置されているFamiポートという機械を使用すると、手数料無料で返済を行うことができます。

一部設置していない店舗もありますが、もし行きつけのコンビニに設置されているのであれば、使用してみてはいかがでしょうか。

プロミスATMを利用するメリット

プロミスを利用する方法は、プロミスATMとその他金融機関やコンビニのATMを使うという2種類があります。

どちらでも借り入れ・返済の両方が利用可能ですが、プロミスの店舗内に設置されているATMを使った場合様々なメリットがあるのです。

プロミスATMを利用するメリットは3つある

金融機関やコンビニのATMではなくプロミスATMを使った場合、大きく分けて3つのメリットがあります。

すぐに借入ができる!

まず、契約後にすぐにお金を借りることができるという点がメリットとして挙げられます。

プロミスで借り入れをするにはまず、プロミス店舗内にある自動契約機で借り入れの契約を行います。

その店舗内にプロミスATMが設置されているので、契約完了後にすぐ借入をすることができるので、急いでいる時には大変ありがたいことです。

こっそり借り入れができる

次に、借り入れが周囲にバレにくいという点があります。

コンビニATMではATM操作中に後ろから利用画面が見えてしまうといったアクシデントで、プロミスの利用が周囲にバレてしまう危険性があります。

その点プロミスATMは、人に会うことなく契約し、借り入れ、返済までできるので、こっそりと利用するのに適しています。

手数料がかからないのが最大の魅力!

最大のメリットは、既に説明した通り、手数料がかからない点です。

一度の借り入れ、返済だけなら手数料がかかってしまってもよいかもしれません。

しかし高額の借入をした場合は、何度も返済を行わねばなりませんので、その都度手数料を支払うことになります。

一回であれば大したことがない額でも、積み重なれば高額となるので、支払わずに済むのなら断然その方がよいでしょう。

プロミスATMでは何度利用しても手数料が無料なので、近くにプロミスATMがあるのであれば、コンビニではなくこちらを使うことをおすすめします。

プロミス・三井住友銀行ATMとその他では、借り入れ金額にも差がある

実は、プロミスと三井住友銀行のATMとそれ以外では、借り入れする金額にも差があるのです。

プロミスと三井住友銀行のATMでは千円単位での借り入れが可能です。

一方、それ以外のATMでは一万円単位での借り入れとなります。

そのため、カードの引き落としや給料日まで少しだけ足りない、といった少額の借り入れをしたい時にはプロミスや三井住友銀行のATMの利用がおすすめです。

ATMを使って借り入れする方法

ATMを使って借入をする場合、基本的には画面の指示に従っていれば問題ありません。

手順としては、まずATMにローンカードを挿入します。

そして画面に表示されるボタンのうち、「お借入」或いは「お引出し」を選択します。

そして借り入れを希望する額と、カードの暗証番号を入力すれば、操作は完了です。

またプロミスではカードレス契約を選ぶことができるため、ローンカードを持っていない人もいるでしょう。

プロミスのアプリローンで借り入れ

そんな人はプロミスのスマホアプリを用意して、セブン銀行のATMを利用します。

プロミスアプリの登録が済んだら、メニュー画面の「スマホATM取引」を選びます。

「出金」を選び、続けてATM画面上の「スマートフォン取引」をタッチして、表示されたQRコードをスマホで読み取ります。

読み取りに成功すると、スマホ画面に企業番号と暗証番号が表示されますので、ATMに入力し、続けて借り入れ希望金額を入力していきます。

これで操作が完了となり、ATMから希望の額が出金されます。

ATMを使って返済する方法

続いて、ATMで返済をする方法について説明をします。

こちらも基本的には画面に表示される指示に従えば、問題ありません。

まず借り入れと同様に、ATMにカードを挿入します。

画面に表示される「ご返済」或いは「預け入れ」を選択します。

その後に返済する現金を入金すれば完了となります。

アプリから返済も可能

カードレスでスマホATMを利用する場合は、借り入れ時と同様にスマホアプリを用意してセブン銀行へ向かいます。

アプリを起動し、今度は「入金」をタップします。

それからATMで「スマートフォン取引」を選択し、表示されたQRコードをスマホで読み取ります。

企業番号と暗証番号がスマホに表示されるので、ATM上で入力します。

それから返済するお金を投入すれば、完了になります。

ATMを利用する際の注意点

これまでお話した通り、プロミスは手軽に借り入れ・返済ができるので非常に便利なサービスです。

便利だからといって借り過ぎるのはもちろんNGですが、その他にもいくつか注意点があるのでご紹介します。

まず、小銭を入金できるATMがかなり限定されています。

ATMでは千円単位でしか返済ができないため、返済の最終回に利息などで小銭が残ってしまう場合があります。

小銭が残っている状態だと、利息は発生しないため返済の義務が生じません。

しかし、この状態では信用情報としてカードローン利用中になってしまうため、完済にはなりません。

この小銭を返済するには、インターネット返済を利用するか有人の店舗に赴く必要があります。

インターネット返済では24時間、パソコンやスマホから返済ができます。

しかし店舗は数が少ない上、営業時間が10時~18時に決まっていますので注意が必要です。

コンビニATMは制限が多い

そして注意点の2つめとしては、コンビニATMでは1回あたりの借り入れ可能額や、紙幣の枚数が制限される場合があるということです。

例えば、コンビニでセブン銀行のATMを利用した場合では、1回で借り入れ、返済できる紙幣の枚数は50枚までと決まっています。

つまり、最大でも50万円までとなっているのです。

100万円の借り入れをしたい場合は、2回にわけて行わねばならず、手数料も2回分支払わねばなりません。

利用する金融機関ごとに上限は異なりますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

銀行口座感覚で手軽に利用可能!

解説してきたように、プロミスでの借り入れや返済はとても身近で、その上簡単です。

そのため銀行口座のような感覚で、手軽に利用することができます。

使い方も簡単で、カードローンが初めての人でも利用しやすいため、おすすめです。

しかしどんなに手軽でも、借り入れを行う際は返済のことを忘れてはなりません。

自分が返済できる金額なのか、いつまで返し続けなければならないのかしっかりと考え、計画的に利用するようにしましょう。

利用する際は、営業時間ぎりぎりで駆け込むと操作を間違って高額の借り入れをしてしまうなどのミスに繋がりかねません。

営業時間やメンテナンスの時間を確認し、落ち着いて手続きができるよう、時間と心に余裕をもつことが大切です。