プロミスの金利は「4.5~17.8%」他消費者金融と比較すると高い?低い?

公開日:

SMBCグループの大手消費者金融「プロミス」で設定されている金利は「4.5~17.8%」です。

この数字は、大手消費者金融の中では高い設定なのか、それとも低い設定なのか。そしてそもそも、4.5~17.8%で借り入れると、具体的にどれくらいの利息が発生するのか。

プロミスの金利と、プロミスに支払う利息について、それぞれ調べておきましょう。

プロミスの金利基本情報

まずは、プロミスで設定されている金利をおさらいしておきましょう。

最初に述べた通り、プロミスの金利は「4.5~17.8%」。

上限金利法で定められた制限が20%だと考えると、上限からだいぶ余裕がある設定ですよね。

限度額は最大500万円ですが、500万の限度額で借りるためには、総量規制の関係で1500万円の年収が必要です。

はじめてのキャッシング利用時30日間は金利がかからない

さらに、プロミスは、はじめてプロミスから借り入れる人に向けて、「30日間の無利息サービス」を提供しています。

つまり、はじめてプロミスからお金を借りる人は、30日間金利が0になるということです。

カードローンを使ったことのない人によってこれは朗報です。

プロミスから実際に借りた時の利息

実際にプロミスからお金を借りると、どれくらいの利息を支払うことになるのか。

計算して割り出してみましょう。

利息計算方法

まずは、利息の計算方法から。

キャッシングの利息は、「借入額 × 利率 ÷ 365 × 借り入れ日数」で割り出します。

これによって、プロミスにどれくらいの利息を支払うことになるのか、計算して割り出すことができます。

10万円借りたケース

プロミスから10万円借りた場合から計算してみます。

10万円×17.8÷365×30日で、支払う利息は1463円となります。返済期間が伸びるほど支払う利息は多くなります。

50万円借りたケース

50万借りた場合の利息です。

50万×15÷365×30日で、支払う利息は6164円です。

100万円借りたケース

1000万円借りた場合の利息です。

100万円×9%÷365×30日で利息は7397円です。

プロミスの金利を下げるには?

プロミスの金利、中には「高い」と思われる方もおられるはず。

月単位でみれば1000円程度の利息でも、継続して支払い続けるのは苦しい…と感じる方も多いはず。

このキャッシング利用者に重くのしかかる「金利」。この金利を抑えるためにはどうすればいいのか。

金利を下げるためには?という観点から情報をみていきましょう。

限度額を増額すれば自動的に金利が下がる

プロミスに申し込み、初期審査で決定した「限度額」。この限度額を上げることで、同時にプロミスのカードローン適用金利も下がります。

つまり、「プロミスの限度額を上げれば、金利が下がる」ということです。

プロミスの限度額を増額するには、プロミスコールに電話して「増額したい」意思を伝えてください。

プロミスの限度額増額について詳しい情報はこちら→プロミスからいくら借りられる?限度額増額は可能?

プロミスの増額審査は厳しい

しかしプロミスのカードローン限度額増額時の注意も一点。

プロミスに限らず、カードローンの限度額増額のためには、再び審査を受けることになるのですが、この審査基準は厳しく設定されています。

理由は、プロミスからの信頼が十分ではないからです。プロミスは、信頼を寄せた利用者には、「限度額増額案内」を出すので、「増額申請」を出す必要がありません。

プロミスがそんな「増額案内」を出すか迷う程度の利用者が「増額したい」と申し込んできても、不審な目を向けてしまうというもの。

プロミスのカードローン限度額を増額するには、そんなプロミスからの不審な目をはねのけるほどの、強い返済能力が求められるのです。

他社カードローン金利とプロミスの金利を比較

プロミスのカードローン限度額は際立って高いのか?

他社のカードローン限度額と比べてみましょう。

カードローン名 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%

消費者金融間では、下限金利には差があるものの、上限金利に違いがないのがわかります。

そしてカードローンを利用する際にチェックするべきなのが「上限金利」なのを思うと、下限金利を比較するのはあまり意味のないことのように思ってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、プロミスの金利、実際に支払う利息、さらにプロミスの金利を低く抑えるための方法も学びました。

プロミスからお金を借りる時に気になってしまうのはやはり、「金利」。金利と利息についてしっかり抑えておき、プロミスから借り入れる時に不都合を感じないようにしましょう。